お金のコトをもっと身近に|みんかね

ジュニアNISAの贈与にかかる贈与税額や計算方法をご紹介

Large pexels photo 62420 2 1
目次

ジュニアNISAの贈与に掛かる税金について知りたい!

ジュニアNISAは子どもを対象としたNISAです。通常のNISAは本人が名義人となるため贈与税の問題はありませんが、ジュニアNISAの場合は少し状況が異なります。

<下に続く>

ジュニアNISAと贈与税の非課税枠について

通常、投資をして増えたお金には所得税が掛かります。ジュニアNISAでは毎年80万円までの投資であれば、その投資によって増えたお金には税金が掛からないという特徴があります。

また、ジュニアNISAに対する贈与税は通常の贈与と同じように基礎控除は110万円です。80万円の投資と合わせて子どもに対する贈与額が合計110万円を超える場合は贈与税の対象となることにご注意ください。

ジュニアNISAには「非課税投資枠80万」がある


上記の様にジュニアNISAの最大の魅力は80万円の投資額に対する増加額は非課税となることです。ちなみに2014年から始まったNISAは当初非課税枠は100万円でしたが、2016年からは120万円に引き上げられています。

贈与には「基礎控除110万」がある

また、通常の贈与では、毎年110万円以内に抑えていても、定期贈与として税金が掛かるリスクがありますが、ジュニアNISAであれば、毎年110万円以内の投資であれば非課税の対象になます。

通常のNISAのように非課税枠を120万円にしてしまうと、今度は贈与税の基礎控除である110万円を10万円オーバーしてしまい、その部分に対して贈与税が掛かってしまうため80万円に抑えてあると考えられます。

ジュニアNISAの贈与は「一般贈与財産」に該当する

贈与税の税率を計算する場合、「一般贈与財産」と「特例贈与財産」では税率が異なります。ジュニアNISAの場合は一般贈与財産に該当するため、基礎控除額を超える贈与があれば特例贈与財産よりも不利になります。

<下に続く>

ジュニアNISAにかかる贈与税を計算してみよう!

ジュニアNISAにおける贈与税の計算方法を手順を追って解説します。

①贈与財産を確認する

まずは贈与される金額を把握することから始めます。1月1日から12月31日までの1年間に贈与によりもらった財産の価額を合計します。複数の人から贈与がある場合は全て合計した金額を把握しなければいけません。

②基礎控除額を差し引く

①の金額から基礎控除額である110万円を差し引いた金額が贈与税の課税対象額です。この際に0やマイナスとなれば贈与税は不要となります。

③基礎控除を差し引いた金額に一般贈与財産で適用される「税率」をかける

課税対象額が出されたら、後は税率を掛けるだけです。ここで注意すべき点として、特例税率ではなく一般税率を掛けなければいけません。通常は父母や祖父母からの贈与であれば特例税率を用いて一般税率よりも低い税額となりますが、ここはデメリットと言えます。

ジュニアNISAの贈与税に関わる注意点


ここで、ジュニアNISAの贈与税に関わる注意点を三つ挙げます。

①ジュニアNISA以外の贈与を含めて110万を超えれば税金がかかる

ジュニアNISAに加えて110万を超える金額を贈与した場合、生活費や住宅資金、結婚・子育て資金といった非課税枠以外のお金には税金がかかります。さらに、そのジュニアNISAの投資資金は一般贈与財産となることは前述の通りです。

②相続開始前3年分の贈与は相続財産の対象になる

ジュニアNISAに限らず、相続が発生した場合その三年前までの贈与に関しては相続財産に含まれます。

③贈与税の支払いは「贈与された人」が行う

贈与税は財産を受け取った人が支払う必要があります。贈与する人ではないことに注意してください。

<下に続く>

ジュニアNISAの贈与にかかる贈与税額や計算方法をご紹介のまとめ


ジュニアNISAに関する贈与税についてご理解いただけましたでしょうか。毎年80万円までの投資であればメリットが多いためリスクも少ない制度です。ただし、贈与税の基礎控除額を超えると一転してデメリットも発生することには注意が必要です。

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事