みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/01/16

部長付とは?役職や業務、部付部長との違い

Large pexels photo 541523  1

部長付とは?

部長付はあまり聞きなれた言葉ではありませんが部長の代理や補佐役の事を意味します。場合はよっては役職になる事もあります。しかし部長より上の役職ではありません。部長より偉くはないですが管理職候補である可能性は高いです。

<下に続く>

部長付の仕事や業務

null

部長は忙しく時間がうまく調整できなく色んな事情で不在になる事が多くあります。そんな時、部長不在時に部長代理で業務を行うのが部長付の仕事です。

部長は日々膨大な量の仕事をこなしています。代理で行うとは言え実際には大変な仕事ばかりです。部長の業務は重要性が高いものが多く正確さやスピードを常に問われます。量も多く捌くのは至難です。

営業先への代理訪問も取引先の印象が悪くなる場合以外、部長付が訪問します。重要な会議にも参加します。代理で意見を聞いたり報告したり意見を言ったりします。重要な会議に代理で参加できるのは基本的に部長付だけです。

事務作業も代理します。急な決裁も部長不在時なら行うことができるのでスピードが求められる案件の対応もできます。

また、部長が不在でない時は部長のサポートをする事もあります。部長の側近として業務を行う事で部長職という事が身近で覚える事ができます。部長としても時期部長として育てる義務もあります。どうような状況でも部長と行動する事が増えます。

部長付は単なる代理でなく重要なポストです。部長付と言う立場の人がいる事で会社がスムーズに回ります。

<下に続く>

部長付は便宜的に使われる?

null

考え次第で一概に言える事ではないですが、便宜的に使われる事が多いのは確かです。それは部長付に限らず会社員なら珍しい事ではありません。個人の感情優先のエゴではありません。

勤続年数が長い人に対して企業であれば何かしらの職位に就かせる状況になる事が多くそういった場合に部長付と言う職位が就かせる事が多くあります。

同じ部署で同じ役職の人は何人も必要ないので、そういった場合によく部長付と言う職位が与えられます。

しかし便宜と言え部長付は立派な職位です。なりたくても慣れない人も多くいます。理由はどうあれ評価があってこそ就ける職位だという事に間違いはありません。

対外的に見ても部長付は印象が部長付でない人に比べれば違います。一般的な平社員として見られたり扱われる事が少ないです。会社の偉い人として見てもらえる事が多いです。

社員が多い会社では社内でのイメージも変わってきます。やはり便宜とは言え職位があることで平社員とは違うので、立ち位置や立場も異なる場合が多いです。

ですが便宜でなく部長のフォローをする役職として成立している事もあります。その場合、近い将来部長になると言う事が決まっている場合があります。

<下に続く>

部長と部長付の違い

部長付と言うのはあくまで部長の代理です。どれだけ部長より仕事が出来たり能力が勝っていも部長以上の存在ではありません。部長と同レベルの立場ではないです。しかし年功序列制度でなく能力重視の企業なら一気に部長になれる事もあります。

部長は基本的に役職と言う立場ですが、部長付は役職でない事が多いです。大手の大企業では部長付と言う役職はあまり存在しません。業務分担が実現的な中小企業等は部長付が多く存在します。

部長付は誰でもがなれるわけでなく、できるわけでもなく認められた人しかなれません。ゆくゆくの将来性などを踏まえた人選であることは間違いなく、部長付はそれなりの能力がある人が部長付になっています。

対外的でなくても会社内でも、部長付は立場的に一般社員と比べると偉い立場です。
会社によって違いますが課長よりも偉い場合があります。部長までいかずともそれなりの立場だと言っても過言ではないです。

<下に続く>

部長付と部付部長の違い

null

部付部長は他の部署で部長経験があった人が新しい部署に配属される時になる職位です。しかし対外的に出す名刺には肩書を記載しますが役職でない事もあります。職位の位置づけも難しいです。

ですが実績があるので部署内では上位に位置付けられます。実績を重視する企業であれば当然な事で実勢があるので次期昇進候補の可能性が高い事も否めません。

部付部長の配置は競争心を芽生えさせます。なので部長付とは常にライバル関係にあってお互いが常に切磋琢磨し合う関係です。企業にとって社員が競争心を持って業務をする事はとても大きなメリットがあります。

あまり起こることではないですが、部長や部長付の不在時は部付部長が業務を取り仕切る事になっています。その事から部署の中では管理職的な扱いになる事も少なくなく時には部長付のような対応もします。

部付部長は重要なポジションである事は間違いなく会社では必要なポジションです。人事事情もありますが悪い評価を受けている人が就く職位ではありません。

<下に続く>

【番外編】部長付への宛名の書き方

対外的な部長付の人へハガキや書類等、書面にして渡したり送る時は実際に悩んでしまうはずです。宛名は、部長付と書かず部長と書くのが一番良いです。職位がある人や役職がある人は少なからずプライドを持っている事が多いからです。

例え付が付いていても相手に対して尊敬の念を示すことは社会人としては当然のことです。社会人のマナーでもあります。

マナーとは、そもそも相手に不快な気持ちをさせないという事も含まれているので、社会人であればしっかり抑えておかなければいけません。実際に受け取った側も、部長として受け取った方が気持ち的に嬉しいです。

それは社内でも同じ事が言えますが、社内には部長付だけでなく正真正銘の部長が存在しています。なのでその部長の事も考える必要があります。

そういった場合は、部長付の人を部長と言わなくてはいけないと言う会社の決まりがない限りは敢えて部長と呼ばなくてもいいです。

<下に続く>

部長付とは?役職や業務、部付部長との違いのまとめ

部長が付く職位や役職が多いですが社会人として働く以上、しっかりそれぞれが持つ意味や立場を理解しておく必要があります。

役職や職位を与えられると言う事は、会社からの信頼があると言う事です。会社から評価されている状態です。

ですが役職や職位がない人が信頼されていない、評価されていないという事にはなりません。仕事をするうえで職位に就ける事でモチベーションがあがる事は確かですが、そうでなくても常に責任を持って仕事はしなくてはいけません。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line