みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/01/08

キューバ危機とは?核戦争の危機とケネディの対応をわかりやすく解説

Large president john f kennedy 396982 1920  1

キューバ危機とは?

1962年10月、カリブ海に浮かぶ島国キューバで世界を震撼させるキューバ危機が起きました。一歩間違えれば核戦争の危機すらはらんでいたキューバ危機とはどのような事件で、それに対してケネディはどう対応したのかなどを分かりやすく見ていきます。

<下に続く>

キューバ危機の背景にあるキューバ革命

空軍機

キューバ危機が発生したのは1962年のことですが、そのきっかけとなったのはこれより3年ほど前の1959年に起きたキューバ革命でした。革命当時のキューバの政治や経済はアメリカの影響が非常に強く、主産業であったサトウキビの生産に従事する農民も地主による搾取を受けて、非常に大きな不満を抱いていました。

そんなさなかの1958年、キューバ国内では反政府組織が放棄し、まもなく共同戦線を形成、ついには当時のバティスタ政権を打倒して、フィデル・カストロ政権が成立しました。当初カストロ政権は革命後もアメリカとの国交を断絶する方針を出していましたが、まもなくアメリカ側から共産主義者とみなされるようになります。

この冷遇ぶりを受けてカストロ政権はキューバの国内産業の国有化や土地改革を行ったため、ついにアメリカとキューバは国交を断絶するに至りました。キューバは当時冷戦でアメリカと対立していたソ連など共産主義陣営に接近することとなりました。一方のアメリカはカストロ政権を武力で倒そうと亡命キューバ人の組織を立ち上げますが、失敗に終わり、カストロも社会主義宣言を行いました。

<下に続く>

キューバ危機の概要

このような状況の中で1962年にキューバはソ連と軍事協定を秘密裏に結びました。そして、こっそりと核兵器を搭載できるミサイルの発射基地をキューバに建設し始めました。10月14日にアメリカ空軍の偵察機がキューバ上空を偵察していたところ、核ミサイルの基地が建設されているのを発見しました。

このことを受けて当時のケネディ大統領は10月16日に緊急の国家安全保障会議を招集し、以後13日間に及ぶキューバ危機という状況に陥りました。そして、この状況に際してケネディ大統領はキューバを軍事力で海上封鎖することを決断します。中にはキューバの空爆を進言する人間もいましたが、もしそれをやれば結果として核戦争、ひいては人類滅亡の危機につながりかねませんでした。

ケネディは一方で、ソ連のフルシチョフ書記長と複数回の書簡交換を行い、いかにしてこの危機を回避するか、そのための条件を双方ともに提示しました。結局、キューバ危機は11月21日にフルシチョフ書記長が核ミサイルを撤去するということをアメリカ側に伝え、それを受けてアメリカの方も海上封鎖を解除したことで終わりました。かくして核戦争による人類滅亡の危機はどうにか避けられました。

<下に続く>

キューバ危機とロシアの動向

キューバにおけるミサイル基地の存在がアメリカに知られた時点やその後のロシア(ソ連)の動向はどのようなものだったのでしょうか?

キューバ危機に関してソ連が大きく動いたのは10月22日のことでした。ちょうどケネディ大統領がテレビで演説を行うという情報がもたらされ、なおかつアメリカ軍の動きがあわただしいことを察知したためでした。そこでフルシチョフ書記長らソ連の指導部はキューバのミサイル基地の件であろうと考え、現地司令官には警戒態勢を取るとともに、核兵器使用はよほどの事態でない限り使用を禁じる旨を伝えました。

その後ケネディ大統領のテレビ演説が行われましたが、ソ連側としてはミサイル基地建設を継続するとともに、24日から行われたアメリカ軍によるキューバへの海上封鎖を強く非難するとともに、この封鎖を無視する意向がアメリカ側に対して伝えられました。

その後もミサイル基地建設は進められましたが、26日になってフルシチョフ書記長はケネディ大統領あてにミサイル撤去のための提案を行うべく書簡を送る決意をします。ただし、27日まではアメリカがなかなか攻めてこない状況を受けて、かなり高圧的な内容の書簡を送っていました。しかし、その後のアメリカ軍の偵察機の撃墜や領空侵入を受けて事態が悪い方向に向かっていることを感じ取るに至ります。

ここに至ってフルシチョフ書記長はトルコにあるアメリカ軍基地の撤去を条件に、キューバのミサイル基地の撤去を提案するに至り、アメリカ側はこの条件をのみました。

<下に続く>

キューバ危機は核戦争の危機だった?

null

キューバ危機はよく「核戦争の危機」だったといわれています。これはまずキューバにソ連の基地が建設されていることに対し、ケネディ大統領が強気な姿勢を見せたことにあるためです。あとでも触れますが、当初ケネディ大統領はその基地の空爆までも検討していました。

しかし、仮に基地の空爆が成功したとしても、その後にソ連が基地を攻撃された報復にドイツのベルリンに侵攻するなどして、世界大戦という事態にまでなりかねないリスクが十分にありました。そのうえ、次に世界大戦が勃発すればアメリカもソ連も大量に配備した核兵器による応酬を行うことが容易に予想されていました。

しかも、ミサイル撤去決定の前日の10月27日にキューバやアラスカ、シベリアで偵察していた米軍機が撃墜されたり不注意な侵入をしてしまったりする事件が立て続けに起き、戦争が避けられない事態に発展しかけました。そのため、キューバ危機においては核戦争勃発、ひいては人類滅亡の危機すらも感じられるほど緊迫した状況であったといえます。

<下に続く>

キューバ危機にケネディ大統領の対応は?

キューバ危機の勃発当時、アメリカのケネディ大統領はどのように対応したのでしょうか?当初、ケネディ大統領はキューバに建設されたミサイル基地の空爆やキューバに対する軍事力による海上封鎖を考えていました。しかし、本格的に武力の行使を行えば、ソ連軍の反撃も行われ、核兵器を使った世界戦争が勃発しかねない危険性もはらんでいました。

結局、10月20日にケネディ大統領はキューバへの海上封鎖を行うことを決断し、そのために艦艇200隻と航空機1200機を動員し、さらに22日には全国民に向けてテレビで演説を行いました。そして米州機構(アメリカや中南米地域の国際機関、事件当時キューバは除名)の支持を取り付けたうえで、24日にキューバに対する海上封鎖を開始しました。

こののちケネディ大統領はソ連のフルシチョフ書記長と書簡をやり取りすることが多くなり、まもなく双方とも最悪の事態である核戦争の勃発という事態を避けられるような方法を模索するようになります。そして、ソ連側からトルコにおけるアメリカ軍基地の撤去を交換条件とする、キューバの核ミサイル基地の撤去の提案がなされました。この条件をケネディ大統領は承諾し、かくして最悪の危機は避けられました。

<下に続く>

キューバ危機後の緊張緩和(デタント)

核戦争の勃発寸前までの状態に直面したキューバ危機をきっかけにアメリカとソ連はそれまでの核兵器の配備の拡大から一転して核軍縮という共通目標へと路線を切り替え、それにより1960年代末からのおよそ10年の間に緊張緩和(デタント)と呼ばれる状態が生まれるに至りました。言い換えれば、この間は冷戦における東西両陣営の対立が一時的に緩和され、政治的な対話が行われるようになりました。

特に画期的だったのはアメリカとソ連とが戦略兵器削減交渉(両国の実質的な核兵器保有数の削減が目的)が行われたことや、西ドイツのブラント政権が独自にソ連や東ドイツ、ポーランドなど東方諸国との関係改善を目的として東方外交を積極的に推し進めたことなどが挙げられます。

しかし、この緊張緩和もまもなく米ソ両国が核兵器にかえて中距離戦力(核兵器も含む)を競うように配備し始めたことがきっかけでほころびが生じ、ついには1979年にソ連がアフガニスタンに侵攻を行ったことで崩壊するに至りました。そして、このことによって東西両陣営は再び緊張し、国際情勢は冷戦の対立へと戻ることとなっていきました。

デタントによる緊張緩和とキューバ危機、新冷戦時代について解説デタントとは? 第2次世界大戦後の東西対立であるいわゆる冷戦の真っただ中の1960年代末から7...

<下に続く>

キューバ危機とは?核戦争の危機とケネディの対応をわかりやすく解説のまとめ

1959年にキューバでカストロ政権が成立したのをきっかけとして発生したキューバ危機は、一歩間違えれば核戦争に直結するような事件でした。

当初、ケネディ大統領は多大な戦力を動員してキューバへの海上封鎖を行うという強気の姿勢を見せましたが、状況打開の前日の10月27日にアメリカ軍機の墜落事件や領空侵入事件があって、米ソ間で戦争勃発への緊張が高まったことから、フルシチョフ書記長の提案が行われてどうにか核戦争の危機は回避されました。

この事件の後、米ソ間、ひいては東西両陣営間で緊張が一時的ながら緩和され、協調外交が進められました。それは最終的に、東西冷戦の終結やソ連邦の崩壊へとつながっていくことになりました。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line