みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

年金にも所得税はかかる?確定申告が必要な場合や不要な場合、計算方法

Large pexels photo 259086  1

年金と課税の関係は?

課税項目である所得税は年金にも関係がしているのか・控除や確定申告・計算方法などのやり方の他、ふるさと納税をするとどんな利点があるのかなどをまとめてみました。

<下に続く>

年金にも所得税はかかる?

年金は、成人すると資格が発生し自分が年金をもらう年齢になるまで支払う義務があります。

ただし成人しても学生などの場合など学校に通っている間は申請によって資格はあっても申請することで支払わなくて住む場合があります。

その年金にも「雑所得」という税金がかかるので毎年確定申告をする必要があります。しかし通常であれば決められた年金額を貰うので所得税にかかるお金はありませんが、中には年金を受け取りながらバイトやパートなどの仕事をしている人もおり1年間で得た収入が20万以上ある場合は申告をする必要があります。

年金の税金としてかかる年金種類は、国民年金法、厚生年金保険法、公務員等の共済組合法などの定めによる年金のことを指します。

<下に続く>

年金に所得税が控除される場合

null

控除される場合は、老齢基礎年金を受け取っている方で扶養親族等申告書が日本年金機構から送られてきた人が控除を受けることができます。会社勤めをしていたサラリーマンなどは、基礎年金の他に厚生年金を払っていたので対象となる場合が多いようです。

逆に国民年金のみに加入されていた個人事業主や個人の場合は基礎部分の年金のみになるので税金がかかりません。

またこの申告書が送られてきていない場合は課税される金額がない人です。
基本的に以下のような場合は申告が必要となります。

1.65歳以下で108万円以上の人
2.65歳以上で158万円以上の人

<下に続く>

年金にかかる所得税で確定申告は必要?

null

例えば、旦那さんの扶養に入っている妻がパートなどで得られる収入で控除を受けれる金額は103万円までが非課税になりますが、年金も同様に非課税枠と課税枠に分けられます。

また扶養親族等申告書が送られてきている人や非課税金額を超えて年金を受け取っている人やそれ以外でお給料をもらっている人は確定申告をしましょう。

年金のみを受け取っている方の年間受け取っている年金額が、65歳未満の方で108万円より少ない場合や、65歳以上の方で158万円よりすくない場合は確定申告の提出は基本的に必要ありませんが、住民税関係の税金を明確にしておくとさらに安心なので、確定申告をしておいて損はありません。

しかし、その他の所得がある場合、パート・アルバイト・その他収入がある場合は確定申告をしましょう。
また年金+少額収入が非課税枠範囲内であっても住民税の関係や、年間トータル収入が20万以上ある人は申告をしておく必要があります。

<下に続く>

年金にかかる所得税で確定申告は必要な場合

先のように非課税枠を超えた年金金額やその他収入がある場合は、申告が必要になります。特に会社勤めをしていて退職をした人などのように、基礎年金の他に厚生年金を積み立てていた人の他、年金基金・年金保険・アルバイトやパートの収入がある人などは確定申告が必要になります。

<下に続く>

年金にかかる所得税で確定申告は不要な場合

①:国民年金のみに入っていた人

国民年金は、将来受け取れる年金金額の最低限受け取ることのできる基本年金部分にあたります。その為満額で受け取ることができても、サラリーマンなどのように会社に勤めていて「厚生年金」に加入していた方に比べ受け取れる額が少額です。また基礎年金は非課税枠に含まれているため、確定申告は必要ありません。

②:確定申告不要制度の対象者

会社で申告できる控除以外の医療費控除や住宅控除などを受ける人は確定申告をする必要がありますが、源泉徴収などを受けている人は、会社が申告してくれているので確定申告をする必要はありません。

公的年金は雑所得にあたるので確定申告をする必要がありますが、その中でも確定申告不要制度の該当者は確定申告をする必要がありません。
公的年金等の合計収入400万以下の人でその全てが源泉徴収対象となる人・個人年金や給与所得・生命保険の返戻金などで年金以外の収入が20万以下の場合は、確定申告不要制度を受けることができます。

③:障害年金や遺族年金を受け取っている人

所得法で非課税とされているのは、障害年金や遺族年金です。

障害年金は障害の等級が1~3級になった場合受け取ることができます。

遺族年金は、年金を払っている人が亡くなった時に配偶者などの遺族に年金が支払われるものです。ただしこれは子供がいる妻・夫に限定されています。
というように項目に分けてお書きください。

<下に続く>

年金にかかる所得税の計算方法

先のように、障害・遺族年金は非課税ですが、一定以上の老齢年金学がある場合は課税対象となります。その際の計算方法は

(年金金額-各種控除)×5.105%=所得税
という計算となります。

その他、年金機構から届く「扶養親族等申告書」を提出していない場合は

年金額×10.21%=所得税
という計算をします。

また控除の種類は以下のとおりです。

控除の種類 対象者 控除額(月額)
公的年金等控除 受給者 1ヵ月の年金支払額×25%+65,000円
配偶者控除 配偶者を扶養している 70歳以下の配偶者32,500円、70歳以上の配偶者40,000円
扶養控除 その年の時点で16歳以上の扶養家族がいる人 一人あたり32,500円
特定親族扶養控除 年度末の時点で19歳以上23歳以下の扶養家族がいる人 一人あたり52,500円
老人扶養親族控除 年度末の時点で70歳以上の扶養家族がいる人 一人あたり40,000円×人数
普通障害者控除 本人、配偶者、扶養家族親族のいずれかが障害状態にある場合 一人あたり22,500円
特別障害者控除 本人、配偶者、扶養家族のいずれかが重度の精神障害状態の場合 一人あたり 35,000円
同居特別障害者控除 重度の精神障害状態にある配偶者、扶養家族と同居している場合 一人あたり62,500円
<下に続く>

年金の所得から控除される「ふるさと納税」

null

以前からふるさと納税は税金を減らすことのできる納税だということはご存知の方も多くいらっしゃるでしょうが、このふるさと納税は、年間合計寄付金の中から2,000円を超えた部分を税金の控除として受けることができます。

またこのふるさと納税は自分が住んでいる自治体だけでなく、全国の自治体に寄付することができます。

さらにこのふるさと納税は、納税した金額相当のお礼の品がもらえるので人気があります。

ふるさと納税をした場合は、確定申告で寄付したことを申請する特例申告書を出す必要があります。ふるさと納税は住民税を控除してくれるので、確定申告で所得税を還付し、自治体からの住民税控除を受けることができるので税制対策として利用している人も少なくありません。

<下に続く>

年金にも所得税はかかる?確定申告が必要な場合や不要な場合、計算方法のまとめ

年金でも確定申告が必要な場合と不要な場合の他、各手続きや申告によっても確定申告をしなくてもよい方法などがあります。

現在ではいろいろなライフスタイルがあるように申告もニーズに合わせた申告方法や減税方法などもあるので有効に使いたいですね。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line