お金のコトをもっと身近に|みんかね

1000万円以下でも対策が必要?相続税の計算方法と非課税枠6個と活用できる相続税対策

Large money 1974707 640 1
目次

1,000万円以下の相続であっても税金対策は必要な場合があります。
なぜなら、遺産総額が相続税の基礎控除額を超えていた場合は遺産分割で相続する財産が1,000万円以下であっても相続税の課税対象となってしまうためです。

相続時に適用できる6つの非課税枠

①贈与税額控除

被相続人(亡くなった人)から3年以内に贈与を受けていた場合はその財産は相続財産に加算されます。この際に贈与税を支払っていた場合は、その税額は相続税から差し引けることになっています。

②配偶者の税額軽減

相続税は配偶者に優しい制度があり、相続した財産の額が1億6千万円までであれば相続税は掛からないことになっています。また、この額を超えていても配偶者の法定相続割合までの金額であれば同様に相続税は掛かりません。

③未成年者控除

未成年者が法定相続人であり、財産を相続することになった場合には未成年者の税額控除を適用できます。控除額は20歳になるまでの年数×10万円でとなっており、例えば10歳の場合は

(20歳-10歳)×10万円 = 100万円

が相続税の税額から差し引くことができます。

④障害者控除

相続人が一定の障害を持っている場合に障害者の税額控除が適用できます。控除額は85歳になるまでの年数×10万円です。特別障害者の場合は85歳になるまでの年数×20万円となります。

⑤相次相続控除

10年以内に2回相続が発生し、1回目の相続時に相続税が課された財産については2回目の相続時に一定金額を控除する制度です。控除額は1回目の相続が起こってからの年数によって10%~100%となっています。

⑥在外財産に対する相続税控除

外国にある財産で、外国で相続税を支払っていれば日本での相続税から一定額を差し引くことができる制度です。

<下に続く>

「不動産」を活用した相続税対策

相続時に適用できる相続税対策

「賃貸のアパート又はマンションの購入」で評価額を下げる

不動産は購入価格と相続税としての評価額に開きがあるため、現金で相続するよりも不動産で相続する方が評価額を下げられます。例えば1,000万円で購入した賃貸アパートの評価額が700万円となれば300万円分評価が下がり、それだけ相続税額も減ることになります。

「利便性の良いワンルームマンションの購入」で評価額を下げる

利便性の良いワンルームマンションでは実際の取引価格と相続税評価額に開きがあるため、評価額を下げる効果があります。売却する際も人気があるため現金化もし易いという特徴があります。

「タワーマンションの高層階部屋を購入」して節税

タワーマンションの節税は問題があるということで、高層階と低層階の評価方法は改正が決まっていますが、それでも高層階部屋を購入した場合は相続税評価と実際の価格に大きな開きはあります。

「小規模地等の特例」を受ける

小規模宅地の特例は、被相続人が住んでいた土地や事業のために使っていた土地を相続する際に、引き続いてその土地に住んだり事業のために使用する場合に適用できる特例で、最大80%も評価を下げることができます。

<下に続く>

相続時に活用できる「生命保険」の税金対策


生命保険を相続人が受け取った場合に「500万円×法定相続人の数」が非課税になます。

今後使う予定のないお金で一時払終身保険に加入することで税金対策になります。

相続時に活用できる「その他」の税金対策

養子縁組で基礎控除額を増やす

相続税の基礎控除は法定相続人の数によって決まるため、法定相続人を増やすことで控除額が大きくする方法です。ただし、控除対象となる人数は、最大で2人であることに注意してください。

死後必要になるものは生前に購入する

死後にかかる仏壇やお墓などは相続した財産から出してもらうよりも、生前に購入した方が節税になります。仏壇やお墓は非課税財産であるため、相続税の課税対象とならないからです。

<下に続く>

相続を受ける時の計算方法

実際に1000万以下の相続を受ける場合の計算方法を紹介します。

①相続財産額から債務等の金額を差し引き 正味財産金額を算出する

まずは相続財産の合計額から「被相続人の債務」「非課税財産」「葬式費用」を差し引きます。

※非課税財産とは何か

非課税財産はお墓や仏壇などの祭祀財産と、生命保険や死亡退職金のうち一定額、特定の団体に寄付したお金などです。

②相続に対する 正味財産金額から基礎控除額を差し引く

基礎控除は「600万円×法定相続人の人数+3,000万円」です。法定相続人は配偶者や子どもなどで、状況によって異なります。例えば配偶者と子ども2人の場合は法定相続人の数は3人となるため、基礎控除額は「600万円×3人+3,000万円=4,800万円」となります。
相続財産がこの金額を下回る場合は相続税が掛かりません。

③法定相続分に沿って相続遺産額を振り分けたと仮定し「相続税の課税合計」の計算を行う

相続財産を法定相続割合で振り分け、それぞれの相続税の合計額を算出します。

④相続税の課税合計を相続人に振り分ける


算出された相続税の合計額は実際の遺産分割割合に応じて分担して支払うことになります。

⑤各相続人に適用可能な控除額を割り当てられた各相続税の課税金額から引く

それぞれの課税額が決定した後、適用可能な非課税制度や税額控除などを課税金額から差引いて実際に収める税額が決まります。

相続税の計算方法と非課税枠6個と活用できる相続税対策のまとめ

1,000万円以下の相続に関する税金対策については容易に使えるものから手続きが非常に煩雑なものまで様々です。ご自身に合った対策を見つけてみてください。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事