みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/12/09

生涯賃金の平均はいくら?生涯年収は学歴や業種によって違う?

Large photo 1486406146926 c627a92ad1ab

生涯賃金(年収)とは?2億?3億?

ニュースなどで生涯賃金、という言葉が話題になることもあり、この言葉をきいたことがある人も多いでしょう。2億とも3億とも言われている生涯年収ですが、生涯賃金の平均を知っている人は実際に少ないでしょう。公務員の生涯年収とはいくらくらいなのでしょうか。今回は生涯年収、生涯賃金についてくわしく解説します。

<下に続く>

生涯賃金(年収)の平均はいくら?

null

生涯賃金は、学歴、そして性別で大きく変わります。独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査したデータがあります。こちらで学歴、性別にその金額は違いがあるもののその金額は約1億1千万円から約2億8千万円となっています。くわしい学歴別、性別での賃金は後で解説します。

スポーツ選手の年棒などで「1年で自分の生涯年収を超えた」というようなことがありますが、この金額を知るとそのような言葉がでてくることも理解できるでしょう。

<下に続く>

学歴によって生涯賃金(年収)は違う?

中卒の場合

中卒の場合の生涯年収は男性が約1億8千万円。女性が約1億1千万円となっています。そしてもしも転職をせずに新卒から定年まで働いた場合は男性が約2億2千万円。女性が約1億4千万円となっています。

中卒でも1億以上はある、と感じるかもしれませんが、大卒の場合と比べて男性で約7000万円、女性で約8000円万円もの差が開きます。高校、大学の6年間でその差が開くのですが、その6年間も働いている中卒の人からすれば不思議なものかもしれませんが、まだまだ日本は学歴社会であるともいえるのかもしれません。

高卒の場合

高卒の場合は男性が2億円、女性の場合は約1億3千万円です。そして転職をせずに定年まで働いた場合は男性が約2億4千万円、女性の場合が約1億8千万円となっています。

どの学歴でもそうですが、転職をすると生涯賃金も変わってしまうようです。それは退職金の差があるからと考えられるでしょう。退職金は会社の規定によっても変わりますが、大体がいる年数で金額もかわるものです。新卒から定年まで勤め上げた場合の退職金はとても大きいものとなります。

高専・短大卒の場合

高専・短大卒の場合は男性が約2億円、女性の場合は約1億6千万円です。そして転職をせずに定年まで働いた場合は男性が約2億4千万円、女性の場合が約2億円となっています。

男性は高卒と高専・短大卒では金額が変わりませんが、女性は高卒と高専・短大卒では大きく生涯賃金が変わります。また、就職活動の際に目指すことができる会社の幅も考えると女性は短大に進む人が多いのも納得できるでしょう。

大学卒の場合

大卒の場合は男性が約2億円5千万円、女性の場合は約2億円です。そして転職をせずに定年まで働いた場合は男性が約2億8千万円、女性の場合が約2億円となっています。金額をみるとやはり大卒の生涯賃金が1番高いことがよく分かります。

まだまだ日本は学歴社会であり、そういった背景があるため、大学進学率も昔に比べ高くなってきているのでしょう。大学へ行くように両親が声をかけるのは、こどもへの選択肢を広げたい親心と、また将来のために少しでも生涯賃金が高くなる可能性を考えてくれているからなのでしょう。

<下に続く>

生涯賃金(年収)が高い企業10社の特徴

null

1位 M&A キャピタルパートナーズ 8億3211万円

大手企業ではなく中堅、中小企業向けにM&Aの仲介サービスに特化した企業ですが、年収ランキングでも1位となっており年収は約1741万円となっています。やはり年収が高い企業は生涯賃金も比例して高くなるものなのでしょう。M&Aが分からにという人もいるかもしれませんが、企業の合併や買収のことで、その仲介をして仲介料で利益をえるのがM&Aの仲介サービス企業なのです。

2位 GCA 8億2317万円

1位のM&Aキャピタルパートナーズと同じくGCAもM&Aアドバイザリーサービスを提供している会社です。日本だけではなく米国、欧州も中心に活動しておりグローバルな企業なのです。M&Aの仲介で得る利益はいわば手数料のようなものですから、ものの仕入れなどがなく利益をえられるために人件費にお金をかけられるのです。年収、生涯賃金が高い会社にM&A仲介企業、商社が多いのは仕入れなどのお金がかからないという点があるからなのでしょう。

3位 キーエンス 7億5631万円

キーエンスは大阪に本社がある自動制御機器や計測機器などの開発、そして製造販売をおこなっている企業です。海外売上の比率が50%を超えており、世界44ヵ国で事業展開しています。生涯年収が高い企業はグローバルな企業が多いのでしょう。

4位 ストライク 6億4886万円

こちらも1位、2位と同じくM&Aの実務をしている企業です。公認会計士が主体となっており、生涯年収は高くなっています。M%Aサービスは年収も生涯賃金もとても高いという結果になっているのがわかります。やはりものの仕入れをするということは仕入れ費だけではなく、それを保管、管理する設備費、人件費、また運輸費用などもかかります。そのために人件費にお金をかけられなくなるのですが、それはないことが仲介サービスをおこなう企業の最大のメリットなのでしょう。

5位 日本M&Aセンター 5億6338万円

日本M&AセンターはM&Aサービスの中でも中小企業、中堅企業を主に対象としている企業です。中小企業のM&Aサービスが以前と比べかなり増加してきているため、年収もアップし生涯賃金も高い企業となっています。

6位 ヒューリック 5億1390万円

ヒューリックは、不動産の保有賃貸業、また投資開発事業を中心としている不動産会社、デベロッパーです。旧富士銀行などの不動産や社宅を多く保有しているのがヒューリックの特徴、強みと言えるでしょう。

7位 朝日放送 5億1293万円

近畿広域圏が放送対象地域の放送事業企業です。ABCと呼ばれており聞いたことがある人も多いでしょう。関西圏にすんでいる人にはおなじみの企業です。テレビ業界は年収が高いことでも知られていますが、入社当時は年収が低くまた仕事もハードといわれています。しかし出世をすることで年収が高くなり、生涯賃金も高くなるのです。テレビ業界の年収が高い理由には、ライバル企業が新しくでることがないために利益が安定しているからといえるでしょう。

8位 伊藤忠商事 5億592万円

大手同号照射の伊藤忠商事は機械や金属、エネルギー、また化学品や食料品だけではなく情報や金融などかなり大きい範囲でグローバルなビジネスを展開しています。日本屈指の巨大総合商社として知られています。商社は仲介をすることで利益をえる業界ですから、M&A仲介サービス企業と同じようにものの仕入れなどにかかわるお金が不要で人件費にお金をかけることができます。また、仲介をするということは人が何よりも大切であるという証でもあるでしょう。

9位 三菱商事 4億9649万円

三菱商事は伊藤注商事と同じく、総合商社なのですが、こちらは名前のとおり三菱グループの大手総合商社となっています。他に三井物産、住友商事、丸紅とともに五大商社と呼ばれています。商社は、もともと取引先が安定していることが多く、そのために安定した利益をだしやすいことからも年収が高くなるといわれています。

10位 ファナック 4億7200万円

ファナックは電気機器メーカーです。富士山麓の広い土地に本社だけではなく、研究所や工場があります。工作機械用CNC装置で世界首位の国内シェア7割という実績をもっています。ファナックは安川電機、ABBグループ、クーカーと並ぶ世界4代産業用ロボットメーカーのひとつなのです。

<下に続く>

公務員の生涯賃金(年収)はどのくらい?

公務員の生涯賃金に関しては正確なデータがとられていません。しかし、概算で地方公務員の場合、高卒の男性が約2億5000万円、短大卒で約2億7000万円、大卒で約2億8000万円となっています。企業と比べて、学歴の差が少ないことがわかります。大卒の場合は企業平均より少し多いくらいですが、短大卒、高卒の場合は地方公務員の方が大きく生涯年収は高くなっています。

公務員を目指す人が多いのも納得といえるでしょう。また、公務員の場合は企業とは違いリストラなどもありませんし、会社が倒産するという恐れもありませんので、安心して働くことができる、ということが公務員の大きなメリットといえるでしょう。しかし公務員を目指す人が多いということはやはり倍率も高くなるといえますので、公務員になり高い生涯賃金を得ることができるのはとても高いハードルがあるといえるでしょう。

<下に続く>

生涯賃金(年収)の高い業種とは?

null

業種①金融系

金融系にも色々ありますが、そもそも金融系とは銀行や保険、そして証券などお金を動かして利益をえる業界です。お金を扱うわけですから、責任も大きく、リスクも高い仕事もあることでしょう。また、歩合制や手当がついたりする会社も多いため、年収も高くなり、生涯賃金も高くなる業界といえるのです。

業種②メディカル

MRや医療系の営業など医療関係の企業もとても高い生涯賃金となっています。また、医師や看護師なども生涯年収はとても高いものでしょう。やはり人の命にかかわるため、責任もプレッシャーも多い仕事です。専門知識が必要にもなりますので、全体的に年収も生涯賃金も高くなるようです。 

業種③商社

生涯賃金ランキングにも2社が入っていることから分かるように、商社は年収も生涯賃金も高い業種です。まず商社とはものを動かして、仲介料で利益をえています。仕入れなどの経費がかからなため、人件費にお金をかけられるという事から収入が高くなるのですが、とても人気がある業界です。特に大手総合商社はあらゆる分野の商品も扱っており、損失がでることがあっても、別でカバーできるため損失の打撃をうけにくいようです。

業種④自動車業界

自働車業界は日本だけではなく、海外にもグローバルに展開をしています。グローバルに展開をするということは、利益をあげられるマーケットが広がるということです。自働車業界に憧れる人は多いのですが、働く人は車が好きな人がやはり多いために、熱意をもって働く人も多いでしょう。

業種⑤不動産関係

不動産も賃貸・売買の手数料などで利益をあげられるのが特徴でしょう。また、大手不動産会社は物件も多く所有しており、その賃貸・売買や投資などができることが大きな強みといえます。「不動産は大きな買い物」といわれるように、金額が大きいものですから、取引数が少なくとも、ひとつの物件で大きな利益を生み出すこともできるでしょう。

<下に続く>

生涯賃金の平均はいくら?生涯年収は学歴や業種によって違う?のまとめ

自分の生涯賃金はどれくらいになるのだろう、と考えても実際に計算する人はあまりいないでしょう。また計算するうちにそれが大きな金額のために少ないのか多いのかもあまり分からないものでしょう。しかし、生涯賃金の平均を知ること、また生涯賃金の高い会社を知ることで、生涯賃金に対してのイメージもわきやすくなるでしょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line