お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/12/07

気まぐれな性格の人の特徴や心理・対処法!

Large pexels photo 278312  1
目次

気まぐれとはどういう意味?

「気まぐれな人」とは良く言いますが、どんな意味で使われているのでしょうか。
気まぐれの類語を示しますので、使い方とともに探っていきましょう。
例文も交えてご紹介していきます。

それから、気になる「気まぐれな人」の性格の特徴や付き合い方も要チェックです。
あなたの身近にいるあの人を理解するためにもぜひ読んでみてください。

<下に続く>

気まぐれの使い方と例文・類語

null

まずは、気まぐれの意味とその使い方です。
気まぐれとは、「気が変わりやすい」ことを言います。
職場においても、地域においても、気が変わりやすい人っていますよね。

「最近、お昼は向かいの喫茶店のランチにはまっているんだ~。」
と話していた人に、
「今日のお昼、向かいの喫茶店に行ってみない?」と声を掛けたとします。

しかし、ここで思わぬ返事がくるのです。
「えっあ~あそこはもう飽きちゃった。今は、角のレストランに行ってるんだよ。」
なんて、移り気な人なのです。

気まぐれの類語

気まぐれの類語としては、
「風の吹くままに」、「困ったさん」、「子供のような」
というものが挙げられます。

「風の吹くままに」とは、風がどこからともなく吹いてくるような調子で行動することを。
また、風に乗っていくようにいつの間にかどこかに行ってしまうような、ということを指します。

「困ったさん」とは、文字通り他人を困らせてしまう人であるということ。
すぐに気が変わってしまうので、周囲の人を振り回してしまうのです。

「子供のような」とは、子供が「気まぐれ」の代名詞のようなものであるから。
すぐに気が変わってあちらこちらに関心を移していく様はまさに子供を見ているかのようです。

気まぐれな性格の人の特徴

気まぐれな性格の人の特徴は、なかなか分かりやすい、理解しやすいものが多いです。

特徴①自由である

気まぐれな性格の人は、自由です。
自由とは、自分が何ものにも囚われないでいることです。
この意味では、「自由に生きる」とはすなわち「気まぐれに生きる」と言えます。

誰しも、あれもやりたいし、これもやりたいという願望を持っているものです。
けれども、普通の人はあまり多くに手を出しません。
なぜなら、手を出した数だけそこでのコミュニティが増えていくからです。

コミュニティが増えていくと、当然そこでの付き合いが始まります。
となると、毎日や毎月のように約束があり、自分の時間を持てなくなってしまう。
そうした心配をするのです。

しかし、ここは気まぐれの性格の人の得意分野。
そんなコミュニティのことなんか、気にしません。
自分が行きたければ行くし、行きたくなければ断る。

そこには、付き合いというしがらみを全く感じさせない潔さがあるのです。

特徴②素直である

気まぐれな性格の人は、性格がとても素直です。
いつだって、自分にも周りにもありのままの自分でいます。

そのため、時にはキャラがいつもと異なる場合があります。
何か悲しいことがあったとき。いらつくことがあったとき。
気まぐれな性格の人のそれは、すぐに察知できます。

というのも、感情を隠そうとしないからです。
さらに極端な場合は、「あれ、この人こんな感じだったっけ。」と自分の感覚を疑ってしまうほどに変化するときも。

ただ、「ああ、怒っているなあ」と感じても、30分後にはもうすっかり機嫌が直ってるなんてことも多く見られます。

素直な人は、負の感情をすぐに吐き出すことが出来るために、直るのが早いのです。

特徴③発想が独創的で、豊かである

気まぐれな性格の人は、他の人には真似できないほどの独創的で豊かな考えを持ちます。

その根源は、何でも素直な心で感じられる強さにあります。
「あれは、なんだろうか」という疑問を「まあ、いいか」と流すことなく、じっと見つめる。
自分の心が感じた素直な感情にはとても寛容なのです。

だから、日常に溢れる「なぜ?」をとことん突き詰めていくことが出来るのです。
そうすると、他の人が見逃しがちであるけれど、実は重要なものを次々と発見することに成功し、最終的にはその人しかできない発想が生まれてくるのです。

これが、気まぐれな人には成功する人が多いと言われる所以でもあります。

<下に続く>

気まぐれな人の心理

さて、気まぐれな人の特徴は理解できましたがその心理はいかがなものなのでしょうか。
ここを知ることで、また一歩彼らとの距離が縮まります。

心理① 勝手気ままに生きてますが、実はとても繊細です。

気まぐれな人は、勝手気ままに行動します。
気の向くままに、思い立ったらすぐ行動。
あちらこちらへと出掛けてゆくのです。

そんな、気まぐれな人ですがその一見強そうな表情の裏には意外な真実が隠されています。
そう、彼らは実はとても繊細な心の持主なのです。

何かを言われればすぐに傷付き、脆いハートはひび割れます。
あなたの一言が、一筋の太刀となるのです。

しかしこの繊細な心を持つからこそ、周りの変化に敏感に反応し、すぐに行動に移せるというもの。
気まぐれな性格はその点で諸刃の剣とも言えそうです。

心理② 干渉されるのは嫌いです

応援してくれることに関しては大歓迎です。
けれども、「そんなことしてていいの?」なんて干渉はいけません。
その一言は、気まぐれな人との修復不可能な溝を作ります。

気まぐれな性格の人は、自分のセンスに自信を持って生きています。
それは、いろいろな方向へ常にアンテナを張っているからこそ持ち合わせているものに他なりません。

だから、そのセンスを他の人が理解しがたいときもあるのです。
そんなときに、それを否定したり伺ったりするような発言をすれば、「この人はわかってないな」と思われて離れていってしまいます。

心配することは大切ですが、ほどほどにした方が良さそうです。

気まぐれな人への対処法

null

最後に、気まぐれな人と接するときはどんな対応をすれば良いのか。
対処法をご紹介します。

これを把握していれば、独創的な彼らとうまく付き合うことも可能になります。

対処法① 広い心を持って接する

気まぐれな人は、時にこちらが想像もしないような発言をします。
それも、さも当然であるかのような顔つきをして、です。
あなたはきっと、何か一言でも物を言いたくなるでしょう。

しかし、そこは一度冷静になるところです。
彼には、彼の着眼点があるのです。
それが何なのか、まずはそれを見極めて理解することを心がけましょう。

そうしてみると、どうでしょう。
彼とあなたの世界が共有され、2人はお互いを共有するに至ります。
そうです、この感覚が大切なのです。

対処法② 気にしない

気にしないこともまた、有効な対処法です。
気まぐれな人との付き合いは、まるで株や為替の相場変動を見ているかのように激しいものです。

さっきまでご機嫌でいたかと思うと、あらら今度はなんか怒っている様子だな、というように気分の移り変わりが早く、差が大きい。

そんな人にいちいち付き合っていたら、こちらは気疲れするばかりです。
そんなことにならないためにも、「気にしない」という付き合い方がとても有効なのです。

対処法③ 少し距離を置く

なんだかうっとうしいな、とか疲れたなと思ったら少し距離を置きましょう。
そうしてみることで、お互いに気を休めることができます。

気まぐれな人は、自分の気分のブレを制御することを基本的にしません。
他人に、ありのままの自分を受け入れてもらうことを前提に行動するからです。

となると、こちらの対処法としては上記の「気にしない」に加えて、「少し距離を置く」というものが有効です。

すると、周りが嫌がっているかもしれないということをその繊細なハートでキャッチした彼は、態度を改めて出直してくるでしょう。

対処法④魅力的な面を、評価する

もう、付き合ってられない!
と匙を投げる前に、気まぐれな人の魅力的な面を再度評価してみてはいかがでしょうか。

それがないと言うのであれば、話はそれまでですが気まぐれな人というのはどこかずば抜けて人と違うところ=魅力があるものです。

そしてその魅力が、あなたにとって素敵に思えるところであるなら。
付き合いにくいところは少々目を瞑ってあげる価値を見出せることもできるかもしれません。

<下に続く>

気まぐれな性格の人の特徴や心理・対処法!のまとめ

気まぐれな人は、日本の中で考えれば少数民族です。
というのも、日本という国は他国と比較して同調圧力がとても高い国だからです。

「出る杭は打たれる」なんて言葉に代表されるように、個性的な人は影を潜めるかとんでもないスターになるくらいでないと、その存在を高く評価されることは稀なのです。

したがってそういう意味、感覚で捉えれば「気まぐれな人」との付き合いはとても刺激的で楽しく、自分にないものを見せてもらえてる!とポジティブに楽しめることでしょう。

あなたの周りにいる「気まぐれな人」から、どんどん刺激をもらっていきましょう!

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事