お金のコトをもっと身近に|みんかね

連年贈与とは。贈与税を抑えるための4つの対策方法を紹介します

Large pexels photo 89478 1
目次

暦年贈与と言う言葉はご存知ですか?

暦年贈与とは1月1日から12月31日の間に贈与を受けても110万円の基礎控除額以下であれば、贈与税もかからず申告もしなくてよいという通常の贈与のことをいいます。

それでは連年贈与はご存知ですか?暦年贈与という言葉はよく聞きますが、連年贈与はあまり馴染みがないかもしれません。連年贈与に関しては違った解釈で伝わっている部分もあります。
今回は、そんな連年贈与について詳しく紹介していきます。

連年贈与とは?


連年贈与とは約束をした贈与ということです。

国税庁のタックスアンサーを見ると、毎年110万円ずつ10年間にわたって贈与をする約束が贈与者との間であらかじめ交わされている場合には、契約をした年に1,100万円の金額の全てが課税対象となってしまいます。定期金給付契約に基づく権利とみなされてしまうからです。

<下に続く>

連年贈与は「有期定期金権利」とみなされる場合も

毎年基礎控除額である110万円以下の金額の贈与を10年間受けていたとしても、最初に決められていた金額、例えば1,100万円などを10年間に渡って分割して支払うことを約束していた場合には、その取り決めをした年に定期金に関する権利が発生したと考えられ1,100万円が課税対象となります。

非課税枠を利用して長期間の贈与を続けて節税対策をしているつもりでいても無駄になってしまうということになります。

贈与税を抑えたい!連年贈与を回避する4つの対策法とは?


連年贈与と疑われ税務署トラブルにならないようにするにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか。毎年決まった日に決まった金額で(しかも基礎控除内)ということが続けば、税務署が疑問を感じても致し方ない気がします。

連年贈与と思われないためには単発の贈与であるという主張が大切です。それでは連年贈与を回避する4つの対策法について触れていきます。

連年贈与の対策法①「毎年異なる金額を贈与する」

対策その1は、毎年贈与はしているけれど違った金額にすることです。110万円の基礎控除額以下であれば贈与税の申告は不要であることは事実なのですが、これが毎年行われていると税務署は疑いを持ってしまうこともたしかです。

連年贈与と勘違いされないために時には違った金額にするのも対策上、必要なことかもしれません。

連年贈与の対策法②「毎年異なる日に贈与する」

贈与税を毎年決まった日(例えば誕生日であるなど)にしないことも大切なことです。毎年贈与は行ってはいるけれど、あくまで単発の贈与であるというスタンスを示すことが連年贈与とみなされないうえで重要となってきます。

連年贈与の対策法③「贈与契約を結ぶ」


贈与契約書を作成しお互いが贈与であるという意思表示を確認することが大切になります。そのためにも証拠となる書面を作成することは有効な方法といえます。連年贈与と勘違いされないために贈与契約書は毎年作成します。

また公証役場で確定日付を押してもらいます。当たり前のことですが、贈与を受けた本人が通帳と印鑑を管理し資金を自由に使えることも大切なことです。

連年贈与の対策法④「基礎控除額を上回る贈与をあえて行う」

基礎控除内での贈与の場合は申告しなくても構いませんが、あえて基礎控除を上回る額での贈与をした場合には贈与税申告をする等の記録を残しましょう。ただ基礎控除を上回る贈与税の申告に関しては手間がかかる割にあまり有効な手段ではないようです。

<下に続く>

【連年贈与のポイント】書面によらない贈与は、各当事者が撤回することができる!?

「書面によらない贈与は、各当事者が撤回することができます。

ただし、履行の終わった部分については、この限りでない。」(民法550条)とされていています。贈与は必ずしも書面でないと成立しないわけではありません。口約束でも可能です。その場合は簡単に撤回することが出来ます。これが書面であれば債務不履行となるでしょう。

連年贈与とは。贈与税を抑えるための4つの対策方法を紹介のまとめ


いかがでしたか。今回は、連年贈与についてご紹介していきました。

基礎控除内での贈与だと節税対策に何の問題もないと思っていただけに、連年贈与とみなされる場合があるということに驚く方も多いでしょう。

連年贈与とみなされた時には一括して相続税が課税されることも出来ます。税務署に疑われるような贈与を避けるために様々な贈与税対策があります。連年贈与に関しては世間ではかなり誤解されて伝わっていることも多いので、これを機会に贈与に関して考えることになれば幸いです。

<下に続く>

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事