みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/01/24

立教大学の各学部の特徴や偏差値、学費、就職先、評判

Large pexels photo 357271

marchの立教大学について解説!偏差値はどのくらい?

marchといえば、関東にある上位の私立大学5校の総称で、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学の英語表記の頭文字を取って名付けられています。

marchの中でも立教大学の評判はどうなっているのでしょうか。また、偏差値や学費についてや卒業生の就職状況についてご紹介します。

<下に続く>

立教大学の学部ごとの偏差値/セ試得点率と学費

null

文学部

立教大学文学部は、10学科が設置されています。哲学、歴史、詩、小説、批評など幅広く芸術や言語学、教育学にアプローチし、事象の本質を見極める力を磨く学部です。

偏差値は、62~72でセ試得点率は 80%~86% です。

学費は入学金が200,000円、授業料が792,000円で初年度納入金額が1,284,500円です。

経営学部

経営学部は、少人数クラスでのグループワークを中心とした授業を展開しており、表現力やコミュニケーション能力を磨く経営学科と英語運用力のある国際ビジネスの現場で活躍できる人材育成をめざす国際経営学科があります。

偏差値は、70~72でセ試得点率は86 %~88% です。

学費は入学金が200,000円、授業料が785,000円で初年度納入金額が1,307,500円です。

法学部

法学部は、3学科ありディベートを行う演習や模擬法廷を利用した模擬裁判を実施するなど法知識を身に付け、社会で使える法知識の習得をめざす学びに取り組んでいます。

偏差値は、68~71でセ試得点率は81 %~87% です。

学費は入学金が200,000円、授業料が785,000円で初年度納入金額が1,276,500円です。

現代心理学部

現代心理学部は、2学科あり心理学と映像身体学の2つから構成されており、フィロソフィ、サイエンス、アートの新たな融合をめざしている学部です。

偏差値は、65~72でセ試得点率は 80%~86% です。

学費は入学金が200,000円、授業料が829,000円で初年度納入金額が1,361,500円です。

異文化コミュニケーション学部

異文化コミュニケーション学部は、異文化を持つ人の相互理解を可能にするコミュニケーションについて考え、諸問題に取り組む行動力をもつ人材を育成する学部です。

偏差値は、71~73でセ試得点率は90 %~92% です。

学費は入学金が200,000円、授業料が792,000円で初年度納入金額が1,291,500円です。

理学部

理学部は、4学科あり少人数制クラスで理学分野の専門性や社会的視野、実践力を身に付けるための教育を展開している学部です。

偏差値は61~63でセ試得点率は 73%~83% です。

学費は入学金が200,000円、授業料が1,085,000円で初年度納入金額は学科によって異なり1,701,500円~1,781,500円です。

観光学部

観光学部は、2学科あり観光産業をリードする人材の育成に力を入れていれており、観光の本質に迫り体系的な視点を修得することをめざす楽部です。

偏差値は、67~70でセ試得点率は 81%~84% です。

学費は入学金が200,000円、授業料が785,000円で初年度納入金額が 1,276,000円です。

経済学部

経済学部は、3学科あり経済の観点から国や企業、人の動きを分析し、世界の姿を考察し経済社会に対応できる人材を育成する学部です。

偏差値は、68~71でセ試得点率は 84%~86% です。

学費は入学金が200,000円、授業料が785,000円で初年度納入金額が1,276,500円です。

社会学部

社会学部は、3学科あり学部共通プログラムを充実させ、問題意識の発展を促し、人が暮らしやすい社会を形成するために貢献できる人材の育成をめざす学部です。

偏差値は、68~72でセ試得点率は 82%~88% です。

学費は入学金が200,000円、授業料が785,000円で初年度納入金額が1,291,000円です。

コミュニティ福祉学部

コミュニティ福祉学部は、3学科あり社会的組織のコミュニティの形成に貢献し、社会の様々なシーンで力を発揮する人材を育成する学部です。

偏差値は、64~65でセ試得点率は81 %~85% です。

学費は入学金が200,000円、授業料が792,000円で初年度納入金額は学科によって異なり、1,287,500円~1,293,500です。

<下に続く>

立教大学の就職事情はどうなの?

marchの内の1つの大学として知名度の高い人気大学の立教大学ですが、就職状況はどのようなっているのでしょうか。立教大学は、10学部ある為卒業生の就職先も幅広いのが特徴的な大学です。

2016年度の卒業者の就職決定率は84.1%で進学決定者は4.8%、就職先未決定者が1.7%、その他が5.0%、進路不明者が4.3%となっており、理系の学部、文系の学部が存在する総合大学ならではの数字です。

就職決定率こそ84.1%とそこまで高く感じませんが、そこはやはり関東の私立上位の大学群のmarchの一角である立教大学です。就職決定者の多い企業は有名企業ばかりです。

2016年度の就職決定者の多い企業は「(株)みずほフィナンシャルグループ」、「(株)三菱東京UFJ銀行」、「(株)三井住友銀行」などのメガバンクや、「三井住友海上火災保険(株)」、「第一生命保険(株)」などの保険業。

「東京都特別区」、「国家公務員一般職(旧国家公務員2種)」、「東京都庁」などの公務員の就職も多く、幅広いジャンルの一流企業が名を連ねています。

<下に続く>

立教大学の評判は?

日本の私立大学でも知名度も学力もトップクラスの立教大学ですが、落ち着いた洗練されたオシャレな大学という評判が多いです。

落ち着いたオシャレなイメージの他には「頭が良い」、「関東難関私大」、「ブランド力がある」、「お金持ちが多そう」など学力の高さに対するイメージや洗練されているブランド力など見た目のイメージに対する評判が多いようです。

良い評判、悪い評判、様々なイメージがある立教大学ですが、変わらず受験者数が多く人気のある大学だという事がわかります。日本企業の就職では、個人の能力だけでなく出身大学の名前も評価されるので就職に強い立教大学は人気です。

観光学部や異文化コミュニケーション学部など他大学では珍しい学部も存在し、異文化コミュニケーション学部では倍率が14.2倍になるなど評判です。

立教大学で唯一の理系の学部である理学部は文系学部に比べて評価が低い傾向にあり、一般入試の倍率もすべての学部で一番低くなっています。国立大学を志望している受験生の併願先として受験される受験生が多いです。

<下に続く>

立教大学と合わせて知りたいmarch

null

marchという言葉は立教大学を受験する受験生の併願先としても人気で聞いたことのある方がほとんどです。

marchとは関東にある上位私立大学の明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学の5つの大学で構成されている大学群で、読み
方はマーチです。

全ての学部の偏差値は明治大学が58~72、青山学院が58~72、立教大学が61~73、中央大学が58~74、法政大学が55~72で偏差値や一般的な知名度が近いことからまとめられている総称です。

明治大学は通称、明大と呼ばれており、学力が高い他にスポーツの強豪として知られています。

青山学院大学は通称、青学と呼ばれており、立教同様オシャレなイメージを持たれる他、近年では箱根駅伝でも有名です。

中央大学は通称、中大と呼ばれており、中央大学といえば法学部と言われるほどで大学内偏差値も一番高いです。

法政大学は通称、法大と呼ばれており、パイロット養成コースなど全国でも少ない学科が存在しています。

近年では、レベルの近い学習院大学も含め、gmarchと呼ぶ人もいます。

MARCHとは?偏差値・就職事情や早慶・関関同立との比較関東の難関私大MARCHとは? 日本を代表する名門私大としては、まず早慶(早稲田、慶應)が挙げ...

<下に続く>

立教大学と慶応大学の差はどのくらい?偏差値は?

立教大学は偏差値だけでなく知名度も高く有名ですが、慶応大学と併願する受験生も多いのです。では、立教大学と慶應大学にどのくらいの差があるのでしょうか。

偏差値で比較すると、立教大学が61~73で慶応大学が62~78となっているので、すべての学部の最も高い偏差値で上回っている慶応大学の方がレベルは高いと言えるでしょう。

立教大学のすべての学部の中で最も偏差値の高い共通の学部は、文学部で偏差値は72です。対する慶応大学の文学部の偏差値は74で同一学部の偏差値でも慶応大学が上回っています。

一般入試における倍率では、立教大学が4.4倍、慶応大学が4.2倍で立教大学が慶応大学を上回っています。慶応大学を受験する受験生の中には慶応大学の併願先に立教大学を含めたmarchを受験する方も多くいます。

慶応大学の学部別の特徴や偏差値、学費、就職先、評判!早慶上智の慶応大学について解説!偏差値はどのくらい? 皆さんは、慶應義塾大と聞けばどのようなイ...

<下に続く>

立教大学と青山学院大学は同じランク・偏差値?

null

立教大学と同じ学群であるmarchに属している青山学院大学と比較した場合、ランクはどのようになるのでしょうか。

偏差値など学力的な面だけで見ると、ほぼ差はなく両大学は同じランクだと言えるでしょう。

一般入試の倍率で比べてみると、2017年度の文学部の倍率が立教大学が4.4倍、青山学院大学が5.2倍になっていて、倍率では青山学院大学が上回っています。

人気面で見てみると、入試倍率を見てわかるように青山学院大学の方が人気が高いようです。しかし、入試方式や入試科目、科目数が異なっているため正確な数値は不明です。

受験生の志望する学部によって評価は分かれるようですが、両大学のランクはかなり近く併願先として両大学を受験する受験生も多いです。

青山学院大学の各学部の特徴や偏差値、学費、就職、評判!MARCHの青山学院大学について解説!偏差値はどのくらい? 青学の愛称でお馴染みの青山学院大学...

<下に続く>

立教大学の各学部の特徴や偏差値、学費、就職先、評判のまとめ

立教大学は私立大学の中でも上位に位置しているレベルの高い大学です。学部数も多く、学生を求める企業からの需要も年々高くなっています。

立教大学の学部の中でも異文化コミュニケーション学部は偏差値も倍率も高く人気の学部で入るのが困難ですが、その分レベルの高い学生が多いです。

知名度も他大学と比べても劣らない大学で高学歴と言える大学です。キャンパスは歴史を感じることのできる池袋キャンパスと、広大な敷地と設備のある新座キャンパスがあり活気のあるキャンパスで学生生活を送ることができる大学です。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line