みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

無職でも確定申告は必要?メリットや期限、住民税のことも解説

Large photo 1468779036391 52341f60b55d
目次

無職の場合の確定申告

確定申告は誰もが必要なものという認識はあるかと思いますが、企業で働いている人のほとんどが企業でおこなってくれているため、あまり確定申告についてはなじみがないものでしょう。しかし、無職になった時確定申告はどうすればいいのかと焦る人もいるかもしれません。無職の人が確定申告しないとどうなるのでしょうか。また、無職の場合確定申告の際に住民税はどうなるのか、またいつまでに確定申告をすればよいのかなど分からないこともたくさんあるでしょう。今回は無職の人が確定申告をする事についてくわしく解説します。

<下に続く>

無職の場合も確定申告が必要?

null

無職になって、確定申告は自分には必要がないと思う人も多いかもしれません。しかし、確定申告というのはほとんどの人が必要となるものです。確定申告をする前年の所得の金額で確定申告が必要となるかどうかが変わってきます。その金額が20万円以下であれば、確定申告は必要ないものとなります。前年はずっと無色で収入がゼロであったという人には確定申告の必要はないものとなります。

しかし、年の途中で退職して無職になった人や、少なからずアルバイトで収入をえていたという人は、確定申告は必要なものとなるでしょう。しかし無職であっても収入なし、という確定申告をすることで住民税や国民健康保険の減免をしてもらえることがあります。もし確定申告をしないのであれば住民税の申告はしなければいけませんので、しておきましょう。確定申告は税務署で行いますが、住民税の申告は各市町村でおこなうため注意しましょう。

<下に続く>

無職で確定申告するメリット

収入なし、という深刻をしておくことで税金の減免をしてもらうための証明ができることになりますが、それも確定申告をするうえでの大きなメリットとなるでしょう。また、前年に20万円以上の所得がある人は、確定申告はしなければいけないものですし、大きなメリットがあるといえます。

なぜかというと、前年会社で働いていた人は、見込み額で所得税がひかれています。しかし退職したことで、その税金は払いすぎとなるでしょう。そして確定申告をおこなう時に、還付申告ということで、計算しなおされ払いすぎた税金が返ってくることになるのです。

他にも控除がある人などは、返ってくる税金の金額が大きくなることでしょう。もしも確定申告をしないと、その人の所得がわからない為、国民健康保険料の計算ができず、無申告者用の保険料で請求されることになります。

収入なしと申告、もしくは住民税の申告をした方が、保険料が安くなることでしょうから、確定申告は無職の人でもおこなうことで大きなメリットとなるのです。また、住民税の申告は確定申告をおこなっていればしなくてよいというのもメリットといえるかもしれません。

<下に続く>

無職で確定申告する時期は?いつまで?

確定申告の期間が、毎年2月16日から3月15日までの間と定められています。税務署の窓口で受け付けてくれますし、その期間であれば時間外でも提出することができます。またその期間の税務署はかなり混雑しており、忙しい人向けに郵送できる方法やインターネットで申告できる方法もありますので、税務署にいけないからしないでおこう、と思ってはいけません。また、住民税の申告だけをするという人は区役所や市役所で、3月15日までとなっています。

書類の不備などがあることも考えると、ぎりぎりの期限ではなく、余裕をもって訪れるようにした方がよいでしょう。もしその期間におこなわなければ期限後申告ができますが、期限内の申告とは違いデメリットがありますので、期限内に必ず提出できるようにしておきましょう。期限後申告ができるんだ、と思って期限内に支払わないことでより多くの税金を支払わないといけなくなる事があります。期限後申告については後でくわしく説明します。

<下に続く>

無職の場合の確定申告に必要な書類や準備

null

メリットがあるなら確定申告をしよう!と思っても、何が必要か分からず困る人も多いでしょう。必要な書類は確定申告書、そして申告の内容によっては給与所得などの源泉徴収票の原本、医療費の領収書などが必要となってきます。色々な控除などが関わってきており、何が自分には必要かわからない、という人は国税庁のホームページを見ると、こんな時には何が必要か、という事がくわしく掲載されていますので、みてみると良いでしょう。

また所得税や復興特別所得税、消費税、贈与税の申告書や青色申告決算書などは、「確定申告書等作成コーナー」で作成することもできます。これは、インターネット上で入力するだけで、税額を自動的に計算してくれるとても便利なものです。ここで作成した申告書等はe-Taxで送信するか、印刷するかで提出することができます。忙しい時期の税務署で時間がかかる中おこなうよりも、自宅で落ち着いてできることは嬉しいことでしょう。またマイナンバーの記載、本人確認書類は必要となってきますので、忘れないようにしましょう。

配偶者などの控除がある時はその対象者のマイナンバーも必要となります。自宅で先に申告書をインターネットで作成すれば、直接税務署で記入するよりも不備書類がない状態で作成できるでしょう。また必要書類がある場合はアナウンスをしてくれますので、まずは国税庁のホームページをみてみることをおすすめします。

<下に続く>

無職の場合の確定申告の手順と書き方

手順にかんしてですが、まず提出方法が3つあることを知っておくとよいでしょう。ひとつは、管轄の税務署に確定申告書を直接提出する方法です。その場で、手書きで作成することもできますが、前もってインターネットで事前に作成しておくことができますので、その方が、手続きがスムーズにすむでしょう。直接行くメリットは、係員に相談することができる点でしょう。しかし、そういった人がたくさんその時期に訪れるため、待ち時間がかかる可能性を十分に考慮して訪れるようにしましょう。

そして2つめの方法は、管轄の税務署に郵送する方法です。でむく時間がなく郵送でする人も多く、また控えを郵送で返却してもらうこともできます。返却してほしい人は、郵送する際に切手を貼った返信用封筒を一緒に入れておきましょう。また3つめが、をつかって、インターネットから申告する方法です。利用登録することと、電子証明書を取得する事が必要ですが、簡単に確定申告がおこなえるため、最近はこちらを利用する人が増えています。ちなみに還付を受ける時も、e-Taxを使う事は一番早く処理されるため、やはりとても便利なものであるといえるでしょう。

もしも直接いく場合は、基本的に月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時までが税務署の開庁次官となっています。しかし、申告期間中はさまざまな人が訪れるため、日曜日や時間外に確定申告の相談や申告書の提出ができる場合もあります。申告する税務署の開庁時間については前もって調べておくと安心でしょう。どちらにしても、やはり余裕をもってしておかなければ期限ぎりぎりに焦ることとなるかもしれません。

また、e-Taxの場合、確定申告期間中は24時間いつでも提出できるため、特に忙しい人はこちらが一番便利といえるかもしれません。確定申告の期間は決まっているものの、やはり忙しい人は後回しになりますし、時間外申告ができることを知らなければ焦るものでしょう。しかし、忙しい人のことを考えた便利なサービスがありますので、確定申告の期間がせまってきて焦って調べるのではなく、前もって知っておき、準備をしておくことで安心して確定申告ができることでしょう。

<下に続く>

無職で確定申告をしないとどうなる?住民税は?

確定申告をしないと、保険料などの税金が高くなる可能性が考えられるでしょう。減免措置などをうけられない可能性もあり、金銭的なデメリットが考えられます。しかし住民税でも申告できるという事は先ほどお伝えしましたが、所得が20万円以上ある人に確定申告は義務となります。損をするだけではなく、脱税となることもありますので、面倒だからといって確定申告をしない、というのはいけません。

今は無職なので必要ない、と思っている人もいるかもしれませんが、様々なことを考えて、確定申告をしておいた方が、メリットがあるという事を知っておきましょう。確定申告をおこなわないことで、無申告加算税が発生することもありますし、延滞税が発生する事もあります。また故意に申告書を提出しないことは「ほ脱」といい、重大な犯罪行為となります。

「5年以下の懲役」や「500万円以下の罰金」などが科されることもあります。ちなみにこの法律は所得税だけではなく、贈与税や相続税などにも適用されますので注意しましょう。確定申告をおこなわないことはデメリットしかないと考えた方がよいでしょう。

<下に続く>

無職で確定申告を忘れた場合は?

null

確定申告をする気はあったものの、うっかり忘れていたという事もあるでしょう。どうすればいいのか、焦るかもしれませんが、まず確定申告を忘れた事に気づいたらできる限り早く申告をしましょう。期限後申告として受け付けられます。期限後申告によって無申告加算税が課されることがあるため、やはり確定申告は忘れないようにしなければいけないものなのです。

税務署の調査で無申告加算税が課された場合は、納付すべき税額に対して、50万円までは15%、50万円を超える部分は20%で計算されるのですが、自主的に申告をした場合は、5%の割合で計算されます。そう考えるとやはり、確定申告をしないことは脱税行為ですし、それは悪気がなかったとはいえ変わる事ではありません。気づいたらすぎに申告をするようにした方が、結果的に自分が払う金額も少なくなりますので、きちんと確定申告を行うようにしましょう。

<下に続く>

無職でも確定申告は必要?メリットや期限、住民税のことも解説のまとめ

確定申告は決して難しいものではないのですが、普段使わないような言葉などがでてくるため、嫌だなと思う人もいるかもしれません。また、無職となり始めて確定申告をおこなうという人は何もかもがわからず焦ることでしょう。しかし、昔に比べて確定申告に便利なサービスやソフトもたくさんでていますし、国税庁でも確定申告がスムーズにいくようにホームページや問い合わせ電話サービスなどたくさんのサービスをおこなっています。

自分で事業をしている人などはまた別かもしれませんが、無職の確定申告については意外とやってみると簡単なものです。無職であっても所得があればおこなうことは義務ですし、また還付金などもメリットも考えられます。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line