お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/12/07

さげまんとは?さげまん女の特徴と見分け方!あげまんになるには?

Large photo 1443434369257 a2cb4968b5f6  1
目次

さげまんの意味とは?

みなさんは“さげまん”と言う言葉をご存知でしょうか。さげまんとは、“運気の下降しているさま。または、その人に関わっていると自分の運気も下がっていくように思われる人”のことを意味します。

また、さげまんは“隠語に由来して特に女性を指すことが多い。さげまんに対して、運気が向上することに関して言う場合は「あげまん」と言う”とされています。

自らの運気を下げるような発言・行動を起こしたり、周囲の人まで巻き込んだりする“さげまん女”の特徴を知っておくだけで見分けることができるようになります。

もしかすると、あなたも知らず知らずのうちにそういった言動や行動を取っているかもしれません。そこで今回は、さげまんについて特徴や見分け方をご紹介していきます。

<下に続く>

さげまん女の特徴・見分け方

null

特徴① ネガティブ

ポジティブな発想よりも、ネガティブな発想をするときの方が多いです。なにごとも悪い方へ、悪い方へと持っていきます。

"確実なもの"や"保証のあるもの"でないと、不安になったり心配になったりします。ネガティブに捉えてしまうだけならまだしも、ネガティブに周囲を巻き込みます。

人が肯定的に捉えたものでも、「そんなことはない」と否定的な意見を押し付けます。自らだけが否定的になることが嫌で、周囲にもネガティブさを振りまいて行くのです。

特徴② マイナス発言

「だるい」「面倒くさい」などと、マイナス発言が多いです。周囲がやる気になって一体感が溢れているときでも、その場をしらけさせるようなマイナスなことを口にします。一人のマイナス発言であっても、空気はどんよりと曇ってしまうものです。

特徴③ 自分本位

とにかく"自分"が中心で、思い通りに進まないと苛立ちを隠すことができません。「〜〜がしたい」と思ったことは必ず意見を通そうとします。

相手の気持ちを汲み取ったり、優先したりすることはありません。全てにおいて自分勝手で、他人の意見には目もくれません。

相手に対して「嫌な思いをしているかもしれない」という気持ちを抱くことはありません。

自分本位な人の特徴!自分本位な性格を改善した方がいい理由と方法自分本位とは?意味は? 多くの人と関わっていると、時たま「あの人は自分本位だから」という声が聞...

特徴④ 夜行性

夜遅くまで活動している、いわゆる"夜行性"です。寂しさや暇さから、誰かと連絡を取っておかないと不安になります。夜遅くまで相手に付き合わせることで、寝不足へと誘います。

また、夜になるに連れてたくさんの考えごとをします。夜は比較的、悪い方向へとものごとを考えてしまいがちです。被害妄想もどんどん激しくなってしまいがちです。

特徴⑤ 笑わない

もともと"笑顔"が少なく、笑わないことの方が多いです。たとえ、周囲の人が笑っていたとしても「何が面白いの?」というように笑顔になることはありません。

笑わないことで場の雰囲気を乱してしまい、盛り上がっていた場所でも一気に悪い空気が流れてしまいます。また、"笑顔"は女性にとって、もっとも必要な武器であると言っても過言ではないでしょう。

笑顔の女性は魅力的で、知らず知らずのうちに周囲へも幸せを分け与えています。笑顔の女性とは正反対で、笑わない女性は周囲に対して不安感を抱かせているのです。

特徴⑥ けじめがない

"仕事や勉強"と"遊び"に区切りをつけられないことも一つの特徴です。一言で言うと、"けじめのない人"です。

職場や学校でもずっと遊びモードで、おふざけが止まらず行きすぎてしまいます。周囲の人が迷惑を被っていることには気づきません。

特徴⑦ 行動性がない

「これがしたい」「あれがしたい」というものごとがたくさんあっても、実際に行動に移すことは滅多にありません。ほとんどの場合、口だけで終わってしまいます。

いざ、動こうと思うと「面倒だ」という気持ちが強くなります。行動に移していれば出くわしていたはずのチャンスを逃すということも少なくありません。無意識のうちに、自らで"プラス"を遠ざけてしまっているのです。

特徴⑧ 勘違いしている

自らのことを、"モテるいい女""あげまん"だと勘違いしていることが多いです。自分がどんな女性であるかを把握・理解していないため、図々しく高慢な態度で振舞います。

「私はモテるのよ?」と周囲を見下すこともよくあります。「場を盛り上げるためには私が必要」などと図々しく、イベントや集まりに勝手に参加するなんてこともよくあります。

"自称〜〜"は本人が自称であることを自覚していないため、図々しく一番たちが悪いです。

勘違い女は自撮りが多い?勘違い女にありがちな特徴まとめ10選!勘違い女は自信の裏返し? みなさんの周りに勘違い女だなと感じる人はいるでしょうか。嫌なイメー...

特徴⑨ わがまま

少しのわがままなら可愛いと許すことはできますが、度を越えるほどのわがままは相手を振り回してばかりで疲れさせてしまいます。

自らの気持ちをセーブすることができず、すべて思い通りになるように要求します。求めすぎてしまうことで、言葉にせずとも相手にプレッシャーを与えているのです。

また、思い通りにならないと怒りだしてしまいます。相手がどんなときもわがままを聞き入れてくれる男性であれば、尚更“わがまま”であることには気づきにくくなります。

特徴⑩ 同じ行動を求める

自らの行動と同じことを、相手に対しても求めます。「私がしているのだから、~~しないといけない」と決まりを押し付けます。

例えば、自分の中で勝手に男性と遊ばない・話さないように行動しているときは、男性に対しても女性と遊んではいけない・話してはいけないと決めつけてしまいます。

たとえ勝手に自らが行動していることでもルールとして課せることは少なくありません。“私がしているから”という理不尽な理由であっても、相手が同じ行動を取らないと気が済みません。

特徴⑪ 割り切れない

“これはこれ”、“あれはあれ”などと、ものごとを割り切ることができません。男性がほかの女の人と一緒にいるところを目撃すると「浮気だ」などと決めつけてしまいます。

男性が必死に弁解していたとしても聞く耳を持ちません。“女友達”だといわれても、「友達だから仕方ない」と割り切って考えることができないのです。

考え方がとても極端で疑心暗鬼なところがあるため、全く関わらないようにしないと「なにかあるに決まっている」と考えてしまいます。

100か0かでないとモヤモヤしてしまい、ものごとを“割り切る”なんてことはできません。

特徴⑫ 後ろ向き

基本的にものごとを前向きに捉えることはありません。前回の失敗を引きずることも多く、立ち直るまでに長い時間がかかることもあります。

「どうせ今回もできない」などと、取り組む前から諦めてしまうこともたくさんあります。

さげまんがよく使う言葉

null

言葉① 「仕事・友達と私どっちが大切?」

付き合っている相手との間で使う事が多いですが、仕事や友達と自らを比べてくる女性は間違いなく"さげまん"です。男性からすれば"仕事・友達・彼女"どれも全て大切にしています。

ある程度の優先順位はもちろんありますが、はっきりと「一番はこれ」というものはありません。大切な仕事に取り組んでいるときや忙しい時期には、彼女のことを放ったらかしにしてしまうこともあります。

友達との付き合いやお祝い事があるときは、そちらを優先してしまうこともあります。しかし、これは「彼女が大切でないから」ということではありません。

男性は女性に比べて不器用なところがあり、なにかをたくさん一気にこなすことが苦手です。

そのため「仕事は仕事」「友達は友達」「恋愛は恋愛」と分けて考えています。"仕事や友達"と"私"という質問は、男性を苦しませたり迷わせたりしてしまうだけなのです。

言葉② 「そんなこともできないの?」

男性はプライドが高く、馬鹿にされることを嫌います。「そんなことも」の"も"という部分から、自らが無力であることや馬鹿にされていると感じます。

女性は軽く言ったつもりでも、男性側は「無力である」と言われたかのように受け取ってしまいます。プライドが高ければ高いほど、自分が無力だと考えることも周囲に相談することもできません。

自らのなかに「自分は無力かもしれない」というモヤモヤした気持ちを溜め込みます。困難に出会ったときやものごとがうまくいかないとき、心にしまっておいた"無力"というものが思い出されます。

「やっぱり無力だ」「なにをしても意味がない」などと、"無力"を肯定してしまいます。一度、肯定してしまった気持ちによりどんどん向上心が消えていってしまうのです。

言葉③ 「私以外と話さないで」

独占欲が強く、自分以外の女性と関わることを嫌がります。ほんの少し話しただけであっても、機嫌が悪くなったり口を利かなくなったりします。とにかく、異性に対する嫉妬が凄まじいです。

「なんで仲良くするの?」と理由を聞いてくることもあれば、「話さないで」と注意することもあります。

また、嫉妬からくる怒りの矛先が男性に向かうならまだしも、相手の女性に対して向いてしまうこともあります。相手の女性が全く知らない人であっても気にしません。

「仲良くしないで」「ちょっかいを出さないで」などと、その人に直接怒りをぶつけにいきます。ほんの少し話しただけでも怒られたり、嫌味を言われたりするなんてやってられません。

そういったさげまん女の勝手な行動が、"少しでも話すと面倒なことになる"というイメージを男性側につけてしまうのです。

一度"面倒だ"とイメージがついてしまうと、なかなか払拭することができず誰も寄り付かないようになってしまうのです。

言葉④ 「凄い・流石・偉い」

男性を褒めることは一見すると良いように見えますが、褒めすぎてしまうことで傲慢さを芽生えさせてしまいます。なにか感謝したいときや、本当に凄いと思ったときは褒めることがとても大切になります。

しかし、むやみやたらにどんなときでも褒めていてはいけません。褒められることに対して慣れが生まれると、向上心や追求心が薄れていきます。

たとえ完成度が低くても褒められることで、「完璧でなくていい」「ある程度でいい」と努力を怠るようになります。努力しなくなることで、怠け癖が付き落ちるところまで落ちてしまうこともあります。

また、どんな些細なことでも褒められ続けることで「俺は凄い」と勘違いしてしまいます。誤った考えが傲慢な態度を生み、関わりにくい存在になってしまうこともあります。

<下に続く>

さげまんとあげまんの決定的な違い

null

違い① 人前での評価

周囲の人の前で話すとき、男性をどう評価するかに大きな違いがあります。さげまんは、男性の欠点や愚痴などを躊躇せず話します。例えば、普段は完璧な男性でも寝起きが悪いとします。

毎朝何度も起こさないと絶対に起きない上に、寝起きはとても甘えん坊だとします。男性はこのような女性にしか見せない顔について周囲に話されることを嫌がります。

しかし、そんな男性の意に反しベラベラと口にします。また、サプライズをされたときなどは、一つひとつのシチュエーションを細かく話します。

悪いところも躊躇せず言いふらし、良いところはとことん自慢します。対するあげまんは、しっかりと男性をたてて話します。周囲に対して、欠点や愚痴をこぼすことはありません。

基本的に"頼りになる人"と男性をたてますが、決して傲慢な態度は取りません。「こういう人と付き合っているの、凄いでしょ」のように、自慢することや驕ることはありません。

違い② 束縛の有無

束縛するかしないかで、大きく違います。「私だけを見ていて欲しい」というのが"さげまん"の特徴です。誰かと関わることで、自らが捨てられるかもしれないと考えます。

そのため、少しでも女性と関わりがあると「なぜ?」と問い詰めたり、怒って口を利かなくなったりします。さらに、どんなに仕事が忙しくても応援したり、側で見守ったりするなんてことはありません。

「仕事と私、どっち?」「仕事ばかりしないで」と男性に負担をかけます。一方であげまんは、女性であろうと仕事であろうと、「〜〜してはいけない」などと縛り付けることはありません。

男性は、一度にたくさんものごとをこなせるほど器用ではないと、しっかり理解しています。

さらに、女性を含めた大勢の人と関わることが人間としての肥やしができると考えています。必要以上に干渉せず、側で見守っているのです。

違い③ 日々の姿勢

日々の生活における"姿勢"にも違いがあります。ものごとを前向きに捉えることができるのが"あげまん"です。

起きたことはすべてハッピーで、たとえ失敗したとしても「もっと上に行くための試練」だと受け止めることができます。

自らに責任があることを誰かに押し付けたり、「だって」などと言い訳したりすることはありません。責任の重さを感じ、行動を改めることができます。

それに対してさげまんは、起こること全てがアンハッピーだと考えます。ものごとを見る観点が、アンハッピー側の観点なのです。失敗したときでも、「運がないから」などと決めつけてしまいます。

また、自らの過ちを素直に認めることもありません。「私が失敗したのは周りのせい」などと、人のせいだと考えることもあります。

違い④ 取り巻く環境

自らを取り巻く環境の良し悪しは、“あげまん”と“さげまん”の違いに大きく関係してきます。「類は友を呼ぶ」というように、同じ性質を持つ人が周りに集まってくることが多いです。

ネガティブな発言や行動を取っている人の周りには、同じような人しか集まってくることはありません。ものごとにいちいちケチをつけたり、文句ばかり言っていたりする人。

なにごとも後ろ向きに捉えて「だって」「~~が~~だから」のように言い訳ばかりしている人。このように、さげまんの周りには必然と“さげまん”が引き寄せられてきます。

その中で、何の違和感も持たず日々を過ごしていることで自らがさげまんであることに気づけなくなるのです。

一方、ポジティブ思考でどんなことも前向きに捉える人の周りには、志が高い人など一緒になにかを高めていくことができるような人が自然と集まってきます。

高みを目指している人、周囲に活力を与えることのできる人。どんなときも笑顔を欠かさず周囲を安心させることができる人。このように、あげまんの周りには必然的に“あげまん”が集まるのです。

あげまんとは?あげまん女性の特徴やあげまんになる方法!あげまん女性は実在する! 「彼女はあげまんだから」など、一般的な会話でも耳にすることが多い「あ...

さげまんを卒業してあげまんになるには?

null

方法① 前向きになる

ものごとを前向きに捉えるようにすることが大切です。一つひとつの発言にも変換が必要です。「どうせ」という言葉は、「今度こそは」へと変換しましょう。

「私なんて」は「私だったら」、「絶対できない」は「できるかもしれない」と変換するようにしましょう。前向きに発言できるようになると、自らはもちろん、周囲にもいい影響を与えることが増えます。

やる気や自信がない人に対して、“勇気”を与える一言になることも少なくありません。マイナスや後ろ向きである姿勢を抜け出せるように発言から気を付けるようにしてみましょう。

また、視野が狭くならないように、より広い視点からものごとを見たり考えたりすることも必要です。なにごとも「これはこう」という決まりが必ずあるとは限りません。

一つの視点に凝り固まっているのではなく、柔軟にどんな角度からもものごとを見られるようになるといいでしょう。考え方、発言、行動において、少しずつでも変化していけるように取り組んでみましょう。

方法② 縛り付けない

相手を縛り付けないことも、さげまんを卒業するためには重要になります。縛り付けることは、男性を疲れさせたり二人の関係を悪くしたりします。

縛りつけている本人は良くても、縛られている人からすると恐怖で息苦しくてたまりません。面倒なことを避けて目につかないところで話したとしても、周囲に聞きまわって証拠を集めるという女性も多いです。

しかし、そんな行動は男性のことを困らせている上に、自らに対する気持ちも薄めてしまっているのです。

良かれと思っていたり好奇心があったりして行動したこと、自分で自分の首を絞めるものとなっているのです。

女性と話すことや遊ぶことを全て禁止してしまうのではなく、“女友達”だと割り切れるようになりましょう。また、“仕事は仕事”“友達は友達”と恋愛とは切り離して考えるようにしましょう。

よりたくさんの人と関わることが、男性自身の成長へと繋がります。相手のことをしっかりと信頼するようにして、自由に行動を取らせてあげましょう。

男性にとっては、「私だけを見て」とがつがつアピールする女よりも、「放っておくとしらないよ」などと少し危機感のある女の方が魅力的に感じるのです。自分本位になって相手を縛り付けてしまうことがないように気を付けましょう。

方法③ 環境を変える

自らの変化だけでは“あげまん”に慣れないという人は、思い切って環境を変えることも一つの方法です。現状に慣れていることで、自らが“どんな人間か”ということの理解・把握が難しくなります。

一度すべてをリセットして、自分自身を見つめなおしてみることも一新するためには効果的です。ガラっと生活を変えることはそう簡単なことではありません。

変えられないという人は、自らの“プラスになる”という人と関わりを持ち、行動を真似してみるようにしましょう。

マイナスなところにいる人は、どうしても周囲に流されてマイナス寄りになってしまいます。プラスをマイナスに変えてしまうのではなく、プラスを“習う”という気持ちを持って近寄りましょう。

<下に続く>

さげまんとは?さげまん女の特徴と見分け方!あげまんになるには?のまとめ

null

さげまんとはマイナスな発言やネガティブ思考が原因となり、関わる人の運気を下げてしまいます。人と自分を比べたり、むやみに褒めちぎったりする人には要注意です。

一度、さげまん認定されてしまうとイメージを払しょくすることはとても難しくなります。

自分の行動を見直して、特徴に当てはまっていないかどうか確認しましょう。もし仮に、当てはまったりよく使う口癖が同じであったりするようであれば、“あげまん”になる方法を実践してみてください。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事