みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/12/14

第一印象の重要性!第一印象が良い人・悪い人の特徴と良くする方法!

Large %e7%b7%a0%e3%82%81%e5%9c%a7%e7%b8%ae

第一印象とは?

初めて会った人に与える自分の印象を気にしたことはありますか?
そして、自分が相手に与える印象が良いか悪いかを考えたことはありますか?

プライベートでもビジネスでも相手に与える第一の印象で、今後の流れも変わってくることがあります。

このページでは、人の第一印象の重要性や、印象が良い人のメリットや特徴などをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

<下に続く>

第一印象の重要性

例えば、全く知らない人と仕事をしなければならなくなった場合、初めの顔合わせの時に相手のことを知ることができますが、対面した時の第一印象で相手を判断してしまう人が多いのではないでしょうか。

もしも相手が金髪でピアスがたくさん開いている人だったり、メイクが濃く服装が派手だった場合、「話づらそうだな」「この人と仕事をやれる勇気がない」「大丈夫かな」「やりづらいな」などとネガティブ思考になってしまうことがあるかと思われます。

見た目の印象でまず相手を判断し、内面を知る前に相手の内面を勝手に決めつけてしまう、となると、今後の関わり方がだいぶ違ってきます。

もしこれが真逆で、相手がスーツをピシッと着こなし、ナチュラルメイクだったりとても穏やかな雰囲気の漂う人だった場合、「話しやすそう」「良い仕事ができそうだ」「一緒に仕事をやりやすいかも」などとプラスな思いが出てくるでしょう。

しかし、実は前者の「見た目がとてもじゃないけれど一緒に仕事なんてできそうではない」と思った人が知れば知るほどしっかりしている人で、後者の「見た目がしっかりしているため仕事を一緒にやりやすそうだ」と思った人が扱いづらかったり雑な人の場合もあります。

見た目で判断することはあまり良くはありませんが、実際に見た目で判断してしまうことがほとんどです。

このようなことから、初対面の人と会う場合には相手に与える自分の「第一印象」がとても重要だということが言えます。

<下に続く>

第一印象で9割が決まる?メラビアンの法則

初対面の人に会った時には、まずあいさつを交わすと思われますが、声や表情からも相手の印象を受け取ることはできますが、それよりも相手に一番影響を与えるのは実はその人の態度だということが実証されています。

人は、その人の声や表情で相手がどんな人なのかを想像したり印象を決めることがありますが、実は、声や表情よりも何よりもまず、その人の態度で人に対する印象が180度変わるということが言えます。

<下に続く>

第一印象がいいことのメリット

null

メリット①自分のことを知ってもらうことができるため、相手から信頼されやすい

相手に与える印象が良いと、初対面の人でも会話がスムーズにすることができ、お互いのことをきちんと知ることができます。

しかし逆のパターンの場合は自分のことを知ってもらうチャンスを逃してしまうことにつながる可能性もあります。

自分のことを知ってもらうことができないと、そこにはもちろん「信頼」という言葉は生まれません。

しかし、お互いのことを知ることができると少しずつ信頼しあえることができ、「また話したい」「一緒に何かをしたい」などと思いあえるようになります。

メリット②周りから好かれ、毎日を楽しく過ごすことができる

例えば、学校のクラスに転校生がやってきたとします。

その転校生が先生から紹介された時に仏頂面だったり、うつむきがちだったり、自己紹介の時の声が小さいと周りから「なんなんだこの人は」と思われてしまい、話しかけよう!仲良くしよう!だなんて思う人はほとんどいないでしょう。

しかし、初めての対面にもかかわらずニコニコしていたり、話すときもみんなに聞こえやすい声量とスピードで、一人一人の目を見て話すと、相手は「感じがいい」「プライベートで話して見たいな」「仲良くしたいな」などと思うようになります。

このように、相手に与える印象が良いと自然と周りから好かれるようになり、毎日を楽しく過ごすことができるようになります。

メリット③自分の可能性を広げることができる

この類の人は、周囲の人から好かれたり信頼されやすいため、人脈を広げることができます。

すると、ひょんなことから自分の夢や憧れだったことが叶ったり、自分の力を試すことができたりと、可能性を広げることができるようになります。

これは、誰からも信頼されてなかったり知り合いがいないとできないことでもあります。

例えば、自分でお店を出したいと思っていても、経営経験がなかったりわからないことだらけでも、誰かが手助けをしてくれたり、やっと開店することができた場合は、たくさんの人に知ってもらおうとsnsで拡散をします。

すると、友達が多ければ多いほど拡散率も高くなり、自分のお店に友達が来てくれたり、友達の友達が来てくれるようになるなどといったことも期待できるようになります。

メリット④何かと得をする、相手にも良い影響を与える

第一印象が良い場合は自然と周りから好かれますが、悪い場合は理由なく嫌われてしまうことがあります。

例えば、お店に行った時に第一印象がいいと店員さんも愛想よく1つ上の接してくれたり、運が良い場合はサービスまでしてくれることもあります。

しかし、逆のパターンだと、店員さんは通常どおりの接客しかしてくれなかったりと、差が出ることがあります。

また、街中でティッシュ配りをしている人の前を通りがかった際、渡されたティッシュを受け取りニッコリ笑って「ありがとう」と言うだけで、相手の自分に対する印象が良くなる他、言われた相手も気持ちよくなり、ますますやる気が満ちてくるなど相手にも良い影響を与えることもあります。

逆のパターンでは、そもそも相手がティッシュを自分にだけ配ってくれないこともあります。
きっと、相手は自分にティッシュを渡して良いのか悪いのか躊躇ってしまうのでしょう。

このように、印象が良いと自分が得をしたり相手の気分を良くさせるということが言えますが、逆のパターンは損はしないが得もすることができなかったり、相手を困らせてしまうこともあるということが言えます。

<下に続く>

第一印象がいい人の特徴・共通点

四つ葉のクローバー

特徴①常にニコニコしていたり口角が上がっている

この類の人は、どんな場面でも常にニコニコしていたり口角が上がっていることが多いです。

このような表情は相手に気を使わせることがなく、いつでも誰からでも話しかけやすい雰囲気が出るため、頼みごとをしやすかったり話しかけやすかったりなどと周りから思われます。

逆に口角が下がり、仏頂面な人には話しかける気にはなかなか慣れなかったり、そもそも話しかけて良いのかどうなのかもわからなくなってしまいますよね。

第一印象がいい人は、相手のことを気遣うことがで来ているため、このような柔らかい表情をすることが自然とできているのかもしれません。

特徴②落ち着いていて話をしたりしっかり聞いてくれる

感情的なって話してしまいそうになっても、そこをぐっとこらえて落ち着いて話すことができるのがこの類の人の特徴でもあります。

例え相手がイラっとするような話をして来ても、まずは相手の話をちゃんと最後まで聞くことができます。
そしてそのあとに自分の話をするという行動をとることができます。

その時も冷静に落ち着いて話していくことができますが、逆パターンのタイプの人では、自分の都合の悪いことを言われたり、イラっとすることを言われた場合、なりふりかまわず相手に余計なことまで言ってしまうことがあります。

確かにイラっとするようなことを言われると、相手が話し終わっていなくても弁解しようと話を遮って話し始めたりしてしまう場合もあるかと思いますが、ここをぐっとこらえて相手の話を一旦受け入れることができるのは、大人な対応だと言えます。

特徴③容姿に清潔感がある

この類の人は、相手に与える自分の印象をしっかり考えることができるため、相手に対して失礼のない服装や行動をすることができます。

例えば、アイロンのかけられたシャツをピシッと着こなしていたり、髪は長すぎず短すぎずカラーも抑え気味だけれどもしっかり手入れをされていて整っていたり、女性の場合は派手すぎず質素すぎないナチュラルメイク、男性の場合はヒゲをきちんと処理していたり、爪も整えられているなど、非常に清潔感があります。

また汗をかきやすい夏場はボディーシートを持ち歩き、こまめに汗を拭いたり、食事の後にはマウスウォッシュや歯磨きをして相手を不快にさせない行動をすることができます。

もしも相手が爪やヒゲが伸び放題だったり、洗濯されていない服を平気で着ていたり、メイクが濃すぎたりすると「不潔」というイメージが付いてしまいますよね。

特徴④声量や話すスピードがちょうどいい

この類の人は、大きすぎず小さすぎず相手が聞き取りやすい声量とで話すとともに、聞き取りやすいスピードで話すことができます。

声が小さすぎたり、話すスピードがまるで早口言葉のように何を話しているのかなかなか聞きとることができないなどして何度も聞き返してしまったり、逆に声が大きすぎて聞きづらかったり不快に思うといった場合もよくあると思われます。

すると、見た目とは裏腹にイメージダウンさせてしまったり、相手が自分の話を聞く気にならなかったり、自分と話したいと思ってくれなくなる場合があります。

その反面、この類の人は相手が心地よく自分の話を聞き取れるようにと配慮することができるので、相手が自分の話をよく聞いてくれるようになり、結果的にミスや失敗をすることがなかったり、伝えたことを相手がしっかりとやってくれる、といったようなことにつながります。

特徴⑤目を見て話してくれる

あなたは、何か作業をしながら話を聞いてくれる人と、目を見て話を聞いてくれる人、どちらに話したい!と思いますか?

多くの人は、後者の「自分の目を見て話を聞いてくれる人」と答えたのではないでしょうか。

この類の人は自分が話すときも相手の話を聞く時も、どんなに忙しくても一旦手を止めることができます。

そして、目を見て相槌を打ちながら話を聞いてくれるため相手が話をしやすいと感じたり、自分が相手に話すときもしっかり目を見て伝えることができるので、信頼されやすかったりします。

一方、相槌はうっているけれどスマートフォンを操作しながら話を聞いたり、作業する手を休ませることなく話を聞いていると、相手から「適当だな」「どうでもいいと思っているんだな」などと思われてしまったり、実際聞いている側も話が右から左に流れていたり、勘違いをしてしまうこともあります。

いくら相槌をうってくれても、どんな状況だろうが一旦手を止めて目を見て話を聞いてくれたり話してくれる人は、印象が非常にいいですよね。

<下に続く>

第一印象が悪い人の特徴・原因

null

特徴①話を聞く態度が悪い

この類の人は、相手から話しかけてくるまで話そうとしなかったり、相手が話しているにもかかわらず頬杖をついていたり片脚立ちをしたり、貧乏ゆすりやペン回し、明らかに退屈そうな表情を浮かべていたりなど、話を聞く姿勢がまるでなっていません。

相手の自分に対する印象をどうこう考えるよりも「早く帰りたいな」「別に相手に興味はない」「つまらない」などと考え、自分が趣味にしているものを考えていたり休日は何をしようか、などと、今考えるべきことではないことを考えていたりします。

話を聞く姿勢がきちんとできているかどうかでもその人の印象はだいぶ違ってきます。

特徴②言葉遣いがなっていない

若者言葉をご存知でしょうか?

「~っす」「自分的には」「まじっすか?」「超~ですね」などという言葉は、友達同士で使うなら構わないのですが、社会で使う場合には不適切な言葉です。

初対面の人や大切なお客様なのにもかかわらず、「自社の製品は超おすすめなんですよ~」「自分的には良い製品だと思います」などという言葉を使ってしまうと、相手からの印象はマイナスになってしまうでしょう。

また、相手の話すことに対して否定をすることが多いと、相手が自分ともう一度話したい、仲良くなりたい、などと思われることはほとんどなく、今後の関係を続けることができなくなってしまう可能性もあります。

特徴③不潔で清潔感がな句、相手のことを気遣わない

ヒゲが処理されていなかったり、服がよれていたり、持っているものが汚れたままになっていたり壊れていたりと清潔感がないと、相手から「私生活もだらしなさそう」「この人と一緒に組むのはなんだか不安だな」などと思われてしまいます。

また、汗をかいてもそのまま放置していたり、午後から約束があるにもかかわらずニンニクの効いた料理を食べ、その後の口のエチケットを行わなかったりすると、相手が不快な思いをしてしまうこともあります。

特徴④表情がない

相手が話していても、みんなで楽しく話していても表情が変わらず「無」の状態でいると、もちろん相手が「この人ともう一度話したい!」なんて思いません。

また初対面であいさつをする際に、相手が無表情だと、気分的に嫌だったり不安になってしまうこともあります。

その反面、相手がニコニコしてくれていたり微笑んでいてくれると自己紹介をしやすかったり、会話がスムーズにできるためより深い会話をすることが期待できます。

特徴⑤自分に自信がない

自分に自信がなく常に不安があったりすると、話すことが曖昧になったり、自然と声が小さくなってしまいます。

仕事の打ち合わせで自分が担当した部分を相手に伝える時に「たぶん」「~だと思います」「え~っと…」などと曖昧な話し方をしたり、相手からの質問にも答えることができないなどすると、仕事でも信頼してもらうことができないこともあります。

そして自分にコンプレックスがあること
自信がないとうつむきがちになって相手と目話合わせることができず、暗いオーラを放ってしまい、相手から避けられてしまうこともあります。

<下に続く>

第一印象を良くする方法【態度・仕草】

方法①笑顔でいる

無表情な人より、口角が上がって微笑んでいる人の方が話しかけやすかったり近寄りやすいですよね。

初めて会う場合でも、相手の表情がこのように柔らかいと、安心して話すことができたりより深い話をすることができます。

仕事の場合は、お互いを信頼するためにお互いの印象から今後どのようにやっていくのかを決める場合があります。

そして例えば相手が気になる異性だった場合、付き合いたいと思って話しかけたときに、相手がニッコリしてくれると安心して自分のことを話すことができたり質問することができますよね。

逆に無表情だと、話しかけたことを後悔してしまうこともあります。

方法②家から一歩外に出たら姿勢を良くする

話を聞く姿勢をまずは気をつけましょう。

相手が話しているのにもかかわらずスマートフォンを操作していたり、そっぽを向いていたり、何か他のことを考えていたり上の空だったりすると、話している人が気持ちよく話すことができなかったり不快になってしまう場合があります。

自分が興味のない話だったとしても、相手の目を見て相槌を打ち話を聞くことが自分の印象をよくする方法です。

また、遊びにいくときや会社にいる時など家から一歩外に出たら、歩く姿勢から座る姿勢まで気を配るようにしましょう。

いつどこで誰が見ているかはわかりません。
もし、仕事関係の大切なお客様が偶然自分を見かけたときに、頬杖をついて食事をしていたり、電車内で通話を平気でしていたりする場面を見られてしまうと、信用問題になってしまう場面があります。

なので、誰から見られても恥ずかしくない行動や姿勢を心がけるようにしましょう。

方法③メモを取ったり相槌を打つ

相手が話しているときは相槌を打つようにしましょう。

相槌があるかないかでは相手が話しやすくなるかならないかや、自分の話をちゃんと聞いてくれているのかどうかなどを示すことができます。

相槌がないと、相手が話す気にならなかったり、また話したいだなんておもってくれなくなります。

また、仕事ならばメモを取るなどして、話をしっかり聞いているということを態度で示しましょう。
大事な会議なのにもかかわらずメモを一切取らなかったり相槌もしないでいると、「この人はやる気があるのか」「話を聞いているのか」などと思われてしまう場合もあります。

<下に続く>

第一印象を良くする方法【話し方】

方法①言葉遣いを正しくし、目を見て話し、聞く

目をそらして話をするより、相手の目を見て話すことで相手から信用してもらえることが期待できます。

また、相手の目を見て話を聞くことで、相手が「ちゃんと話を聞いてくれているな」と思ってくれます。

そして、言葉遣いが丁寧だったりちゃんとした敬語を使えることでその人に与える自分の印象をよくすることができ、一社会人として信用してもらえることが期待できます。

若者言葉が出回り、いろんな言葉が作られつつある現代ですが、今一度正しい敬語とそうではない言葉を見直し、自分が今まで使っていた言葉がちゃんとした敬語なのかどうかを調べてみましょう。

方法②聞き取りやすいスピードと声量で話す

声が小さすぎたり大きすぎたり、早口だったりすると相手が自分の話を聞き取ることができなかったり、相手が何度も聞き返さなければならなかったりして時間を余計に使わなければならなかったりします。

なかなか自分で自分の声量がわからなかったり、話すスピードを知ることは難しいですが、相手から何度も聞き返された経験がある場合はとくに注意をしましょう。

自分の話しかたを知る方法として、スマートフォンのムービーを利用したり、信頼できる人に相談し、アドバイスをもらうなどして、話し方を改善するようにしましょう。

方法③相手が話し始めたら話すのをやめる(聞き上手になる)

自分の話ばかりをして相手の話を聞かない人は嫌われてしまう可能性が高いです。

自分が喋りたいだけ喋って、相手の話は聞き流したり、相手の話を否定してばかりでは相手も話す気が失せてしまいます。

よく、相手が話しているにもかかわらず「わかるわかる!あれだよね!?」と自分の話に持っていったり、自分が知らないことでも自分が話したいが故、知ったかぶりをする人がいると思われますが、それは一刻も早くやめるようにしましょう。

相手から良い印象を得るには、聞き上手になることです。
しかし、聞き入れてばかりでは相手の都合のいい人になってしまう可能性もあるので、違うことは違うと反論をすることも大切です。

方法④話すことをまとめてから話す

自分が話したいが故、後先考えずに言葉を発してしまった経験はありませんか?

例えば、相手が話している最中にいい案が閃き、まだ自分の中でしっかりまとまっていないのにもかかわらず、とにかく自分の案がいいと周りから思われたり絶賛されたいという欲の強い思いから、思ったことをとにかく口にしてしまう人もいるかと思われます。

このような場合は、発言をするだけして後の責任は取らなかったり誰かに丸投げしたりと無責任な行動をする場合が多いです。

しかし、自分の中で何かいい案が閃いてもそれを落ち着いて考えることができるため、相手に伝わりやすかったり、しっかりと自信を持って説明することができ、周りから信頼してもらうことが期待できます。

<下に続く>

第一印象を良くする方法【見た目・服装】

ハンドクリーム

方法①ナチュラルメイクにする

スッピンは相手に対して非常に失礼な行動になってしまいます。

また、メイクが濃すぎると不潔だと思われたり「話しづらい」「気が強そう」「信頼できなさそう」などとおもわれてしまいます。

チークはアイメイクも自然な仕上がりになるよう、顔だけが浮いてしまわないようメイクはナチュラルに仕上げるようにしましょう。

方法②髪はしっかり整える

寝癖がついたままだったり清潔感がない髪は、相手から不潔だと思われてしまうことがあります。

とくに人前に出る仕事の場合は、男性ならば短めにし、ワックスなどを使って整えましょう。

毛先を指でくるくるしたり、髪を触る癖のある女性の場合は、きちんと束ねたりして、髪を触らないようにしましょう。

髪を触る仕草は自分に自信がないときや、何か後ろめたいことを話しているときに多く見られます。

相手から信頼してもらうためにも髪は触らないようにしましょう。

方法③その場にあったファッションをする

着る服によっては相手に悪い印象を与えてしまうことがあります。

例えば、会社に行くのにヨレたジャケットにシワのついたままのワイシャツ、バッグはプライベートで使うようなものだったり、服装が自由な会社だった場合、いくら自由だからといっても明らかに遊びに行くようなものだったり露出の高い服装だったりド派手な服装は、相手から信用されるどころか、社会人としてどうなのか、などど思われるほか、会社のイメージダウンもしてしまうことがあります。

ビジネスの場合では、誰に見られても恥ずかしくない、会社の恥にならないような服装を心がけましょう。

方法④毛の処理をしっかり行う

眉毛やヒゲが処理されていない男性は、相手から不潔だと思われてしまうことがあります。

顔はどんな場面でも大事な部分で、初対面の時でもまず言葉を発する前に相手の顔を見ることが多いと思われますが、そのときに相手の顔に「今日は剃るのを忘れました」と言わんばかりのだらしないヒゲがそこにあると、「だらしない人だな」「時間の配分がしっかりできないのかな」などとおもわれてしまいます。

<下に続く>

その他の第一印象を良くする方法

方法①ポジティブでいる

とにかくポジティブでいることができると、自然とにこやかになり、柔らかい雰囲気が出ます。

明るい性格の人は、初対面の人からも気に入られやすく、相手にとてもいい印象を与えることができます。

方法②相手のことを調べておく

例えば、仕事関係で相手と初めて会うことになった場合、相手の趣味などちょっとしたことを事前に調べておくことで、自分の印象をよくすることができたり、よくできた人だ、などと思われることが期待できます。

しかし、家族構成などプライベートすぎることはプライバシーの侵害になってしまうケースもあるので、趣味や好きな映画、好きな食べ物程度に抑えておきましょう。

方法③明るめの服を着る

黒や茶色などの暗い服より、明るい服の方が相手から好印象な場合があります。

スーツを着なければならない場合は、ネクタイを明るめにしたり、女性はヘアゴムを明るくしたり、ポイントで明るめの小物を取り入れるようにしましょう。

方法④柔らかいオーラを出す

ピリピリした雰囲気は、相手から避けられやすいです。

逆に、ほんわかした柔らかい雰囲気は周りからも好かれ、自然と周りに人が近寄ってくることが期待できます。

また、初対面の人にもピリピリした雰囲気は話しづらい、近寄りがたいというような印象を持たれてしまうので止めるようにしましょう。

<下に続く>

第一印象の重要性!第一印象が良い人・悪い人の特徴と良くする方法!のまとめ

いかがでしたでしょうか。

話しやすく好かれやすいと思われる人もいれば、扱いづらい、なんだが鼻につく、などと思われる人もいます。

自分が相手からどう思われるかは、第一印象で全てが決まると言っても過言ではないでしょう。

人前に出ると極度に緊張してしまう人もいるかと思われますが、第一印象を良くするためにも上記でご紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line