みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/01/16

常務執行役員とは?執行役員、取締役、常務取締役との違いは?

Large pexels photo 785667  1

常務執行役員とは?

「常務執行役員とは?」と聞かれても知らない事は意外と多くあるはずです。実際に業務内容等もあまり詳しく知る人は少ないです。ここでは常務執行役員の位置づけや常務執行役員と執行役員の違い、常務取締役と取締役の違いなどをご紹介します。

<下に続く>

常務執行役員の社内位置づけ

null

常務執行役員は会社法的には経営者的な立場ではありません。役員でありながら登記上の役員ではありません。ですが常務執行役は会社に必要な役職で重要な役割を担っている事は間違いありません。

登記上の役員と言うのは代表取締役、専務取締役、取締役など、肩書に取締役が付く立場の人が該当します。常務執行役員は役員ではないので取締役のような、会社の経営方針や重要事項に対しての決定権がありません。

常務執行役員に限らず執行役員は代表取締役のような取締役の人達が選びます。執行役員は配置人数が決まっていなくて配置しなくてもいい役職ですが必要性が高いです。常務執行役員は執行役員を配置する場合、執行役員の中では上の立場になります。

簡単に言えば、常務執行役員も役職でありながら一人の従業員です。部長や課長と言った役職扱いです。

しかし従業員とは言え平社員と比べると立場は上になります。また部長や課長の立場より職位や役職が上の立場であり、従業員の中では一番上の役職と言う位置づけの場合が多いです。一言で言えば取締役未満平社員以上の位置づけになります。

<下に続く>

常務執行役員の業務内容は?

常務執行役員は上層部がとり決めた方針や決定事項等について指示通りに業務を行います。下の執行役員に指示を出すのも、もちろん業務の一つです。

常務執行役員は執行役員を代表して、業務状況や現場状況を上層部に報告します。上層部への報告は口頭でなく書面で報告する事が基本で報告資料の作成も常務執行役員の仕事です。

また取締役が集まる会議に出席する事も多く、その場合に業務での問題点等があれば常務取締役が代表して注意を受けます。

現場の声を聞いたりするのも仕事の一つです。現場の声や意見は部長や課長などから聞く事が多いですが、実際に一社員から聞く事も少なくありません。

トラブルがあって報告しなくても改善できるような事があれば常務取締役の方で改善策を出し実行するように社員に指示します。緊急自体に柔軟に対応します。

このように基本的に報告、指示がメインになってきます。連携役としての正確な責務が常に求められます。報告業務と言うのは組織において最重要事項です。

執行役員は取締役と現場の橋渡し的な存在で、業務が円滑にスムーズに行われるように配置された重要なポジションです。変えの利かないポジションです。

<下に続く>

常務執行役員と執行役員の違い

null

まず職位が違います。職位が違う事で業務内容も給料もまったく違ってきます。また役割も大きく変わってきます。

常務執行役員の方が執行役員より上の職位です。常務執行役員はどちらかと言うと取締役に近く、執行役員は社員よりです。現場に近い事から現場の対応も執行役員が対応する事が多く、部長や課長と同じ扱いになる場合も多くあります。

常務執行役員と比べると執行役員の給料は低いです、しかしながら役職である事で部長等の役職と比べると高いです。常務執行役員も執行役員も従業員扱いなので賞与がある会社であれば賞与を貰うことができます。

執行役員の一番の役割は常務執行役員への報告です。常務執行役員は取締役への報告の役割がありますが執行役員は常務執行役員への報告する役割があります。

順番を無視して報告する事は上からの指示がある場合を除きありません。報告と言うのは順序があります。順序を守り執行役員は報告します。

順番をとばして報告すると常務執行役員の立場がないので常に執行役員は気を使い報告をします。順序を守らず報告する事はマナー違反でありルール違反になる時があります。

<下に続く>

常務執行役員と取締役の違い

基本的にに会社で一番偉い職位であるのは代表取締役取締役である経営者ですが、取締役も経営者の一人です。取締役は常務執行役員と違い経営者です。取締役は経営者であり従業員ではないです。

取締役は会社に関する色んな事項を決定する権限を持っていて、従業員にはない権限をたくさん持っています。そう考えると常務執行役員の権限は従業員と比べてもあまりありません。

会社法では取締役は会社で最低一人は必要になっています。常務執行役員は会社に最低一人と言う決まりはありません。

常務執行役員は決まりがないので会社に必ず配置しなければいけない役職ではないと言う事です。実際に中小企業では代表取締役一人のケースが多く見られます。

また取締役は役員報酬と言う形で給料を貰います。役員報酬は基本的に一年間固定で例外を除き増減がありません。単月の業績が良かったと言って残念ながら報酬が多くなると言うことはありません。

しかし常務執行役員であれば給与は損金扱いになるので単月の業績が良い場合など、多くの給料が貰えたり柔軟性が取締役と比べてあります。しかし取締役の方が高く報酬を貰っている事が多いので一概に喜ばしい事ではありません。

<下に続く>

常務執行役員と常務取締役の違い

null

名前に常務が付く事で同じような感じや印象がありますが、全く違います。常務取締役も経営者の一人です。常務取締役は取締役の中でも偉い立場で基本的に専務取締役の下の立場になります。会社の経営陣の中でもかなりランクの上の存在になります。

常務取締役は取締役の上の立場で代表取締役や専務取締役を除く取締役の統率を図ります。多く取締役がいる場合は取締役の意見をまとめたりします。

常務取締役の立場は取締役と代表取締役と専務取締役を繋ぐ大事なポジションで取締役の中でも、とても大事なポジションです。

常務取締役は専務取締役のような代表取締役の側近で直接フォローやサポートをする事はないですが、常務取締役は間接的なフォローをしています。

大手企業なら常務取締役は代表取締役でなく専務取締役へ報告するのが一般的です。また常務取締役は、ただ報告するだけでなく専務取締役と話合いをする事も多いです。

また常務取締役の権限で決裁できる事も多く、決定権が取締役と比べて多いです。それだけ大きな他には無い信頼があると言う事です。常務取締役が決裁の権限を持つことで、円滑に業務を回す事ができます。

<下に続く>

常務執行役員とは?執行役員、取締役、常務取締役との違いは?のまとめ

色んな役職や職位があり理解に苦しみますが、難しく考えているだけで以外に簡単な事だったりします。役職ごとの役割などを覚えれば簡単に理解できます。社会人なら知っておいて損はないです。

役職につく事はサラリーマンの夢です。いざ出世するとなった時、役職の意味や役割、業務内容を事前に知っておけばより嬉しく感じれます。役職は働く人にとってはステータスです。出世と言う目標を持って仕事をする事はとても良い事です。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line