みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/01/27

千葉大学の各学部の特徴や偏差値、学費、就職先、評判

Large people coffee notes tea

金岡千広の千葉大学について解説!偏差値はどのくらい?

千葉大学は、地方都市に所在している上位国立大学の大学群である、総称、金岡千広に属している大学でご存知の方も多いでしょう。

大学の名前は知っていても実際に、どのような学部が設置されているのか、学費はどのくらいの費用が掛かるのか、他の大学と比較して就職はどうなっているのか、評判はどうなっているのかなど気になる千葉大学をご紹介します。

<下に続く>

千葉大学の学部ごとの偏差値と学費

国際教養学部

国際教養学部は、国際教養学科の1学科があり、卒業までに一回以上の留学が必須になっています。総合大学の強みを生かした文理混合教育で、課題を認識し解決能力を育む課題解決教育を実践し、議題解決に役立つ力を身に付ける学部です。

法文学部の偏差値は63です。

学費は入学金が282,000円、授業料が535,800円、初年度納入金が817,800円になっています。

文学部

文学部は、人文学科の1学科と行動科学、歴史学、日本・ユーラシア文化、国際言語文化学の4コースがあり、少人数制のゼミ4コース12専修で深い専門性を究めており、多くの学生が留学を実現し海外の大学との盛んな国際交流のある学部です。

文学部の偏差値は専攻コースによって異なりますが学部全体の偏差値は61~64です。

学費は入学金が282,000円、授業料が535,800円、初年度納入金が817,800円になっています。

法政経学部

法政経学部は、法政経学科の1学科があり、専門分野を深め、法学、政治学、経営学、経済学の垣根を越え総合的に学び、国際化や情報化社会に対応できる力を養い多角的な視点や考え方を身に付ける学部です。

法政経学部の学部全体の偏差値は64~67です。

学費は入学金が282,000円、授業料が535,800円、初年度納入金が817,800円になっています。

教育学部

教育学部は、小学校教員養成課程12専修と中学校教員養成課程10専修、特別支援教育教員養成課程、幼稚園教員養成課程、養護教諭養成課程があります。

現役教師や教育現場を熟知する経験者が学生を指導し、1年次から4年次まで教育実習を実施しており、現場で実践を重ね教師としての実力を養う学部です。

教育学部の偏差値は養成課程によって異なりますが学部全体の偏差値は48~57です。

学費は入学金が282,000円、授業料が535,800円、初年度納入金が817,800円になっています。

理学部

理学部は、数学・情報数理学科、物理学科、化学科、生物学科、地球科学科の5学科があり、1~2年で理学の基礎を学び、自分に合った専門分野を探し、社会のあらゆる分野で通用する力を身に付け、理学を応用する者としてふさわしい高い倫理観を養い探究する学部です。

理学部の偏差値は学科によって異なりますが学部全体の偏差値は59~64です。

学費は入学金が282,000円、授業料が535,800円、初年度納入金が817,800円になっています。

工学部

工学部は、総合工学科に建築学、都市環境システム、デザイン、機械工学、医工学、電気電子工学、物質科学、共生応用化学、情報工学の日本の産業と将来を支える多様9つのコースがあります。

英語力強化に力をいれたカリキュラムや本全国の地域と連携した共同事業を実施し地元に根ざした研究活動を展開している学部です。

工学部の偏差値は専攻コースによって異なりますが学部全体の偏差値は59~64です。

学費は入学金が282,000円、授業料が535,800円、初年度納入金が817,800円になっています。

園芸学部

園芸学部は、園芸学科、応用生命化学科、緑地環境学科、食料資源経済学科の4学科があります。国立大学で唯一の園芸学部で100年以上の歴史があり、少人数体制の教育プログラムで課題を設定し、解決する柔軟な能力を養成する学部です。

園芸学部の偏差値は学科によって異なりますが学部全体の偏差値は59~61です。

学費は入学金が282,000円、授業料が535,800円、初年度納入金が817,800円になっています。

医学部

医学部は、医学科の1学科があります。必要な能力を6年間で段階的に向上させる、学習成果基盤型教育を導入し、臨床医だけでなく、医学の発展や教育に貢献できる基礎研究分野の専門家を育成する学部です。

医学部の学部全体の偏差値は70~73です。

学費は入学金が282,000円、授業料が535,800円、初年度納入金が817,800円になっています。

薬学部

薬学部は、薬学科、薬科学科の2学科あります。1年次から薬学・医学・看護の学生でチームを組み実習に取り組み論理的な思考を鍛えます。

3年進級時に4年制の薬科学科か6年制の薬学科を選択し、高度な薬剤師及び創薬・生命科学の研究者を養成する学部です。

薬学部の偏差値は学科によって異なりますが学部全体の偏差値は65~67です。

学費は入学金が282,000円、授業料が535,800円、初年度納入金が817,800円になっています。

看護学部

看護学部は、看護学科の1学科があります。国立大学唯一の看護学部で大学院で各分野の専門性を究めることも可能で、医療や保健の分野に限らず他の専門職を理解し、連携する力を身に付ける学部です。

看護学部の学部全体の偏差値は59です。

学費は入学金が282,000円、授業料が535,800円、初年度納入金が817,800円になっています。

ご紹介しました偏差値は2017年度発表のものを参考にしています。

<下に続く>

千葉大学の就職事情はどうなの?

null

地方都市にある上位国立大学である、千葉大学の就職状況はどうなっているのでしょうか。千葉大学の平成28年度卒業生の主な就職先としては、学校教諭、官公庁、製造業、情報通信業、金融業などが中心になっており就職に強い大学です。

学部別に一番多い業種を見ていくと、文学部は情報通信業が24.5%、法学部は金融業、保険業が30.0%、教育学部は製造業17.3%、理学部は情報通信業32.6%、工学部は製造業が40.4%、園芸学部は製造業22.0%が学部別で多い就職先です。

また、4年制の薬学部や園芸学部、理学部、工学部の理系の学部では、大学院への進学率が高くなっており、4年制薬学部では93.6%、工学部では71%が大学院へ進学しています。

主な就職先としては、「キヤノン」、「日立製作所」などの製造業、「ANA」、「JR東日本」などの運輸業、「セブンイレブン・ジャパン」などの卸売小売業、「みずほフィナンシャルグループ」、「三井住友銀行」などの金融業など幅広い業種の一流企業が目立ちます。

千葉大学が就職に強い理由としては、上位国立大学で総合大学で優秀な学生が多いことも理由の1つとされています。

<下に続く>

千葉大学の評判は?

千葉大学の評判はどうなっているのでしょうか。上位とはいえ地方の国立大学なので一見地味な印象を持たれる方が多く過小評価されている大学ですが、評判はかなり良い大学です。

地方国立大学の中でも上位にあたる位置にある千葉大学は有名な大学群であるMARCHと同レベルや学部によってはMARCH以上のレベルとも言われています。

首都圏では数少ない総合大学で、特に理系学部は強く評判がよく、設備が整っているので突き詰めて研究する学生から、教員を目指す学生など様々な目標を持った学生が多く存在しており、就職に強い要因になっていて評判がいいです。

派手さはないが、穏やかで自由度の高い大学と評判で、個性豊かな教員の中で自ら進んで取り組む自主性が強化され真面目に勉強でき、専門知識が高められる環境にある大学で在学している学生からも評価されています。

<下に続く>

千葉大学と合わせて知りたい金岡千広

null

日本の地方国立大学の中で比較的上位に位置し、入試難易度が高いとされている大学群が金岡千広(かねおかちひろ)と呼ばれており、金=金沢大学、岡=岡山大学、千=千葉大学、広=広島大学の4つの大学を指しています。

1949年に設置された金沢大学は、学域という形で人間社会学域、理工学域、医薬保健学域の3学域があり、それぞれに学科、コースがあります。特色としては主専攻と副専攻を横断的に学び、柔軟な発想力と応用力を鍛える大学で、偏差値は56~69です。

1949年に設置された岡山大学は、11の学部、2つの夜間主コースが設置されている大規模な大学で、特色は時代をリードする行動力と、生涯にわたる自己実現力を養う大学で、偏差値は51~69です。

1949年に設置された広島大学は、12の学部と2つの夜間主コースが設置されている大規模な大学で、特色は独自の教育システムにより目標以上の能力を身に付ける大学で、偏差値は48~70です。

比較的偏差値が近く入試難易度の高い4つの大学はまとめて金岡千広と呼ばれており、10段階の大学難易度では、レベル6に位置しています。

金岡千広の偏差値や就職先!早慶・march・関関同立との差は?上位国立大学、金岡千広とは? 金岡千広とは地方都市にある上位国立総合大学の総称です。具体的には...

<下に続く>

千葉大学と横浜国立大学の差はどのくらい?偏差値の差は?

null

神奈川県にある横浜国立大学は千葉大学と同じく国立大学です。横浜国立大学には、教育学部、経済学部、経営学部、都市科学部、理工学部の5つの学部がありますが、千葉大学と比較するとどの位の差があるのでしょうか。

大学全体での偏差値で比較すると、千葉大学が48~73、横浜国立大学が53~68になっており、最も低い学部と高い学部は共に千葉大学です。

千葉大学と横浜国立大学の偏差値に差が出てしまった要因としては、横浜国立大学には、国立大では偏差値の高いとされている理系学部が2学部、反対に千葉大学には、医学部を含め理系学部が6学部あることが要因で差が生まれています。

入試倍率を唯一の共通学部である教育学部の2017年度一般入試の倍率で比較してみると、千葉大学が2.4倍、横浜国立大学が2.0倍と入試倍率は千葉大学が高いことがわかります。

結論として、倍率を見て入試の難易度については両大学にほとんど差ははないことが分かり、偏差値に関しては、医学部など医療系の学部が多く理系に強い千葉大学が上回っています。

<下に続く>

千葉大学と金沢大学は同じランク・偏差値?

千葉大学と同じランクに位置する大学群である、金岡千広に属している金沢大学は千葉大学と比較すると偏差値やランクはどうなるのでしょうか。

前述したとおり、千葉大学は関東では数少ない総合大学で、特に医学部を含む医療系学部や理系学部の偏差値が高くなっており理系が強いという特色のある大学です。

一方の岡山大学も、総合大学で理系のの学部は理学、薬学、農学、医学、歯学、工学、環境理工学というように引けを取らない理系学部が並び千葉大学と非常に似ているように感じるでしょう。

千葉大学全体の偏差値は48~73、岡山大学全体の偏差値は51~69とかなり近い偏差値で推移しており、医学部医学科の入試倍率では、千葉大学が6.2倍、岡山大学が3.0倍と2倍以上差をつけて千葉大学が上回っています。

総合大学で学部も多く似ているという事から総合的に見ても両大学はかなり近いランクに位置していると言えるでしょう。

<下に続く>

千葉大学の各学部の特徴や偏差値、学費、就職先、評判のまとめ

この記事では、千葉大学に設置されている10学部の特徴や特色について、官公庁や教職員、大企業などへの就職状況が良いという事、千葉大学は他のレベルの近い大学と比較しても高いレベルにあり、理系が強いという事などをご紹介していきました。

派手さはないものの、優秀な学生が自由な雰囲気の中で真面目に集中した環境で少数教育を受けるという事も千葉大学の大きなメリットです。

キャンパスは、多くの学部や附属施設が集中するメインの西千葉キャンパス、医療系の3学部と関連センターがある亥鼻キャンパス、松戸市近くの緑豊かな松戸キャンパスには、園芸学部とその研究施設が設置され、実習 施設のある柏の葉キャンパスがあります。

いずれのキャンパスも緑に囲まれた落ち着いた雰囲気と充実した設備で実りのある学生生活を送ることができます。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line