みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/12/29

Zaifトークンとは?将来性や買い方、チャートとCOMSAも解説

Large network 782707 960 720

Zaifトークンとは?

この頃、世間ではビットコイン(仮想通貨)が大きな話題となっていますが、同じようにブロックチェーン技術を使って作られたZaifトークンというものがあります。

いったいZaifトークンとはどんなものなのか、価格やチャートと共にZaifトークンの今後や将来性などについて考えていきたいと思います。購入できる取引所や買い方の説明も含めてご説明します。

<下に続く>

Zaifトークンは仮想通貨ではない?

null

ZaifトークンはZaifという仮想通貨取引所を運営していている、テックビューロ株式会社が発行している独自のトークン(仮想通貨/暗号通貨)で、Zaif取引所にてビットコインや円で購入できます。テックビューロ社以外にもフィスコ(FSCC)やネクスグループ(NCXC)も同じような企業トークンを発行しています。

ビットコインなどの仮想通貨はブロックチェーン技術を用いて独自の方法で作られている仮想通貨です。それに対してトークンは、すでに使われているブロックチェーン技術をそのまま利用して作られた仮想通貨です。Zaifトークンは現在、カウンタパーティーというブロックチェーンを利用して作られていますが、2018年初頭にはNEMプロトコルへ移行する計画を発表しています。

その他には、ビットコインには発行主体は存在せず、マイナーと呼ばれる人たちがマイニング作業によって発掘していくという形式ですが、Zaifトークンにはテックビューロ社という発行元が存在しています。

そしてビットコインは発行枚数が最初の時点で2,100万枚と決められていますがトークンの発行枚数の上限は定められておらず、発行者が供給を調節することが出来るという点です。

Zaifは「mijin」という企業などが低価格で自分の会社の仮想通貨トークンを作ることが出来るシステムを開発しています。なのでZaifトークンにも力を入れているのです。このシステムを使うと、実は個人でも仮想通貨トークンを作ることが出来ます。少し前に話題になったVALUにも似た構造になっています。

<下に続く>

Zaifトークンの特徴

まず何と言っても、大手仮想通貨取引所のZaifが発行しているという点です。企業が主体になって発行するトークンは「企業トークン」とも呼ばれます。ブロックチェーン技術を利用していますが、発行主体が存在するのはビットコインとの大きな違いです。そして、Zaifだけが取扱いをしているので、Zaifに口座を開かないと取引することはできません。購入時は円かBTCで支払うことが出来ます。

テックビューロ社というICOソリューションを始め、mijinというプライベートブロックチェーンを構築する為のソフトウェアのサービスの提供など、最先のブロックチェーン技術を提供している会社が運営している会社なので、注目度も高いいです。

<下に続く>

Zaifトークンの使い道は?COMSAに注目!

肝心な、Zaifトークンの使い道ですが、どこを検索してみても「特にない」の文字が見うけられます。実は現在の唯一の使い道はCOMSAトークンという、ICOプラットフォーム上で使われているトークンを購入することが出来ることです。

Zaiftトークンが注目されたのはCOSMAのトークンセールの際のキャンペーンでした。日本初のICOプラットフォームで売り出されるCOMSAトークン(CMS)を購入する際にZaifトークンで購入すると2%ボーナスが付与されるというものでした。現在は終了していますが、11月までのキャンペーンではZaifトークンの保有高によってCOMSAトークンがもらえるなど、様々なキャンペーンにより注目され取引も増え価格も上昇ました。

しかし、現在はそれ以外の用途が特に見当たりません。例えばビットコインでは海外送金が出来たりビックカメラでやDell、飲食店やインターネット上での支払いなど、まだ発展途中ではあり余すが、幅広く利用することが出来ます。しかしZaifトークンは現在は物やサービスを購入ような設備はまだ整っていません。その為、現状は購入したZaifトークンの値上がりによる利益の獲得や、今後の展開に期待して長期で保有しておくといった用途にとどまっています。

<下に続く>

Zaifトークンの今後は?将来性はある?

ご説明のとおり現状では値動きによる値上がり利益を得るという以外にはあまり用途のないZaifトークンですが、今後の動きはトークンがどれだけ社会に浸透していくかにかかっていると言えます。

トークンエコノミーという言葉をご存知でしょうか。一言でいうと、世の中の物や価値をトークン化して売買できる経済ということです。あらゆる価値を電子化し、ブロックチェーン上で管理することによって低価格で安全なセキュリティーを確保し、取引にかかるコストを削減することが可能になります。それにより、誰でも簡単に価値をマネタイズ(収益化)出来るようになります。

今まで不透明性の高買った芸術面の分野にもブロックチェーン技術を投入することにより、明確な取引履歴を残すことができるようになり注目されています。また、テックビューロ社の提供するCOMSAではトークン発行によるクラウドファンディングが可能となっており、トークンによる資金調達が可能となりました。

こういった動きが活発化していき、今後トークン需要が増えていくとトークンの先駆けとなっているZaifは大きく注目をされることになるでしょう。

<下に続く>

Zaifトークンのチャートの動きは?

null

こちらが現在(2017年12月29日時点)のZaifトークンの日足チャートです。現在は2円前後で推移しています。

今年に入りようやく動きが出てきています。8月の後半に一時大きく値上がりをしました。その原因となったのがZaifトークン保有者にCOMSAトークンが付与されるという噂がネット上で広まりました。それを受けてZaifトークンは一時0.5円から2.5円程までと急上昇しました。

しかし取引者からの問い合わせが多く寄せられ、TwitterでもZaifのアカウントからお知らせがあり、COMSAとZaifトークンが連携する予定はありません、落ち着いてくださいといった趣旨のアナウンスがあり、値上がりしていたZaifトークンは一気に値を戻し何もなかったかのような値段に戻ってしまいました。まだ注目度も低く時価総額が少ないので、値動きが荒くなりやすいです。

その後すぐにZaif社はCOMSAトークンセールへ特典を付与するお知らせを出し、少し値を戻しました。更に、12月に入り今までの高値の2.5円を大きく上回る値上がり4.3円を付けました。COMSA上場で知名度が上がったことに加え、Zaifトークンのロックアップ計画の発表や現在のカウンターパーティーからNEMプロトコルへの移行が発表されたことが好材料となりました。

<下に続く>

Zaifトークンの買い方は?

null

Zaifトークンの購入方法は基本的には仮想通貨を取引するのと変わりありません。仮想通貨ではなくZaifトークンという銘柄を選択するという違いだけです。

ただし、Zaifトークンは仮想通貨取引所Zaifからしか購入することが出来ませんので、まずはZaifに口座を作成して本人確認を済ませる必要があります。勿論登録は無料でインターネットから申し込みが出来ます。

登録が終了したら日本円を入金する必要があります。銀行振り込み、コンビニ支払、Pay-easyの3種類の入金に対応しており、提携先の銀行を使ってPay-easyで送金すると即座に銀行から入金されるのですぐに取引が始められます。3万円未満486円、3万円以上で594円の手数料がかるのは他と比べると高めとなっていまので数回に分けて何度も入金すると高くついてしまいますので注意が必要です。

入金が済んだらZaifの取引画面にアクセスし、トークンを選択すると通貨ペアが表示されます。ZAIF/JPYを選択するとZaifトークンを円で購入することが出来ます。ビットコイン建ての購入も可能です。後は自分のタイミングで、チャートや板を見ながら買うタイミングや数量、値段を決め、注文ボタンをクリックするだけです。

<下に続く>

Zaifトークンが買える仮想通貨取引所Zaif

現在(2017年12月末)、Zaifトークンを購入できる取引所は仮想通貨取引所Zaifだけです。

仮想通貨取引所Zaifの概要

仮想通貨取引所Zaifは、2015年3月にテックビューロ社が元etwingsという取引所を買収し、Zaifへと社名が変更されました。大阪を拠点とした仮想通貨取引所です。代表の朝生貴生氏は、仮想通貨NEMの普及活動を行う「Director of NEM Japna」のメンバーで、NEM.io財団にも所属しています。

Twitterでも積極的に情報を発信しています。また、仮想通貨取引所以外にも、プライベート・ブロックチェーンの「mijin」の開発や、企業のICOによる資金調達や企業の仮想通貨を発行するシステム「COMSA」の開発などを行っています。

Zaifのメリットは?

現物取引だけでなく信用取引や仮想通貨FXにも対応しており、信用取引では最大7.77倍、ビットコインAirFX取引では最大25倍ののレバレッジ取引も可能です。また、毎月希望の一定額を自動で買い付ける事の出来るビットコインの積み立てのサービスも人気です。MONAコインを取り扱っている数少ない取引所でもあります。

ビットコインの取引手数料がマイナスというユニークなキャンペーンを行って注目を集めました。出来高のおい人トップ50人に総額1億円のボーナスを与えるなど、取引するだけで貰えるボーナスがあるのは嬉しいことですね。(両キャンペーンは2017年12月末現在も継続中です。)

ZaifではZaifコインだけではなく、フィスココイン、ネクスコイン、カウンターパーティーコインなど合わせて11種類ものトークンを取り扱っています。自社で企業トークンを作るシステムを作っているトークンに力を入れている会社ということで安心感があります。

更に2017年10月22日には、Zaif社が保有する22.5億Zaifトークン(発行総数の約30%相当)を2018年末までロックアップ(一定期間は売却しないということ)を発表しており、買い安心感につながっています。今後COMSAでIOCしたトークンがザイフで取扱いされることも増えそうですので、仮想通貨だけでなく、トークンにも興味がある人はZaifの取引口座は是非持っておきたいですね。

<下に続く>

Zaifトークンについてのまとめ

現在ZaifトークンはCOMSAの上場も終わりキャンペーンなども終了し、CMOSAでの新規IOC案件も発表されていない状況で、上げ材料になるようなものが特にありません。なので12月の高値からは戻してきていますが、それでも8月末につけた高値の付近にいます。

現在Zaifトークンの値段が安いのは、利用用途がない=そのものの価値がないということです。しかし、逆に考えると今後何かお店と提携したり、新しいサービスを発表してきた際には買い材料となり、今くらいの少ない時価総額であれば大きく上昇るすことも考えられます。

ビットコインを見ても、発売された当初は全く人気がなくほとんど価値がありませんでした。しかし一度注目を集めるとこれだけの大きな成長を遂げています。一番儲かった人はビットコインがほとんど価値がないときに買って持っていた人ですよね。

投資の面からリスクリターンを見てみると、現在2円ということは、Zaifトークンの価値が認められずどんなに下げても最大損は2円ということになります。反対に、上げ幅は無限大なのです。リスクは限定されていてリターンは計り知れないということです。

将来的に企業がポイントカードなどに代わ企業のりトークンを導入してきたり、トークンエコノミーと呼ばれる思想が実現してくる際には確実に大きな役割を担うことになります。Zaifトークンの上昇は企業トークンがどのくらいのスピードでどの位普及していくかにかかっていると言えます。

今後のビットコインのように大きく市場が拡大していくことも可能性として十分はあり得ますね。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line