お金のコトをもっと身近に|みんかね

遺産相続を兄弟でする時の分割の権利や順位のルールや揉めないための工夫

Large together 1412018 640 1
目次

遺産相続における兄弟姉妹での分割基本ルール

一般的には両親は子供より先に亡くなります。父親と母親どちらが先になるかは分かりませんが、いずれ両親どちらも亡くなる日がやってくるのです。
その際に起こる相続は子供の兄弟姉妹が行うことになりますが、その相続割合はどのようになるのでしょうか。
割合を決定する方法には、親の遺言による方法、法定相続分による方法、遺産分割協議による方法が挙げられます。

<下に続く>

兄弟姉妹で揉める割合は多い

遺産相続におけるトラブルは何もお金持ちの家に限ったことではありません。実は、実際に起こるトラブルの多くは遺産総額1,000万円未満が多いのです。

人はお金を目の前にすると変わります。更に遠慮なく言いたいことが言える兄弟姉妹というのは揉めやすいのも事実です。自分達には関係ないと考えず、親が健在の内に相続について話し合う機会を持つことが大切です。

兄弟姉妹とみなす範囲

被相続人の子で兄弟姉妹とみなされる範囲は、

① 実子

法律上の婚姻関係にある夫婦の間に生まれた子供は嫡出子、内縁関係などの法律上の婚姻関係でない夫婦の間に生まれた子供を非嫡出子といいます。

嫡出子の場合には問題なく相続人となるのですが、非嫡出子の場合の父子関係においては認知がある場合にのみ相続人となれます。母子関係では出産の事実が存在しますので認知の必要はなく、常に相続人となります。

② 胎児

被相続人死亡時には胎児の状態であったとしても、相続に関しては既に生まれていると仮定されて相続人となります。

③ 養子

養子縁組があった日より被相続人の嫡出子として相続人資格を有します。普通養子の場合には実親との親子関係も切れない為、養子先の親と実親の両方の相続権を有します。

特別養子の場合には実親との親子関係は完全に切れている為、養子先の親の相続権のみ有することになります。

<下に続く>

兄弟姉妹の相続割合

法定相続分は2パターンあります。

① 両親の内の1人が亡くなり、その配偶者は存命の場合

相続人は配偶者と子である兄弟姉妹になりますので法定相続分は次の通りとなります。

配偶者…2分の1
子………2分の1を更に兄弟姉妹の人数で除した金額

② 両親が亡くなった場合

相続人は子である兄弟姉妹のみになりますので法定相続分は次の通りとなります。
子………兄弟姉妹の人数で除した金額

遺留分は上記の法定相続分の更に2分の1となります。

相続割合を調整する要素

遺産分割は法定相続分により行わなくてはならない、という定めはどこにもありません。相続割合には次の通り、法定相続分より優先される要素が存在します。

遺言の記載

被相続人が遺言書を遺しており、その内容に相続割合が記載されている場合にはそれに従わなくてはなりません。

遺産分割協議

遺言書が遺されている場合であっても、相続人全員の合意があれば遺言書の内容に従わず、遺産分割協議によってそれぞれの取得財産を決めることが出来ます。

特別な貢献による寄与分

兄弟姉妹の中で誰かが被相続人である親の面倒を見ていたなど、被相続人に対して特別な貢献をした人に対しては他の相続人よりも多くの財産を貰う権利が与えられます。
このプラスされる部分の財産を寄与分といいます。

寄与分とみなされる例

・ 被相続人が入院しているなどの理由により様々な費用の工面が出来なかった場合において、その費用を代わりに支払ってあげていた。
・ 被相続人を老人ホームなどに入所させるのではなく、自宅で面倒を見ることによってその費用を節約することが出来た。
・ 被相続人の仕事を代わりに無償で行ってきた。

以上のように、被相続人の財産に貢献するような行為は寄与分として認められる場合が多いです。

寄与分の計算方法

寄与分は次の通り計算されます。

遺産総額-寄与分=相続財産
相続財産×割合=各相続人の相続財産(寄与分合計前)
各相続人の相続財産+寄与分=各相続人の相続財産(寄与分含む)

生前贈与などの特別受益

兄弟姉妹の内の誰かが被相続人より生前贈与などで財産を譲り受けている場合には、他の兄弟姉妹との間に不公平が生じてしまいます。これを特別受益といい相続分の調整が行われます。

まずその特別受益額を計算し、遺産総額にプラスします。それを各相続人で均等に分割した後、特別受益を受けた相続人の相続財産から特別受益額を差し引くことにより相続分が決まります。

<下に続く>

兄弟姉妹での遺産分割方法について

現物分割

遺産分割の基本的な方法で、相続財産をそのままの形で各相続人が相続します。
例えば土地と現金があった場合、長男が土地を、長女が現金を相続するということです。

換価分割

相続財産に不動産や株式などがある場合において、それを売却して現金化した後に各相続人で配分する方法です。

代償分割

相続財産の内に不動産などの分割することが出来ない財産がある場合において、それを特定の相続人が相続する代わりに、他の相続人に対して金銭等を支払うことで精算する方法です。

共有分割

不動産などの分割することが出来ない相続財産の一部または全部を、各相続人が共同して相続する方法です。

兄弟姉妹で揉める例

兄弟姉妹間の相続においてのトラブル例をご紹介いたします。

一方が親と同居しており住み続けたい場合

兄弟姉妹の内の誰かが親と同居しており、その自宅の相続が発生した場合、その自宅については今後も住み続ける同居兄弟が相続権を主張するのは当然の流れでしょう。しかし他の兄弟姉妹がそれを認めない場合もあり得ます。

一方が親の家業や事業を継承した場合

兄弟姉妹の内の誰かが家業を継ぎ、その事業主であった親の相続が発生した場合には、相続財産に事業関係の財産も含まれます。
それを事業を継いだ人以外が相続することになれば、事業が立ち行かなくなってしまう可能性があります。

兄弟姉妹で揉めないようにする工夫

可能であれば親が健在なうちに、親と兄弟姉妹で遺産相続についての話し合いを行っておきましょう。
そこでの話し合いを元に親が遺言書を作成することによって、将来相続トラブルが起こる可能性を大きく減らすことが出来ます。

代償分割、換価分割を上手に活用する

代償分割や換価分割は金銭により精算されますので、平等に近い分割が可能となります。現物分割と上手く併用しましょう。

死亡生命保険を使う方法

代償分割における資金不足問題を解決する方法として死亡保険金を活用する方法があります。
特定の相続人が財産を相続する代わりに、被相続人の死亡保険金受取人をそれ以外の相続人としておくことで平等性が生まれます。

遺産相続を兄弟でする時の分割の権利や順位のルールや揉めないための工夫のまとめ

「兄弟は他人の始まり」という言葉があります。悲しいことですが相続での兄弟間トラブルは非常に多いのが事実です。

親の相続をきっかけに兄弟姉妹の関係が崩れることがないように、出来る限り親が健在のうちに話し合いの場を設けるようにしましょう。リーダーとなる親がいることでスムーズに解決する問題も多いはずです。

また、万が一揉め出してしまった場合には出来るだけ早く弁護士などの専門家に相談しましょう。第三者が介入することによって感情的にならず冷静に話し合うことが出来るようになります。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事