お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/12/07

決断力がない人の特徴・原因・克服方法!

Large pexels photo 277052
目次

決断力がない男女の原因とは?

何をしようともいちいちあたふたして、結局何も選べないという事になる方もいます。「どっちにしよう」、「こっちがいい、でもあっちもいい」とそんな事ばっかり言う人物です。こういった「決断力の欠如」は生きていく上では非常に不利になるものです。

いざという時に決断できずにワ―っとなるのは、男女ともにあまり褒められるものではありません。よくこのような方々を優柔不断などという言葉で表現するけれど、いかなる場面でも優柔不断で褒められはしません。

それでは、どうして決断力が欠けるのか。誰しも、生まれながらに決断力に差がある事はあり得ません。今回は決断力の欠けた人物の特徴や原因を探り、そしてそれを克服する方法について紹介していきましょう。

<下に続く>

決断力とは?

そもそも「決断」とは何でしょう。例えば、二つもしくは三つ以上の選択肢があるけれども、どれか一つ選んだら、他の選択肢を選ぶ事は出来ません。この時にどれか一つを選び出し、他の選択肢を消去する事を「決断する」と言います。

よく同じように使われる言葉に「判断力」というものがあります。この力は複数ある選択肢から、ベストなものはどれか、もしくは最も悪いものはどれかを的確に判断するものであり、最終決定までにはいきません。

すなわち、いくつかの選択肢から最も良いものはどれかは判断は可能だけれども、いざそれに決める瞬間になると、決められず最後の一歩が踏み出せない、といった事も起きるわけです。この場合、「判断力はあるけれど、決断力の欠けた人物」といった評価が下されます。

もしくは、どれがベストな選択かはわからないけれど、とにかく一つの選択を決める時には思い切ってすぐに決める人物もいます。そして、失敗してしまうリスクもあるけれど、この場合は「判断力はないけど、決断力はある人物」となるはずです。

もちろん、判断力と決断力の両方を持っている人物ほど優れた者はいません。どちらの方が長けた能力か、といった事も決めるのは難しいです。ただし、決断力が欠けていれば、一向に前に進む事は出来ません。そして、他者に決断を一任する事は自身の功績にはなれません。

いかなる結果であろうと、最後に決めた人物にすべての責任があり、結果に伴う報酬を得られるのです。

決断力がない人の特徴

特徴①断れない

それでは、いざという時に決められない方々の特徴にはどんなものがあるか。まずは、他人から勧められたものや、お願いを断る事は不可能です。

例えば、友達から「明日の掃除当番、頼むから代わってくれよ」と頼まれる時、ほとんどの人物は「そんなのイヤだよ」と断ります。けれども、「イヤだ」と言えずにどもってしまい、結局押し付けられる事もあります。

null

そもそも、決めるという行為は、すべて自身で行うものだけれども、決める事が不可能な以上、他人から一つの選択を提示されれば、フラフラっとそっちに進むのは必然です。

他人からのお願いや勧めには「拒否」という選択肢もあるけれど、それは完全に己の意思によるものです。

己の意思に従う事が困難な場合ば、「断る」という選択は真っ先になしです。その結果、不本意なお願いであっても、ついついオッケーする事が多くなるんです。

特徴②自信を持てない

彼らが何か一つの答えを決める事を躊躇するのは、それに自信が持てない事が理由です。もちろん彼らにもちゃんと意思があるため、どれが良いかという事は決めています。頭の中のみだけれども、少しは「これがいいな」と答えを持っています。

ただし、その答えで本当に良いか否かという点で自信を持てません。何かしらの答えを決めてもその後に「もし間違った選択ならどうしよう」、「他の人物とまったく違う意見で、怒られる事になったら怖いな」、「間違えて取り返しがつかなくなったらイヤだな」などといった不安ばっかり考えています。

「この答えできっと大丈夫」と言える自信がまったくないのです。決断力は、ほとんど自信と同じ意味を持っています。

特徴③他人に流されやすい

そして、結局己の答えに自信が持てないため、己の心には答えがあっても、他人の意見や答えに身をゆだねてしまう事になるはずです。たとえ他人の考え方と相反するものであっても、それを押しのけてまで己の考えや選択を貫き通すまでの気持ちもないです。

可能であれば、他人が選択する事の方が楽だと考えています。それはその通りです。己で決める事ができず、いつまでも迷って悩み苦しむよりも、他人が「これ」といって勝手に決めた方向に進めば、何も悩まなくて良いんです。

その逃げの気持ちがあるから、自信も持てず、決める事ができなくなってしまいます。優柔不断さはその弱い心が作り上げたものです。

特徴④無責任

心の弱さは次第に己のアイデンティティをも失っていく結果となるはずです。他人の意見に流されたり、他の人間にばっかり決めてもらうような事が続けば、「無理して決める義務はないんじゃ」という考えに至ります。

それはつまり、「わざわざ悩んでまで自分が決める義務はなく、別の誰かが用意してくれる選択に乗って進むだけでいいし、もしそれで間違ってもそれは決めた奴の責任だ」といった思考になる事です。

数ある選択肢から答えを選ぶ事は、その決定における責任が伴う事です。その責任からの重圧に負けると、最終決定を下す事は出来ません。つまり、決断力とはその最後の一歩を踏み出す、自信と責任感が求められるものです。

特徴⑤行動などが遅い

優柔不断な人物は決める事だけでなく、他の行動においても何かと遅い傾向があります。それはなぜかというと、人間の生活は常に決断の連続です。

例えば、今日の晩御飯でも同じ事です。「今日はハンバーグにしようか、それともシチューにしようか」これだけでも選ぶ必要があります。

トイレに行く時でさえ、「今行っとくべきか、それとも後で行くか」、自販機で飲み物を買う時も、「コーヒーを買う、もしくはコーラを買う」など、日常生活にも、そこには常に選択の連続です。

その時にいちいち右往左往したら、行動が遅くなるのは当然です。だから、いざという時に限らず、決断力の欠けた人物は他の人物よりも行動が遅い傾向があるんです。

<下に続く>

決断力がない原因

原因①悪い事ばかり考える

こんな状態になる原因には、まず基本的にネガティブである事が考えられます。どんな答えを選んでも、その先に悪い事が待っているんじゃないかと考えると、選択する事に恐怖心を抱きます。

どんな小さな事でも、例えば、自販機における選択で「コーヒを選んで、もしトイレに行きたくなったらヤダな、でもコーラを選んでも飲み切れなかったもったいない、だからと言ってお茶を買う気分じゃない」となるはずです。

原因②後悔しがち

すぐに過去の事にくよくよする性格の人物も同様に決断力を失いがちです。それは、「ああすればよかった」とか「別の答えにしとけばよかった」と何度も考えてきた経験から、「もし、またこの答えを選んで後悔しちゃったらどうしよう」と考えてしまうからです。

後悔ばっかりしていると、己の決断に自信が持てなくなるはずです。最初はいろいろな事を決められる性格であったとしても、何度も失敗して「こんな選択選ぶんじゃなかった」と考えると、「私の選ぶ方はいつも間違っている」と思い込むのです。

後悔の経験は人物の自信を無くしてしまう事が多いので注意しなければいけません。

原因③後回しにしがち

あとは、何でもかんでも後回しにする面倒くさがりも決断力の欠けた人間になるはずです。答えを決めていたり、それなりに自信があっても、「まあ、後で選べばいいや」と思う人物は結局、うやむやになって終わる事が多いです。

このパターンでは、自身の選択に対する責任感が欠けていると言えます。別に今選ばなくても誰も困らないとか、もっといいタイミングで選びたいと考えているので、その決断に対してそこまで重要性を持たないので、「後でいっか」となるんです。

決断力がある人の特徴

特徴①嫌われる事を恐れない

逆に、決断力を持つ人物はまず嫌われる事に対して恐れていない特徴があります。つまり、他人と違う選択しようが、もしくは周りが反対する決定であろうと、別にそれで周りの人間から嫌われようと知ったこっちゃないと考えています。

null

とにかく、己が決めた事は通すという絶対的な信念の元に決断しているので、その選択による周りからの評価の変化は取るに足らないと考えます。

特徴②失敗にネガティブじゃない

そして、彼らは失敗に対してネガティブに考える事はありません。自分の選択によって、間違った形になったとしても、選んだものはしょうがないと思い、次に決断に移る事ができます。

彼らにとって、一つの決断には失敗と成功はつきものであると考えを持っているでしょう。そのため、間違う事はあるだろうし、100%安全な選択肢はほとんどないと理解しています。

もちろん初めから失敗する気は毛頭ありません。けれども、失敗は少なからずあるから、もし間違っても慌てる事なく、その対処や次の策に移る事の方が大事です。後悔するのは意味がないと考えられるからこそ、最後の決断を下す事ができるのです。

特徴③時間に厳しい

迷う事は無駄に時間を使う事です。例えば、同じ選択肢なら、10秒で決めた事も、10分かけて決めた事も、答えは同じです。どうせ、いきつく答えが決まっているのであれば、迷っている時間なんて無駄です。

時間に厳しく、計画的に動き、そして、無駄な時間を使いたくないと考えている人物は何かを決める時もとても早いです。ただし、こういった人物は決断力だけでなく、素早い判断力も兼ねそろえている可能性が高いです。

即座に正しいもしくはベストな答えを判断する事ができるからこそ、すぐさま決定できるのです。ただ、やみくもに決める事とは違います。

特徴④優先順位がはっきりしている

そして、何よりも大事な事けれども、物事にはすべて優先順位があります。その優先順位を見極める事ができなければ、何かを的確に選ぶ事なんて出来ません。

人物生は常に選択の連続けれども、だからこそ、その時に最も必要な答えはどれかを判断しなければいけません。決断力のない人物はこういった優先順位を考えません。どれもこれも同列に考えてしまうため、数ある選択肢を消去法で選んだり、必要性で答えを導く事ができないのです。

こうした物事の優先順位を見極める事ができれば、どんな選択肢がたくさんあっても、その時に必要な答えを選び出す事ができるようになるはずです。

特徴⑤私情をはさまない

優れた決定を下せる人物は常に、周りの状況を見る広い視野と、先の未来を見通す力を持ち、それらを理性的に判断する事が可能です。決して私情をはさむ事なく、感情で物事を判断しません。

一人物で決める事であれば、問題は少ないけれど、他人を巻き込むものであると、どうしても感情は情などが入る時があります。もちろん、人間が決める以上多少の情は入ります。しかし、それでもできる限り平等に、その時のベストな答えを出さなければいけません。

私情をはさんだり、感情的に物事を判断してしまう事は、結局利己的な決断もしくは誰か特定の人物のための決断になるはずです。しかし、情が入る選択ほど厄介なものはありません。なぜなら、私情が入った瞬間、優先順位は崩れてしまうからです。

<下に続く>

決断力がないのを克服する方法

方法①どんな事でも自分で決めようと心がける

まずは「自分で決める」という習慣を持つ事です。そのために、どんな小さな選択でも他人に任せるような事はやめてみましょう。

そうした小さな習慣の積み重ねがあれば、自然と他者に任せてしまおうと逃げる事も少なくなります。

方法②とにかく「やってみる」

そして、どうにもこうにも迷ってしまうのは、後先の事を考えてしまうからです。しかも、それは失敗したらどうしようとネガティブな未来ばっかり考えています。そうではなくて、とにかく「やってみる」と思う事が大切です。

ここは考え方を変えてみましょう。なぜなら、いくらネガティブな未来を想像しても、それは想像の産物に過ぎません。つまり、まだ何も起こっちゃいません。そんなまだ何も起こってない事で引っ掻き回されたら、いつまでたっても決断する事は出来ません。

方法③選択肢がたくさんある時は「楽しそう」で決める

それでも、いろんな選択があってどれが正しくて、どれを選ぶ事が自分の利になるかわからない時もあります。そんな時はどの選択が「楽しそう」かで選んでも良いかもしれません。そんなテキトーに決められない、と思うかもしれませんが、いつまでも迷っているよりかはマシです。

これは特に進路の選択などによくあるシチュエーションです。例えば、大学受験などで、二つの行きたい大学に合格して、どっちに行けば良いか迷う時もあります。

この場合、確かに学費や授業などいろいろなポイントがあるけど、それでも決められない時は単純に、「どっちに行けば楽しそうか」で選んでみてください。

方法④後で変えても良いと考える

あまりに重要なものだと、後で「やっぱりやめた」なんて事は出来ません。しかし、大抵の事は後で方向を変える事は出来ます。別にそれが人物生における最後の選択ではないです。

もう少し気軽に考えるようにしましょう。もしダメなら、後でちょっと違う方で試してみようと思えば、少しは気持ちが楽になるかもしれません。

方法⑤ポジティブに考える

最後に何事もポジティブである事です。ネガティブな考えを持つと人物は自信をどんどん失います。人間にとって気持ちをポジティブにするのも、ネガティブにするのも自分次第です。

null

そして、一つ一つの行動に大きな影響を及ぼすものです。どうせなら、ポジティブに考えていた方がお得です。多少の責任感は必要だけれども、「何とかなるさ」と考えて行動する事も大事です。

何でも前向きに生きて入れば、自然と人物生は上手くいくものです。何かを決断する事は、いわば更なる次のステージに踏み出す事です。せっかく先に進むという場面なのに、否定的な気持ちでは楽しむ事は出来ませんよね。

決断力がない人の特徴・原因・克服方法!のまとめ

人物生は選択の連続です。そして、他人任せにしてばかりでは、本当にやりたい事は何もできません。そして、もし何か失敗したり、挫折するような事があっても、誰の責任にもできません。私たちは決断する事で一歩一歩と成長する事ができます。

決断力を欠く事は、人間としての成長を妨げる結果になるのだと考えられます。だからこそ、時には苦しい時もあれど、己の力を信じて、前に踏み出す勇気が必要なんです。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事