お金のコトをもっと身近に|みんかね
2017/12/07

理不尽な上司の特徴・心理・行動!対処法とやってはいけない対応

Large pexels photo 248280
目次

理不尽な上司はどこにでもいるもの

「これはパワハラでは?」「ストレスがたまるようなことばかりしてくる」そんな上司が、もしかしたら身の回りにいるかもしれません。そしてその上司は、理不尽な行動をするタイプが多い傾向にあるでしょう。

そこで本記事では、理不尽な上司に悩んでいる方向けに、理不尽な上司の特徴・心理・行動、対処法など幅広くお伝えしていきます。自身で困っている方や、身近で悩んでいる方がいるのであれば、ぜひ参考にしてみてください!

<下に続く>

理不尽な上司の特徴

null

特徴①:一人に的を絞る

理不尽なタイプの上司は、誰か一人に的を絞って、攻撃することがあります。実際、「理不尽な上司に困っている」という人の話を聞くと、自分以外には優しい対応をしていると答えるケースもあるようです。

社員全員にきつく当たるのであれば、まだ筋は通っているので、ガマンすることができるでしょう。しかし、一人だけである場合、「なんで自分だけ?」と疑問に思い、ストレスがたまるばかりですよね。

あまり気が強くなかったり、優しい感じだったり、常に一人でいるようなタイプの人を攻撃するケースが多いようです。「こいつなら何をやっても文句は言わないだろう」と考え、理不尽な振る舞いをしているのかもしれません。

特徴②:揚げ足をとってばかり

「揚げ足をとる」とは、人の小さなミスで大きく取り上げて批判することです。理不尽なタイプの上司は、揚げ足をとってばかりの可能性が高いかもしれません。

職場でちょっとしたミスでも大きい問題として捉え、ミス経緯の報告をさせたり、「罰だ」と通常の業務にプラスアルファで別の仕事を押し付けてくることだって、あるかもしれません。

「これはあまりにも理不尽では?」と上司に言ったとしても、怒鳴り散らすだけで、さらに状況は悪化してしまうでしょう。うまく対応方法を探して、逃げ道を考えておかないと、大変なことになるかもしれません。

特徴③:反応がないとプンプン

反応がないとめちゃくちゃ怒るのも、特徴として挙げられるのではないでしょうか。どんな人とコミュニケーションしているときでも、よっぽどの太鼓持ちでなければ、ある程度スルーすることはあるでしょう。理不尽な人は、そのスルーしたことに対して怒り出すのです。

とにかくよくしゃべる人であると、いちいち対応していたらきりがありませんよね。仕事の話であればまだしも、趣味や家族などプライベートの話であれば、話し相手になること自体に、ストレスが溜まってしまいます。

とはいえ、理不尽な人は、相手の気持ちを一切気にせず、話しかける可能性もあります。そして、適当に相槌をしてしまったら、「ちゃんと人の話を聞いているのか!」「上司の命令だぞ!」と怒りを向けてくることもあるでしょう。

理不尽な上司の心理

心理①:ストレスを解消したい

なぜ理不尽なことをするかといえば、相手にイヤなことをすることにより、ストレスを発散している可能性があります。相手が苦しんでいる姿を見て、内心ニヤニヤしているのでしょう。

理不尽な上司は、会社で嫌われ者の可能性もあり、本人もそのことを自覚しているのかもしれません。そうすると、職場にいるだけストレスが溜まってきますよね。だからこそ、理不尽な行為で人を傷つけているのではないでしょうか。

ストレスを発散させる方法は、運動をしたり、仲間とお酒飲んだり、探そうと思えば、いくらでも見つけられますよね。しかし、理不尽なタイプの人は、誰かにイヤなことをして、自身のストレスコントロールをしているのでしょう。

心理②:自分のことしか考えていない

理不尽な行為は、相手に対する配慮が欠けていますよね。つまりそれは、自分のことしか考えていないということになるでしょう。相手の気持ちを考えることができれば、ムチャクチャな要求をすることはありません。

自己中心的な人がいると、うまく連携して仕事ができない可能性があります。人の意見を聞かず、自己主張ばかりで、物事が一向に前に進まないシチュエーションに遭遇してしまうこともあるでしょう。

理不尽な人は、自分が人に迷惑をかけていることを、まったく気にしません。自分さえよければ、それで満足なのです。上司にこうしたタイプの人がいると、ひどい目にある危険性もあるので、注意が必要でしょう。

心理③:いじめを楽しんでいる

上記でご紹介した「ストレスを解消したい」に似ているかもしれませんが、いじめそのものを楽しんでいる可能性も考えられるでしょう。いじめている側は、いじめだと思っていないかもしれませんが、攻撃されている人は、「いじめ」「パワハラ」と感じていることは往々にしてあります。

小学生時代などの幼い頃だけ「いじめ」は存在しているものではありません。社会人になって、「いじめ」はあります。絶対にしてはいけない行為にもかかわらず、人を馬鹿にしたり、嫌がらせをしてしまうのです。

理不尽な人は、前半でご紹介したような弱そうな人を見極め、嫌がらせをすることもあるでしょう。「やめてください!」と言えない性格のため、我慢し続けて、ものすごくストレスフルな毎日を送ってしまうかもしれません。

しかも、なおさら上司という自分よりポジションが高い場合、言いにくいものですよね。理不尽な人は、立場を利用して、いじめを行うことも考えられるでしょう。

<下に続く>

理不尽な上司の行動

null

特徴①:出社の時間を制限してくる

ほとんどの企業では、出社時間が決められていますよね。フレックスタイム制度を採用しているケースや、雇用形態が業務委託の場合は、比較的、出勤する時間が自由ですが、一般企業で正社員の場合は、時間を定められているでしょう。

理不尽な人の場合、会社で決められている時間を無視して、「明日は〇〇時」など指定することがあります。もちろん、繁忙期など忙しい時にはそう指示されることはあるかもしれませんが、比較的仕事がヒマな時でも、出社時間を命令してくるのです。

もちろん、理不尽な上司ですから、これは嫌がらせの一種かもしれません。他の社員より早く出社しても、特に何もすることがなく、「もうちょっと寝たかったのに・・・」とウンザリすることもあるでしょう。

特徴②:クビをにおわす

ものすごく性格が悪く、理不尽さがひどい場合、「この案件、失敗したらどうなるかわかるよな?」「最近、遅刻が多くないか? 今度、遅れてきたら・・・」など、クビを匂わす言動をすることがあるかもしれません。

こうした上司だと、ストレスがたまるだけではなく、毎日ビクビクしながら会社で過ごすことになるでしょう。「クビにする」という圧力は、ビジネスパーソンにとって、恐怖でしかありませんよね。

クビをにおわして、ムチャクチャなことを要求したり、残業を強制させたり、非人道的な言動を繰り返すこともあるかもしれません。しかし、「これはパワハラだよな・・」と思っても、気の強くない人は、上司に文句を言えないのです。

特徴③:休暇を取ると怒る

女性であれば、産休・育休を取る可能性はあります。時にはだれだって有休を取ることもあるでしょう。あるいは、インフルエンザなどで出社できない時、ものすごく辛い症状の病気になった時は、会社を休むことがありますよね。

理不尽な上司は、いかなる理由であれ、社員が会社を休むことに対して、怒る可能性があります。つまり、休んだ社員の分、自身にふりかかる仕事量が多くなり、それを対応するのが、ものすごくイヤなのかもしれません。

かつては、病気の時も「気合で乗り切れ」「根性だして来い」というのが当たり前だったかもしれませんが、今や休みを取ることが普遍的なことではないでしょうか。理不尽な人は、わりと古めなタイプかもしれません。

理不尽な上司の対処法

null

対処法①:しっかり向き合って話し合う

「どうしても我慢できない」「ストレスがハンパない」という時は、相手にしっかりと「やめてほしい」という気持ちを伝えることが望ましいでしょう。相手の目を見て、きちんと伝わるように話せば、上司の心は変わるかもしれません。

職場のデスク近くで対応することは、周囲の人に気をつかわせてしまい、「この場で言うのは少しおかしいのでは?」と自身の評価を下げてしまうこともあるので、ふたりっきりの時間を作って対応するようにしましょう。

もちろん、上司によっては、怒り出す可能性も否定はできません。うまく思いが伝わらなければ、さらに文句を言ってくることも考えられるでしょう。なので、直接言うのは、最終手段として捉えたほうが良いかもしれません。

対処法②:仲間や同僚に協力を求める

難しい問題に直面した時、一人では解決できそうにない事態になった時、職場の同僚にヘルプを求めることもありでしょう。同僚たちも、同じ思いを抱いている可能性があり、協力してくれるかもしれません。

「赤信号みんなで渡れば怖くない」なんて言葉がありますが、まさに理不尽な上司に対しては、ひとりではなく、集団で対応した方が良いでしょう。相手が年上ということもあり、一対一では、力が及ばない可能性が高いのです。

もちろん、身体的な暴力は絶対NGですが、みんなで協力して、上司に自分たちの本音を伝えたり、誰かひとりだけ理不尽な目に合っているのならば、優しい言葉をかけるなど対応してください!

対処法③:自分のペースを守る

理不尽な言動に、いちいち振り回されてはいけません。イヤなことを言われたり、いじめ的な行為をされてしまうこともあるかもしれませんが、極力、相手に振り回されずマイペースを保持しましょう。

いじめをする人は、いじめを受けている人のリアクションを見て楽しむと言われています。それならば、リアクションを薄くしたり、軽く受け流すことが良いのではないでしょうか。

上司もそうした相手には、あまり理不尽なことはしないかもしれません。反応が薄いので、相手の方から距離を取ってくることも考えられます。

対処法④:表面的には仲良くする

コミュニケーションスキルに自信のある方は、本音を隠し、上っ面だけ仲良くしてみてはいかがでしょうか。なぜ「上っ面だけ」なのかは、理不尽な人と真の意味で仲良くなるのは不可能かもしれないので、「上っ面だけ」なのです。

嫌味を言われたり、ムチャクチャなことを要求してくる相手に対して、おべっかを使ったりすることは、なかなか難しいことかもしれませんが、もし気に入られるようなことがあれば、理不尽な言動を控えるかもしれません。

もちろん、コミュニケーション力に自信のない方は、逆に怒りを増すことになってしまうかもしれませんので、ご注意ください!

対処法⑤:はやめに行動しておく

理不尽な上司から頼まれたことに対しては、いち早く行動するようにしましょう。昨日指示した内容と違う・・・なんてケースもよくあることかもしれませんので、早めに対応することにより、ミスやトラブルを防げるのではないでしょうか。

「なんでこの人のために、早めに対応しなくちゃいけないんだ・・・」と思われるかもしれませんが、「今日までといったろ!なんで終わってないんだ!」など、怒られることが嫌であれば、やはり対応しておいた方が良さそうです。

仕事のできる人は、どんなことでも対応が早いので、こうした上司がいるからこそ、自身の成長に繋げられるのではないでしょうか。「嫌だ嫌だ」といっていても仕方ないので、ポジティブにとらえることにしましょう!

対処法⑥:話をしっかり聞き、複数回確認する

先ほども少し触れましたが、理不尽な人は、話した内容がころころと変わる可能性があります。そのため、上司の話に真剣に耳を傾け、「これで合ってますよね」などと、何度も確認した方が良いでしょう。

もちろん、あまりにも確認回数が多いと、それはそれで怒られてしまう可能性があります。頻繁にではなくても、定期的に確認することが望ましいのではないでしょうか。

<下に続く>

理不尽な上司に対し絶対NGなこと

絶対的にNGなのは、上司の意見に反論したり、従わなかったりすることでしょう。もちろん、上司の指示なのだから、守るべきではありますが、理不尽な場合、「それは無理だろ・・・」という要求もあるでしょう。

しかし、反対してしまえば、さらなる強い理不尽が待ち受けている可能性も考えられます。ですので、上記の対処法を参考に、自身がストレスをためない程度で対応してみてください!

理不尽な上司の特徴・心理・行動!対処法とやってはいけない対応のまとめ

上司が理不尽な場合、職場に行くのが嫌になったり、そもそも近くにいるだけでムカつくこともあるでしょう。とはいえ、上司である以上、やはり付き合っていくしかありません。

「こんな人もいる」ぐらいの感覚で、大きな心を持って接するのが一番良いかもしれませんね。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事