みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/01/01

沖縄人の男性・女性の性格の特徴!仲良くなるには?

Large okinawa 723246  340

「なんくるないさー!」の方言で知られる沖縄県。同じ日本ですが、1972年までアメリカの領土だっただけに、その県民性も独特なものがあります。

また、沖縄の人は沖縄県以外のことを内地と呼び、沖縄の人は内地の人が嫌いなのでは?という説もあります。

今回は、沖縄の人の男性・女性の性格の特徴、沖縄の人と仲良くなるにはどうすればいいかなどを解説します。

沖縄の人の性格って独特? 

沖縄県は日本で一番暑い県です。そのためか、のんびりした大らかな人が多いと言われています。沖縄には、沖縄時間というものが流れており、時間に対する感覚が独特です。待ち合わせ時間に家を出て、「遅れる、ごめんねー。」と明るい声で連絡してきます。

日本本土から離れている、またその歴史的背景から、一般的な日本人と少しずれている感覚を持っているのかもしれません。時間の観念、金銭感覚、郷土愛、結婚観、恋愛観、また性格を含め、沖縄の人は独特な感性を持ち合わせていると考えていいでしょう。

<下に続く>

沖縄の人の性格の特徴【男女共通】 

null

特徴①楽観的である

沖縄の人の楽観的な性格は「なんくるないさー。」という方言によく表れています。「どうにかなるさー。」という意味のこの方言は、沖縄の人がよく使う言葉です。沖縄出身の芸能人がよく使っていますね。

明るくてノリがよく、大らかな性格は、他県から見ると羨ましく見えるくらいです。辛いことがあっても笑って乗り切るというこの楽観的な性格は、沖縄の人の大きな特徴と言えるでしょう。

特徴②金銭感覚がゆるい

沖縄の人は、お金に関してルーズなところがあります。性格が楽観的というところが原因かもしれませんが、金銭的にピンチになっても「なんくるないさー。」と考えて、あまり切羽詰まったりしません。

また、貯蓄額が最も少ない県が沖縄県であり、お金を貯めて将来に備えようという感覚が極めて少ない県民です。お金が入ると自分の楽しみのため、家族や友人のためにさっさと使ってしまうようです。計画的なやりくりというものが苦手なのかもしれません。

特徴③郷土愛が強い

沖縄の人は、進学や就職で県外に出て行っても、いずれは沖縄に戻り、故郷で生活したいと考える人が多いようです。それほど郷土愛が強いのが沖縄の人です。

それをよく表しているのが高校野球の応援です。沖縄代表の試合がある日は誰もがテレビにかじりつき、その時間帯は交通量がびっくりするくらい減る、という現象が起きるそうです。

沖縄の人は、正月やお盆には必ず帰省するという人も多いようです。綺麗な海や明るい雰囲気の地元を愛する気持ちは、どの県にも負けません。

特徴④地域のつながりが強い

沖縄には「門中」というしきたりのようなものがあります。これは、遠い祖先を同じくする父系の血縁制度です。この門中に属していれば、どんなに遠い親戚であろうが一気に親密さが増し、連帯意識も強くなります。

また、沖縄では地域のつながりがとても強いので、結婚式などでは門中一族、友人、職場の仲間、近所の人など大勢が集まり、何百人もの人が参加する披露宴もあるそうです。

特徴⑤時間にルーズ

沖縄には「ウチナー(沖縄)時間」というものが存在し、それが沖縄の人の時間に対するルーズさをよく表しています。

待ち合わせの時間になってようやく準備を始め、時間に遅れるのはよくあることであり、バスも時間通りにくることはありません。のんびりした性格の人が多いので、待つことも待たせることも特に気にかけていないようです。

これも「なんくるないさー。」の精神でお互いを許し合い、大らかに考えているのでしょう。

特徴⑥先祖・家族を大事にする

沖縄には「門中」という血縁制度がある、ということを前に説明しましたが、そういうこともあってか、家族を大事にし、親の面倒を見るという若い人がとても多いようです。

先祖を敬うという気持ちもとても強く、4月には「清明祭(シーミー)」という先祖を祀る行事もあります。これは、お墓の前で一族が豪華な重箱のお弁当を広げ、宴会のようなことをするという行事です。

お墓の前で大勢で食事をするという光景は、他県から見ると奇異に見えますが、沖縄では自然なことのようです。先祖を敬い、家族を大事にするという精神は、沖縄の人にとって小さい子供の頃から、当たり前のことなのです。

特徴⑦お酒が強い

沖縄にはご存知、泡盛というお酒があります。泡盛は、タイ米と黒麹を使った全麹仕込の焼酎で、独特の甘い香りが特徴です。3年以上経ったものは古酒と言われ、20年30年物といった古酒は当たり前であり、大切に保管すれば100年200年ものとして育つと言われています。

日本でお酒の強い県のランキングでは堂々1位に輝いている沖縄ですが、沖縄の人たちは飲み始めるととことん飲み、三線を弾きながら沖縄民謡を歌い始めることもしばしばです。

こうやって「いちゃりばちょーでー」(一度会ったら皆兄弟)の雰囲気でワイワイ朝まで泡盛を酌み交わし、仲間の輪がどんどん広がっていくのだそうです。

特徴⑧運転が荒い

沖縄は日本有数の車社会の県です。自家用車の保有率も日本一です。また、電車が走っていないので、自然と車での移動となり、沖縄の人は歩かない、とよく言われます。

ゆったりのんびりしていると思われがちな沖縄の人ですが、車社会であるため、渋滞も日常茶飯時で、自然と運転も荒くなります。ウィンカーを出さなかったり、横道からすごいスピードで飛び出してきたりとかなり危ない運転をする人が多いようです。

渋滞が多いので原付バイクを使う人も多いようですが、原付バイクもかなり危ない乗り方をする人を見かけます。おそらく渋滞のストレスからそうなるのでしょう。

特徴⑨楽しいことが好き

楽観主義者の多い沖縄の人ですが、楽しいことが大好きで、人生を楽しもうという思考が強いようです。ノリが良くて明るい前向きな考えは、ある意味能天気とも受け取られますが、沖縄独特の風土と気候がそういう県民性を産んだのかもしれません。

沖縄には離島がたくさんあり、また海もとても綺麗です。観光地もたくさんあり、人生を楽しむ場所だらけです。青い海と青い空。そんな沖縄だからこそ、そこに住む人たちは楽しいことをとことん追求することができるのかもしれません。

特徴⑩大ざっぱでいい加減

沖縄には「てーげー主義」という考え方があります。これは大ざっぱでいい加減でいいじゃないか、という意味です。沖縄独特のライフスタイルを表した言葉であり、あまり物事を突き詰めて考えず、ほどほどの良い加減で生きていこう、という概念です。

時間を守らない、規則や約束を守らないなど、捉え方次第では批判の矛先に挙げられる考え方ですが、沖縄では、細かいことを考えるには暑すぎるのでしょう。細かいことにこだわらない、過ぎたことはグチグチ言わない、大らかで寛容である、というように、沖縄県の良き文化として広い心で捉えるのがベストなのかもしれません。

<下に続く>

沖縄の人の性格の特徴【男性】 

null

特徴①人見知り

沖縄の男性は人見知りでシャイな性格の人が多いようです。泡盛でも飲みながらひとたび仲良くなると、とてもフレンドリーになりますが、特に女性に対しては、最初はとても恥ずかしがり屋な面が出てくるようです。

しかし、距離が近づき仲良くなると、急に肉食系に変貌するという面もあります。初対面の人には人見知りな面がありますが、慣れてきてなんでも言えるような間柄になると、アプローチも早いのです。

特徴②のんびりしている

沖縄の男性は、のんびりしている人が多いようです。暑い気候のせいでしょうか。ダラダラとオリオンビールなどを飲みながら、超スローでだらけている人をよく見かけます。

あくせく働くのが嫌いな男性も多く、働くことより遊ぶことの方が好きで、仕事にはあまり気を入れないのです。遊ぶことに集中したら、平気で仕事をすっぽかす人もいるほどです。

特徴③だらしない

時間にルーズ、金銭感覚もルーズなのが沖縄の男性です。「てーげー主義」という言葉があるように、自分がだらしなくいい加減であることを、欠点だとは思っていないようです。適当でいいじゃないかという開き直りのようなものがあるのでしょうか。

だらしないところもありますが、親切で優しいのも沖縄の男性の特徴でもあります。細かいことでグダグダ言わないので、だらしないけれど大らか、と考えていいのではないでしょうか

特徴④上下関係に厳しい

地元のつながりが強く、一旦沖縄から離れてもまた将来的には地元に戻ってくる、という人が多い沖縄ですが、人付き合いにおいては、学校の先輩、後輩、地元の友達、親戚や会社関係と、とても幅広い人間関係の中で生きていくことになります。

その中で上下関係が生まれ、下の人間は上の人間に対し頭が上がらない、という関係が生まれます。

先輩に言われたら逆らえないという人も多く、何か約束していても、先輩から呼ばれると、そちらを優先する人が多いようです。地元の関係から抜けることはできないので、人間関係を円滑にしていくためには、上下関係の厳しさの中に身を置いた方がすべてがスムーズにいくのでしょう。

特徴⑤素直

南国ののんびりした空気の中で生活しているせいか、素直で人の良い男性が多いのも沖縄の特徴です。子供のような人懐っこさがある反面、不器用なのも沖縄の男性です。

飾らない素朴なところがあり、そういう面はとても可愛らしいところと言えるかもしれません。なので、結婚したら自分を引っ張ってくれるような女性が沖縄の男性には向いているのです。

かかあ天下のもとで、奥さんおいうことを素直に聞いて尻に敷かれる、という図式が沖縄の男性には向いているようです。

特徴⑥遊び好き

女性が一生懸命働き、男性は遊ぶ。かつての沖縄ではそういう文化があったと聞きます。とにかく沖縄の男性は遊び好きです。

楽しいことがあったら仕事なんかそっちのけで遊びを選びます。なので出世欲というものもあまりなく、まるで「釣りバカ日誌」のハマちゃんのような人が多いのです。

楽天家なので、遊びにお金を使いスッカラカンになってもたいして気にもとめません。仲間意識が強く、お金に困っている人がいたら誰かしらが助けてくれる、ということがよくあるので、遊びには一生懸命でもお金には無頓着ということになるのでしょう。

特徴⑦友達思い

地元意識が強く、仲間を大事にするのが沖縄の男性の特徴です。友達が困っていたらすぐにでも助けようとします。お金に関しても友達のために使うこともあるので、自分では大して使っていないのに、気づいたらお金がない、ということもよくあるようです。

彼女よりも友達を大事にするので、デートの約束よりも友達との約束を優先します。そういう意味では、自分だけを大事にして欲しいと望む女性は、沖縄の男性とは相性が合わないかもしれません。

「友達との約束があるから今度のデートは無理。」そう言われても、「はいはい、わかった。いってらっしゃい。」というくらいの心の広い女性でないと沖縄の男性とはうまくやって行けないかもしれませんね。

<下に続く>

沖縄の人の性格の特徴【女性】 

特徴①働き者

沖縄の男性が仕事嫌いでダラダラするのが好きなのを補うかのように、沖縄の女性は大変働き者です。

男性が遊び好きで酒ばかり飲み、ギャンブルで借金を作り、それを女性が必死に働いて返す、という図式も沖縄ではよく見られます。男性が金銭的にだらしないので女性がそれをカバーしているのでしょう。

働いて男性の尻を叩く、という女性の強さが沖縄の女性のイメージかもしれません。おおらかな性格なので、それをあまり苦とも思わないところがまた偉いですね。

特徴②パワフル

沖縄の女性はとにかくパワフルです。「なんくるないさー。」と言いながら、力強く生きているイメージでしょうか。

南国の明るい雰囲気のもとで培われた性格かもしれませんが、行動力があり、友達のこと、親戚・家族のことなどで走り回っています。細かいことでグダグダ言っているより、まず行動することが大事と考えているようです。

特徴③我慢強い

我慢強いのも沖縄の女性の特徴ですが、耐え忍ぶという暗いイメージはありません。暖かい土地柄だからでしょうか、沖縄の女性の我慢強さは、明るく大らかな性格の下に隠れていて、あまり目立ちません。

しかし、どちらかというとだらしない性格の多い沖縄の男性を、辛抱強く陰で支えているのです。どんな逆境にも耐えることのできる我慢強さは、沖縄の女性の大きな魅力と言えるでしょう。

特徴④前向きである

前向きな沖縄の女性は、過去のことをグチグチ文句を言って腐るような人はあまりいません。とにかく前向きでことに当ります。文句を言っているくらいなら、前を向いてまっすぐ前進した方が良いと考えているのです。

例えば沖縄は離婚率のとても高い県ですが、自分に合わない男性や苦労するような相手とはさっさと別れ、新しい生活に向けて再出発するという考えがあります。

これも沖縄の女性の前向きな性格を表している一例かもしれません。

特徴⑤明るくて大らか

沖縄の女性は、明るく大らか、そして楽天的な女性がとても多いです。くよくよしないで、沖縄の海と太陽と同じように開放的です。

やる気や活力に満ち溢れており、いつも笑顔です。細かいことは気にしない、「てーげー主義」の考えで、何か問題が起こっても「なんとかなるさ!」と考え、たくましく生きているのです。

特徴⑥家族思いである

「門中」という血縁制度が根強く残っている沖縄では、女性もこれに習って家族や親戚との繋がりを大事にします。

何か問題が起こるとすぐに家族のもとに飛んでゆき、なんやかんやと面倒を見ます。とても家族思いなので、家族のことで苦労することを苦には思っていないのです。家族のために尽くすのは当たり前である、という考えが根底に強くあるのでしょう。

特徴⑦積極的である

沖縄の男性は大らかである反面恥ずかしがり屋で、女性に対してもどちらかというとオクテであるのに対し、沖縄の女性は恋愛には積極的で、女性が男性をリードするということがよく見られます。

亭主関白で威張っているような男性は、沖縄の女性はあまり好みません。どちらかというとなよなよした男性を女性が引っ張っていくという関係性が沖縄の男女関係の特徴のようです。

母性本能も強く、家族を守るのは女性の方という印象が強いのが沖縄です。たくましくしっかり者で積極的なのが沖縄の女性なのです。

<下に続く>

沖縄の人は内地の人が嫌い?

null

沖縄は戦後から1972年までアメリカの統治下にありました。つまり日本であって日本ではなかったのです。そういう理由から、沖縄の人の言葉で言う内地とかなりかけ離れた環境にあったため、未だにどこか閉鎖的なところがあります。

地元民のことを「ウチナンチュー」、内地のことを「ナイチャー」と呼ぶ沖縄では、よくウチナンチュー同士の飲みの席で、ナイチャーに対する批判的な話が出てくると言われています。

しかし、地元民が他県の人間のことを批判的に話すのはよくあることです。「ナイチャー」と言う言葉はよそ者と言うニュアンスも少し含まれているので、沖縄は部外者を疎外するという面においては少し他県より強い面もあります。個性の強い沖縄の人から見ると、やはり他県の人は自分たちとは違う面が多い、と考えているのかもしれませんね。

<下に続く>

沖縄の人と仲良くするには?

時間にルーズ、だらしない、大ざっぱすぎる、などなどが沖縄の人の特徴ですが、日本人の美徳といえば、時間にきっちりしている、責任感があり仕事もきっちりこなすというところが強調されているので、少し価値観のズレがあります。

沖縄の人と待ち合わせをしていて平気で遅刻してきて、それにいちいち腹を立てていては、仲良くできることは不可能です。遅刻してきても大きな広い心で許すくらいの寛容な気持ちを持つことが大事です。

沖縄の人は金銭に対する執着があまりなく、また出世に対しても欲がありません。なので、仕事に対してもあまり意欲的ではありません。きっちり仕事をしないからといって「こいつ、ダメなやつだ。」と捉えず、欲がない素朴な人のいい人間なのだと捉えることが大事です。

沖縄の人と仲良くなりたいときは、やはり一緒に泡盛を酌み交わし、朝までとことん飲み明かしてお互いの気持ちをゆるゆるにするのが一番と言えるでしょう。

<下に続く>

沖縄人の男性・女性の性格の特徴!仲良くなるには?のまとめ

沖縄の人の性格の大きな特徴といえば、やはり大らかでいい加減、楽天的で大ざっぱという点がおげられます。

暑い国の人にたいがい当てはまる特徴ですね。きっちりするには暑すぎる、生理的に肉体的にきっちりすることが困難なのでしょう。

沖縄は観光地としてたくさんの人が訪れる魅力的な土地ですが、沖縄に遊びにいくときはそんな開放的でいい加減な気分を満喫する気持ちで行くのがいいでしょう。仕事や普段の生活のストレスで疲れた体と心を、沖縄のユルい雰囲気で癒すのもたまにはいいかもしれませんね。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line