みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/12/03

丁寧な暮らしとは?おすすめのルールやポイント、ブログ、インスタ

Large pexels photo 273238
目次

丁寧な暮らしとは?一体どうすればいいの?

最近、テレビや雑誌などでも何かと話題になる「丁寧な暮らし」ですが、丁寧な暮らしの意味とは一体どういうものでしょう。丁寧な暮らしのルールを知れば、どんな毎日が待っているのでしょうか。一人暮らしの人では丁寧な暮らしができないのではと思っている人もいるかもしれません。丁寧な暮らしは実は節約にもつながるため、一人暮らしにもぴったりなのです。しかし、丁寧暮らしをしているつもりが、ただの丁寧な暮らし気取りになることもあります。今回は丁寧な暮らしをしているブログや丁寧な暮らしのヒントになるインスタなどを紹介しながら丁寧な暮らしについて解説していきます。

<下に続く>

丁寧な暮らしとは?ルールは?

null

ひとくくりに丁寧な暮らしといっても、決まったルールがあるというわけではありません。人それぞれライフスタイルが違うように、その人の暮らしに合わせて丁寧に暮らすことこそが「丁寧な暮らし」なのです。しかし、ルールがあるとすればそれは「丁寧」ということでしょう。丁寧、の解釈にも人それぞれ違いがあるかもしれませんが、丁寧な暮らしと聞いて乱雑な暮らしをイメージする人は少ないでしょう。

すっきりした部屋でシンプルな暮らしをしている人をイメージする人が多いかと思います。実際に丁寧な暮らしをされている人のブログやインスタをみると、すっきりした空間で暮らしている人が多いのです。自分の心地良い空間をつくっていくことで、すっきりとした部屋となるのでしょう。自分の心地よいもので満たした空間は自分だけのパワースポットのようなものです。部屋にいるだけで心地よく満たされることで、リラックスもできてエネルギーチャージすることもできるのでしょう。

<下に続く>

丁寧な暮らしのポイント

ポイント①:使い捨てのものをできる限りつかわない

使い捨てのものをとても便利なものですがエコな暮らしではありません。エコであることも丁寧な暮らしのひとつともいえます。そのために、使い捨てのものを使わないように生活してみましょう。例えばわりばしなどもコンビニでもらい使う人、また貯めている人もいるかもしれません。しかし家にいる時におはしをつかうのであれば割りばしのストックは必用ありませんし、洗物が嫌だからと割りばしを使うのはエコであるとはいえないでしょう。

アルミホイルやラップなども、繰り返し使えるものに変更してみるのもよいですし、毎日当たり前のように消耗しているものなどでも、使い捨てにならないようなものを選ぶことはできるものでしょう。使い捨てにせずに、何度も繰り返してつかえるものをメンテナンスしながら使うことは丁寧な暮らしの意識を育ててくれるはずです。

ポイント②:あるもので代用してみる

世の中にはたくさんの便利グッズが販売されているために、何かよさそうだと思うと購入してしまうこともあるでしょう。また、それが100円均一などで安価で手に入れることもできます。そのために気軽に購入してしまう人が多いのです。

しかし、物を増やしてしまうことで管理できなくなってしまったり、あまり使用しなかったりとなるのは丁寧な暮らしをしているとはいえないでしょう。まずは、何かがほしいと思った時に今あるもので代用できないかと考えてみましょう。意外とあるもので代用して暮らすことはできるものなのです。

ポイント③:衝動買いをしない

便利グッズなどを見ると、つい衝動買いをしてしまう人もいるでしょう、また普段節約を頑張っているという人も、ストレスがたまっていればつい衝動買いしてしまうということもあるのかもしれません。

衝動買いをして後悔がない人はとても少ないものです。丁寧な暮らしをするポイントは、自分で物をきちんとコントロールし、それを楽しみ自分をいたわることでしょう。過度の節約でのストレスをためているのも衝動買いをしてしまうのも丁寧な暮らしとはいえないのです。

ポイント④:お金より手間をかける

代用する、ということや使い捨てのものを使わない、ということは少し手間がかかるかもしれません。例えばお皿やテーブルを拭くのにキッチンペーパーやティッシュを使っている人は、お金がかかることでしょう。

しかし布巾をつかうようにして、きちんと布巾のお手入れをすることでそのお金が節約できますし、最初は面倒に感じるかもしれませんが、手間をかけていることを楽しむことができれば、丁寧な暮らしをしていると自分自身への自信にもつながってくるでしょう。

ポイント⑤:お金より時間をかける

また、お金をかければお惣菜などをすぐに購入しおいしいものも食べることができます。しかし、時間をかけるということも丁寧な暮らしにつながるものです。食材を購入し、ゆっくりと料理を楽しむなども時間はかかりますが、それで得られる充実感があるものなのです。

それは経験した人にしか分からないものでしょう。他にも自分で野菜を育てるなどをすることは時間も手間もかかることですが、それを収穫し、口にする喜びというのはとても大きなものです。

ポイント⑥:手間や時間をかけることを楽しむ

手間や時間をかけるといっても、それでストレスをためては丁寧な暮らしをしているとはいえません。どれだけ丁寧な暮らしをしているとしても、本当の意味で丁寧な暮らしに大切なのはその人の心のありかた、過ごし方でしょう。

手間をかけること、時間をかけることのひとつひとつも流れ作業などではなくじっくりと向きあい自分なりに楽しむことができれば、丁寧な暮らしに近づいていけているといえるでしょう。

ポイント⑦:季節の行事を楽しむ

昔の日本の伝統行事などは年々そこなわれてしまっていますが、昔からつづく行事というのには意味があるものです。昔の人の想いや祈りがこめられて行事となっていることが多いからです。

昔からおこなわれている行事や、幼い頃に経験した地域の行事などについて調べてみるのもよいですし、できればそれを楽しんでみるのもよいです。忙しい毎日で忙しい、とう人でもインテリアに少し行事のものを取り入れるなどだけでも目に入った時の気持ちがかわるものなのです。

ポイント⑧:季節のものを楽しむ

季節の行事だけではなく、季節の食材を楽しむのもよいでしょう。旬の粗材は栄養もたっぷりですし、その季節にぴったりの体への影響があるものなのです。冬にはみかんや鍋を食べたくなりますが、季節の物を食べようと意識すると更に幅が広がることでしょう。

スーパーには旬の食材、料理は特集でおいてあることが多いため、スーパーで旬を知るのも楽しいでしょう。レシピ検索などもしてみると、知らなかったものと出会え、新たにレパートリーとなることができるかもしれません。

ポイント⑨:ストレスをためない

自分の心を整える、ということも丁寧な暮らしをすることで得ることができるものなのかもしれません。丁寧な暮らしは心の持ち方でもある、と意識をすればストレスをためることはいけないと気づくでしょう。

ストレスは自然とたまってしまうことかもしれませんが、意識して自分なりに発散することで解消していけるものです。こまめな発散ができるよう自分なりのストレス発散方法を知っておくことも必要です。

<下に続く>

丁寧な1人暮らしの始め方

null

始め方①:不要なものを捨ててみる

家にたくさんのものがある人は多いでしょう。自分は整理できている!」と思っていても、すべての物を把握できている人はいないものです。思い切って整理を始めれば、不要なものが続々とでてきて驚く人もいるかもしれません。

一度、不要なものを捨ててみると自分がどれだけ無駄なものにお金をつかっていたかが認識できるでしょう。また、衝動買いをしたけれど使わなかったものもあるかもしれません。不要なものを捨てると、自分の今までの買い物の仕方、考え方がみえてくるものなのです。

始め方②:あるものを使う

整理してから何かをしようとした時ほど「あ、あれはあってもよかったかな」と思ってしまうかもしれません。それが安いものであるほど、すぐに購入してしまうかもしれません。しかし、一度立ち止まってあるもので代用できないかと考えてみてください。

あるものを使う、と考えれば意外と代用できるものが思いつくものです。もちろん何か月もたってもやはりあれは必用だと思えば購入してもよいでしょう。しかし一度不要と思ったものというのは意外と必要な頻度は低いものです。あるものをつかってみる、ということを心掛けてみましょう。

始め方③:自炊を楽しむ

あるものを使う、という点でも食材を使い切れるように自炊を楽しんでみましょう。自炊が嫌い、という人もいるかもしれませんが、自分の手で自分の好きなものを調理して食べることは体だけではなく心も満足できるものです。

自炊が嫌いな人は、まず自分のすきなものをつくってみることをおススメします。料理は意外とリフレッシュにもなりストレス解消になることもあります。レシピをみていると色々と作りたくなることもあるかもしれません。丁寧な暮らしをしている人は自炊を楽しんでいる人がとても多いのです。

始め方④:持ち物のメンテナンスをする

不要なものを捨てた場合、残っている物は大切なものやお気に入りのものばかりではないでしょうか。その大切なものをもっと大切に扱ってみましょう。鞄や靴なども、購入してから一度も使っていないという人もいるでしょう。

メンテナンスをしているものとしていないものでは、見た目がかなり変わってきます。そして、自分でメンテナンスをきちんとしたものにはお気に入り度、愛着もまた変わってくることでしょう。

始め方⑤:自分をいたわる

丁寧な暮らしとは、自分自身と向き合うこと、いたわることでもあります。そのために手間や時間をかけて自分を満たすのです。自分をいたわる、と考えると難しいように感じるかもしれませんが、少しの心がけ、行動でできるものです。

自分をいたわる、ということは自分の心と体の現状を把握し、その上で自分ときちんと向き合うことでしょう。そして、自分の心が本当に満たされるものを選ぶのです。また、時には自分自身を褒める言葉をかけてあげるだけで気持ちが変わっていくことを実感できるものなのです。

<下に続く>

丁寧な暮らしのための節約術

節約術①:あるものを使う

無駄なものを買わない、ということは大きな節約になります。今もっているものを使う事が出来れば、物を買う頻度はぐっと減ることでしょう。スーパーもドラッグストアも見ることで不要なものまで買ってしまう人は多いでしょう。

あるものを使うためには、自分の家の持ち物を把握する必要があります。そのためには整理をして物を減らすことも必要でしょう。自分がもっているものを把握して購入するものをコントロールすることで節約することができるのです。

節約術②:節約レシピで料理をつくる

自炊を楽しむようになると、様々な調理器具や普段使わないような調味料も欲しくなることがあるかもしれません。しかし、節約をするのであればあまり使わない高級品を購入することはおすすめできません。

食費はもっとも節約しやすいものともいえます。そのために節約レシピをみてみるのも良いでしょう。普段は購入しない安い食材でもおいしくなるレシピがインターネットにはたくさんあります。初めての味との出会いもできるかもしれません。

節約術③:ガーデニングに挑戦する

ベランダなどでのガーデニングをしてみることもおすすめです。毎日水やりをするという手間をかけること、そしてすくすく育つ葉っぱや野菜の成長をみることは日々の生活の潤いとなるでしょう。

そして、バジルなどの比較的育てやすく料理にも使いやすいものを育てることで、料理にもつかうことができます。自分で育てたものを食べるとはとても贅沢なものです。心に余裕がなければできないと思うかもしれませんが、ガーデニングをすることで、心に余裕ができるものなのかもしれません。

節約術④:つもり貯金をする

普段だったらすぐに購入していたようなものを買わずに済んだとき、今まで使い捨てだったものを他のもので代用で着た時、つもり貯金をしてみるのがおすすめです。前まではつかっていっていたお金が、手元でどんどん増えていくのを感じるのはこれからの節約のモチベーションともなるでしょう。

自分がどれだけお金をつかっていたかということを見返すことにもなります。つもり貯金をはじめることで、何かを買うときにセーブすることもできるかもしれません。そのお金で本当に気に入ったものを購入することができれば、心から満足できることでしょう。

<下に続く>

丁寧な暮らしの気取りすぎは要注意!

丁寧な暮らし、といっても自分を満たすことができなければいけません。SNSなどの自己顕示欲のために丁寧な暮らしぶることは結局丁寧な暮らしができていないといえるでしょう。見ている人には伝わるものですので、うんざりされるかもしれません。

また、丁寧な暮らしの良さがわかったからといって家族や他の人に強要することはしない方がよいでしょう。人によって快適さ、心地よさは違うもの。自分がすっきりしたからといって無理強いしても相手は不愉快なだけでしょう。

<下に続く>

参考にしたい丁寧な暮らしブログ・インスタ

null

①:なんにもないぶろぐ

ゆるりまいさんは漫画家で「私のウチには、なんにもない。」という本も出版されて大人気です。断捨離やミニマリスト、という言葉はつかわずに「捨て変態」と自分のことを呼んでいるのですが、その部屋の写真をみると思わず納得してしまうことでしょう。本当に何もないリビングをみて驚く人もいるかもしれませんが、まるで引っ越してきたばかりのようなすっきりとした部屋をみると自分の部屋も物を少なくしたい、と思う人は多いでしょう。またブログでも子育て中の話や猫ちゃんの話など、漫画家らしいイラストつきで掲載されていますのでとても読み応えのあるブログです。

②:私だってていねいに暮らしたい!

はみるのさんは、すごく丁寧な暮らしをしているようにみあえるのですが実は面倒くさがりやだそうです。それでも丁寧な暮らしがしたい、と面倒くさがりでもできる丁寧な暮らしを模索しているとのことですので、私も面倒くさがり、という人にとてもおすすめのブログです。主婦らしい目線でブログを更新されているので、まるでママ友の生活を知ることができるようで参考にしやすいブログなのです。

③:キラキラのある日々

YuKoさんのブログは写真も多く、また写真がとっても綺麗なんです。写真がたくさん掲載されているので、目でわかりますしマネもしやすいでしょう。また古いものもきちんとお手入れして使っていて、本当に丁寧な暮らしをされているなと感じることができます。ずっと見ていると、YuKoさんのご自宅にお邪魔しているような気持ちになれてゆったりとした気持ちになれるんです。

④:OUR HOME

整理収納アドバイザーのEMIさんのブログは、すっきりとしたインテリア、また写真のアルバム保存の方法などとてもくわしく掲載されています。双子のお子さんがいらっしゃるので、年齢にあわせて変わっていく収納方法もとても参考になります。子育て世代の人にはピッタリのブログでしょう。本もたくさん出版されていますので、読んだことがある人も多いのではないでしょうか。

⑤:エコなセイカツ

マキさんはブログタイトルにもあるようにエコな暮らしを実践されており、掲載されていますので、エコな暮らしに憧れる人には見ていただきたいブログです。スッキリとした写真と文章なので、毎日の隙間時間にチェックすることもできるでしょう。雑誌掲載もたくさんされており、エコでありながらも時短家事などの技術も教えてくれています。

⑥:@chiori.m.mさん

ちおりさんは、 美味しそうなお弁当が特徴的です。中学生と小学生の二人の女の子がいらっしゃるそうですが、毎日こんなにおいしそうなお弁当を作れることが素晴らしいと思います。お弁当も節約にもなりますし、中身と見た目にこだわることで丁寧な暮らしができることとなるでしょう。

⑦:@naos70

naoonさんは、写真がとってもおしゃれで、植物とインテリアの共存がとても素敵なお部屋の写真にみとれてしまいます。かっこよく、スマートな暮らしに憧れている、という事です。本当にさりげない料理やインテリアの写真の全てがかっこよく、統一された空間をみることができます。

⑧:@saori.612

saoさんは 築30年の2DKアパートで2人暮らしをしているということですが、写真を見るととてもおしゃれでキレイなのでアパート暮らしは思えません。収納アイデアなども充実していますし、使用アイテムも無印良品のものが多いなど真似をしやすく参考になるインスタグラムなのです。

⑨:@4kaochan

Kaochanさんは、お盆やプレートにのった料理がとってもバランスよくセンスのある盛り付けをされています。丸いものが好き、ということでおにぎりなども丸くなっていたりするのですが、写真の料理の中から丸いもの探しをするのも楽しいかもしれません。意外な盛り付けアイデアに、真似をしたくなります。

⑩:@putimiko

Mikoさんのアカウントは三人家族での夜ご飯をおもに掲載されています。毎日たくさんの品数がおしゃれに盛りつけられたテーブルをみると、毎日の料理の並べ方も真似をしてみようと思うかもしれません。クックパッドにもレシピを掲載されているようですので、すぐにマネをして同じ料理をつくることができるのもとても嬉しいポイントです。

<下に続く>

丁寧な暮らしとは?おすすめのルールやポイント、ブログ、インスタのまとめ

毎日を忙しくすごしていると、流れ作業的にしてしまうことが多いのが生活です。しかし、そんな時に丁寧な暮らしをしている人をみると「自分も!」と思う人は多いでしょう。丁寧な暮らしも本当に人それぞれです。

素敵な暮らしをしている人の生活を少しマネしてみることで、自分の生活も少しずつ変わっていくかもしれませんし、その中で自分だけの丁寧な暮らしを見つけていくことができるかもしれません。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line