みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/01/28

事業部長とは?事業部長の役割や年収、必要なスキル

Large hunters race 408744 iloveimg compressed

事業部長とは?

会社では役職ごとに必要になってくるスキルや役割は様々なのですが、今回は事業部長にスポットを当てて詳しく見ていきたいと思います。

事業部長の役割はどのようなもので年収はどれくらいなのか、そして必要になってくるスキルは何なのかといったことを見ていきましょう。

<下に続く>

事業部長の役割や業務

null

役割や業務① 事業部の戦略や方針を決定する

事業部長はその名の通り事業部をまとめる長なので、会議などによって提案された事業部内の戦略や方針を決定しなければなりません。

事業部長は最終的に事業部内の戦略や方針を決定する権限があり、事業部内の社員は事業部長によって決定された戦略や方針に従って業務を進めていきます。

なので事業部長が戦略や方針を決定しなければ事業部内の指針がはっきりせず、事業自体がうまくいかなくなってしまうこともあるなど戦略や方針の決定はとても重要な業務となっています。

役割や業務② 経費や利益の管理

事業部長は「小さな会社の社長」と言われるくらい多くの権限があたえられる場合が多いので、売り上げや経費を管理しさらには目標の利益を達成させるためにあらゆる手段を用いなくてはいけません。

大企業になると一つの事業部だけで中小企業並みの規模を誇り、売り上げや経費そして利益の管理がかなり大きな金額になる場合があります。

なので一つの事業部を任されている事業部長という立場は会社の命運を左右するといっても過言ではないくらいの責任を負っている場合があり、事業部の利益額によっては会社が危機に立たされてしまうこともあるようです。

役割や業務③人材や資金の調達

事業部長は目標の売り上げを達成させるための必要な人材や資金の調達も重要な業務となっており、特に資金の調達は不可欠なものとなってきます。

人材の確保は事業部に配属されている現状の社員で足りない場合は社内の人事等と交渉して人材の確保をしなくてはならないのですが、優秀な人材は他の事業部との競合となる可能性が高いので優秀な人材を確保することも事業部長の大切な業務の内の一つとなっています。

事業部に割り当てられている資金や人材で目標が達成できる場合は良いのですが、必要な時に必要な人材そして資金を調達することは事業部長にあたえられた役割になります。

役割や業務④他の事業部との連携

会社内に存在する事業部は一つとは限りませんし、他の事業部と連携を取ることで目標がより達成しやすくなる場合があるので必要ならば他の事業部と連携を取ることも事業部長の役割です。

他の事業部と円滑に連携をするためには他の事業部長と積極的にコミュニケーションをとり業務の日程等を連携し、必要な時には他の事業部と共同で業務を進められるように手配することが必要です。

事業部長には必要な時に他の事業部との連携をとり業務の日程等の連携を取らなくてはならないですし、そのためには他の事業部長と積極的なコミュニケーションを取るのも必要となってきます。

役割や業務⑤事業部内の環境づくり

事業部内の雰囲気を良くし仕事のしやすい環境をつくっていくのも事業部長の重要な役割となっており、環境を良くすることにより事業部内の社員のモチベーションを上げ業務の効率を上げることはとても大切です。

困っていることがあるならば相談しやすい環境をつくり業務を円滑に進めるために必要ならば厳しく叱ることも重要となってくるため、事業部長は事業部内の雰囲気を敏感に感じる必要があります。

事業部内の雰囲気を良くすることにより会社内全体の雰囲気が良くなり結果的に会社全体にプラスになることがあるので、事業部内だけでなく会社全体のためにも事業部内の環境づくりは事業部長の重要な役割となっています。

役割や業務⑥人材の育成

先ほど必要とあるならば人材の調達を人事と交渉するのも事業部長の大切な業務と言っていたのですが、優秀な人材が必ずしも確保できるとは限りません。

むしろ優秀な人材は他の事業部と競合してしまうので時には優秀な人材を事業部内で育成し、そしてより効率的に業務を行い目標を達成させる必要があります。

人材を育成するために事業部内での教育を管理することで優秀な人材を育成しやすい環境をつくることで、事業部ないだけでなく会社全体にもプラスになるためとても人材の育成は会社全体にとっても重要です。

役割や業務⑦事業部内の現状を上層部へ報告

事業部長は事業部内では長としてすべてを任されていますが会社全体の長は社長となっているため、社長が会社内の現状を把握しやすくするためにも事業部内の現状を必要な時に上層部に報告しなければなりません。

上層部へ報告するために事業部内の現状を事業部長が把握しておく必要があり、そしてその現状を解りやすく端的に上層部へ報告しなければなりません。

なので事業部内の現状を把握しておくためにも部下とのコミュニケーションを積極的にとり、必要ならば事業部内で会議を開き現状を把握するために必要な手段を取らなければなりません。

<下に続く>

事業部長に求められるスキル

null

スキル① 経営力

事業部長は「小さな会社の社長」といわれるくらい権限が多く与えられており、一つの事業部を経営していくだけのスキルが必要とされています。

特に資金の管理や人材の管理など判断を誤れば会社全体にも大きな損害を与えてしまう可能性があるため、事業部長はしっかりとした経営力を持ちそして日々経営力を向上させなければなりません。

事業部長がしっかりとした経営力のスキルを持つことにより、会社の上層部もそして社長も会社全体の経営をしやすくなるため事業部長の経営力のスキルは会社全体にとっても重要となってきます。

スキル②リーダーシップ

事業部長は事業部全体の方針や戦略を決定する権限をもっており、事業部全体の目標を達成させるために部下のモチベーションを向上させ業務をより効率的にする必要があります。

なので事業部長がリーダーシップを発揮し事業部内の方針や戦略を部下に徹底させ、部下のモチベーションを挙げるために手段を講じなくてはなりません。

そのためには事業部長のリーダーシップが必要不可欠となり、必然的に事業部長はリーダーシップのスキルが必要と言えるでしょう。

事業部長にリーダーシップがない場合部下のモチベーションが上がらず目標が達成できないだけでなく、優秀な人材が他の事業部に流出してしまうことにもなってしまいます。

スキル③交渉力

事業部長は必要な時に資金や人材を調達しなければならず、必要な資金と人材を確保するための交渉力は事業部長にはとても大切なすきるとなっています。

事業部長の交渉力が必要な資金や人材を確保し事業部の目標を達成させるための近道になることがあるため、事業部長の交渉力が大きな影響を与えるといっても過言ではないでしょう。

目標達成のために必要な時には他の事業部と交渉し協力を得なければならない時があるため、他の事業部との円滑な連携をとるためにも事業部長の交渉力は必要です。

スキル④コミュニケーション力

事業部長が部下や上層部そして他の事業部と積極的なコミュニケーションをとることにより、より効率的に事業部内の業務を進めることができます。

部下と積極的なコミュニケーションを取ることで部下のモチベーションアップや事業部内の現状をより把握しやすいものにすることができます。

あと他の事業部と積極的なコミュニケーションを取ることで情報交換を円滑なものにし、いざというときに他の事業部の協力を得やすい環境にすることができます。

なので事業部長のコミュニケーション力が事業部内だけでなく、会社全体が良い方向に進んでいくためには必要となる場合があります。

<下に続く>

事業部長の平均年収や年齢

null

事業部長になる人の平均年齢は50代前半となっているようです。というのも事業部長というのは多くの部下を持ち会社に大きな影響をあたえることからも経験が必要とされる役職で、必要な能力も多く入社から30年近く経ってからなる人が多いようです。

事業部長になるための条件は企業によって様々ですが、一般的な企業だとかなりの経験を必要とされみんなに認められるだけの実績を上げてきた人が事業部長という役職に就任できるようです。

なので事業部長として必要な経験や能力そして認められるだけの実績を上げるには平均で入社から約30年必要ともいえるので、事業部長に就任するためのハードルはかなり高いと言えるでしょう。

そして事業部長の平均年収ですが事業部長はなるためのハードルが高い分年収もかなり高くなっており平均で1000万円以上となっており、日本全体で年収が1000万円以上ある人は全体の4パーセント程と言われているのでかなり高収入と言えます。

事業部長はなるためのハードルは非常に高いですが事業部長の平均年収は非常に高くなっており、事業部長になるために必要な努力や時間に見合っただけの収入が得られるといえるでしょう。

年収1000万円の手取りや仕事・職業、生活レベル、結婚や税金対策年収1000万円の生活について解説 年収1000万というと裕福なイメージがありますよね。
実際...

<下に続く>

事業部長とは?事業部長の役割や年収、必要なスキルのまとめ

事業部長は会社の命運を左右するだけの権限があたえられているので、事業部長に就任するための必要な経験やスキルは非常に多く事業部長になるためのハードルはとても高いと言えます。

しかし事業部長の平均年収は1000万円を超えているので事業部長に就任するために必要な努力やあたえられている権限を考えてもその労力に見合うだけの収入を得られるといっても良いでしょう。

専務や常務そして社長へと更に出世していくためには事業部長としても実績を上げなくてはなりません。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line