みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/12/03

韓国の人口や人口密度!人口ピラミッドから見る韓国の少子化

Large kr01

韓国の人口や人口密度について解説!

韓国は、約5,000万人の人口を抱え、2016年から2017年にかけても人口は増加傾向にあるものの、日本同様、この先20年で少子高齢化、人口減少問題が指摘されています。

首都であるソウルは人口密度が高く一極集中。人口構成のピラミッドも数十年前の日本と同様の形となっています。

<下に続く>

2017年現在、韓国の人口や人口密度はどのくらい?

韓国の人口は?

IMF(International Monetary Fund:国際通貨基金)によると平成29年10月現在、韓国の人口は5,145万人で、日本の約半数弱です。

日本の外務省によると首都はソウル、韓民族で韓国語が母国語です。宗教は仏教が42.9%、プロテスタント34.5%、カトリック20.6%となっています。

null

韓国は、日本の人口が首都・東京に集中する以上に、首都・ソウル(ソウルを囲む仁川市、京畿道)に集中。韓国統計局によると平成24年時点、全人口の49.4%がソウル首都圏に居住しているとしています。

昭和45年頃までは、首都圏には全人口の28.3%しか居住せず、農村部の人口の方が多い時代でしたが、経済の成長とともに人口は首都圏へ移り始めました。

日本では「地方創生」とアベノミクスは掲げますが、韓国でも活力を地方へも波及させたいと、地域経済をどのように生き返らせるかは日本と同様の問題です。

同様に、韓国も高齢化が急速しており、人口は現在の5,000万人台をピークに減少することが見込まれています。

韓国の人口密度は?

韓国の人口密度は505.3で世界第13位に対し、日本は353.79で同25位。韓国は日本の約4分の1の国土に約5,000万人が住んでいるため数字も大きくなります。

人口密度は、国土の面積に人がどれくらい住んでいるかを表す数値で、数値が大きいほど混み合っているということになります。ちなみに世界第1位はマカオで23,333.33と国土が狭いのに人がやたらと多い桁違いの混み具合です。

<下に続く>

人口ピラミッドから見る韓国の特徴

CIA The World Factbook(米中央情報局の人口統計や経済など要約した年次刊行物)によると、韓国の人口構成は、年少人口(0歳〜14歳)が14.1%、生産年齢人口(15歳〜64歳)が73.2%、高齢者人口(65歳以上)が12.7%。

IMFによると平成29年10月現在、就業者数は、2,642万人、失業率は3.80と日本に比べ高くなっています。

韓国統計庁が発表した「将来人口推計」によると、韓国の生産年齢人口は平成28年をピークに減少し始めると分析。生産年齢人口は、50年後には約35%減少すると予測しました。

また、女性1人が生涯に産む子供数を示す合計特殊出生率は、1.24人と低く、平成17年には世界最低水準の1.08人を記録し、翌18年に少子化対策で「低出産高齢社会基本計画」を策定。

育児給付金や育休期間を設け、平成23年には1.3人に回復しましたがその後は低調しています。

この状況は、韓国だけでなく日本にも当てはまることです。これからの具体的な少子化対策が重要となっています。

<下に続く>

2016年は韓国の人口と人口密度はどうだった?

韓国の人口は?

IMFによると、平成28年の韓国の人口は5,125万人で、前年から23万人増えています。首都ソウルには約1,030万人が集まり、世界でも有数の都市と言えます。

世界190ケ国の中では26位、就労者数は2,624万人と37ケ国中5位となっています。

韓国の人口は平成12年には4,613万人となっており16年で約1割増加したことがわかります。首都・ソウルの面積は全国土の0.6%と、この土地に韓国総人口の19.4%が占めています。

韓国の人口密度は?

韓国の平成28年の人口密度は513.9で、世界13位は29年と変わっていません。首都のソウルは、バルセロナやパリなどと同様、世界的にも超高密度都市です。世界190ケ国の中では13位となっています。

ソウルの人口密度の高さは、就職を目的に農村部からソウルを目指す人が多く、近年のソウルでは、人口流出が流入を上回るという結果になっていますが、平成27年のソウルの人口は、5年前の前回調査よりも多い結果となりました。

null

次に人口密度が高いのは光州市、仁川市と続いています。最も人口密度が低いのは江原道でソウルの182分の1に留まります。

<下に続く>

韓国の人口の推移とは?減少している?

IMFの2017年10月時点の推計によると、統計のある昭和55年に韓国の総人口は3,812万人、昭和59年位初めて4,000万人を突破し、平成24年に5,000万人を超えました。

統計の残る限り、韓国の総人口は、昭和55年から一度も人口減少はなく、毎年、平成29年まで増加し続けています。ただ、韓国統計庁によると、韓国の総人口は平成27年から15年かけ微増はするものの、その後は減少傾向に陥ると予測しています。

韓国では、少子化が進行中であり、合計特殊出生率も経済協力開発機構の加盟国の中では最低水準であり課題となっています。少子化の流れを受け、高齢化も加速し生産労働者の負担は大きくなっていく予測です。

<下に続く>

韓国の人口が減る?少子高齢化が進んでいる?

平成9年末に起きたアジア通貨危機から20年が経ち、韓国開発研究員は調査によって、国民の57.4%がこのアジア通貨基金が自分自身に影響を及ぼしたと公表しました。

アジア通貨危機がもたらした影響により、今後、どのように危機に対応するのかが問われていますが、通貨危機より経済の低成長に対応することが重要と有識者は指摘しています。

韓国の人口構造は、日本に約20年遅れ高齢化が進み少子高齢化で経済の活力が失われる懸念を示しています。

経済専門の大学教授は、低経済成長が中国の追い上げ、構造の変化から発生しており、財政や通貨政策では解決できないと指摘。

経済活動人口が減少し経済成長が失いかねないと、教育改革や年金制度の見直しなど、構造的な技術向上が必要と指摘しています。これは、日本の考えと同様です。

一方、IMFでは、韓国政府と協議内容を公表する際に、労働生産性が米国の5割程度と分析し、生産性向上が重要としています。

<下に続く>

韓国の人口や人口密度を日本や北朝鮮と比べると?

韓国の人口を日本と比べると?

IMFによる平成29年10月時点の推計によると、韓国の人口は5,145万人に対し、日本は1億2,671万人と韓国の人口は日本の総人口の2分の1にも満ちていません。

ただ、韓国の人口は、昭和55年から一度も人口減少はなく平成29年まで増加し続けているのに対し、日本は、平成23年の1億2,783万人をピークに年々減少しています。

韓国でも、日本の少子高齢化を追いかける形となっていますので、今後は両国とも超高齢化社会を迎えることになります。

日本の少子高齢化社会の現状や原因、問題点!影響や対策は?日本の社会問題、少子高齢化社会とは? これから日本は少子高齢化社会になります。つまり子供よりも...

韓国の人口を北朝鮮と比べると?

国連の平成27年の統計によると北朝鮮の人口は2,515万5,000人と、韓国の人口の半分弱。世界50位にランクされています。

null

北朝鮮の合計特殊出生率は、1.97人と韓国、日本より多く、現在でも人口は増加中です。平成10年頃には、300万人の餓死者が出たと報道がありましたが、人口の増加は出生率が補っているのかは定かではありません。

CIA The World Factbookによると、北朝鮮の生産年齢人口は全体の68.9%と高い値となっています。

<下に続く>

韓国の人口や人口密度!人口ピラミッドから見る韓国の少子化のまとめ

韓国の総人口は、日本に比べ半分にも満ちていませんが、これまで微増ながらも減少なく増加しています。

日本と同様に人口は首都圏に集中し、地方の経済活性化が課題となっています。また、韓国の人口構造も日本に遅れ約20年後には少子高齢化が深刻問題となることが分析されており、地方経済政策、少子化対策など、どのような政策が用いられるか注目されます。

何よりも、現在は北朝鮮問題が今後、どのように動いていくか世界から懸念されています。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line