お金のコトをもっと身近に|みんかね

PASMOの履歴を確認する方法【窓口・券売機・アプリ・パソコン】

Large pexels photo 209224 2
目次

PASMOの履歴を確認する方法【窓口・券売機・スマホ・パソコン】

領収書を切る時などにPASMOの履歴をすぐに確認したい事は度々出てきます。
パソコンから利用履歴を確認する方法からiPhoneやAndroidなどスマホのアプリで利用履歴を確認する方法について
PASMOの履歴をどこでもすぐに100件まで確認する方法をご紹介します。

<下に続く>

PASMOの履歴を見る方法とは?

PASMOは利用日や利用区分、料金などの履歴が最大100件まで確認することができます。多くの方が、履歴を確認するために駅の改札口までわざわざ確認をしに行っているのではないでしょうか?

実は、履歴を見るためには直接窓口の駅員さんに確認してもらう方法、券売機で確認する方法以外にもパソコンやスマホのアプリを利用する事で簡単に確認することができるんです。

この方法を使えば、今すぐに交通費の清算をしなければならない会社員の方だけでなく、こっそり彼氏や旦那のPASMO利用履歴を確認したい人などもPASMOの履歴を確認することができます。

null

PASMOの履歴を確認する方法【窓口】

PASMOの履歴を確認する方法として一番簡単な方法は窓口で駅員さんに確認してもらう方法です。
この方法であれば、機械を触る必要もないため誰でも簡単に履歴を確認することができます。

駅員さんがいない無人の駅では確認してもらうことができないので注意してください。
窓口で確認してもらう際は、当たり前ですが窓口までPASMOを持って行く必要があります。

そのため、駅から離れたところですぐに確認することができない欠点があります。
また、PASMOに記載されている性別が違うと駅員さんによっては、確認してくれない可能性がありますので、
彼氏や旦那の利用履歴をこっそり確認したい時には、窓口以外のこれからご紹介する方法をご利用ください。

<下に続く>

PASMOの履歴を確認する方法【券売機】

PASMOの履歴を確認する方法として券売機があります。
券売機によって多少確認する方法が違う場合がありますが基本的な操作方法は統一されています。

以下、券売機でPASMOの履歴を印字する方法です。

利用履歴の確認方法

1.まず始めに券売機のPASMOを選択します。

2.画面が変わったのを確認して「チャージ・残額履歴」を選択します。

3.「お手持ちのICカードを入れてください」と表示されたのを確認して券売機の挿入口にPASMOを挿入します。

4.「チャージ・残高履歴」の画面になったのを確認して、左下の「履歴表示」を選択します。

5.「残額履歴表示」の画面に切り替わったことを確認して、「履歴印字」を選択します。
もし履歴の確認だけであれば、「終了」を選択します。

6.PASMOと印字履歴が出てきます。

こちらの方法も、1分ほどで完了するため非常に簡単に確認することができます。

窓口での確認と同様に券売機までPASMOを持って行く必要があります。
窓口との違いは、駅員さんに確認してもらうわけではないので、こっそり確認したい場合でも問題なく確認することができます。

PASMOの履歴を確認する方法【iPhone】

iPhoneで確認する方法をご紹介します。
iPhoneで履歴を確認するためには準備しなければいけないものが2つあります。

1つ目はSONYから出ている「PaSoRi RC-S390」という機械を購入する必要があります。
2つ目はApp Storeで「PaSoRi」
という無料アプリをインストールします。 

初期設定の方法

1.Bluetooth通信で接続するため、iPhoneのBluetoothをONにします。

2.PaSoRi RC-S390の電源を入れ、PaSoRiを起動します。

3.自動的に接続し、PASSKEYを求められるので本体に記載されている数字を入力します。

利用履歴の確認方法

1.接続を確認後、本体の上にPASMOを乗せます。

2.アプリの画面で「Suica」を選択すると履歴が確認できます。

3.履歴確認画面の右上のメールアイコンから履歴をメールで任意のアドレスに送信することもできます。

本体の購入と初期設定だけ行う必要がありますが、次回以降は1分未満で確認することができるため非常にお手軽に確認することができます。
この方法であれば、こっそり確認したいときでもすぐに確認することができます。

null

<下に続く>

PASMOの履歴を確認する方法【Android】

方法①:suica Reader

1.アプリをインストールし、起動後PASMOをかざすように画面表示されます。

2.画面の指示に従いPASMOをかざすと利用履歴が表示されます。

3.画面右上の「履歴に追加」を選択することで履歴を保存しておくことができます。

方法②:全国のICカードこれひとつ

「全国のICカードこれひとつ」も履歴表示までは「suica Reader」と同様の方法で確認することができます。

このアプリの特徴として、改札口まで確認することができる点と履歴の保存ができない点があげられます。

方法③:ICカードリーダー by マネーフォワード

「ICカードリーダー by マネーフォワード」も履歴表示までは先ほどご紹介した2つのアプリと同様の方法で確認することができます。

このアプリの特徴は、別アプリである「マネーフォワード」に利用履歴を自動送信できる点です。

Androidの場合には、アプリだけですぐに確認することができ、機械を買う必要がない分iPhoneよりも利便性は高いです。

なお、注意しておくポイントとしては、お使いのスマホに「NFC」という機能が付いていなければご紹介した方法は使えません。

ICカードリーダー by マネーフォワード

PASMOの履歴を確認する方法【パソコン】

パソコンで確認する方法をご紹介します。
iPhoneと同様にパソコンで履歴を確認するためには準備しなければいけないものが2つあります。

1つ目はSONYから出ている「PaSoRi RC-S390」という機械を購入する必要があります。
2つ目はソニーのサイトから「SFCard Viewer 2」という無料ソフトをインストールします。 

初期設定の方法

1.インストールが終わったらUSBで本体とパソコンを繋げます。

2.パソコン画面の「スタート」→「NFCポート」→「NFCポート自己診断」でNFCポート自己診断をします。

3.画面の案内に従って本体とパソコンが接続されていることを確認します。

利用履歴の確認方法

1.パソコンの画面の「スタート」→「NFCポート」→「SFCard Viewer 2」を起動します。

2.パソリにPASMOを乗せると利用履歴が最大20件まで確認することができます。

パソコンの場合はiPhoneと同様に初期設定が必要となりますが、初期設定さえ終えてしまえば次回以降すぐに確認することができます。

パソリを使うことで自宅から確定申告交通費清算を手軽に行うことができるようになります。
注意点としてパソリはWindowsの対応OSでしか動作しないため、自宅のパソコンがMacの場合には使用することができません。

<下に続く>

自宅や外出先で簡単にPASMOの利用履歴を確認

null

会社への交通費精算や確定申告などPASMOの利用履歴をすぐに確認したい場面は度々出てきます。

交通費精算や確定申告だけでなく、家計簿を付ける際など主婦の方も利用する場面は多々あります。

また、PASMOは利用履歴が少ないためこまめに履歴を確認する必要があり、その度に駅まで行くのは骨が折れます。

そんな時には、今回ご紹介した方法でPASMOの利用履歴を効率よく確認しましょう。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
Add line
関連記事
おすすめ記事