みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/11/30

イラン人男性・女性の性格や結婚・宗教観!イケメンや美人が多い?

Large pexels photo 261628  1

イラン人の性格や結婚観

イラン人は、イラン・イスラム共和国の国籍を持つ中東の民族です。日本に滞在しているイラン人もたくさんいます。見た目も、結構イケメンや美人が多いようです。

今回はそんなイラン人について、イラン人男性・女性の性格や結婚観、宗教事情などを紹介します。

<下に続く>

イラン人の性格の特徴

null

特徴①親切でフレンドリー

イラン人は親切でとてもフレンドリーな性格の人が多いようです。

初対面の人の対しても、大変フレンドリーで見知らぬ旅行者に対しても、まるで昔からの友達のように優しく接してくれます。道に迷っていると誰かしらが声をかけてくれて、親切に30分以上も道案内してくれます。時には「俺の家に泊まっていけ。」と言って家に泊めてくれることさえあります。

イラン人は昔から砂漠を旅しながら生きてきた砂漠の民です。外から来た旅行者にも分け隔てなく親切にする習慣が今でも残っているのでしょう。

特徴②芯が強い

イラン人の女性は、誰かつつるんだり、大勢でわいわい固まって騒いだりはあまりしません。自分というものをしっかり持っている芯の強い女性が多く、孤高な雰囲気を漂わせています。

これは、イラン独特の教育方針のせいでしょう。他人とは違う自分だけの人生を歩むようにという教育が広く行われているからです。イランという国は、まだまだ男性優位の国ではありますが、静かにじっと気持ちを燃え立たせている芯の強さがあるのです。

特徴③恋愛に積極的

恋愛に積極的なのは、イラン人男性の性格の特徴のひとつです。もともと自己主張が強いというところから、恋愛においてもかなり積極的にアプローチして来ます。

イランという国は宗教上、あるいは国家規制などの関係上、男女が普段からイチャイチャできる環境ではありません。それゆえ、チャンスをものにすると女性が引いてしまうくらい積極的にアプローチしてくるのです。

特徴④情に厚い

情に厚いのもイラン人の性格の特徴です。特に女性は、子育て熱心で家族や人とのつながりをとても大事にするので、困っている人などを見ると、つい手を差し伸べたくなってしまうようです。

相談などにも実の親身になった乗ってくれ、また親しくなった人との約束はきっちりと守ります。ただし、情に厚すぎて時に世話を焼きすぎ、それを重荷に思ってしまう人も多いようです。日本人からして見ると、距離感があまりに近すぎると感じてしまうかもしれません。

特徴⑤穏やかで優しい

イラン女性は、芯が強いのが特徴ですが、その裏側にはとても繊細な優しさを秘めています。イラン社会が男性優位の社会だからでしょうか、とても穏やかで、キャーキャー騒ぐ女性はまずいないと思ってもいいでしょう。

昨年、イランの街中に「イランの壁」なるものができました。壁にフックをかけ、そこにいらない服をかけるのです。「ホームレスの人に分け与えましょう。」というもので、なんと同じような冷蔵庫も街中にあるそうです。

イラン人の底抜けの優しさが現れている現象ですね。

特徴⑥自己主張が強い

イラン人は彫りが深く目つきが鋭いですが、自己主張が強いということが現れています。はっきりしたものの言い方をし、自分の考えをはっきりいうという男性が多いのです。

一方女性は静かで穏やかですが、芯の強さはあります。自己主張が強いのは男性で、度重なる戦争や外交面で自己主張しなければ生き残れなかったという背景があるのでしょう。

<下に続く>

イラン人とイランの歴史 

イランの歴史は、革命と戦争、宗教に象徴されています。歴史の変遷の中で、国民は翻弄され続けましたが、国民の心の根底にあるものは、自分たちの誇りとイスラム教という自国の宗教概念を守りたいという心でした。

1978年のイラン革命以前は、イランはアメリカとは仲の良かった国でした。革命以前に権力を握っていたシャー・モハンマド・レザー・パフレヴィーは公共事業をどんどん行い、極端な欧米化政策を行い、イスラム教の教えを無視するかのようなアメリカナイズされた政策をとりました。

イスラム教の教えに背を向けるような政策に反感を持つ人々の声が膨れ上がり、イラン革命が起きました。革命の指導に当たったのは、フランスに亡命していたシャー政権に批判的でイラン国民に絶大な人気のあったホメイニ師でした。

その後のイラン・イラク戦争は、アメリカ、ソ連が絡んだ湾岸諸国の石油利権戦争です。8年という長い戦争でしたが、両国の被害者は100万人とも言われ、大きな経済的な被害ももたらしました。

<下に続く>

イラン人の宗教事情

null

イランのほとんどの国民がイスラム教を信仰しています。その90%がシーア派で、9%がスンニ派です。

シャー・モハンマド・レザー・パフレヴィー政権下では、極端な欧米政策がなされ、イスラムでは禁止されている飲酒も堂々と行われ、女性が肌を晒すといった今では考えられない光景が広がっていました。男性上位のイスラム教の国ですが、その時「白色革命」(イランの近代化、西欧化を提唱した革命)というものも起こり、女性参政権、女性が肌や髪を隠すフジャーブ着用禁止など、イスラム教に背を向ける政策もなされました。

イスラム教以外のマイノリティな宗教は、バハーイー教、ゾロアスター教、ユダヤ教、キリスト教などがあり、極端な迫害を受けることはありませんが、イスラム教徒として生まれたものが、他の宗教に改宗することは禁止されており、発覚した場合は死刑になるそうです。

<下に続く>

イラン人男性の特徴と結婚観 

イラン人男性の特徴

イラン人の男性は、常にフレンドリーで親切です。頼み事などをしても「まかせておけ!」と言わんばかりに張り切ってやってくれます。頼み事をされることが嬉しくてたまらないのです。

また、日本人の曖昧な物言いに対して、イラン人の男性は、白は白、黒は黒といった、はっきりとした意見を言います。こうした特徴は、相手が何を求めているのかがはっきりわかるので、ある意味美徳と言えるかもしれません。

イラン人男性は、大概の人は彫りが深く目つきが鋭い顔つきをしています。日本人からしてみれば見慣れない顔つきですが、商売や外交をする機会が多い土地柄のせいでしょう。外国人、部外者の出入りが多いため自然と鋭い目つきになったのかもしれません。警戒する必要があったのでしょう。

イスラム国では、若い男女が大ぴらに街中で会うことなどできません。時間をかけてお互いを知り合う、ということができないのです。よって、自然と外見が重要視されます。

イラン人男性の結婚観

イスラム国家では一夫多妻制が特徴です。夫1人に4人まで奥さんを娶ることができます。しかし、実際は奥さんが1人という男性が多いようです。経済的な理由もあるのでしょうが、新しい奥さんを迎えるにあたっては、他の妻たちの許可が必要なのだそうです。どうしても新しい奥さんを迎えるには、子供ができないから、などのそれなりの理由がなければ無理なようです。

イランでは、結婚すると家族同士の結びつきが大変強くなります。その強さはとても強いもので、場合によっては奥さん以上に親戚づきあいを大事にする場合もあるようです。

また、イラン人の男性は、家族を大事にし、子供のことを非常に可愛がります。よって、安定した結婚生活になるので、離婚率もとても低いそうです。

<下に続く>

イラン人女性の特徴と結婚観

イラン人女性の特徴

イランという国はイスラム教の国で、国家規制も厳しい国です。イスラム教というのは、男性優位の考えであり、女性蔑視に限りなく近い宗教と言えるでしょう。よって、イランの女性は、黙々と黙って自分の人生を歩んでいる、といった印象を受けます。

もちろんきちんとした高等教育を受けて社会的に自立している女性もいますが、それでも公共の場で自分を強く主張することは少ないと言えるでしょう。

また、イラン人の女性は芯が強いが、穏やかで優しいという特徴があります。男性にも従順で、子育てにも熱心です。情に厚く、家族や人間関係をとても大事にするようです。

イラン人女性の結婚観

男性優位のイスラム国家であるイランという国にあっては、女性は前に出ることはありません。結婚したら、奥さんは家庭に入り、家庭を全力で守ります。子育ても女性の役割であり、男性は子育てに協力しない場合が多いようです。

しかし、一旦結婚したら、家族をとても大事にするイラン人男性ですので、離婚という災難もなく、穏やかな家庭生活を営む女性が多いようです。

<下に続く>

イラン人の恋人とうまく付き合うコツ

null

コツ①宗教を尊重する

イラン人のほとんどがイスラム教です。日本人から見ると偏見の塊のような宗教に見えるかもしれませんが、彼らの大事に信仰している宗教です。

男性優位、飲酒禁止、同性愛禁止、1日に数回のアッラーに対する礼拝、マラダーンと呼ばれる断食、豚肉は食べないなど、奇異に見える行動がたくさんありますが、「理解できない!」といった態度で接するのはよくありません。きちんとした理解の上でお付き合いをしましょう。

コツ②はっきり物を言う

イラン人の、特に男性ははっきりと物を言う人が多いです。ストレートな考えをするので、日本人的なあやふやで的を得ない発言は控えたほうがいいでしょう。遠慮して消極的な発言や行動をすると、それをそのまま受け取ります。

嫌なものは嫌、不愉快であると感じたらきちんと相手に伝えるのが大事です。曖昧な態度が、一番物事をややこしくしてしまう原因になります。

コツ③家族をけなさない

イラン人は、自分の家族をとても大事にします。自分の家族や親戚など、少しでも貶されたらとても怒ります。たとえそれが、冗談めかして言った言葉でも、そういう発言は通用しません。

また、他の人が自分の家族を悪く言うことも、彼らからしてみれば信じられないことです。自分の家族のことをそんな風に言うことは、家族を大事にしていない証拠、と思われて信頼を失います。

コツ④飲酒を控える

イスラム教は飲酒を禁じています。もちろん日本国内で飲酒は禁止されていませんから飲むのは構いませんが、大酒を飲んで酔っ払い、前後不覚になるという様な飲み方を、イラン人の前でしてはいけません。

戒律の厳しいイスラム教なので、自分を律することができない意思の弱い人間、だらしない人間だと思われてしまいます。

<下に続く>

イラン人にはイケメンや美人が多い? 

イラン人は彫りが深く、濃い顔つきの人が多く、目もぱっちり、まつ毛も長く、鼻も高く、イケメンや美女ばかりです。アジアの中では、おそらくもっともイケメン、美女が多い国なのではないでしょうか。

普通にイランの街中を歩いていても、モデル並みのイケメン・美女が普通に歩いています。そんなイケメン・美女揃いのイランですが、そこには歴史的な背景もあるのではないかと言われています。

エジプト文明・メソポタミア文明・インダス文明の中間にちょうど位置するのが、イランのある中東です。文明が発達すると自然と民族も移動します。その結果、民族間同士の交流が生まれ、血縁関係も生まれます。中東だけではなく、ヨーロッパ系やアジア系の血も入ります。

つまり、様々な民族の血を受け継いだ混血児が生まれたと言うわけです。

<下に続く>

イラン人男性・女性の性格や結婚・宗教観!イケメンや美人が多い?のまとめ

イランという国について、またイラン人男性・女性の特徴、結婚観、宗教観などをご紹介してきましたが、いかがでしたか。

イランは確かにイケメン・美女の多い国ですが、日本人が彼らと結婚するとなると、なかなか高い壁が立ちはだかる様です。それでも好きになって一緒にいたいのであれば、その壁もそんなに大きな障害にならないかもしれません。

フレンドリーで優しいイラン人ですから、お友達にはとてもいいかもしれませんね。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line