みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

ファミマTカードの解約方法や手続き手順、解約時にすべき事を解説!

Large img scissors
目次

ついつい財布を重くしてしまうのがクレジットカード。

おトクだから、という理由でいくつもカードを作ったのはいいものの、結局なかなか利用する機会がないカードが財布の中にいくつも溢れているという状況は誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。

ファミマTカードは年会費が無料です。そして、コンビニで利用できるということもあって、つい作ってしまうという場合があるでしょう。しかし、なかなか利用する機会に恵まれないとか、コンビニでクレジット支払いは逆に面倒だという方もいらっしゃるかもしれません。

そんなとき、ファミマTカードをいっそのこと解約してしまおうと思われる方が今回の記事の対象です。ファミマTカードの解約の方法と、その際の注意点についてご説明していきます。

ファミマTカードの解約手順は簡単

作るときは面倒で時間のかかるクレジットカード。しかし、ことファミマTカードに関しては、解約する方法はいたって簡単です。
ファミマTカードサービスデスクに問い合わせましょう。すると、担当の方に電話が繋がりますので、そこで解約したいことを告げるだけでOKです。

問い合わせをするときには、手元にカードを用意しましょう。本人確認をするために、T会員の番号を知らせる必要があるからです。

ファミマTカードサービスデスク
0120-230-553 (9:00~21:00 年中無休)
(2017年5月現在)

Famima T Card お問い合わせ

支払い残高がある場合は

解約をしても、支払い残金があれば免除されるわけではありません。それぞれの支払い方法に応じて、残高の支払いをしなければなりません。
ここで注意が必要です。

解約をしてしまうと、会員専用のページで残高を確認することができなくなります。なので、しっかりと残額について把握しておかなければなりません。万が一支払いを忘れてしまっては遅延損害金を払わなければいけません。

また、支払いが滞った状況が続いてしまうと、金融事故として扱われかねません。

<下に続く>

ファミマTカード解約時に気をつけるべき点

電話一本で簡単に解約できますが、いくつか注意しなければならないポイントがあります。以下で各注意ポイントについてご説明します。

貯めたTポイントがすべて失効

どれだけTポイントを貯めていても、解約するカードで貯めたTポイントは失効してしまいます。したがって、失効を覚悟するか、使い切ってしまうしかありません。

幸いなことに、例えばYahooのIDと連結させることでヤフーショッピングでTポイントを利用することもできます。ヤフーショッピングでは、少額の期間固定ポイントに対応したような商品も多数そろえられています。そのようなものをうまく使うことで、できるだけTポイントを使い切ることも可能です。

また、もしTカードを他にも持っているのならば、そちらのカードにポイントを移すこともできてしまいます。そのような対処法もありでしょう。

チャージしたTマネーもすべて失効

当然ですが、チャージしたTマネーも全て失効してしまいます。Tポイントよりも使える間口が少ないので、しっかりとファミマで使いきらないともったいないです。

ETCカードも同時解約される

ファミマTカードと重ねる形でETCカードを契約している方は、そのETCカードも当然に解約されてしまいますので注意しなければなりません。

特に、普段から通勤などで高速道路を利用している方は、これを忘れているといきなりETCゲートが開かないという非常事態に直面してしまいます。解約前に別のETCカードを作っておきましょう。

TSUTAYA連携も同時解除される

ファミマTカードとTSUTAYAの会員を連携させている方は、会員資格がなくなりますのでTSUTAYAで使えなくなってしまいます。

普段からレンタルなどの利用をしている方は、再度TSUTAYAで会員カード(Tカード)を作らなければなりませんので、少し面倒です。

会員専用ネットサービスも瞬時にログインできなくなる

ファミマTカード利用者は、会員専用のサイトを利用できます。カードの解約をしてしまうと、このページにアクセスできなくなってしまいます。
カードの支払い残高がなく、カードの解約と同時にファミマとの関係がきっぱりと切れるのなら問題はありません。しかし、その後も支払いが残っている場合には、残額の調査をすることができなくなります。

<下に続く>

その他、ファミマTカード解約時に忘れずすべきこと

上で述べたことのほかに、いくつか注意しておくポイントがあります。

携帯電話や電気・ガス利用料金等の支払い方法を変更しておく

解約するカードで公共料金の支払いをしている方や、あるいは携帯電話の支払いをリンクさせている方は注意してください。

カードの解約によって、これらのリンクが消滅します。このままでは支払い不能の状態が継続してしまうことになり、結果として金融事故の可能性があります。また、ある日ガスが止められるというような事態も訪れてしまうでしょう。

したがって、それぞれの支払い方法を、解約の前に変更しておくことを忘れないようにしましょう。他のカードへの切り替えをするのか、あるいは、請求書を郵送してもらうなどの対策が必要です。

Tポイントは使い切る

せっかく貯めたTポイントをそのまま失効させてはもったいないです。特に、Tポイントは1point=1円で使用できるのですから、いわば「お金を捨てる」ことにほかなりません。

ファミマで買い物をするときに使ってしまうか、もしくはネットショッピングで使用することもできます。

また、買い物の機会がないという方は、例えばマイルに交換することも検討してみてはいかがでしょうか。また、他にTカードをもっている場合には、そちらに移行することもおすすめします。

Tポイントの使える店舗や使い方については、別の記事で説明させていただいておりますので、そちらをご参考下さい。もしくは公式HPで利用できる店舗の詳細が掲載されていますので、ご参考下さい。

<下に続く>

クレジットカードの解約全般についての注意事項

申込みから解約までの期間があまりに短いと、信用情報に傷がついてしまうことがあります。

したがって、申込みからある程度の期間が立つまでは、使わないからといってすぐに解約してしまうのは避けた方がいいです。

<下に続く>

ファミマTカードの解約方法や手続き手順、解約時にすべき事を解説のまとめ

このように、ファミマTカードの解約をするときには、いくつか忘れてはいけないポイントがありました。

これらのポイントを全てクリアしたときに、コールセンターに電話して解約を申し出ましょう。

また、解約手続きが完了したら、手元のカードは切る、折るなどの作業で二度と悪用されないように、しっかりと処分してしまいましょう。情報が盗まれれる可能性もありますので、廃棄には注意が必要です。

ファミマTカードは年会費が無料ですので、とりあえず、一定期間が立つのを待ちましょう。

<下に続く>

みんなのお金ドットコム(みんかね)とは

みんなのお金ドットコムでは、「お金のコトを身近に」をミッションに節税や保険、投資、ローン、クレジットカード、節約などお金に関する情報を正しくわかりやすく専門家や編集部から配信しています。
みんかねを通して、家計や資産形成などをはじめとするお金に関する事を能動的に考えて対処していくきっかけを作る事を目指しています。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line