みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

空港や旅先で便利!スカイトラベラーカードの特徴や保険内容・評判

クレジットカードを作成する際、ポイントの貯めやすさ、マイルへ交換できるか、ポイント提携先が多いか、どんな特典があるかなどいろいろ考えると思います。ポイント・マイルの貯めやすさ、飛行機をよく利用するという方におすすめのカード、スカイトラベラーカードをご存知ですか?

今回かこのスカイトラベラーカードの魅力をご紹介します。

Large account bank blur 164501

スカイトラベラーとは?

最近ではいろいろなクレジットカードがあり、どのカードを取得しようか悩んでしまいますよね。

マイルの貯めやすさといっても、クレジットカードの利用で貯めたり、飛行機を利用して貯めるなど方法はさまざまです。

そんな数あるクレジットカードの中でも、旅行や出張の際に飛行機をよく利用する方におすすめ、旅行に特化したアメリカンエクスプレスブランドのスカイトラベラーカードをご紹介します。

スカイトラベラーカードの基本情報、審査から取得までの流れ、さまざまな特典から、このカードの評判までを紹介します。

また、こちらのカードにはプレミアムカードというワンランク上のカードも用意されていますので、その違いについてもまとめてます。

<下に続く>

スカイトラベラーカードの基本情報と特徴

スカイトラベラーカードの情報を調べる人

初めに、スカイトラベラーカードの基本情報と特徴についてご紹介します。

カードの基本情報

年会費:1万円+税
年会費は他のゴールドカード並みですが、アメリカンエクスプレスブランドと考えると安い方の分類ですね。

家族カードは、本会員の配偶者、両親、18歳以上の子供であれば作成することができます。
こちらの年会費は5,000円+税です。

さらにETCカードについても付帯することができます。
発行手数料が850円+税がかかりますが、年会費はかかってきません。

なんとこのETCカードが1人5枚まで発行することができるんです。
自家用車をたくさん持っている方、自家用車と仕事用とで車をわけている方などにはありがたいですね。

ポイント還元率

通常のポイントは0.4%~とちょっと低めの設定になっていますが、スカイトラベラー3倍ボーナスポイント制度があり、この制度を活用することで効率よく貯めることができます。

対象航空会社の航空券の購入や、日本旅行の指定商品を購入する際にこのカードで支払えば、100円につき3ポイントが付与されます。

なお、この日本旅行の指定商品には、対象の航空券の他にパッケージツアー、ホテル、JRやバスのチケット購入も含まれていますので、海外旅行などのフライトに限らず、普通の出張などの際のチケット購入などの際にもお得にポイントを貯めることができます。

スカイトラベラーカードの特徴

最大の特徴は、せっかく貯めたポイントも一定期間で失効するカードが多い中、こちらのカードは無期限でポイントを貯めることができます。

有効期限を気にすることなく、貯まったポイントをマイルに交換できるのはうれしいですね。

スカイトラベラーカードの特徴を以下にまとめました。

  1. 無期限でポイントが貯まる
  2. クレジットカードの使用で100円=1ポイント貯まる
  3. 対象の航空会社のチケットをカード払いすると。100円=3ポイントも貯まる
  4. 入会時にはボーナスポイントとして3000ポイントがもらえる
  5. 貯まったポイントは1ポイント=1マイルに交換可能
  6. ETCカードが最大5枚まで発行可能
  7. 海外旅行傷害保険が最大3,000万円、国内旅行傷害保険が最大2,000万円
  8. 海外の場合は疾病治療、携行品損害、賠償責任、救援者費用も補償
  9. 航空便遅延費用補償やショッピング保険、インターネット上不正利用も補償
  10. 空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能
<下に続く>

ポイント制度改悪との声も?スカイトラベラーカードの評判

驚いている人

スカイトラベラーカードの口コミから、評判を読み取っていきたいと思います。

評価としては分かれていますが、入会から短期で最大8,000ポイントをもらえるというところにはいずれも高評価です。

ただし、普通のカードは年会費10,000円ですが、プレミアムになると35,000円と一気に年会費が上がっていることに評価がマイナスになっています。

しかし、なんと2017年4月からマイルの交換率が変更になっているので、そこについて紹介したいと思います。

マイルの還元率の変更

2017年4月よりリワードポイントからマイルへの交換率が変更になっています。

変更前:1ポイント → 1マイル
変更後:1ポイント → 0.8マイル

今までは100円で1ポイント=1マイルでわかりやすかったのが、2017年4月以降で、100円で1ポイント=0.8マイルになっています。

また交換単位も変更されており、今までは1000マイル単位での交換だったのが、1250ポイント単位での交換になっています。

今までリワードポイントでマイルを貯めていた人にとっては、かなりの痛手になっているのではないでしょうか。

このカードの強みは、ポイントの有効期限がないこと、航空会社15社と提携しており、利用した分だけ好きな航空会社に移行できたことではないでしょうか。

しかし、マイルへの交換率が減ったことで、より多くのリワードポイントを貯めなくてならなくなったため、航空会社がそれぞれで発行するクレジットカードの方が圧倒的に有利になってしまいました。

マイルの交換率はANAだけ変更なし!

唯一ANAのマイル交換だけが変更なしで、ANAマイレージに1ポント=1マイルで交換可能です。

しかも交換単位も変わらず1000ポイントのままとなってます。

ANAだけが従来通りの還元率だとしても、このスカイトラベラーカードで貯めたポイントをわざわざANAのマイレージに交換するぐらいなら、最初からANAのクレジットカードを持った方がいいですよね。

<下に続く>

スカイトラベラーカードのサービス内容

ここからは、スカイトラベラーカードのサービス内容を紹介します。

空港で活用できるサービス、旅行先で活用できるサービス別にわけているので、旅行を検討中の方は参考にして下さい。

空港で受けられるサービス

まず初めに、空港で受けられるサービスについてご紹介します。

空港ラウンジサービス

あの有名なアメリカンエキスプレスカード一種だけあって、空港ラウンジを本人だけでなく同伴者一名まで利用することが可能です。

手荷物無料配達

海外旅行の一つの悩みは大きな手荷物ではないでしょうか。
たくさんのお土産が入った大きなスーツケースを、疲れたところをゴロゴロと家まで引いて帰るのは大変ですよね。

そんなの時に役立つのがこのカードなんです。

海外旅行からの帰国時に、空港から自宅まで、スーツケースを1個無料で配送してもらえるというサービスがあるんです。

これなら身軽に家まで帰ることができますね。
ただし、サービスを受けられる空港が、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港のみになっているため、ご注意下さい。

空港の駐車場が割引に

自宅から駅までが遠く電車で空港に行くのが大変な方や、小さなお子さん連れで電車に乗って空港に行くのが大変という方など、空港まで車で行こうという方も多いんではないでしょうか?

そんな時に役に立つのがこの特典です。

空港周辺のアクセス良好なパーキングを、最大40%オフで利用できるという特典がついています。

これなら電車のことを気にすることなく、手軽に空港まで行けますね。

旅行先で受けられるサービス

次に、旅行先や出張先で受けられるサービスをご紹介します。

グローバルホットライン

みなさんも海外旅行に行った際に、言葉が通じず何かしら困ったことはありませんか?

病気になってしまった、レストランを予約したい、財布やパスポートを落としてしまったなど、そんな時に言葉も通じ、不慣れな土地でどうしたらいいか悩んだことはありませんか。

そんな時に有難いサービスがこのグローバルホットラインです。
現地で、24時間日本語のサポートを受けることができるんです。

これなら安心して海外旅行にも行くことができますね。

ショッピングプロテクション

せっかく購入した大切なお土産物が、家に帰ってスーツケースを開けてみたら壊れていたなんていう経験はありませんか?

このスカイトラベラーカードは、このカードで決済した商品であれば、90日以内であれば:200万円まで補償**をしてくれるというサービスがあるんです。

<下に続く>

スカイトラベラーカードに付帯している旅行関連の保険

続いては、スカイトラベラーカードに付帯している旅行関連の保険についてご紹介します。

ツアー代金や航空機のチケットなど、このスカイトラベラーカードで支払えば旅行傷害保険が付帯します。
利用付帯になりますので、このカードを利用した時でないと付帯されませんので、ご注意下さい。

海外旅行では最高3000万円、国内旅行の際は最高2000万円までを補償してくれます。
また、補償の対象はカード本人だけでなく、その親族まで補償してくれます。
これなら家族全員分補償されますので、安心ですね。

<下に続く>

スカイトラベラーカードとスカイトラベラープレミアカードの違い

カード比較

続いて、スカイトラベラーカードとスカイトラベラプレミアカードの違いについてご説明します。

なんといっても一番の違いは、ポイント還元率です。
スカイトラベラーカードの還元率が3%のに対して、プレミアカードの還元率はなんと5%になります。

その他、国内外の旅行傷害保険が引き上げられたり、リターンプロテクションなども引き上げられたりします。

詳しくは以下比較表にしてみました。

内容 スカイトラベラー プレミア
年会費 10000円 35000円
対象商品利用時ボーナス 3% 5%
国内旅行傷害保険 最高1000万円 最高5000万円
海外旅行傷害保険 最高2000万円 最高5000万円
ショッピングプロテクション 最高200万円 最高500万円

このように、普通のスカイトラベラーと比べるとお得がいっぱいですが、その分年会費も35,000円と非常に高価な設定になっています。

<下に続く>

スカイトラベラーカードの申込資格と申込方法

スカイトラベラーカードの審査は比較的甘いと言われていますが、実際はどうなんでしょうか?

それでは実際の申込資格から申込方法まで紹介します。

申込審査と資格

スカイトラベラーカードは、他のクレジットカードと比べると甘いという噂もありますが、アメリカンエクスプレスカードの一種になりますので、当然審査はアメックス基準の審査になります。

よって、アメックスでの自動審査を利用して審査されますので、決して簡単に誰もが通過するわけではありません。

申込資格は20歳以上で定職のある方となっているので、主婦やアルバイトなど職のない方は申し込むことができません。

20歳以上で、普通の会社にまじめに働いていれば、問題なく審査は通過するでしょう。

申込方法

申込方法は非常に簡単です。
今ではWEBから申込が可能なので、WEBから必要情報を記入して送信するだけで簡単に手続きが終了します。

わざわざお店にいったり、電話したりすることなく自宅にいながらパソコンさえあれば申込が可能です。

慣れている方であれば10分もかからず完了することができますよ。

<下に続く>

スカイトラベラーカードの家族カードとは

スカイトラベラーカードの家族カードの年会費は5,000円+税です。

家族カードの入会資格は、本人の配偶者、その両親、18歳以上の子供となので、孫や祖父、兄妹には発行することができません。

この条件を満たしていればいいので、例え別居していても、単身赴任中でも発行することが可能です。

ただし、発行したカードは本会員の自宅に届くため、手渡しは必要になります。

スカイトラベラーカードはマイルがお得に貯まる!
スカイトラベラカードについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

こちらのカードは旅行に特化したカードですので、マイルの貯まりやすさはもちろんですが、空港でのサービスや滞在先で受けられるサービスなどの特典がいっぱいなのも、このカードの魅力でもあります。

こちらの記事をよんで、もし自分にあったカードだと思えたのなら、それはあなたにとって価値のあるカードであることは間違いありません。

自分にあった価値のあるカード選びの参考にしていただければ幸いです。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line