みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

還元率が高いおすすめのクレジットカード比較11選

Large credit card 1520400 640 1

クレジットカードを選ぶ上で基準となるものに、「還元率」が挙げられます。カードによって還元率に差がありますので、同じ利用額であれば、少しでも高い還元率のカードを選びたいものです。

ここでは、高還元率のカードについて、それぞれ比較したものをまとめました。カード選びの参考にしていただければ幸いです。

還元率が高いおすすめのクレジットカード比較11選

img src=https://image.minnkane.com/wordpress/2017/04/account-1778_640-1.jpg alt= width=640 height=426 class=aligncenter size-full wp-image-7497 /
クレジットカードごとに、設定された還元率は異なります。それぞれのカードを比較し賢くポイントを貯めて、家計に役立てたいですね。

高還元率を設定しているカードについて、おすすめ順にご紹介します。

<下に続く>

オリコカード・ザ・ポイント

OricoCard THE POINTは、新規入会から6か月間の還元率は2.0%です。7か月目以降は1.0%になります。

「オリコモール」を利用するとAmazonでの還元率が2.0%になり、楽天市場やYahoo!ショッピングの利用でも還元率は3.0~15%の高還元率になります。ネットショッピングを頻繁に利用する人にとっては必携のカードといえます。

2017年9月28日までに新規でカードを発行すると、以下の特典があります。

・新規加入で1,000オリコポイントプレゼント
・Start THE POINTキャンペーン参加で6,000オリコポイントプレゼント
・マイ月リボの登録&5万円以上のショッピングの利用で1,000オリコポイントプレゼント

オリコカード・ザ・ポイント

<下に続く>

楽天カード

楽天カードは、通常の還元率は1.0%ですが、楽天市場などでは最低還元率が4.0%以上になります。「楽天Edy」や「nanaco」、「Rポイントカード」と併用することによって、還元率が1.5~2.0%以上になります。年会費は永年無料です。

2017年5月22日までのキャンペーン期間中に新規加入し利用すると、以下のような特典があります。
・新規入会で2,000ポイントプレゼント
・カード利用で3,000ポイントプレゼント

楽天カード

<下に続く>

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカードの還元率は、通常は1.0%です。Yahoo!ショッピングを利用する際は、最低でも3.0%の還元率になります。さらには、新規加入月と翌月はYahoo!ショッピングだけでなくどこで利用しても還元率が3%になります。年会費は永年無料です。

Tカード機能も付帯しているので、Tポイント加盟店での利用が多い人は、たくさんポイントが貯められます。カードを利用すると、100円につきTポイントが1%貯まります。

また、2017年9月15日までのキャンペーン内にカードを新規申込すると、以下の特典があります。
・カード入会で5,000ポイントプレゼント
・カード発行月の翌月末日までに1回でも買い物をすれば5,000ポイントプレゼント
・申込月と翌月にカードを利用すると、Tポイントが3倍に

Yahoo!JAPANカード

<下に続く>

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトの還元率は、0.5~1.0%です。年会費は永年無料です。ショッピングでの還元率アップは設定されていませんが、waonポイントの特典があります。通常のイオンカードではwaonチャージではポイントが付きませんが、このカードではポイントが貯まるため、ポイントの2重取りができます。

また、このカードを保有すると、イオン銀行の普通預金金利が0.12%になることも大きな魅力です。

2017年6月30日までのキャンペーン期間中に新規加入すると、ときめきポイントがプレゼントされる特典があります。
・新規入会+web明細登録で、1,000ポイントプレゼント
・カードショッピングの利用

10,000円以上の利用で1,000ポイント
30,000円以上の利用で3,000ポイント
50,000円以上の利用で5,000ポイント  プレゼント

このときめきポイントは、waonポイントに交換可能で、ショッピングに利用できます。

イオンカードセレクト

<下に続く>

P-one Wiz

P-oneWIZの還元率は、通常1.5%で、入会してから3ヶ月間は2.5%になります。年会費は無料です。

P-oneWIZの知名度はあまり高くないと思いますが、親会社はファミリーマートなので、貯めたポイントはTポイントに交換することができます。P-oneWIZを利用して代金を支払うと、請求時に1%割り引かれた金額が請求されます。

さらに、1,000円の利用につき1ポイントのポケットポイントが付与されます。Tポイントに交換する場合、1ポケットポイントは5円で交換できます。

また、ポケットモールを経由してショッピングをしてもポケットポイントが貯められます。さらに、還元率も高めに設定されているショップが多く、最大還元率7.5%のショップもあります。ネットショッピングの機会が多い方にお得なカードです。

P-one Wiz

<下に続く>

ビックカメラSuicaカード

img src=https://image.minnkane.com/wordpress/2017/04/plastic-card-1647376_640-1.jpg alt= width=640 height=425 class=aligncenter size-full wp-image-7483 /
ビッグカメラSuicaカードの還元率は、1.0~1.5%です。年会費は、初年度は無料で、次年度以降は年に最低1回カード決済を行えば無料になります。モバイルSuicaの年会費も無料になります。

このカードは、Suica利用者にとってとてもお得なカードです。通常の還元率は1.0%ですが、SuicaやモバイルSuicaをチャージする場合は1.5倍になります。

ビックカメラSuicaカード

<下に続く>

レックスカードライト

レックスカードの還元率は1.25%です。年会費は永年無料です。
貯めたポイントはJデポと呼ばれるポイントに交換でき、請求代金からJデポ分を値引きすることができます。

新規加入から3か月間は、カードの利用額によって、Jデポが付与される特典があります。
・5万円以上7万円未満:1,000円分のJデポプレゼント
・7万円以上10万円未満:2,000円分のJデポプレゼント
・10万円以上:3,000円分のJデポプレゼント

レックスカードライト

<下に続く>

リクルートカード

リクルートカードの還元率は1.2%で、1円単位でポイントが付与されます。年会費は無料です。獲得したポイントは、ポンパレモール、じゃらんnet、HOTPEPPERグルメ・Beautyなどで利用できます。

特にポンパレモールで利用した場合3%のポイントが付与され、これをリクルートカードで支払うと1.2%のポイントも付与されることになります。貯めたポイントは、Pontaポイントにも交換でき、Ponta提携店で利用できます。

<下に続く>

dカード

Dカードの還元率は1.0~3.0%です。年会費は初年度が無料で、次年度以降は年1回の利用で無料になります。このカードは、NTTドコモのカードですが、ソフトバンクやau利用者にもお得なカードです。

ローソンやマクドナルドで利用した代金は、請求の際に3%offになるため、付与されるポイントと合算すると5%という高還元率になります。また、dポイントは携帯電話料金に充てられるほかにも、pontaにも交換できるため、ドコモユーザーのみならず、他社の携帯電話ユーザーにもお得なカードです。

2017年6月30日までにキャンペーン期間中に新規加入すると、電子マネーiDのプレゼントがあります。
・新規加入すると、iDキャッシュバック1,000円分プレゼント
・入会&エントリー&翌月までに2万円以上の利用で、iDキャッシュバック4,000円分プレゼント
・上記の要件を満たし、翌月末までに「こえたらリボ」「キャッシングリボご利用枠」を設定すると、iDキャッシュバック2,000円分プレゼント

dカードに関する詳しい情報は、こちらの記事でもご紹介されていますので、ご一緒にご覧ください。
ドコモのクレジットカード-dカードとdカードGOLDのメリット・デメリット全まとめ

img src=https://image.minnkane.com/wordpress/2017/04/dカードレギュラー.jpg alt= width=282 height=179 class=aligncenter size-full wp-image-7184 /

dカード

<下に続く>

REXカード(レックスカード)

REXカードの還元率は1.5%の高還元率です。年会費は初年度が無料ですが、次年度以降は2,500+税になります。

しかし、前年において年に50万円以上の利用があれば、2年目以降も年会費は無料になります。公共料金の引落をカード払いにすれば、50万円は達成できるのではないでしょうか。

貯めたポイントはJデポに交換することにより、カード決済時に利用できます。ただし、ポイントの有効期限は、付与月から2年間になるので注意が必要です。

新規加入から3か月間は、利用金額に応じて、Jデポプレゼントの特典があります。
・5万円以上7万円未満:1,000円分のJデポプレゼント
・7万円以上10万円未満:2,000円分のJデポプレゼント
・10万円以上:3,000円分のJデポプレゼント

REXカード(レックスカード)

<下に続く>

Ponta premium Plus

Ponta premium Plusには、一般コースとリボ専用コースの2つがあります。

還元率は、一般コースの場合、100円利用するごとにPontaポイントが1ポイント付与されるので、1%になります。7月と12月には還元率がアップされ、10万円以上の利用で0.5%アップ、20万円以上の利用で1%アップになり、還元率は最大で2%になります。

また、リボ専用コースの場合は、100円利用するごとに2ポイント付与されるので、還元率は2%になります。しかし、利用した金額に応じてリボ手数料1.25%が発生するので、実質還元率は0.75%になってしまいます。

年会費は、一般コースの場合、初年度は無料ですが、次年度は2,000円+税になります。しかし、年に5万円以上の利用があれば無料になります。リボ専用コースの場合は、年会費は無料です。

新規加入すると、最大で8,500ポイントがプレゼントされるキャンペーンが行われています。Pontaポイントを高還元率で貯めたい方におすすめのカードです。

Ponta premium Plus

<下に続く>

【番外編】マイレージ還元率がお得なクレジットカードは

img src=https://image.minnkane.com/wordpress/2017/04/pexels-photo-259200-2-1.jpeg alt= width=640 height=426 class=aligncenter size-full wp-image-6631 /
クレジットカードの利用で、マイレージを溜めている方も多いと思います。マイレージ還元率の高いクレジットカードをご紹介します。

【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード】

・還元率:1.5%
・年会費:1万円

【ANA VISA Suicaカード】

・還元率:1.5%
・年会費:初年度無料、次年度以降2,000円

【スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード】

・還元率:1.875%
・年会費:3万1,000円

<下に続く>

還元率だけをみていると思わぬ落とし穴に

高還元率ならすべてお得とは限りません。注意すべき点もありますので、よく検討することが大切です。

・「端数の切り捨て」に注意
(1,000円で10ポイントより、100円で1ポイントの方が貯まりやすい)

・ポイントの「交換レート」が悪いと実際の還元率が低くなる

・「利用期限」の設定に注意
(高還元率カードはポイント利用期限が短い傾向にある)

高い還元率のみで判断せずに、端数切捨て、交換レート、利用期限など様々な観点から判断することが大切です。

<下に続く>

還元率が高いおすすめのクレジットカード比較11選のまとめ

各クレジットカードの還元率や年会費、お得なキャンペーンなどについてみてきました。高還元率は非常に魅力的ですが、注意点もありますので、還元率の他にも目を向けて検討することが大切です。

また、自分のライフスタイルに合わせて、ネットショッピングでお得なカード、TポイントやPontaポイントなど自分の利用頻度の高い店舗で優遇されているカードを選んで、無駄なくポイントを獲得し、高還元率を目指したいものです。

<下に続く>

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line