みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/01/31

新潟大学の各学部の特徴や偏差値、学費、就職先、評判

Large pexels photo 586570

5Sの新潟大学について解説!偏差値はどのくらい?

全国にある国立大学の中でもやや難易度の高い中堅に位置している大学群を5Sと言い、5Sに位置している新潟大学の名をご存知の方も多いのではないですか。

実際に新潟大学にはどのような勉強ができる学部があるのか、学費についてはどの位かかるのか、他の大学と比べると就職率などはどうなっているのか、偏差値はどの位の高さで評判はどうなっているのかなど気になる方も多いでしょう。

新潟大学の気になる情報を詳しくご紹介していきます。

<下に続く>

新潟大学の学部ごとの偏差値と学費

人文学部

人文学部は、人文学科の1学科があります。自己表現などの専門基礎教育の充実と人間、文化を対象とした多角的で総合的な視野での教育と研究によって広い視野と深い教養、高い倫理性を備え、現代社会の課題に対応できる人材を育します。

偏差値は56~59程度で推移しています。募集定員は計225人で、センター試験の得点率は72%~76%になっています。

入学金や授業料などの学費は入学金が282,000円で授業料が535,800円、初年度納入金額が817,800円となっていて、全学部学科で一律の金額になっています。

法学部

法学部は、法学科の1学科があります。個人の尊厳を尊重し、高い人権意識を身に付けた人材を育成し、グローバル人材育成推進事業に採択しており、少人数教育の充実し現場の本音を聴き、地域をフィールドに実践します。

地域に根差した教育を実施し、目標設定による一貫したカリキュラムを編成し、担任制、面談制によりきめ細かな指導が受けられます。

偏差値は56~61程度で推移しています。募集定員は計180人で、センター試験の得点率は72%~79%になっています。

経済学部

経済学部は、経済学科、経営学科の2学科があります。経済学と経営学の専門的知識を身に付け、国内外や地域の幅広い分野で活躍できる専門的職業人を育成する学部です。

課題を自らの力で探究し、解決の方策を模索する課題探求能力、高い向学心を持続して知識を更新していく積極性や柔軟性を育成します。

偏差値は54~60程度で推移しています。募集定員は経済185人、経営120人の計305人で、センター試験の得点率は65%~72%になっています。

教育学部

教育学部は、学校教員養成課程の1課程がありコース分けされています。新潟大学の中でも特に人気のある学部で、2017年度の倍率は3.1倍にもなっています。

4年一貫の教育実習により体験的カリキュラムなどの実践的学修に重点を置いた教育課程を実施し、編成地域社会における教育者、専門的力量と現代の課題を解決する能力を身に付けた人材を育成する学部です。

偏差値は47~56程度で推移しています。募集定員は経済185人、経営120人の計305人で、センター試験の得点率は65%~72%になっています。

創生学部

創生学部は、2017年に開設され創生学修課程の1課程があります。22の領域学修科目パッケージから自分に合った専門分野を選択する他に少人数教育と教員による手厚いサポートが充実しています。

課題発見、課題解決能力の育成を重視したカリキュラムにより、自己の人材価値を高めていく学部です。

偏差値は54~59程度で推移しています。募集定員は計65人で、センター試験の得点率は69%~73%になっています。

理学部

理学部は、理学科の1学科があり、数学、物理学、化学、生物学、地質科学、自然環境科学、フィールド科学人材育成の7のプログラムに分けられています。

全国の大学が利用する佐渡島の附属教育施設があり、基礎から体系的に学べる安心のカリキュラムにより学業と人格形成の両面で自信と誇りを持つことができる人材を育てます。

偏差値は55~58程度で推移しています。募集定員は計200人で、センター試験の得点率は77%になっています。

工学部

工学部は、工学科の1学科があり、械システム工学、社会基盤工学、電子情報通信、知能情報システム、化学システム工学、材料科学プログラム、建築学、人間支援感性科学、協創経営の9つのプログラムがあります。

1年生から研究活動に参加できる教育プログラムによって日本と世界を結ぶグローバルなエンジニアをめざし、充実のキャリア教育で、進学や就職をサポートする学部です。

偏差値は54~56程度で推移しています。募集定員は計530人で、センター試験の得点率は62%~74%になっています。

医学部

医学部は、6年課程の医学科と4年課程の保健学科があります。生命への畏敬の念を持ち、医学、医療の教育を通して、高度な学術研究と真理を探究し、医学を通して人類の幸福に貢献します。

小グループで自ら考えながら学ぶ教育システム、チュートリアル制度を採用し、豊富な知識と深い洞察力を持ち、国際社会で活躍できる医師、研究者、行政官を育成する学部です。

偏差値は56~69程度で推移しています。募集定員は医学122人、保健160人の計282人で、センター試験の得点率は70%~90%になっています。

歯学部

歯学部は、6年課程の歯学科と4年課程の口腔生命福祉学科の2学科あります。能力育成のため充実した臨床実習教育システムを導入し、医学、歯学の学際的知識を有し、全人的な医療を行える感性豊かな歯科医師を育成します。

歯学専門領域における学理と技術を深く究め、歯科医学発展の為に指導的な人材や地域歯科医療に貢献できる専門職業人を育成する学部です。

偏差値は54~63程度で推移しています。募集定員は歯学40人、口腔生命福祉20人の計60人で、センター試験の得点率は65%~81%になっています。

農学部

農学部は、農学科の1学科に応用生命科学、食品科学、生物資源科学、流域環境学、フィールド科学人材育成の5つのプログラムがあります。学部改組による専門的教育の充実により、持続的な農業の発展と環境の保全を目指しています。

社会の要請に応える5つの主専攻プログラム、国際的視野を身に付ける教育があり実学を就業や大学院進学につなげる支援体制が整っている学部です。

偏差値は55~57程度で推移しています。募集定員は計175人で、センター試験の得点率は71%~77%になっています。

記載の偏差値は2017年度発表のものを参考にしています。

<下に続く>

新潟大学の就職事情はどうなの?

null

やや難易度の高い中堅国立大学である新潟大学の就職状況や実績はどのようになっているのでしょう。近年主流となっている就職先は公務員、金融保険業、学校教員、製造業が多くなっています。

学部別にご紹介していくと、文系学部では、公務員が22.8%、金融保険業が15.4%、学校教員が13.5%、卸売小売業が6.9%が多くなっています。

理系学部では、製造業が11.1%、公務員が9.4%、建設業4.1%が多くなっているのが特徴です理学、工学の2つの学部に関しては、大学院への進学者が学部の半数以上を占めており理系全体で57.2%と進学割合が高くなっています。

都道府県別就職者数は、1624人中717人で新潟県が最多となっており、次点で東京都の278になっており圧倒的に新潟県が多くなっています。

卒業生の主な就職先は、「東日本旅客鉄道㈱」、「㈱みずほフィナンシャルグループ」、「日本航空㈱」、「,㈱ブルボン」、「トヨタ自動車㈱」、「山崎製パン㈱」など有名な大企業が名を連ねています。

有名な大企業だけではなく、「㈱新潟総合テレビ」、「㈱北越銀行」、「㈱第四銀行」など新潟県の地元企業の他、各学部官公庁への就職も多いです。

<下に続く>

新潟大学の評判は?

地方にある大学であることから国立大学でありながら地味で良い印象ががあまりないという方も多いと思いますが、やはり国立大学という事もあり実際の評判はとても良いです。

総合大学ならではの10の学部があり、学生数が多く様々な学生が在籍していますが、穏やかな学生が多いようで落ち着いて勉強に励む者、研究に没頭する者など個性豊かな学生に出会えるのも総合大学ならではの魅力です。

平成28年の就職率が98.4%と高くなっているほかに、医師91.3%、歯科医師77.8%、看護師、96.1%歯科衛生士89.5%など国家試験にも強く高い合格率で評判もいいです。

新潟大学のキャンパスは自然と町が調和した広大な敷地があり、五十嵐キャンパスには8学部、4大学院や附属図書館などがあり、面積は東京ドーム約13個分もあり緑に囲まれ、建物上層階からは日本海や佐渡島が望める過ごしやすいキャンパスです。

五十嵐キャンパスはJR新潟大学前駅から徒歩15分の立地にあり大学周辺も生活に不便はなく、自然と利便性の調和のとれた大学で生活しやすくなっています。

<下に続く>

新潟大学と合わせて知りたい5s

null

地方にあるやや難易度の高い中堅国立大学の新潟大学ですが、同じ地方中堅国立大学で構成されている大学群は5Sと呼ばれ5つの大学があります。

5Sは、埼玉大学Saitama、信州大学Shinshu、静岡大学Shizuoka、滋賀大学Shiga、新潟(略称Shindai)の5つの大学を指しており、各大学の英字表記した際の頭文字と大学数から来ています。

5Sはやや難易度の高い中堅国立大学とされており、上位難関大学程ではありませんが、優秀な学生が集まっているのも事実です。

埼玉大学は、教養、経済、教育、理、工の5学部があり、総合大学として有能な人材の育成や独自開発の教育システムによる英語力強化、経済社会の発展を牽引するグローバル人材の育成に力を入れています。

信州大学は、人文、教育、経法、理、工、繊維、医、農の8学部があり全学教育で自ら考え、学び、問題を解決する能力を養う大学です。

静岡大学は、教育、情報、理、工、農、人文社会の6学部があり、失敗を恐れないチャレンジ精神、問題を追求し続ける人間性を養う大学です。

滋賀大学は、データサイエンス、教育、経済の3学部があり、国内初の初の学部が誕生し、数理及びデータサイエンスに係る教育強化の拠点大学に選定されています。

<下に続く>

新潟大学と金沢大学の差はどのくらい?偏差値の差は?

新潟大学と同じ国立金沢大学には、文理で計3つの学域があり多くの学科が存在する総合大学です。同じく総合大学の新潟大学と比べると圧倒的に学部数は少なくなっています。両大学を比較していくとどの程度の差があるのでしょうか。

比較するために分かりやすく大学全体の偏差値とセンターの得点率で比較すると、新潟大学が偏差値47~69、センターの得点率は59%~90%、金沢大学が偏差値は56~69、センターの得点率は67%~87%です。

大学内の偏差値の差では、新潟大学が大きくなっています。また、センターの得点率でも学部数の多い新潟大学は下限と上限の差が大きくなっています。

金沢大学は大きく大学別にランク分けした学群、金岡千広(金沢、岡山、千葉、広島)に属しており新潟大学の属している5Sより金岡千広は1つ上のランクだと言われています。

大学難易度ランキングでは、10段階のレベルで金沢大学がレベル6、新潟大学はレベル5で金沢大学が若干上回っています。

金沢大学の各学部の特徴や偏差値、学費、就職先、評判!金岡千広の金沢大学について解説!偏差値はどのくらい? 金沢大学をご存知ですか?金沢大学にこれか...

<下に続く>

新潟大学と静岡大学は同じランク・偏差値?

null

静岡大学と比べて新潟大学のランクはどうなのか見ていきましょう。

上述したように新潟大学は文理10学部が存在している規模の大きな総合国立大学でバランスのとれた質の高い大学です。

一方の静岡大学も学部は教育学部、情報学部、理学部、工学部、農学部、人文社会科学部の6学部がある総合大学で文理バランスよくある大学になっています。

設置されている学部や数に差がある為正確に比べることは難しいですが、偏差値とセンターの得点率で比べると、新潟47~69、59%~90%、静岡48~59、56%~86%で偏差値の上限で新潟が圧倒的に上回っています。

同じ教育学部で比べると、新潟47~56、静岡48~56で偏差値に差はほぼありません。倍率では、新潟3.1倍、静岡3.0倍でこちらも差がありません。

偏差値に大差がついた要因としては、医学部や歯学部など医療系学部の有無が関係していると言えます。総合的な偏差値や倍率を見比べても新潟大学が上回っていると言えます。

静岡大学の各学部の特徴や偏差値、学費、就職、評判!5Sの静岡大学について解説!偏差値はどのくらい? 静岡大学をご存知ですか?静岡大学は静岡にある...

<下に続く>

新潟大学の各学部の特徴や偏差値、学費、就職先、評判のまとめ

新潟大学にある学部の特色についてや学費、近いレベルの大学になどをご紹介していきました。

やや難易度の高い国立大学の新潟大学ですが、学費は安い上に就職に強い為人気があります。

JRの駅から徒歩15分で学校の周辺もお店が多く栄えていながら自然を感じられるキャンパスは落ち着いた空間、活気のある空間など個性があり学生に適した学生生活が送れます。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line