みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

auウォレットのポイントの移行・交換方法【残高・別ID・ギフト】

Large pexels photo 261628

auを利用している人なら、auウォレットを作ることができます。携帯電話の利用やauが提供しているサービスを利用するとポイントが付与されるので、それをいろいろなことに使えるという仕組みです。auウォレットポイントは楽天やAmazonやyahooに移行することもできます。auウォレットポインの残高を確認する方法や家族間、別のIDへの移行、交換方法などを紹介します。

auウォレットのポイントは移行できる?

auウォレットポイントは、auの携帯電話を利用している人なら誰でも申し込むことができます。他にもauひかりやを利用している人でも利用可能です。auウォレットはau各店舗かネットからも申し込みできます。申し込みすると後日自宅にプリペイドカードが届くので、いくらかカードにチャージしてそれを使うとポイントがもらえます。

auウォレットポイントで貯めたポイントは、移行することができます。以降の選択肢はいくつかありますが、ひとつだけ注意したいことがあります。ポイントを貯めてそれを移行して現金に交換したり、支払いに使ったり、ネットショッピングに使ったりというのは、他の会社も行っているサービスです。一般的には1ポイント1円となりますが、auウォレットポイントの場合は1.2ポイント1円となるので、他のポイントサービスにはない手数料がかかると思っておくといいかもしれません。

<下に続く>

auポイントをauウォレットに移行する方法

auのサービスを利用するともらえるauポイントは、auウォレットポイントに移行することができますので、その流れを紹介します。これは事前にauIDを作成しておく必要があります。持っていない場合でも新規登録ですぐにauIDを作成できるので大丈夫です。移行する場合はアプリを使うと便利です。手続きはスマホ・フィーチャーフォン・タブレット・パソコンからできますが、ここではアプリを使った方法を紹介します。

手順①:auウォレットを選ぶ

auユーザーならスマホの画面にある、auサービスからauWALLETを選びタップします。するとすぐにポイントが表示される画面に切り替わります。中央にはプリペイドカード残高が表示されていて、ポイントはその下に表示されます。ポイントをタップしてページが切り替わったらポイントを使うをタップします。画面が切り替わったら下までスクロールさせて、その他の項目にある、auポイント→ウォレットポイントをタップします。

手順②:auIDにログインする

手順①の最後にauIDにログインする画面に切り替わるので、今度はauIDとパスワードを入力してauIDにログインしてください。次にポイントを交換する画面に切り替わりますので、画面下までスクロールして、自分の回線番号またはポイントを交換する電話番号を選びます。番号の下に交換するポイントを全てか一部のどちらかを指定するところがあるので、希望するポイント数を決めて次へをタップします。

手順③:ポイントを交換する

ポイント数を決めると、最終的な確認画面が表示されます。この段階ではまだポイント交換は行われていませんので、間違いがないかもう一度確認しましょう。この時交換前と交換後のポイント数も表示されるのでここも確認しておくと安心です。間違いがなかったら、ポイント交換をタップします。以上でauポイントをauウォレットに移行する手続きが完了です。

画面にはポイント交換完了と申込受付番号が表示されます。これで滞りなく手続きは完了していますが、後で問い合わせをする時に申込受付番号が必要になるので忘れない控えておくといいでしょう。

交換時の注意点

auポイントは1.2ポイントが1ウォレットポイントになります。ちょっと端数が出るので、ポイントによっては全部交換するを選んでも、100ポイント以下の端数分は交換できません。交換する前に指定したauポイントが何ウォレットポイントになるのかを確認できるので、必ず確認してから交換するとタップしてください。仮に交換数に満たない場合は、交換するをタップしても交換できませんが、計算を間違えると一度申し込みすると取り消しや訂正ができないので注意が必要です。

<下に続く>

auウォレットポイントを残高に移行する方法

null

手順①:ログイン

まずはスマホやタブレット、パソコンのどれでもいいのでauIDにログインします。ログインできたら、ポイント交換ページを開いてください。ログイン時の注意事項としては、今までログインしたことがある場合、設定による違いはありますがすぐにログインできないことがあります。パソコンの場合は今まで一度もログインしたことがないパソコンだと、ワンタイムパスワードでのログインを求められます。

これは第三者の悪意あるログインを防ぐための手段なので、2段階認証でのログインになります。契約している携帯にワンタイムパスワードが届くので、それを確認し入力すればログインできます。

手順②:移行するポイントを選ぶ

ページ内にあるポイントを使うという項目を選び、ますが、複数台契約している場合はポイントを移行したい番号を選びます。1台のみの場合は1つの番号のみ表示されるのでそれを選べばOKです。ポイント数を決めたら次へというボタンをタップまたはクリックします。

ポイントのところには利用可能ポイント・WALLETポイント・auポイントの3つが表示されているので、利用可能ポイントがない場合、もしくは交換できるポイントに達していない場合は交換も移行もできません。交換する時指定できるのが100ポイントからとなっています。100ポイントが最低単位ですから、それ以下の場合は100ポイント貯まるまで待ちましょう。

③手順:ポイントを交換

次へでページを移動すると、利用するポイントの確認画面が表示されます。画面には交換する電話番号・auポインtp・交換後のWALLETポイントが申込内容として表示されます。ポイント数の間違いがないことを確認したら、画面の下にある交換するをタップまたはクリックします。

画面にポイント交換完了と出ていれば、きちんと移行できている証拠です。一応申込受付番号も表示されているので、それもメモしておきましょう。これでauポイントをauウォレットに移行する手続きは完了です。申し込み後のキャンセルはできませんので、間違いがないか確認してから申し込むことをおすすめします。

④:交換時の注意点

複数台契約している場合でも請求書が同じならポイント移行できますが、利用者が違う場合は念のため利用者の承諾を得てからポイント交換しましょう。先程も少し触れましたが、auポイントをauウォレットに移行する場合は、チャージする形になるのでポイントの計算方法が少し異なります。

通常は1ポイントで1円としているところが多いのですが、auポイントをauウォレットに移行する時は、1.2ポイントが1円となるので端数が出ます。例えば今自分が保有しているポイントが230ポイントあったとしても、1ポイント1円なら230円分交換できますが、auは1.2ポイントで1円となるので、この場合は228円分交換となりますので。28円は交換数に満たないので200円分しか交換できません。

最低単位は100円ですが、上限もあります。上限は20,000円までとなっていてそれ以上は利用できません。さらにauポイントのauウォレット残高への移行は、月1回のみとなっています。月始めに交換した場合、うっかりしていて月末にもう一度交換しようとしても、月に2回はできないので、翌月にならないと交換できないので注意してください。

<下に続く>

auウォレットポイントを他のIDに移行する方法

1人の人が複数au回線を契約している、もしくは家族でauを利用している場合、それぞれの回線でauポイントを貯めることができます。1回線につき1枚auWALLETカードがあるので、1回戦ずつのポイントは少なくても、全部合わせるとかなりのポイントになると思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

この場合条件があるものの、ウォレットポイントを他のID(回線)に移行することができます。移行できればポイントをまとめて、支払いに当てたりチャージしたりできるので大変便利です。他のIDに移行できる条件は、請求をまとめていることです。例えば1人の人が複数契約していて同じ人が電話を使い分けているという場合は、複数回線があっても請求書は1つにまとめられます。

これは家族も同じで、電話料金を支払う時1人の人が代表してクレジットカードや口座引き落としで支払うことができます。家族の場合は親が子どもの料金を払ったり、一旦誰かが立替後で払うなどいろいろな方法があります。この場合も家族なら請求書を1つにまとめることができます。同じ請求書で請求される回線なら、IDが違ってもポイントを移行することができるのです。同じ人や家族が利用している回線でも、請求書が違うと移行できません。

手順①:ログインする

まずはauIDにログインしましょう。ログイン方法はスマホや携帯などによって多少の違いはありますが、スマホならアプリを使うと便利です。携帯の場合はEZボタンからauポータルを選び、Myau、申し込み・変更から、家族にポイントを贈るを選択します。IDと暗証番号の入力はタイミングが違いますが、画面に指示が出るので画面の指示に従えば初めてでも簡単に手続きできます。

手順②:送り先とポイントを指定する

スマホやタブレットでauウォレットのページに行くと、同じ請求書のお客様にポイントを贈るというところの下に現在のウォレットポイントが表示されています。さらにその下にポイントを移行したい回線の電話番号を入力するところがあるので、番号を入力します。

次にポイントを送り先契約者の名前をカナ2文字だけ入力します。次に移行したいポイントを全てか一部のどちらかを指定して決めます。この場合も指定出来るポイントは最低100ポイントからです。ポイント数を決めたら画面下にある次へをタップします。

手順③:内容を確認してポイントを移行する

今まで入力した内容が表示されるので、間違いがないかもう一度確認します。この時表示されるのは、現在のウォレットポイント・送り先の電話番号と契約者名・贈るポイント数です。一番下に送った後のウォレット残高が表示されるので、こちらも確認しておくと安心です。

確認して内容が正しければ贈るをタップします。これで他のIDにポイントを移行する手続きは完了です。同一請求なら誰でもポイントの移行ができます。

メールでも確認しておく

ポイントを他IDに贈った場合、ポイントを受け取る人にメールで通知が届きます。これはポイントが贈られたことを知らせる目的のみのメールなので、メールを受信しても特に何か操作が必要ということはありません。一応メールの内容は確認しておいた方がいいでしょう。

メールにはポイントが誰から贈られたのかわかるように、贈り主の名前とポイント数、贈った日付が記載されています。詳細については、各自がウォレットにログインすれば確認できます。メールの最後にはお客様センターの連絡先も記載されています。

特に問題なければそのままでOKですが、送られてきたメールに心当たりがない場合、メールにそのまま返信しても送信専用なので返信できません。問合せをしたい場合は、auの携帯やスマホからなら157にかければ通話料無料で問い合わせできます。その他でも通話料は無料なので、安心して問い合わせできます。

<下に続く>

auウォレットポイントを楽天やYahooに移行する方法

null

auウォレットポイントはauサービスでしか使えないイメージですが、実は楽天やYahooでも使うことができるんです!ネットショピングをよく利用する人にとっては、会社が違ってもポイントを有効活用できるとても便利な方法です。auウォレットポイントを楽天やYahooに移行する方法を大公開します。ただしこれを可能にするには、事前にやっておくべき準備があります。

auウォレットポイントを楽天やYahooで使うための準備とは?

まず楽天やYahooなどauが実施しているサービス以外でウォレットポイントを使うには、auかんた決済の利用が出来る状態にしておかないといけません。auユーザーなら既に利用している人も多いこの簡単決済というのは、月々の利用料金を支払う時にネットショッピングの支払いにも使えるサービスです。買い物にはauウォレットポイントが使えるので、持っていて損はないでしょう。

もしもまたauかんたん決済に登録していなくても、すぐに登録できます。登録にはauIDが必要ですが、いずれも申し込みしてすぐに使えるのでまだ利用していない人もとりあえず登録だけしておくことをおすすめします。新規にauIDを登録した場合は、携帯とPC連動設定も忘れずにしてください。これをしておくとスマホや携帯だけでなく、PCでも利用出来るようになります。

楽天でauかんたん決済が利用できるかどうか確認する

楽天でもauかんたん決済が使えるサイトは増えてきていますが、まだどこでも使えるというまではいっていません。楽天えauウォレットポイントが使えると思い、買い物をしようと支払い方法を選択しようとしたらauかんたん決済がなかったという可能性もあります。

楽天でauかんたん決済が利用できるかどうかを確認するには、商品の検索をする時にauktnというキーワードをプラスしておくと見つけやすいです。auktnでヒットすれば支払い方法を選択する時に選択肢にauかんたん決済があるということです。商品名で検索する以外に、ショップ検索もできるので使いやすい方でチェックしてください。

楽天に移行する手順①:ショッピングしたい商品を選ぶ

準備が整ったら買いたい楽天で商品を選び買い物かごに入れます。事前にかんたん決済ができることを確認していれば後はいつも通り買い物かごを見て買い物する商品の設定をします。

楽天に移行する手順②:支払い方法の選択

楽天で買い物をする時は、支払い方法と輸送方法、日付指定や時間指定など指示に従い選んでいきます。支払い方法はauかんたん決済を選び、後は希望するところにチェックを入れるだけです。

楽天に移行する手順③:支払いをする

荷物の送り先や輸送方法、日付を選択します。auかんたん決済の場合は、楽天サイトだけでは手続きが完了しませんので、支払い用の画面が開きauかんたん決済のページに移動します。ここでauIDにログインして、かんたん決済の手続きをします。auウォレットのページに行くと利用できるポイントが表示されるので、使いたいポイントを選び購入すると選択すれば決済が完了します。

Yahooに移行する手順①:買い物をする

Yahooでもauウォレットポイントが使えるので、ポイントがある場合はそれを活用できます。まずはいつものようにYahooでほしい商品を探して購入手続きに進みましょう。

Yahooに移行する手順②:購入手続き

商品の届け先と支払い方法を決めます。Yahooショッピングの場合も、ショップによって対応している支払い方法が異なります。支払い方法を選択する時、選択肢にauかんたん決済があればOKです。Yahooショッピングを利用する時、マイページで支払い方法を選択することができます。この時かんたん決済を登録しておくと便利ですが、かんたん決済が利用できなくてもクレジットカードでauウォレットカードの番号や有効期限を入力すれば支払いできます。ただしこの場合はウォレットカード残高がないと購入できません。

Yahooを利用する注意点

Yahooショッピングでauかんたん決済が利用できるかどうか確認するには、サイトのトップページから「auかんたん決済」と入力してキーワード検索すると、利用可能な商品やショップが出てきます。ただしauかんたん決済だけで検索すると膨大な商品がヒットするので、カテゴリや商品名などをプラスしておくと、効率よく検索できます。検索キーワードはいろいろアレンジできるので、探しやすいものを見つけてください。

支払いにかんたん決済を選ぶと、携帯の利用料金の支払いにショッピングで利用して金額がプラスされて請求が来ます。利用した日にちにもよりますが、大体翌月の支払いになります。ウォレットカードで支払いする場合は、残高がないと利用できませんが残高があればショッピングした分が残高から引かれていますので確認しておきましょう。Auウォレットカードはプリペイドカードなので、ショッピングに利用するとその場で残高から引かれる仕組みです。

<下に続く>

auウォレットポイントをAmazonギフト券等に交換する方法

null

auウォレットポイントは、au以外のサービスにも利用できるのが嬉しいところです。しかし1.2ポイントで1円換算になることと、100ポイント単位でしか交換できないので端数が余ってしまいます。支払いに端数が使えれば全部支払いできたのに…と思ったauユーザーも少なくないはずです。楽天やYahooでもウォレットポイントが使えますが、この場合も端数が使えないのが不便です。

auウォレットポイントの端数をなんとかしたい!というなら1円単位で選べるAmazonギフト券に交換することをおすすめします。Amazonギフト券を利用するにも条件がありますが、端数も無駄なく使えるのが最大のメリットです。

Amazonギフト券に交換する前に知っておきたいこと

まずauウォレットポイントの端数を無駄なく交換できるのは、電子版のギフト券であることを覚えておいてください。電子版ギフト券なら最低単位が15円、かつそれ以上なら1円単位で金額を指定できるのです!これならいつも端数が余ってなんとかならないかと思っていた人も、細かく指定できるからスッキリします。あと少しで利用できるからと、無駄にチャージする必要もありません。

プリペイドカードはカードにチャージした分だけ使えるので、使いすぎを防げますが、残高以内なら普通のクレジットカードのように使えるので、使いすぎてしまうことがあります。あとちょっと足りなくてチャージしても、結局無駄遣いしてしまうという人も、端数を有効活用できるのはいいことですね!

他のサービスにもauウォレットポイントが使えるので、かなり便利にはなっていますが端数の問題をクリアするのは至難の業でした。ずっと悩んできた人も、アマゾンの電子版ギフト券ならもう端数を無駄にせずに済みます。Amazonも何かと使えて便利なので、この機会にギフト券に交換してみるのもいいかもしれません。

それともう一点、auウォレットポイントでギフト券が買えるのは、Amazonの公式サイトだけです。ネット経由のみとなるので、コンビニなどでは購入できません。

Amazonギフト券に移行する手順①:AmazonのIDを登録しておく

Amazonギフト券を購入する場合、Amazonからギフト券を購入する形になるので、事前にAmazonに登録しておくと便利です。未登録でもその場で登録してすぐに買い物ができるので、どちらでもいいでしょう。

Amazonギフト券に移行する手順②:ギフト券を選ぶ

カテゴリー一覧にギフト券というのがあるので、それを選びます。Amazonギフト券には、印刷タイプ・Eメールタイプ・チャージタイプの3種類があります。選ぶのはチャージタイプがおすすめですが、どのタイプも3,000円や5,000円など金額が表示されているところの一番右に、金額を指定して入力できる欄があるのでそこに希望する金額を端数まで指定します。

Amazonギフト券に移行する手順③:auウォレットポイント残高を確認

ここで一旦auウォレットにログインしてギフト券を購入する金額を確認しておきます。端数も指定できるので、今ある全額でも一部でも、Amazonギフト券を購入できる金額かどうか確認しておきましょう。金額を確認したら、先ほどのAmazonの金額を指定する欄に端数まで金額を入力し、次へをクリックまたはタップします。

Amazonギフト券に移行する手順④:支払い方法を選択

次に支払い方法を選ぶ画面になるので、初めて利用する場合は新しい支払い方法を追加します。この時++クレジットカードまたはデビットカードを追加**を選べば、auウォレットカードを登録できます。番号や有効期限などはウォレットカードを見ればわかります。必要事項を入力したら、カード追加を選び登録完了です。

Amazonギフト券に移行する手順⑤:注文する

必要事項を記入し終えたら送り先住所などを選びますが、Amazonにログインしていない場合は一旦ログインしてからの注文となります。この時AmazonIDがないとここで登録になるので、事前に登録しておくと楽なのです。

すべて入力し終えたら注文内容が表示されるので間違いなければ注文確定をクリックかタップしましょう。AmazonでちゅうもんするとID登録時に指定したメールアドレスに注文内容確認のメールが届きますので、メールも確認しておきましょう。次にチャージされたことを確認するメールが届きますので、Amazonにログインして自分のアカウントを確認します。

アカウントを確認すると、ギフト券残高のところに先ほど指定したのと同じ金額が表示されていればチャージ完了です。これでauウォレットポイントの端数までアマゾンギフト券にチャージされたということです。念のためauウォレットポイントも確認いておきましょう。

Amazonギフト券に移行する手順⑥:Amazonでショッピング!

Amazonギフト券をチャージすると、Amazonでのショッピングに利用できます。端数まできっちりチャージできるので、1円も無駄にせず使い切ることができます。Amazonギフト券に残高があると、ギフト券から優先的に使われるので特に指定しなくても端数まで全部使えます。

<下に続く>

auウォレットのポイントの移行・交換方法【残高・別ID・ギフト】のまとめ

auウォレットポイントはauのサービスでしか利用できないイメージがあります。しかしイメージとは違い、他社のサービスやネットショッピングにも利用できるので、ポイントが貯まったら有効活用しない手はないでしょう。ポイントなら急いで使わなくてもそのうちに…と考えますが、auウォレットポイントには有効期限があるので無期限ではありません。

一応4年間の有効期限はありますが、それを過ぎると消滅してしまうので早めに使った方がいいでしょう。ポイントの有効期限はauIDで確認できますので、まだ使っていない人は早めに有効活用してください!

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line