みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/12/15

後悔先に立たずとは?意味や由来は?

Large obesity 1817715 640

後悔先に立たずとは?

後悔先に立たずとは、いつもよく耳にする言葉ですね。もし、そんなことわざ初めて聞いたよ! という人たちがいれば、これから日常で頻繁に目にする機会はあるし、実は、多くの人に意味も理解されている身近な言葉なのです。

しかし、その使い方や由来を正確に答えることができる人が意外とそれほどいないということは、ことわざ全般に言えることです。意味もなんとなく理解していても、実は間違った覚え方をしていたり、使いどころを誤ってしまう人も少なくありません。

では、後悔先に立たずの正確な意味とはいったい何なのでしょう? そして、実際の会話や文の中でどのような使われ方をするのでしょうか。間違った使い方をして恥をかいたりして、後悔先に立たずにならないように、しっかり意味を知っておきましょう。

また、後悔先に立たずには幾つか類義語も存在し、例文とともに紹介します。

<下に続く>

後悔先に立たずの意味は?

null

後悔先に立たずとは、すでに終わってしまったことについて、幾ら後で悔やんでも取り返しがつかないことのたとえです。例えば自分の不注意で自転車の鍵を無くしたとして、後になって「あの時ポケットに入れておけばよかった」と反省しても、無くした鍵は返ってきません。

になって自分の行いなどを悔いることを後悔と言いますが、後悔を幾らしたところで、おかした失敗や罪などが消えません。後であの時こうしておけばよかった、と考えるのは全くの無駄なのです。先に立たず、とはそういうことです。

後悔先に立たずの使い方として間違えやすいのは、「立たず」を「絶たず」や「建たず」に誤用してしまったり、「後の後悔先に立たず」と「後の」を言葉の前に付けてしまったりすることです。

後悔先に立たず、の立たずは「立つ」であって、「建つ」ではありません。また、「絶つ」だとことわざの意味がおかしくなってしまいます。「後の」をつけてしまうと、「後悔」の意味と被ってしまい、文章が少しおかしくなってしまいます。

<下に続く>

後悔先に立たずの由来とは?

「後悔先に立たず」は故事成語というわけではありません。ことわざの多くは仏教の言葉が元になっていたり、古代中国の逸話、古代日本の逸話が元になっていることが多いですが、後悔先に立たずは特にこれといった由来がありません。

強いて言えば、そのまま、「後で悔いてもそれが先に立つことはない」という文に由来しています。先に立つ、というのは、失敗やショックなことが起こる前に気をつけるという意味で、後悔を幾らしても時間を戻すことができない、ということです。

<下に続く>

後悔先に立たずの使い方や例文は?具体的にどういう場面?

null

後悔先に立たずということわざを使う場面は、大きく分けて二種類あります。一つは、何か大きな失敗をしてしまった後で、それを悔やんでいる場面。もう一つは、失敗をする前で、それを十分に気をつけるような場面です。

何か大きな失敗をしてしまった後、それを悔やんでいるような場面では、先ほどから挙げていることわざの意味通りの使われ方をします。

「テストで赤点をとってしまった。もっと勉強をしておけばよかったのに。後悔先に立たずだ」のように、悔やんでも悔やみきれないというニュアンスで使われます。取り返しがつかないとわかっていて、猛反省する場面などですね。

では、もう一つの場面ではどのような使われ方をするのかというと、これから行う自分の行動や態度について、失敗しないための忠告や注意喚起として使用されます。後悔先に立たずにならないように! と忠告するのです。

「後悔先に立たずだから、ちゃんと今勉強しておけ」「後悔先に立たずとならないように、しっかりと準備はしておこう」というように、後で悔やんでも取り返しがつかないので、失敗しないための準備や対策はしっかりしておきなさいよ、という戒めのニュアンスがあります。

<下に続く>

後悔先に立たずの類義語や似た意味のことわざは?また英語では?

null

類義語や似た意味のことわざ

後悔先に立たずと似た言葉は、ことわざでは、幾つか挙げられます。中には聞いたことがあることわざも多いでしょう。代表的な言葉は「覆水盆に返らず」「転ばぬ先の杖」があります。

また他にも、「先立たぬ悔い」「死んでからの医者話」「はまった後で井戸の蓋をする」という言葉があり、こちらはあまり馴染みがありませんが、似たような言葉は数多くあるということです。

また、よく間違われますが、「自業自得」は少し意味が異なります。自業自得は自分の行いが自分に跳ね返ってくることで、後悔先に立たずとは趣旨が違います。なんで、間違って使わないように気をつけましょう。

英語で後悔先に立たずは何と言う?

後悔先に立たずとは、英語ではRepentance comes too late. といい、日本語では「後悔しても遅い」という意味になります。そのままの意味ですね。

<下に続く>

後悔先に立たずとは?意味や由来は?のまとめ

後悔先に立たずの意味は、後になって失敗を悔いても、取り返しがつかないという意味です。失敗してから自分の行いを猛反省しているような場面や、失敗をしないための注意喚起や戒めとして使われます。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line