みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/01/17

部長代理の地位と役割!次長とどちらが偉い?

Large pexels photo 372176

部長代理とは?

『部長代理』という役職があることをご存知ですか?あまり聞きなれないという人もいるハズ。そこで今回は、部長代理の立場や業務、会社に置いての役割、次長との違いなどについてお話していきます。これを知っておけば、いざというときに慌てずに済むかも。ぜひチェックしてください。

<下に続く>

部長代理の地位と業務

簡単に言えば部長の代理として業務を遂行する権限を持っているのですが、地位としては部長よりもやや課長にに近い立場だといえます。部長が外出や会議で席を外していたり、何かの理由で不在だったときには代わりに課長へ指示を出すこともあります。

このことから、部長と課長の橋渡し役としても重宝され、お互いの調整役としての業務も含まれます。逆を言えば、課長の話を理解し、それをうまく伝えることができる人材がなれるポジションなので有能であることは間違いないと言えるでしょう。

また、将来的にはそのまま部長に昇進する可能性も高くなります。実際にそうなったとき、仕事がスムーズに進められるように横について業務内容を勉強している『見習い』と捉えても良いかもしれません。

部長が席にいないことが多いなら、職場の実質的な部長として活躍することもあり、「代理」という言葉は付きますが同等の仕事をこなす人もいます。また、昇進させたいけれどポストが空いていないという場合にも、この役職に昇給させることで会社を辞めることを阻止する狙いがあるとも言われています。

<下に続く>

部長代理の役割

null

役割①部長としての仕事を覚える

将来部長として業務をこなすために、現職の部長の元について仕事を覚えることが大切な役割になります。もし昇進すれば複数の課をまとめ管理する立場になるのですから、仕事内容もさらに増えて覚えることもたくさんあります。

短期間で教えるのは難しいため、こうした役職を設けて昇進したときのために早い段階から経験を積み、仕事を覚えていくのです。とはいえ、このポジションにつけば安泰というわけではありません。

会社によっては、思うような結果を残すことができなければ再度課長クラスに戻されることもあるのだとか。少し酷なような気もしますが、それだけ会社として大きな役割をもった地位だと言えるでしょう。

役割②部長不在時の代行

外出や急な休みなどで部長が不在の場合には、代わりに仕事を進める必要があります。課長と連絡をしっかりと取り、業務を滞りなく処理することも大切な役割です。決裁が必要な書類があっても代決権を持つので問題なく対応できます。

もし部下がミスをすれば部長の代わりに取引先に出向いて謝罪をすることもありますし、打ち合わせやプレゼンに参加する可能性もあります。社内で行われるミーティングや会議などにも出席します。こうしてみると、いざというときにすぐに対応できるよう、仕事内容を迅速かつ的確に覚えなくてはいけないようです。

処理能力を要領よく習得していくことも求められるのかもしれませんね。

役割③部下や部署の仕事の管理

部下や部署全体の仕事を管理することも重要な役割であり、学ばなくてはいけない項目だと言えるでしょう。部下の管理には勤怠管理や教育などがあり、出勤状況や外出している部下を把握したり、成果をチェックします。

部署全体の仕事を知ることでどれだけの人員が何の仕事に割かれているのかが分かり、おおよその仕事のスケジュールを組み立てることができます。また、部下が処理している仕事内容を把握したり進捗状況を確認することも大切です。

自分の仕事だけでなく、部署全体を見回して様子を見たり無理をしている部下がいないかをさりげなくチェックするなど、周囲に対する気配りも求められるのです。

<下に続く>

部長と部長代理の違い

null

大きな違いは現職の部長であるかどうかという点。大きな企業でない限り、部長職のポストは1つしかありません。そのポストに座っている人が現職となり、部長代理はどんなに能力があっても同じ権限が与えられていたとしても、代理には変わりないのです。

新しく立ち上げる部署の部長になる予定があるためその仕事内容を覚えるためにこうした役職に就くこともあるのですが、それでもやはり立場に違いがあることは変えられません。とはいえ、課長代理も立派な役職のひとつであり、課長よりも上の立場に当たることは事実です。

その分責任も重くなり、仕事をこなして実績を積み、成果をあげなくてはいけません。そう考えると、部長と代理の差はそれほどないのかもしれませんね。

部長とは?部長の仕事や役割、年収!部長と課長・次長との違いは?部長とは? 一般社員が入社して将来のビジョンを描いた時に『最終的にはせめて部長にはなりたい』と...

<下に続く>

部長代理と次長の違い!偉いのは?

null

会社にはいろいろな役職があり、ときどき「どっちが上の立場になるの…?」と疑問を感じる人も多いのではないでしょうか?『部長』や『課長』などの役職は耳にする機会も多いので分かりやすいのですが、『次長』と言われれるとどういった立場に位置するのか混乱してしまう人が多いようです。

次長とは、民間企業では部長を補佐し課長を監督するポジションになります。部長より下の立場ですが、課長よりは上に当たります。部長代理と比較すると、次長のほうが上になります。

ただし、会社内で何か規定があったりルールが設けられていて、その中で次長が下の立場であることが明記されていればそちらが優先されます。実は『次長』という表現は少なく、『副部長』と呼ばれることが多いのだそうです。耳に馴染みがない役職なのもちょっと頷けます。

それでは役職の違いについてですが、部長代理には代決権がありますが、次長には与えられていないことが多いようです。企業によっては次長の権限を強くしている場合もあるので、会社によって多少なりとも違いがあると思っておくと良いでしょう。

次長とは?地位と役割や部長との違い!どっちが偉い?次長とは? 小さい会社ではあまり聞かない役職に「次長」なる役職があります。
比較的大きな会社に...

<下に続く>

権限は部長とほぼ同等

部長代理の業務や役割、ほかの役職との違いについて解説しましたが、参考になりましたか?部長が不在のときに業務を代行する権限を持っていて、将来的にその地位に就くことが決まっている人が抜擢されるようです。

役割には部下の管理や部署全体の仕事の把握なども含まれていて、立場が上がった分責任もさらに重くなります。次長と比べると一般的に次長のほうが上の立場にあたりますが、会社内で決められたルールがあればそちらが優先となります。

また、最近では次長という表現は使われることが少なくなり、副部長と言われることが増えています。もし会社内に次長と副本部長、両方の役職が置いてあるなら、次長が下のポジションになることが多いようです。

少し混乱しそうな上下関係も、落ち着いて考えればきっと納得できるはず。もしそれぞれの役職で立場の違いが分からなくなったら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line