みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/01/16

常務理事とは?定義や常務・理事・専務理事との違い!

Large pexels photo 429247  1

常務理事の定義とは?

常務理事の定義は法人登記上の役員で会社役員のフォローをする補佐役的な立場の事を言います。ここでは常務理事の仕事と業務内容や常務理事と常務の違い、常務理事と理事の違い、常務理事と専務理事の違いについてご紹介します。

<下に続く>

常務理事の仕事・業務内容

null

常務理事の仕事は考えようによってはシンプルです。基本的に専務取締役等の上の立場からの指示の元に動きます。常務理事が例え偉い存在だとしても上からの指示に従います。上部からの指示は会社では絶対です。

専務理事がトップの補佐をする様に常務理事は専務理事の補佐をします。専務理事の指示は事実上のナンバー2からの指示なので高度な業務を要求されます。常に実績と結果を求められています。

また常務理事は上から支持された事を下の立場の社員に伝え指示を出します。大企業だとトップから直々に指示する事はないので、常務理事が変わりに指示を出します。常務理事の役割は大きいです。

支持を聞き支持を出す立場は、それなりの能力が必要です。常務理事に選らばれる事はそれだけ凄い事です。

常務理事は上下からと挟まれる立場で仕事量が多いです。社員教育をしたり時に社員と同じ作業や事務作業を行います。書類の確認、経理に関しての確認等、山積みの業務を担当します。

重要書類等は自分がよく確認したうえで専務理事等に提出しなければなりません。精神的に疲れる事が多いです。常務理事の業務に限らず役員と言うのはそれなりにキツイという事です。

<下に続く>

常務理事と常務の違い

どちらも常務と呼ばれていますが実際にはいくつか違う点があります。「理事」が付くか、付かないかはもちろんですが基本的に役員か役職かという事です。経営側の人か雇われ側の人かという事です。

法人登記している場合、常務理事のように「理事」が付けば、常務理事はその会社役員です。常務理事でなく常務取締役とも呼ばれます。

専務取締役と同じで常務取締役も経営者の位置づけです。経営に携わる役員の事を取締役と言い、株式を公開していない場合を除き、株式公開をしている法人であれば三人以上の取締役が必要です。

ですが法人でも常務理事のように「理事」がついていない場合があり、そういった場合は役員でなく常務は従業員として扱われます。必ずしも理事がついているわけではありません。

また「理事」がつかない常務は部長や課長といった役職の1つです。基本的に部長や課長よりも上の役職になります。しかし部長が職位が上と決めている会社もあるので一概には言えません。

役職がある事は会社では社員と比べて偉い存在です。常務理事と常務は重要なポストである事に間違いなく、会社にとって大事な役職です。役員も役職がある人も会社の為に働いている事に変わりはありません。

<下に続く>

常務理事と理事の違い

null

常務理事も理事も登記上の役員です。常務理事は理事より役職が上です。理事は取締役ですが専務取締役などの役員の中では一番下の役員です。なので常務理事と比べると理事は発言権、決定権が弱いです。

しかし理事の影響も大きく会社の重要事項の決定の際には欠かせない人物である事には間違いありません。必要不可欠なポジションです。

理事は常務理事より会社の中で複数人存在する事が多く、取締役が複数人いる会社も少なくないです。代表取締役に一人に対して取締役ばかりの4人で構成されている会社もあり、今の時代では珍しくないです。

理事は基本的に役員では一番下になるので、社員に近い立場です。名刺に理事と書いて営業活動をする人も多くいます。理事と言う役職だからと言って社員と仕事内容がが大きく変わるわけではない事もあります。

理事長の事を理事と勘違いする人いますが、理事は理事であり理事長ではありません。理事長はトップの存在または理事の中のトップです。しかし理事もりっぱな役職である事は間違いありません。

また常務理事は理事と違って経営に携われる度合いなどが理事に比べて高いです。重要な会議に理事では出席できない事があります。それだけ理事に常務が付くだけで立場がまったく違うという事が分かります。

<下に続く>

常務理事と専務理事の違い

null

常務理事と専務理事の違いは立場と仕事内容と役割です。一般的に常務理事と専務理事では専務理事の方が役職が上です。

ですが常務理事も役職なので一般社員に比べると立場は上で、常務理事は取締役の上の立場で部長や課長や係長の上の立場です。

常務理事と専務理事は会社において役職なので、専務理事も常務理事も会社にとって偉い役職であることは間違いないです。

専務理事は常務理事に比べて立場が上なので仕事に対しての責任も大きいです。役職が上になればなるほど責任は大きくなります。もちろん常務締役も役職なので責任が大きいです。

専務理事と常務理事では基本的に給料の額が違います。専務理事の方が常務に理事に比べて給料が高いです。給料が高い専務理事はそれだけ起業にとって価値のある存在だと言う事です。

常務理事も専務理事と比べると少ないですが社員と比べると高額な給料をもらっています。役職の給料は会社によって様々ですが社員よりは基本的に高額です。

また専務理事も常務理事と言う役職は必ずしも置かなければいけないと言う決まりはなく、専務理事も常務理事もない企業もあります。社員数が多い会社では当たり前のようにいる存在ですが、そうでない企業もあり珍しい事ではないです。

<下に続く>

常務理事とは?定義や常務・理事・専務理事との違い!のまとめ

定義があっても常務理事の立場や役割、仕事内容、給料等は様々です。身内家業の会社であれば母親が常務理事と言う事もあります。

1つ言える事は、常務理事も理事も専務理事も役職がついていると言う事です。役職が付くという事はそれだけ会社への貢献度が要求されます。

それなりのプレッシャーはあると言う事です。常務理事も理事も専務理事も大変な立場であるという事は間違いありません。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line