みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/01/10

リップル暴落最新ニュース!下落理由はコインマーケットキャップから韓国除外!

Large harry 2206195 640
目次

リップル暴落最新ニュース!

2018年1月10日に追記しました。

現在順調に価格を上げてきていた仮想通貨リップルが大幅に価格を下落させました。つい先日までは、イーサリアムを抜き時価総額2位だったリップルですが、再びイーサリアムに抜かれて3位に転落しました。そしてリップルだけではなく仮想通貨全体が軒並み下落しています。

この暴落の背景には、仮想通貨価格情報サイトのコインマーケットキャップ(CoinMarketCap)が韓国市場のデータを除外したため一気に価格が下落しました。韓国では、以前から仮想通貨に対する投機熱がかなり高く、他の国と比べても一目瞭然に高い価格で取引していました。そのため仮想通貨市場は韓国によって引っ張られていたという背景はあったのですが、コインマーケットキャップがユーザーに事前通告なしに韓国のデータを削除したため、投資家たちが慌てさせられ、価格が下落する結果となりました。

null

一時期は、この影響を受けリップルは30%も下落する結果となりましたが、現在はすこしずつ回復してきています。コインマーケットキャップ側もその後、正式に韓国のデータを除外する旨をツイートしました。

<下に続く>

リップルの暴落!コインベースが取引を否定!

2018年1月6日のリップルの暴落の要因は、アメリカの最大手の仮想通貨取引所であるコインベースがリップルの取扱いをしないとはっきりと公言したことです。ここ数日のリップルの価格を仮想通貨取引所のバイナンスで見ると、1月4日の21時では、1リップルあたり0.00022968BTCつけていましたが、1月6日の2時には0.00012951BTCに下落しました。ここ最近のリップルの伸びは、イーサリアムを追い抜き、世界第2位の時価総額までで伸びてきてたので、投機熱がすごかっただけに、このタイミングで売りに入る人が続出しました。

リップル

<下に続く>

リップルの暴落はどうなる?

コインベースが取扱いを否定したことで、一時的にリップルは暴落しましたが、長期的に見れば、リップルの価格は順調に伸びていくものと思われます。リップルの技術は、アメリカンエキスプレスや日本のSBIホールディングスなど大手の金融機関に取り入れられ始めており、今後も多くの企業と提携することが予測されます。リップルは2017年の1年間で273倍の成長をした仮想通貨ですが、この先ビットコインを超える可能性も示唆されており、1リップルが300円ほどの今では、まだまだ成長段階にあると言えるでしょう。逆にビットコインはリップルを筆頭とした、アルトコインに仮想通貨のドミナンスを奪われ始めており、一時期90%以上のシェアを誇ったビットコインは、今や40%代を割り込み、仮想通貨=ビットコインという構図は崩れつつあります。そして、2017年終盤にかけてのリップルの伸びと、イーサリアムの追い抜きは2018年がアルトコイン元年となることを示唆するのではないでしょうか。

<下に続く>

リップル暴落でもまだまだ伸びる?

リップルの暴落の背景にある事情を説明してきましたが、いかがだったでしょうか?リップルの暴落は短期的には不安なものだったかもしれませんが、長期的に見れば、全く問題なかったように思えます。リップルを支える技術やブロックチェーンを理解して、投資している方は比較的、今回の暴落にも動じていなかったのではないでしょうか。やはり、投機の側面が強い仮想通貨ですが、一方で仮想通貨を支える技術力やブロックチェーンが買える未来にも目を向けてはいかがでしょうか?

Thumb pexels photo 730564
written by
株式会社モスティープレイスでは主に記事の企画から編集、公開までのすべてを担当。 また記事を執筆することもあり。 最近はフロントエンドのプログラミング言語や仮想通貨の取引に熱中。
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
関連記事
おすすめ記事