みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/01/09

2017年仮想通貨、高騰ランキングトップ10!高騰の理由と2018年の予測!

Large pexels photo 315785
目次

2017年仮想通貨、高騰ランキングトップ10

ビットコイン元年と言われる2017年を終え、仮想通貨市場は2018年も新たなステージを迎えています。そこで、今回は2017年の仮想通貨市場を振り返りつつ、2017年の1年間で価格が高騰した仮想通貨をランキング形式で紹介していきたいと思います。また、そこから2018年の仮想通貨市場はどうなるかも予測していきます。

<下に続く>

2017仮想通貨、高騰ランキング1位:Ripple(リップル)

2017年最も高騰した仮想通貨は、2018年1月9日現在、3.16$を付けているリップルでした。その上昇率は驚異の35000%となっています。リップルは2017年の秋頃から、日本のSBIホールディングスと提携していると話題になり、新聞やテレビでも報道され始めたので、日本での認知度はかなり広まったのではないでしょうか?

また、リップルはアメリカンエキスプレスやサンタンデールなど大手金融機関との提携を次々と行っており、時価総額もついにイーサリアムを抜きました。2018年は、まさに台風の芽となるリップルがビットコインを仮想通貨の王者から引きずり下ろすことができるのかに注目です。リップルを買うことができるおすすめ国内仮想通貨取引所はGMOコインです。

null

仮想通貨リップルコイン最新情報!購入できる取引所や今後の将来性仮想通貨リップルコイン 2018年3月1日に追記しました。 2017年、273倍の高騰を見せた...

<下に続く>

2017仮想通貨、高騰ランキング2位:NEM(ネム)

2017年2番目に高騰した仮想通貨はネムでした。ネムは、2018年1月9日現在、1.66$の価格をつけています。ネムの上昇率は、29000%となっています。ネムの特徴は、POIシステムというものを採用していることで、ネムのネットワークに積極的に参加した方が、多くのネムコインを手に入れられるという珍しい仕組みを用いています。

ネムは今後、大型アップデートのカタパルトの実装が準備されており、それと同時にネムの価格はさらに上昇していくのではないかと予測されています。また、ネムの国際的なコミュニティの理事に、Zaifを運営するテックビューロの朝山氏も理事として就任するなど日本人にも馴染み深い通貨です。ネムを扱っている国内の仮想通貨取引所はZaif(ザイフ)です。

null

仮想通貨ネムコイン(NEM)の今後の将来性や最新情報、価格チャートと購入できる取引所仮想通貨ネムコインとは? 2018年3月1日に追記しました! 仮想通貨ネムのNEMとは、Nem...

<下に続く>

2017仮想通貨、高騰ランキング3位:Stellar(ステラ)

2017年3番目に高騰した仮想通貨はステラでした。ステラは2018年1月9日現在、0.7190$をつけています。ステラの上昇率は14000%でした。日本国内の仮想通貨取引所では、取扱いがないため初めて聞く方も多いかもしれません。しかし、日本でも有名なイーサリアムクラシックやリスクなどのアルトコインよりも実際は時価総額を上回っています。

ステラは個人利用に主眼が置かれている仮想通貨で、総発行量が毎年1%ずつ増加していくなど、価格変動を抑える取り組みがなされています。また、非営利団体のStellar Development Foundationが運営しているので、安全対策やガバナンスが重視されています。ステラは現在日本の取引所で取り扱われていないので、海外の取引所Binanceがおすすめです。

null

<下に続く>

2017仮想通貨、高騰ランキング4位:Dash(ダッシュ)

2017年仮想通貨上昇率ランキング4位はダッシュでした。2018年1月9日現在ダッシュは1359$をつけています。ダッシュの2017年の上昇率は9300%でした。ダッシュはその名が表すように取引スピードが速いです。ビットコインでは決済までに10分ほどかかりますが、ダッシュでは、4秒で完結します。またダッシュは以前ダークコインという名前でしたがダッシュという名前に変更されました。

ダッシュはまた、2017年ジンバブエ公式のデジタル通貨を目指すと発表し世間をにぎわせました。そして、2018年にはジンバブエでSMSが使える端末を持つ国民はダッシュの即時決済が可能となります。ダッシュは今後、最終的には1秒での数千もの決済を完了させるまでに成長すると言われており、今後の可能性が期待されます。国内ではCoincheck(コインチェック)が取り扱っているのでおすすめです。

null

<下に続く>

2017仮想通貨、高騰ランキング5位:Ethereum(イーサリアム)

2017年仮想通貨上昇率ランキング5位はイーサリアムでした。2018年1月9日現在では、1134$をつけています。また上昇率は9200%でした。イーサリアムは時価総額こそリップルに抜かれてしまいましたが、イーサリアムの背景にあるスマートコントラクトの技術など、その存在価値は依然として高いものとなっています。

一部では、2017年はビットコインの年だったなら、2018年はイーサリアムの年になると予測している人もおり、現実になるかはわかりませんが、時価総額やシェア、ブロックチェーンの技術を見ても不可能ではないのではないでしょうか?アルトコインに焦点があてられる2018年はイーサリアムが一歩リードしているのは間違いないでしょう。イーサリアムは数多くの取引所で扱われていますが、国内のおすすめ取引所はbitflyer(ビットフライヤー)です。

null

仮想通貨イーサリアムとは?購入できる取引所や価格推移のチャート時価総額1位の仮想通貨であるビットコインは、2017年8月1日にコミュニティが分裂すると報道さ...

<下に続く>

2017仮想通貨、高騰ランキング6位:Litecoin(ライトコイン)

2017年仮想通貨上昇率ランキング6位は、ライトコインでした。2018年1月9日現在では、305$の価格をつけています。ライトコインの2017年の上昇率は4800%でした。ライトコインはビットコインの問題点を解決している仮想通貨ともいわれており、ライトコインの創始者リー氏は、ビットコインの問題点である取引速度の問題や処理能力の向上を目指していると発言しています。

短期的には、ライトコインがビットコインを抜く日は遠いでしょうが、いずれ仮想通貨のポテンシャルを見るようになれば、ライトコインの優位性が明らかになるのではないでしょうか。また、仮想通貨がより一般に普及していくことになれば、ライトコインがより評価されるだろうと予測されます。ライトコインの国内おすすめ取引所はbitflyer(ビットフライヤー)です。

null

仮想通貨ライトコインの将来性や最新情報、価格相場や購入できる取引所仮想通貨ライトコインとは? 2018年2月16日に追記しました! 仮想通貨ライトコインは第二の...

<下に続く>

2017仮想通貨、高騰ランキング7位:Cardano/ADA(エイダ)

2017年仮想通貨上昇率ランキング7位はエイダでした。エイダは2018年1月9日現在、1$をつけています。また、2017年の上昇率は3000%でした。エイダは日本国内の取引所では取扱いがないため、有名ではないですが、時価総額がイーサリアム、ビットコインキャッシュに次ぐ5位になっているなど世界的には抜群の知名度を誇っています。

エイダには日本の東京工業大学も関わっており、日本人にも以外と馴染みがあります。エイダの特徴は、安全に価値の交換を可能にするプラットフォームであり、スマートコントラクトによる安価な決済を可能にします。時価総額の割りに日本では知られていない仮想通貨のエイダですが、国内では買えないため海外の取引所Binanceで口座開設することをおすすめします。

null

仮想通貨ADA(エイダ)/カルダノの将来性や価格チャートと購入できる取引所仮想通貨ADA(エイダ)/カルダノとは? 仮想通貨ADAは2017年に約36倍に変貌し、注目を...

<下に続く>

2017仮想通貨、高騰ランキング8位:Bitcoin(ビットコイン)

2017年仮想通貨上昇率ランキング8位は仮想通貨の代名詞ともいえるビットコインでした。2018年1月9日の価格は、16939$となっています。またビットコインの2017年の上昇率は、1200%でした。2017年は仮想通貨元年とも言われており、ビットコインは仮想通貨市場を牽引していきました。

ビットコインは、中央集権に依存しない新たなデジタル通貨として、現在世界を巻き込む大規模なものとなっています。一部では、仮想通貨バブルなどと揶揄されていますが、その裏側にあるブロックチェーンの技術は実用性が高く、いずれにせよ、未来を変える技術としては間違いないでしょう。また、2017年にビットコインの価格は一時200万円まで達しましたが、将来的にさらに20倍は成長すると言われており、まだまだ期待がもてる通貨です。ビットコインはどこの取引所でも扱われていますが、国内なら、大手取引所のbitflyer(ビットフライヤー)がおすすめです。

null

仮想通貨ビットコインとは?最新情報や仕組み、将来性と購入できる取引所!仮想通貨ビットコインとは? 2017年仮想通貨元年ともいわれる年に、ビットコインの存在が世界中...

<下に続く>

2017仮想通貨、高騰ランキング9位:Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

2017年仮想通貨ランキング第9位はビットコインキャッシュでした。2018年1月9日現在は、2972$をつけています。ビットコインキャッシュに成長率は、500%でした。2017年の夏に突如ビットコインから分裂したビットコインキャッシュですが、その後も順調に価格を伸ばし続けています。

ビットコインの処理容量の問題に対して、ビットコインキャッシュはブロックサイズの容量を大きくするなど対応してきました。そして、ビットコインの高騰が続き、安定性が欠けるなかビットコインキャッシュに再度注目が集まりつつあります。世界第6位の取引量を誇るOKExがビットコインキャッシュを基軸通貨として取扱いを始めるなど2018年はより多くの取引所で扱われるのではないでしょうか。ビットコインキャッシュを取扱いしている仮想通貨取引所は多いですが、おすすめの国内取引所はbitflyer(ビットフライヤー)です。

null

仮想通貨ビットコインキャッシュの最新ニュースや今後の将来性、購入できる取引所!仮想通貨ビットコインキャッシュとは? 2018年1月28日追記しました! 2017年の夏、ビッ...

<下に続く>

2017仮想通貨、高騰ランキング10位:IOTA(アイオータ)

2017年仮想通貨上昇率ランキング第10位はIOTAです。2018年1月9日の価格は4$をつけています。また2017年の上昇率は450%でした。IOTAは仮想通貨としては、イーサリアムを基軸として開発された仮想通貨であり、IOT分野で活用されることが期待されます。

IOTAは、Microsoftや富士通などの大手企業と提携していることを発表しており、大企業も注目する仮想通貨として価格が高騰しているのではないかと言われています。IOTAは、時価総額9位と上位につけていますが、現在国内の仮想通貨取引所での取扱いはありません。ですので、IOTAを取り扱うおすすめの仮想通貨取引所は海外のBinanceがおすすめです。

null

仮想通貨IOTA(アイオタ)の将来性や特徴と価格推移、購入できる取引所!仮想通貨IOTA(アイオタ)とは? 仮想通貨のIOTAはブロックチェーンを使っていない、独自の...

<下に続く>

2017年仮想通貨高騰率ランキング表とまとめ

銘柄 高騰率 取引所
Ripple(リップル) 35000% GMOコイン
NEM(ネム) 29000% Zaif(ザイフ)
Stellar(ステラ) 14000% Binance
Dash(ダッシュ) 9300% Coincheck(コインチェック)
Ethereum(イーサリアム) 9200% bitflyer(ビットフライヤー)
Litecoin(ライトコイン) 4800% bitflyer(ビットフライヤー)
Cardano/ADA(エイダ) 3000% Binance
Bitcoin(ビットコイン) 1200% DMMビットコイン
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ) 500% Zaif(ザイフ)
IOTA(アイオータ) 450% Binance

*複数の取引所で取扱いがある場合はおすすめの取引所を記載しています

2017年の仮想通貨の高騰率を表でまとめてみると、2017年のリップルの勢いがすさまじいものだったとわかります。2018年に入ってもこの勢いは止まらず、リップルとネムは高騰し続けています。また仮想通貨全体に言えることですが、今後の仮想通貨市場はまだまだ伸びていくことが予測されていますので、次のリップルを探して投機しておくのもいいのではないのでしょうか。
また、上記に挙げた仮想通貨取引所以外の情報も以下の記事に書いてありますので、参考にしてみてください。

おすすめの仮想通貨取引所14社を比較!【国内|海外別】おすすめの仮想通貨取引所を比較! 2018年2月4日に追記しました! 現在、国内や海外ではビッ...

海外仮想通貨取引所では手数料も安く、取り扱っている仮想通貨の銘柄数も多いバイナンスがおすすめです!

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の使い方や登録、入金方法と評判、最新情報仮想通貨取引所Binance(バイナンス)を紹介 2018年2月10日に追記しました。 中国の...

Thumb pexels photo 730564
written by
株式会社モスティープレイスでは主に記事の企画から編集、公開までのすべてを担当。 また記事を執筆することもあり。 最近はフロントエンドのプログラミング言語や仮想通貨の取引に熱中。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line