みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/01/16

2018年将来性のあるアルトコインの種類とおすすめ取引所一覧

Large pexels photo 259165

アルトコインとは?

仮想通貨イーサリアムやリップルなどがアルトコインと言われますが、実はアルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨すべてを指します。
2017年はビットコイン元年と呼ばれていましたが、2018年はアルトコインの年となると予測されています。
本記事では、将来有望なアルトコインとそれらを取り扱うおすすめの仮想通貨取引所を一覧にしてお届けします。

<下に続く>

2018年はアルトコインの年

2017年は仮想通貨元年として仮想通貨の代名詞ともいえるビットコインが広く普及し、価格を高騰させました。しかし、一方ではその有用性だけではなく、トランザクションの問題や送金手数料の価格吊り上がりなど問題点も多く露呈させました。

そして、ビットコインの問題点を解決するべく、ライトコインやビットコインキャッシュといった仮想通貨もブレイクしました。そして、2018年はそのようなメジャーなアルトコインだけでなく、多種多様なアルトコインがしのぎを削る年になると予測されます。

今後は仮想通貨を超えて、ブロックチェーンに目が向けられるようになり、イーサリムのスマートコントラクトなど技術に裏打ちされた通貨が価格を高騰していくのではないでしょうか。

本記事では、2018年さらにブレイクしていくであろう将来有望なアルトコインについて一覧にしていきます。

<下に続く>

日本国内で取扱いのアルトコイン

本項では、日本国内で取扱いのあるアルトコインを一覧にしていきます。日本で現在取り扱われているアルトコインは世界的に見れば、有名なものばかりで、価格を順調に伸ばしてきました。
日本で取扱いのあるアルトコインは将来性の堅い仮想通貨なので、堅実に投資したい方に向いているものと言えます。
随時アルトコインを追加していくので参考にしてください。

イーサリアム

仮想通貨イーサリムはビットコインに次ぐ、2位のシェアを持つ仮想通貨となっています。イーサリアムはスマートコントラクトにその特徴をもっており、今後仮想通貨を超えて、あらゆる産業にスマートコントラクトは結びつくのではないかと考えられています。

そして、イーサリアム基盤の仮想通貨も多く誕生しているほど、イーサリムは仮想通貨市場において影響力が強いアルトコインであり、今後のアルトコインで最も注目すべき仮想通貨です。

仮想通貨イーサリムの今後の将来性や最新情報と購入できる取引所!仮想通貨イーサリアムとは? 2018年2月23日に追記しました! 仮想通貨イーサリアムとは?2...

リップル

仮想通貨リップルは一時、イーサリアムをも抜く、勢いに乗っている仮想通貨です。リップルは、大手の金融機関や銀行とも次々と提携しており、その技術力の高さには定評があります。

そして、リップルは2018年に入ってからもマネーグラムとの提携などで世間をにぎわせました。今後の仮想通貨市場の台風の芽となることは間違いないでしょう。

仮想通貨リップルコイン最新情報!購入できる取引所や今後の将来性仮想通貨リップルコイン 2018年3月1日に追記しました。 2017年、273倍の高騰を見せた...

イーサリアムクラシック

イーサリムクラシックはDAO事件をきっかけにイーサリアムから分裂した仮想通貨です。DAOで分裂したイーサリアムクラシックは中央集権的の対極にある仮想通貨であると言えるかもしれません。
2018年もイーサリアムクラシックは順調に価格を伸ばしているなど今後の成長が楽しみな仮想通貨です。

イーサリアムクラシックとは?最新情報や今後の将来性、購入できる取引所!イーサリアムクラシックとは? 2018年1月28日に追記しました! DAO事件をきっかけにイー...

リスク

仮想通貨リスクはイーサリアムと同じスマートコントラクトを実装しています。しかし、イーサリアムより開発言語のレベルの低いプログラミング言語を採用するなど、参入障壁を低くしています。また、サイドチェーン上への記録を行っているため、イーサリアムより安全性は高いと言われています。

仮想通貨リスクコイン(Lisk)とは?今後の将来性や最新ニュース、購入できる取引所!仮想通貨リスクコイン(Lisk)とは? 2018年1月31日に追記しました! 時価総額ランキン...

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは2017年の夏にビットコインから分裂した仮想通貨です。ビットコインのトランザクションの問題に対して、ブロックサイズの容量を大きくすることで課題解決を目指しているビットコインキャッシュは2018年も注目度の高い仮想通貨となっています。

仮想通貨ビットコインキャッシュの最新ニュースや今後の将来性、購入できる取引所!仮想通貨ビットコインキャッシュとは? 2018年1月28日追記しました! 2017年の夏、ビッ...

ネム

仮想通貨ネムのNEMとは、Nem Economy Movement(新しい経済運動)の略で、新しい経済圏を作ることをコンセプトにしている仮想通貨プロジェクトです。
ネムはコミュニティの結びつきが強く、シンガポールに財団を抱えています。また、ネムの財団は仮想通貨だけではなく、学問やビジネスなど幅広くコミュニティ活動行っています。

本記事では、仮想通貨を超えて新しい経済圏を創出しようとしているネムとその特徴、さらに最新情報やチャート価格の推移、将来性などネムに対する情報を幅広くとり扱っていきたいと思います。

仮想通貨ネムコイン(NEM)の今後の将来性や最新情報、価格チャートと購入できる取引所仮想通貨ネムコインとは? 2018年3月1日に追記しました! 仮想通貨ネムのNEMとは、Nem...

ライトコイン

仮想通貨ライトコインは第二のビットコインを目指してプロジェクトが開始された仮想通貨です。ビットコインが「金」だとすれば、ライトコインは「銀」とされており、別名銀のビットコインとも呼ばれています。

日本での人気はそこまで高くありませんが、アメリカではかなり人気の仮想通貨となっています。本記事では、銀のビットコインとも呼ばれる仮想通貨ライトコインの特徴や仕組み、将来性や購入できる取引所、さらには最新情報について特集していきます。

仮想通貨ライトコインの将来性や最新情報、価格相場や購入できる取引所仮想通貨ライトコインとは? 2018年2月16日に追記しました! 仮想通貨ライトコインは第二の...

オーガー

今回は仮想通貨2.0世代で特に注目を集めている「オーガ」について、その特徴や価格推移、時価総額などについてまとめました。

多くの仮想通貨2.0世代は私たちが住む実世界にイノベーションを与えるといわれています。
その仮想通貨2.0世代の中でも今回紹介する「オーガ」は、未分散型未来予測プロトコルという、特徴的な性格を持っています。
この記事を読み、皆さんも「オーガ」に少しでも興味を持っていただければ幸いです。

仮想通貨オーガー(Augur)の特賞や今後の将来性、最新情報、購入できる取引所!仮想通貨オーガー(Augur)とは? 今回は仮想通貨2.0世代で特に注目を集めている「オーガ」...

<下に続く>

アルトコイン取扱い国内仮想通貨取引所

GMOコイン

仮想通貨取引所では、仮想通貨の現物売買はもちろん、「ビットレ君」という仮想通貨FX専用のアプリがあるなど多種多様な使い方が可能となっています。

仮想通貨は変動が激しいため、買いたいときに口座に入金したい場合がよく起こります。その際、取引所では、クイック入金(即時入金)を行うことができますが、手数料を取られてしまいます。

しかし、GMOコインは、即時入金が無料なので、使いやすい取引所です。また、最短で翌日から取引できるなどおすすめの取引所です!

仮想通貨取引所GMOコインについてさらに詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

GMOコインの評判や手数料(スプレッド)は?口座開設や仮想通貨fxのレバレッジ!仮想通貨取引所GMOコイン 2018年2月1日に追記しました! 本記事では、大手上場企業である...

Zaif(ザイフ)

Zaifは日本国内のメジャーな仮想通貨取引所の一つです。
Zaifはビットコイン売買手数料がマイナスになっていたり、他の国内取引所にはない独自のトークンや通貨を取り扱っているなど、特徴の多い取引所です。
また、Zaifの運営元であるテックビューロがCOMSAトークンを発行し、上場させているなど、様々な取り組みをしています。

Zaifは金融庁による認可もおりており、国に認められた取引所となっています。
また、Zaifではビットコインの取引の際にマイナス手数料というものが自動的に取引に加わりますが、このマイナス手数料というのは、本来支払うはずの手数料を逆にもらうというシステムになっています。

Zaifではビットコイン取引手数料がマイナス0.01%となっているので、仮に100万円分の取引をすると100円貰うことができます。

それだけでなく、他の国内取引所にはない通貨をたくさん取り扱っているため、海外取引所を利用するのに抵抗がある人もZaifで買えることがよくあります。


仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の評判や手数料は?口座開設や手数料、最新情報!仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)とは? Zaifは日本国内のメジャーな仮想通貨取引所の一つです...

bitflyer(ビットフライヤー)

日本国内もう一つの大手仮想通貨取引所がbitflyer(ビットフライヤー)です。bitflyer(ビットフライヤー)は、仮想通貨銘柄は6種類扱っており、また仮想通貨FXもすることができます。アプリやサービスも使いやすく初心者に向いている取引所です。

ビットフライヤーでは、国産の仮想通貨であるモナコインも扱っている数少ない取引所となっています。また、今後EUやアメリカなどの海外にも進出予定であるなど、勢いに乗っている仮想通貨取引所の一つです。

仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー)についてさらに詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

bitflyer(ビットフライヤー)の最新情報と使い方!評判や手数料、入金方法!仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー) 2018年2月9日に追記しました! 仮想通...

DMM Bitcoin(ビットコイン)

2018年1月11日からサービスを開始し始めたDMM Bitcoin(ビットコイン)もおすすめ取引所です。DMM Bitcoin(ビットコイン)は仮想通貨銘柄としては、7種類扱うとともに手数料が他の取引所よりも安いのが魅力です。

大手のDMMグループが運営する仮想通貨取引所だけあって、サービスのローンチ前から注目されていた仮想通貨取引所です。また、アルトコインでのレバレッジ取引が可能など、独自のサービスも多いです。


仮想通貨取引所DMM Bitcoin(ビットコイン)についてさらに詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

仮想通貨取引所DMM Bitcoin(ビットコイン)の評判や使い方、口座開設・入金方法!仮想通貨取引所DMM Bitcoin(ビットコイン) DMM Bitcoin(ビットコイン)の...

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)では、現物取引が可能なbitbank.ccと仮想通貨FXが可能なbitbank tradeの2つの取引所を持っており、用途に応じた様々な使い方が可能となっています。

特に仮想通貨FXをメインにする方にはおすすめできる取引所で、高性能なトレードシステムを用いての仮想通貨取引が可能となっています。また、最大レバレッジも高くFX経験者に向いている仮想追加取引所となっています。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)についてさらに詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

bitbank(ビットバンク)の口座開設・入金方法や手数料・評判、特徴も!仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク) 仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)につ...

ビットポイント(BITPoint)

ビットポイント(BITPoint)では仮想通貨FXに特化した高性能トレードシステムMT4を使うことができます。これを使えば、仮想通貨の自動売買が可能になるなどほかの取引所とは違った特徴をもつ取引所です。

ビットポイントでも仮想通貨FXに特化した高性能トレードシステム「MT4」が使えるなど人気の仮想通貨取引所の一つとなっています。仮想通貨FXでは、現物売買ではできない「売り」から入ることもできるので、売買のチャンスが2度あるのが魅力です。

仮想通貨取引所ビットポイント(BITPoint)についてさらに詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

ビットポイント(BITPoint)の評判や登録方法は?MT4の使い方や手数料仮想通貨取引所ビットポイント(BITPoint)を紹介 仮想通貨取引所ビットポイント(BITP...

みんなのビットコイン

みんなのビットコインではセキュリティと最大レバレッジ25倍の仮想通貨FXが魅力となっています、セキュリティに力を入れており、万が一の心配もないのはユーザーにとって安心できるポイントです。

また仮想通貨FXでは、注文方法の多さも魅力的です。FX経験者や上級者でも満足する多種多様な注文ができるなどおすすめの仮想通貨取引所です。またレバレッジが25倍までかけられるところもおすすめです。

仮想通貨取引所みんなのビットコインについてさらに詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

みんなのビットコインの評判・手数料、レバレッジと口座開設方法!仮想通貨取引所みんなのビットコインを紹介 仮想通貨取引所みんなのビットコインの特徴や評判、手数...

<下に続く>

海外で取扱いのアルトコイン

QTUM(クアンタム)

現在はテレビやネットのいたるところで仮想通貨やBitocoinという言葉を毎日目にするようになりました。仮想通貨の代表的なものはBitcoinですが、他にも数多くの将来性のあるアルトコインが存在します。その中でも今回は「Qtum」について、その特徴や将来性、チャートや価格推移、購入可能な取引所について説明をしていきます。

仮想通貨Qtum(クアンタム)の将来性や特徴とチャートの価格推移、購入できる取引所!仮想通貨Qtum(クアンタム)とは? 現在はテレビやネットのいたるところで仮想通貨やBitoc...

SBTC(スーパービットコイン)

12月12日にビットコインからスーパービットコイン(SBTC)がハードフォークされました。本記事ではスーパービットコイン(SBTC)が取引される取引所やSBTCの特徴などを詳しく解説したいと思います。

スーパービットコイン(SBTC)がバイナンスで取扱開始!将来性は?スーパービットコイン(SBTC)とは? 12月14日現在のスーパービットコイン(SBTC)の最...

TRON(トロン)

仮想通貨トロンには現在、ホワイトペーパーに盗作疑惑の目が向けられています。これによりトロンの価格は大幅に下落しています。トロンに関する最新情報をお届けします。

2018年1月3日現在、世界から熱視線を浴びるコインであるTRON(トロン)について、特集します!TRON(トロン)の存在は、以前から知られていましたが、ここ最近の成長と日本への上場などの噂もあってビットコイナーから注目を集めているアルトコインです。
本記事では、仮想通貨TRON(トロン)の公式ページやTRON(トロン)CEOの発言などに着目しつつ、TRON(トロン)の今後や特徴について解説します!

仮想通貨TRON(トロン)の将来性や最新情報、価格推移や購入できる取引所!仮想通貨TRON(トロン) 2018年1月11日に追記しました!
仮想通貨トロンには現在、ホワ...

NEO(ネオ)

次世代仮想通貨NEO(ネオ)は、中国版イーサリアムとも呼ばれる将来有望な仮想通貨で、現在時価総額は12位につけています。残念ながら日本では、それほど有名ではないNEO(ネオ)ですが、実際はイーサリアムクラシックやリスクなどの日本で知られている仮想通貨よりも世界的には有名です。ですので、今回は、今後来ると言われている仮想通貨NEO(ネオ)について特集します。

仮想通貨NEO(ネオ)コインの今後や購入できる取引所とウォレット!仮想通貨NEO(ネオ)とは? 2018年1月28日に追記しました。 次世代仮想通貨NEO(ネオ...

BNB(バイナンスコイン)

仮想通貨BNB(バイナンスコイン)が高騰しています。BNB(バイナンスコイン)は他の仮想通貨と違い、中国の仮想通貨取引所バイナンスが発行している独自トークンです。そこで本記事では、BNB(バイナンスコイン)の将来性やチャート、また、バイナンスでのお得な使い方などを詳しく解説していきます。

仮想通貨BNBとは?将来性や価格は?バイナンスの手数料が安くなる?仮想通貨BNB(バイナンスコイン)とは? 仮想通貨BNB(バイナンスコイン)が高騰しています。...

ADA(エイダ)

仮想通貨ADAは2017年に約36倍に変貌し、注目を集めました。

仮想通貨の第一人者ともいわれるチャールズ・ホスキンソン氏が、Ethereum(イーサリアム)のCEOを経て始めたプロジェクトであるADAは更なる高騰の兆しを見せています。
本記事では、注目を集めるADAの特徴と将来性について特集します。

仮想通貨ADA(エイダ)/カルダノの将来性や価格チャートと購入できる取引所仮想通貨ADA(エイダ)/カルダノとは? 仮想通貨ADAは2017年に約36倍に変貌し、注目を...

EOS(イオス)

仮想通貨EOS(イオス)の価格が高騰しています。2017年にICOで公開されたばかりのEOS(イオス)は、市場で取り扱われてから価格を高騰させています。本記事では、ICOから価格を順調に高騰させている仮想通貨EOS(イオス)について特集します。

仮想通貨EOS(イオス)とは?購入できる取引所や将来性とチャート価格の推移!仮想通貨EOS(イオス)とは? 2018年1月25日追記しました! 仮想通貨EOS(イオス)の...

BCD(ビットコインダイヤモンド)

2017年11月24日夜にビットコインから分裂したビットコインダイヤモンドですが、ビットコインからの3番目の分裂でありながら注目されることがあまりありませんでした。

しかし、2018年1月14日、ビットコインダイヤモンドが価格を高騰させています。本記事では、今注目の仮想通貨ビットコインダイヤモンドの特徴や将来性、価格推移のチャートや取扱い取引所などを詳しく解説していきます。

BCD(ビットコインダイヤモンド)とは?将来性や価格推移、購入できる取引所BCD(ビットコインダイヤモンド)とは? 2017年11月24日夜にビットコインから分裂したビ...

Waves(ウェーブス)

2016年4月に「Nxt(ネクスト)」から分裂して誕生したWaves(ウェーブス)。取引開始後は20円台で推移していた価格が2017年12月には1Waves=約1,800円まで上がりチャートをにぎわせています。

本記事では、独自通貨を発行できる「CAT」などの技術と使いやすさで注目を集めているWavesの特徴や将来性、価格推移と購入できる取引所を解説します。

仮想通貨Waves(ウェーブス)の将来性や特徴と価格推移、購入できる取引所!仮想通貨Waves(ウェーブス)とは? 2016年4月に「Nxt(ネクスト)」から分裂して誕生...

その他おすすめの草コイン一覧

仮想通貨は全部で1000種類以上の銘柄が存在するなど多種多様です。ビットコインやイーサリアムの様に価格を高騰させていく仮想通貨もある一方で、全く上がらない仮想通貨も数多くあります。

特に草コインと呼ばれる仮想通貨はまだまだ価格が安く、消えていく可能性が高い仮想通貨です。しかし、仮にビットコインほどの価格上昇を見せた場合、リターンは大きくなるといった特徴も持っています。

以下の記事に今後有望な草コインをピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

将来有望なおすすめ草コイン一覧と購入できる仮想通貨取引所!草コインとは? 2018年1月21日に更新しました! 仮想通貨はビットコインをはじめ全部で10...

<下に続く>

アルトコイン取扱い海外仮想通貨取引所

本項では、海外の仮想通貨取引所について解説していきます。海外の取引所では日本国内の仮想通貨取引所とは比較にならないほど多種多様な仮想通貨を取り扱っているので、アルトコイン取引をメインに行いたい方にはかなりおすすめです。
本項では、日本人にも人気の仮想通貨取引所を紹介していきます。

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)は中国の仮想通貨取引所です。日本国内では最多の13種類しか取扱いがありませんが、Binance(バイナンス)では100種類以上の通貨が売買できます。また、日本国内の取引所と比べて手数料が格安です。

バイナンスでは、いわゆる草コインと呼ばれる100円未満の仮想通貨の取扱いも多くしていて、将来性のある仮想通貨に今のうちに安く購入しておくという使い方もできます。

日本人の仮想通貨コアユーザーは続々とバイナンスに登録しており、仮想通貨中級者向けの取引所と言うこともできます。
また日本語対応もしているので、使いやすいです。

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)についてさらに詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の使い方や登録、入金方法と評判、最新情報仮想通貨取引所Binance(バイナンス)を紹介 2018年2月10日に追記しました。 中国の...

Kucoin(クーコイン)

仮想通貨取引所Kucoin(クーコイン)は第二のバイナンスとも呼ばれる仮想通貨取引所となっています。クーコインでは独自トークンを用いてに手数料を支払えば、価格が安くなり、他にも保有しているだけで配当が出るといったサービスも行っています。

また、ICO後の仮想通貨もすぐに取り扱うことが多いので、草コインをメインに取引している人にもおすすめの仮想通貨取引所です。

仮想通貨取引所Kucoin(クーコイン)についてさらに詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

Kucoinの使い方や登録・入金方法!取引所独自の仮想通貨KCSは毎日配当?仮想通貨取引所Kucoin(クーコイン) 日本でも仮想通貨取引所のCMが各取引所で始まり、仮想...

Coinexchange(コインエクスチェンジ)

仮想通貨取引所Coinexchange(コインエクスチェンジ)はアメリカの仮想通貨取引所です。この取引所もICOしたばかりの仮想通貨を数多く取り扱っているなど草コインを探すにはうってつけの取引所となっています。

また、仮想通貨の取扱い数もかなり多いため多種多様な選び方ができます。

<下に続く>

おすすめのアルトコインウォレット

アルトコインを仮想通貨取引所で保管しておくのもいいですが、自身のウォレットで管理したいという方も多いと思います。アルトコインのウォレットにも種類がいくつかあり、またサービスも特徴が様々なので、自身の使いやすいものを選ぶことが重要です。
以下の記事に、ウォレットの選び方や使い方などまとめていますので、参考にしてみてください。

おすすめのアルトコインウォレット10選!おすすめのアルトコインのウォレットを紹介 2018年1月28日に追記しました! アルトコインの...

<下に続く>

アルトコインのまとめ

いかがだったでしょうか。アルトコインはビットコイン以外のすべての仮想通貨を包含しているため、一概にアルトコインといえども、多種多様です。そのコンセプトもバラバラで、一つ一つに面白い取り組みが見て取れます。

2018年はどのアルトコインがブレイクするかわかりませんが、国内で取り扱われているアルトコインや、草コインまで幅広く情報をお伝えし続けていきます。

Thumb pexels photo 730564
written by

株式会社モスティープレイスでは主に記事の企画から編集、公開までのすべてを担当。
また記事を執筆することもあり。
最近はフロントエンドのプログラミング言語や仮想通貨の取引に熱中。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line