みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

国民保険から社会保険に切り替える方法・必要な物・代理人・注意点

Large pexels photo 127873
目次

社会保険に切り替える時って?

国保と社保の切り替えについては、知ってはいても実際の方法を知っている人は少ないかもしれません。国保から社保の切り替えに難しい手続きは意外と不要なものですが、しかし国保から社保に切り替える際の必要書類を知っていた方がよりスムーズにできることでしょう。

国保から社保に切り替える時に期限はあるのでしょうか。また国保から社保に切り替える際に期限はあるのか、代理人でも対応できるのかも知りたいところかもしれません。今回は国保から社保の切り替えの際に返金が生じる場合や切り替える際の注意点など、国保から社保の切り替えについてくわしく解説します。

<下に続く>

国民保険から社会保険への切り替え方は?

null

就職する時や転職をする時に、今まで国保に入っていた人は、社保に入る時に切り替えをしなければいけません。社保の手続きっは、会社がしてくれる事になるかと思いますが、国保の手続きを自分でしなければいけないことを知っている人は意外と少ないものです。国保の場合は、脱退手続きというものをしなければいけないのです。

会社の社保に入ったから大丈夫、と思っていても国保の脱退手続きをしなければ、国保も払い続けることとなり、健康保険料を二重で支払うことになってしまうのです。国保の脱退手続きはどうすればいいのか、と思うかもしれませんが、これは各地域の市役所、区役所になります。国保に入ったさいのにも役所に訪れているかと思いますが、同じように脱退の際にも役所へいかなければいけないのです。国保の保険証も、その際に返却することになりますので注意しましょう。

<下に続く>

国民保険から社会保険への切り替えの手続き

まず手続きとしては、脱退届を役所に提出することになりますが、その方法は直接役所へ行く方法と郵送する方法があります。ちなみに決まりとしては社保にはいった日から数えて14日以内、つまり2週間以内に脱退届を提出するという決まりになっています。しかし、就職したばかりの時や転職でばたばたしているとなかなか手続きができないという人もいるかもしれません。

そんな人のために、郵送でできるようにもなっているのです。切り替えの手続き自体は、必要書類をもっていけば難しいものではありません。書類の記入方法も分からないことはきちんと教えてもらえますので、安心して相談しましょう。しかし、スムーズな手続きをするためには、こちらも国保から社保の切り替えの手続きの流れや必要書類、方法をしっておいた方がよいでしょう。難しいものではありませんので、把握だけはしておきましょう。

<下に続く>

国民保険から社会保険への切り替えの手続きの方法

null

窓口

すんでいる地域の区役所か市役所で手続きをする事ができます。担当窓口にいけば、説明をしてくれますので、教えてもらって書類に記入すれば大丈夫でしょう。しかし、窓口にいった際に必要書類が足りなければ、その日は手続きができずにまた再度訪れる必要がでてきますので、二度手間にならないよう、最初から必要書類をもっていっておいた方がよいでしょう。手続き自体は、書類に記入し、必要書類を提出するだけです。

しかし役所というのは待ち時間がかかる事が多いため、あまり時間がない中で立ち寄るよりも余裕のある時に立ち寄るようにした方がよいでしょう。休憩時間などですまそうと思っても、結局待ち時間で休憩時間が終ってしまうという事も中にはありますので、なかなか就職や転職をして忙しいかもしれませんが、時間のある時にでかけるか、時間がない場合であれば郵送で手続きをした方が楽かもしれません。

郵送

郵送での手続きの際は、自分以外にもし加入している家族がいれば、全員の国民健康保険証、そして新しく加入した社保の保険証のコピーを郵送する必要があります。さらに用紙に住所や氏名などの必要事項を記入し、脱退の旨もかいておくとよいでしょう。

区役所にはさまざまな窓口がありますので、スムーズに脱退できるよう電話で「郵送で大丈夫なのか」「また郵送する場合はどこの窓口あてになるのか」を聞いて、担当の窓口宛てにおくるとスムーズでしょう。郵送で送っても、必要なものを同封できていなければ結局また再度窓口へいくか郵送することになり、時間も手間もかかりますので、必要書類についても確認しておくと安心でしょう。

<下に続く>

国民保険から社会保険への切り替えに必要な物

手続きはスムーズにいくように、最初に必要なものを調べていくとよいでしょう。窓口へいってから、足りないものがあれば二度手間となりますので、事前に確認しておきましょう。まず、脱退に必要なものですが、国民健康保険証と、あたらしく加入した社保の健康保険証です。

もし扶養家族がいるなどで一緒に加入している人がいれば全員分が必要となります。また、自分の身分証明書、そしてマイナンバーがわかる書類かマイナンバーカードも持っていきましょう。他には印鑑が必要となります。もし自分の場合は、と不安であれば指定の窓口に事前で必要なものを電話できいておくと安心かもしれません。

<下に続く>

国民保険から社会保険への切り替えの期限は?

期限は、社保に加入してから14日以内、つまり2週間以内となっています。しかし、その期限がすぎたからといって切り替えができないというわけではありません。ただし、脱退するまでに国保をつかっていた場合など国保に返金する必要がでてくる場合もありますので、新しい社会保険の保険証が届けばすぐに国保の脱退手続きをした方が、手間もなくなりますし、スムーズに脱退手続きができるでしょう。忙しくて忘れがちになりますが、脱退手続きはすばやくしておかなければ、よけいな手間がかかったり、二重払いになってしまったりという事もありますので気を付けましょう。

<下に続く>

国民保険から社会保険への切り替えは代理人でもできる?

忙しい時など、誰かに手続きをやってほしいと思うかもしれませんが、代理人にしてもらう事ができるのでしょうか。もし扶養家族などがいて国保に一緒に加入していれば、その誰でも脱退手続きをおこなう事ができます。しかしもしそれ以外の人となればどうなのでしょうか。

実は別の人でも脱退届をだしてもらう事ができるのですが、代理人の際には、必要書類を渡してもらうだけではなく、代理人に委託するという委任状、そしてその代理人の身分を証明するものが必要となります。簡単に代理人でできると思っても、委任状などをかかず、ただ必要書類を持って行ってもらうだけでは何もできないため注意しましょう。

<下に続く>

国民保険と社会保険を重複して払ってしまった場合

しかし、もしも手続きが遅くなり、国保と社保の二重払いとなってしまったという場合、どうすればいいのか焦るかもしれません。まうその時は速やかに窓口で国保の脱退手続きをしましょう。その時に、二重となって支払った分の還付をうけるのです。二重払いした分の還付金は、登録した口座に後日に振り込まれますので安心しましょう。しかし時間がかかる事や、手間を考えれば、やはり二重で支払うことのないようできる限り早く国保を脱退することがおすすめです。

保険の手続きなどはどうしても忙しいと後回しになってしまいがちですが、お金のかかってくるものですので、すばやく手続きをした方が結果的に自分のためになるのです。一応の期限はありますが、もちろんその後でも手続きはできます。しかし期限内にする、と思っていた方が面倒なことにならずにすむといえるでしょう。

<下に続く>

国民保険から社会保険に切り替える際の注意点

null

注意点①:国保の支払いをおこなっていなかった場合

脱退しなければいけないことを忘れていて、国保の保険料の支払いをしないままにしていると自宅に保険料の督促が届くことがあります。そうなると驚いてしまうかもしれませんが、まずは窓口へでむいて脱退手続きをする事がおすすめですが、もし出向けないのであればまず区役所か市役所の担当窓口へ電話をするとよいでしょう。

督促状に電話番号も記載されている事でしょうから、まずは電話をして今の状況を伝えましょう。そうすれば、督促をとめることができます。面倒だと何もしないのが一番困る事態になりますので、まずは電話をしましょう。社保に加入した事は本人が言わない限り、国保の人にはわかりませんので督促を無視していれば、国保のお金を滞納している人となってしまい、督促も続いてしまうことになります。

注意点②:保険証がない場合

社保の加入手続きは会社によってスピードがさまざまです。保険証がなかなかもらえなくて困っている、という人もいるでしょう。そんな間に病院にいくとなればどうしようかと悩むかもしれません。もしその間に国保の保険証をつかった場合は、国保から保険でつかったお金を返金するよう求められます。面倒ですが、国保に一度支払いをし、その後社保へ保険料の請求をおこなう手続きが必要となります。やはり手間がかかりますので、保険証が手元にない場合に病院に行く時には気を付ける必要がありまうす。そういった事にできるだけならないよう、会社があまりに保険証を発行してくれない場合は、会社にいつになるのか、たずねてみてもよいかもしれません。

注意点③:保険料に日割りはない

保険料に日割りは存在しないという事を覚えておきましょう。例えば、4月1日に就職して社保にはいった場合、3月分の保険料は国保で支払います。もし4月10日に就職をした場合どうなるのかと思うかもしれませんが、それも同じく4月分は社保の支払いとなり、3月分は国保になります。

社保の方が、金額が安いことが多くなるでしょうから、個人のケースにもよりますが、3月31日に社保に加入した方が支払う金額が安くなることは多いようです。しかし基本的には切り替わりの時期に前の保険証での診療がうけられない事になっていますので、3月31日に社保に加入したものの3月中に国保で病院へいっていた場合、返金して社保へ請求する必要もでてくるかもしれません。

<下に続く>

国民保険から社会保険に切り替える方法・必要な物・代理人・注意点のまとめ

保険というのは病院へいく時にありがたい制度ですが、国保と社保についてはあまり知らない人の方が多いかもしれません。国保に加入した事がない、という人もいるでしょうし、そんな人が転職などで少しだけ国保に加入した場合は、国保の手続きに困ってしまうかもしれません。

しかし、社保に入っていない場合国保の加入は必須となりますし、脱退も必要となる事はきちんと把握しておき、スムーズに手続きができるようにしておかなければ、後々面倒な事が増えることになるでしょう。またやはり病院へ行く時などに保険証がなければとても困ることですから、保険についてはきちんと知っておき、手続きをきっちりおこなうことで、安心して保険証をつかうことができるでしょう。

Thumb minkane logo
written by
「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。 投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。
関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line