みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/01/11

仮想通貨TRON(トロン)の将来性や最新情報、価格推移や購入できる取引所!

Large pexels photo 730564
目次

仮想通貨TRON(トロン)

2018年1月11日に追記しました!
仮想通貨トロンには現在、ホワイトペーパーに盗作疑惑の目が向けられています。これによりトロンの価格は大幅に下落しています。トロンに関する最新情報をお届けします。

2018年1月3日現在、世界から熱視線を浴びるコインであるTRON(トロン)について、特集します!TRON(トロン)の存在は、以前から知られていましたが、ここ最近の成長と日本への上場などの噂もあってビットコイナーから注目を集めているアルトコインです。
本記事では、仮想通貨TRON(トロン)の公式ページやTRON(トロン)CEOの発言などに着目しつつ、TRON(トロン)の今後や特徴について解説します!

<下に続く>

仮想通貨トロンのホワイトペーパーに盗作疑惑?【2018/1/11】

2018年1月11日現在、トロンはホワイトペーパー盗作の疑惑が向けられています。ホワイトペーパーは、仮想通貨のコンセプトや概略、理念などが書かれている仮想通貨トークンの軸となるべきものです。そのような肝心なホワイトペーパーに盗作疑惑が向けられており、投資家たちを動揺させています。

事の発端は、Filecoinと呼ばれる仮想通貨の開発者のジュアン・ベネット氏による指摘から騒動になりました。そして、英語版のホワイトペーパーがFilecoinのホワイトペーパーと酷似していることが明らかになりました。

これを受けて、トロン側はホワイトペーパーをネット上から削除しましたが、盗作疑惑については一切の否定をしています。そして、オリジナルは中国版であり、英語版のホワイトペーパーは不十分なものだったかもしれないと述べています。

現在は新たな公式発表がないため、盗作か盗作ではないかは明らかになっていませんが、このホワイトペーパー盗作騒動を受けて、トロンの価格は大幅に下落しました。一時期0.00002047BTCと最高値を付けていたトロンでしたが、この騒動の余波を受け、現在は0.00000824BTCと半分以下の価格に下落しています。

null

<下に続く>

TRON(トロン)の特徴

何かと世間を賑わしている仮想通貨TRON(トロン)ですが、その特徴についてこの項では解説していきたいと思います。TRON(トロン)のCEOは、中国人のジャスティン・サン氏で、音楽サービスの「peiwo」のCEOも兼任しています。
TRON(トロン)の目的は、ブロックチェーンと分散ストレージ技術を使用して、無料のエンターテイメントコンテンツを確立することとなっています。つまり、個人のエンターテイナーがこのプラットフォームを使って稼げる時代を目指しているということです。

TRON公式ページ

TRON(トロン)はOKeXに上場

TRON(トロン)は12月12日にOKeXに上場することを発表しました。日本ではほとんど無名の中国の取引所ですが、Binanceと同じく中国の3大仮想通貨取引所にも数えられていて、この取引所に取り上げられたため、価格がさらに上昇していきました。

TRON(トロン)が「peiwo」に参入

TRON(トロン)は、音楽ストリーミングサービスである、「peiwo」の取引に使われることが発表され、再び話題をよんでいます。「peiwo」には、現在1000万人のユーザーがいますので、ますますTRON(トロン)の価値を高めていくことになるでしょう。

<下に続く>

TRON(トロン)の日本上場は近い?

2017年12月25日、TRON(トロン)のCEOから衝撃的なコメントがTwitter上に飛び出しました。それが、以下のコメントです。

はっきりと日本国内の取引所への上場を名言したわけではないのですが、日本への上場も選択肢の一つとしてもっているということでしょうか?仮に、TRON(トロン)が日本へ上場した場合、日本の仮想通貨ユーザーが一気に買いに走ることが予想されるので、価格は高騰するでしょう。あくまで、日本への上場は半信半疑といったレベルの話ですので、断言はできませんが、上場に備えて、いま買っておくのもありです。

<下に続く>

仮想通貨TRON(トロン)を購入できる取引所

では、TRON(トロン)がどこの取引所で買えるのかについて解説していきます。現在は残念ながらTRON(トロン)を日本国内の仮想通貨取引所で購入することはできません。ですので、比較的日本でも有名な中国の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)で購入するのがおすすめです。Binance(バイナンス)は、2017年夏に公開したばかりの取引所ですが、今や世界一の取引高をほこる仮想通貨取引所へと成長しました。

Binance(バイナンス)について、もっと詳しい情報を知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の使い方や登録、入金方法と評判、最新情報仮想通貨取引所Binance(バイナンス)を紹介 2018年2月10日に追記しました。 中国の...

<下に続く>

仮想通貨トロンの過去のニュース

ここでは、過去のトロンのニュースを時系列でまとめていますので、併せて参照しみてください。

TRON(トロン)の価格は1週間で500%成長【2018/1/3】

仮想通貨TRON(トロン)の価格は1週間で500%も成長したことで世界から一躍注目を浴びました。これはビットコイン、リップル、ライトコインのいずれの成長率よりも速いスピードで成長しているので、今現在のメジャーな仮想通貨を凌駕していくのではないかともいわれています。

Crypto Watch: TRON (TRX) Price Surges Over 500% In A Week, Outperforming BTC, LTC, And ETH

TRON(トロン)の時価総額は2018年1月3日現在で、14位につけていて、日本ではおなじみのイーサリアムクラシックやライトコインを抜いています。

TRON(トロン)

日本では、仮想通貨に深くかかわっている人にしか、まだ浸透していないTRON(トロン)ですが、世界では現在かなり注目されていてチャートの上がり方もすさまじいものがあります。

TRON(トロン)

<下に続く>

仮想通貨TRON(トロン)のまとめ

上記にも書きましたが、現在のところ、TRON(トロン)は日本では取り扱われていません。しかし、TRON(トロン)の時価総額はイーサリアムクラシックやライトコインよりも上であることや、日本の取引所で取扱いの噂があることから今後の価格の上昇が期待される仮想通貨と言えるでしょう。興味のある方は今のうちにTRON(トロン)の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

Thumb pexels photo 730564
written by
株式会社モスティープレイスでは主に記事の企画から編集、公開までのすべてを担当。 また記事を執筆することもあり。 最近はフロントエンドのプログラミング言語や仮想通貨の取引に熱中。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line