みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/02/01

琉球大学の各学部の特徴や偏差値、学費、就職先、評判

Large yale university landscape universities schools 159490

STARSの琉球大学について解説!偏差値はどのくらい?

全国に点在している国立大学の中でも比較的入試難易度が低いとされている5つの大学の総称をSTARSと言い、STARSに属している琉球大学の名前を知っている方も多いです。

では、実際に琉球大学にはどのような特色のある学部があり、学費はどの程度かかるのか、他の大学と比べてみると就職は有利なのでしょうか、偏差値レベルはどの程度なのかなど琉球大学の評判まで詳しくご紹介していきます。

<下に続く>

琉球大学の学部ごとの偏差値と学費

人文社会学部

人文社会学部には、国際法政学、琉球アジア文化学、人間社会学の3学科が設置されています。2018年に法文学部と観光産業科学部の統合、改組による新設された学部です。

偏差値は49~53程度で推移しています。センター試験の得点率は不明となっています。募集定員は国際法政80人、琉球アジア文化40人、人間社会80人の計200人です。

入学金、授業料などが含まれた学費は入学金が282,000円で授業料が535,800円、初年度納入金額が817,800円となっており、昼間主コースの全学部、学科で一律の金額になっています。

教育学部

教育学部は、学校教育教員養成課程の1課程に小学校教育コース学校教育、教科教育の2専攻。中学校教育コース教科教育専攻に国語、社会科、数学、理科、美術、保健体育、技術、生活科、英語、音楽の教育専修。特別支援教育コースがあります。

多様化した時代の課題にこたえる教員を養成するため、2017年学部改組されている学部です。

偏差値は45~51程度で推移しています。センター試験の得点率は54%~74%となっています。募集定員は計140人です。

国際地域創造学部 

国際地域創造学部は、国際地域創造学科の1学科が設置されており2018年に法文学部と観光産業科学部の統合、改組により新設された学部です。

知的創造力と実践力を高めるカリキュラムによりグローバルとローカルを持つ視野により、地域社会における現代的課題の解決や国内外の産業や文化の振興に寄与できる人材を育成する学部です。

偏差値は49~52程度で推移しています。センター試験の得点率は不明となっています。募集定員は計80人です。

国際地域創造学部夜間主コース

国際地域創造学部夜間主コースは、国際地域創造学科の1学科が設置されており、国際地域創造学部の夜間主コースとして設置されています。

知的創造力と実践力を高めるカリキュラムによりグローバルとローカルを持つ視野により、地域社会における現代的課題の解決や国内外の産業や文化の振興に寄与できる人材を育成する学部です。

夜間主コースは昼間主コースよりも学費がリーズナブルになっており、学費は入学金が141,000円で授業料が267,900円、初年度納入金額が408,900円です。

偏差値は43~45程度で推移しています。センター試験の得点率は不明となっています。募集定員は計80人です。

理学部

理学部は、数理科学科、海洋自然科学科化学系、物質地球科学科地学系、物質地球科学科地学系、海洋自然科学科生物系の3学科2系統設置されています。

数学と理学の基礎研究を行う学部です。また、地域特性を生かした亜熱帯、海洋、島嶼をキーワードとした研究活動も活発に行っており、多様な生命現象とその根底にある基本原理の理解を目指す学部です。

偏差値は46~53程度で推移しています。センター試験の得点率は54%~71%となっています。募集定員は数理科学40人、 物質地球科学65人海洋自然科学95人の計200人です。

工学部

工学部は、工学科の1学科に機械工学、エネルギー環境工学、電気システム工学、知能情報、社会基盤デザイン、建築学、電子情報通信の7コースがあります。

学際的なカリキュラム体系によって、従来の枠にはまらない幅広い視野、基礎学力と専門技術力、社会的ニーズに対応できる実践力を身につけることができます。

各分野で幅広い教養と高度な専門知識を持ち、豊かな創造力、実践力を備えた人材を育成する学部です。 

偏差値は47~48程度で推移しています。センター試験の得点率は53%~75%となっています。募集定員は計350人です。

工学部夜間主コース

工学部夜間主コースは、機械システム工学科、電気電子工学科(夜間主)の2学科が設置されていますが、学部改組のため、募集を停止しています。

年次によって目的が変わり知識を深めます。入学から卒業まで各教員が学生をきめ細かく指導しながら学習や教育目標を達成するための学習プログラムを提供しており、少人数教育で社会人も学ぶことのできる学部です。

学費は入学金が141,000円で授業料が267,900円、初年度納入金額が408,900円です。

偏差値は募集停止中の為不明です。また、センター試験の得点率も募集停止中の為不明となっています。現在募集していない学部です。

医学部

医学部は、医師を養成する医学科、看護師、臨床検査技師を養成する保健学科の2学科設置されています。医学科は6年一貫性を採用しており、保健学科は2年次後期から看護学コースと検査技術学コースに分かれます。

南洋に開けた地域の特性をふまえ、東南アジア圏の人々に貢献する医療人、沖縄の地域特性に根ざした教育、研究によって特色と強みを持つ医療人を育成する学部です。

偏差値は54~69程度で推移しています。センター試験の得点率は72%~88%となっています。募集定員は 医学112人、保健60人の計172人です。

農学部

農学部は、亜熱帯地域農学科、亜熱帯農林環境科学、亜熱帯生物資源科学科、地域農業工学科の4つの学科が設置されています。

各学科それぞれに専門教育コースが設置されており、亜熱帯の豊かな自然環境の下で、食、農、環境、資源、健康、エネルギーの各分野を基礎から応用まで学ぶ学部です。

偏差値は48~54程度で推移しています。センター試験の得点率は54%~70%となっています。募集定員は 亜熱帯地域農35人、亜熱帯農林環境科学35人、地域農業工25人、亜熱帯生物資源科45人の計172人です。

ご紹介した偏差値は2017年度のものを参考にしています。

<下に続く>

琉球大学の就職事情はどうなの?

null

比較的難易度が低く入りやすいとされている琉球大学ですが、就職実績や就職先はどのようになっているのでしょうか。就職先は、旅行、観光、サービス業、金融保険業、製造業、公務員が主流になっています。

平成28年度卒業生(学部改変前)における就職希望者の学部別就職率を見ていきましょう。卒業生の内訳は就職が66%、その他18%、進学16%です。民間企業が71%、公務員が16%、教員が13%です。

法文学部が94.4%、観光産業科学部が99.0%、教育学部が97.7%、理学部が100%、工学部が98.1%、農学部98.7%、医学部100%で全体では97.3%と高い就職率を誇っています。

卒業生の主な就職先有名企業は、「富士通株式会社」、「スターバックスジャパン株式会社」、「株式会社エイチ・アイ・エス」、「株式会社ローソン」、「全日本空輸株式会社」、「株式会社資生堂」、「三井物産株式会社」など一流企業が並んでいます。

有名一流企業の他にも「株式会社琉球銀行」、「沖縄電力株式会社」、「沖縄テレビ放送株式会社」など琉球大学は地元沖縄での就職に強くなっています。

また、航空会社や旅行会社などへの就職や県庁や市役所、警察官、自衛官など公務員就職も多くなっているのが特徴の大学です。

<下に続く>

琉球大学の評判は?

地方に所在していることや、入試難易度が低いことから国立大学でありながら少し地味で知名度のない印象をお持ちの方も多いと思いますが、実際の沖縄での評判は良くなっています。

9つの学部があり、様々な学部に多くの学生が在籍していますが、学生の質としては、おおらかで落ち着いている学生が多く、勉強を真面目にする学生とそうではない学生の差が大きくなっているようです。

国立大学では最低レベルの難易度とされているものの、地元沖縄では、琉球大学に対抗できる有力な大学が存在しない為、圧倒的な地元ブランド力があり、一般的に優秀な学生が多いと評価されている大学です。

医学部以外の大半の学部がある千原(せんばる)キャンパスはモノレール首里駅からタクシーで20分の距離にあり、那覇市内からは少し離れた場所に位置しています。

緑が繁る亜熱帯の豊かな自然あふれる広大なキャンパスは落ち着いて大変過ごしやすいキャンパスになっています。

<下に続く>

琉球大学と合わせて知りたいSTARS

null

琉球大学は日本国内に点在している国立大学の内、入試難易度が比較的難易度が低いとされていますが、同じ地方の入試難易度の低い大学でできた学群をSTARSといいます。

STARSには、佐賀Saga、鳥取Tottori、秋田Akita、琉球Ryukyu、島根Shimaneの5つの大学があり英記した際の頭文字を合わせて呼ばれています。入試難易度はやや低く偏差値は低いですが、合格するには国立なのでそれなりの学力が必要です。

佐賀大学は、教育学、芸術地域デザイン学、経済学、医学、理工学、農学の6の学部あります。能動的学習へ展開するなど新時代に対応する教育を展開している大学です。

鳥取大学は、地域学、医学、工学、農学の4学部があります。教育や研究、社会貢献の3つのグランドデザインを掲げ、その時代に必要な現代教養と人間力の養成を目指しています。

秋田大学は、国際資源学、教育文化学、医学、理工学の4学部があります。地域の振興と地球規模の課題解決に貢献する力を育てる大学です。

島根大学は、法文学、教育学、人間科学、医学、総合理工学、生物資源科学の6学部があります。地域の現場で課題にチャレンジする実践的な学びで学生中心の視点に立った教育プログラムを展開しています。

<下に続く>

琉球大学と滋賀大学の差はどのくらい?偏差値の差は?

琉球大学と同じ国立滋賀大学には、データサイエンス学、教育学、経済学の3学部が設置されている大学です。琉球大学と比較すると小規模な大学になっていますが、比較してみると差はどのくらいあるのでしょうか。

分かりやすく比較するために全体偏差値とセンター得点率で比べると、琉球は偏差値43~69、センター得点率53%~88%となっており、滋賀は偏差値49~64、センター得点率65%~74%となっている。

大学内での偏差値の差は琉球が大きくなっていますが、センター得点率では滋賀大学が上回っています。琉球の最高偏差値が圧倒的な要因としては、琉球には医学部があり偏差値を高くしていることが要因となっています。

滋賀は準難関国立大学の5Sに属しており、大学難易度の10段階のレベルでレベル5、琉球は1つ下のレベル4になっていることから滋賀大学の方が総合的には上回っています。

滋賀大学の各学部の特徴や偏差値、学費、就職先、評判5Sの滋賀大学について解説!偏差値はどのくらい? 滋賀大学をご存知ですか?滋賀大学は、滋賀にあ...

<下に続く>

琉球大学と島根大学は同じランク・偏差値?

null

琉球大学と比較して島根大学との差はどうなっているのか、同じランクなのか見ていきましょう。

上述した通り、琉球大学は9学部設置されている理系に強い規模の大きな総合大学です。

一方の島根大学は、法文学、教育学、人間科学、医学、総合理工学、生物資源科学とこちらも琉球大学とよく似ており理系が強い総合大学です。

設置されている学部数や学部内容に差が出る為完全な比較はできませんが、偏差値とセンター得点率で比較すると琉球は偏差値43~69、センター得点率53%~88%、島根は偏差値は46~67、センター得点率は57%~80%で総合的に見てもあまり差はありません。

同一学部の医学部で比較すると、琉球54~69、島根54~67で、倍率では琉球が6.1倍、島根が4.0倍と偏差値、倍率両方で琉球が上回っていますが、あまり差はないながら若干の差で琉球が上回っているといえます。

島根大学の各学部の特徴や偏差値、学費、就職先、評判STARSの島根大学について解説!偏差値はどのくらい? 島根大学は入試難易度が比較的低いとされ...

<下に続く>

琉球大学の各学部の特徴や偏差値、学費、就職先、評判のまとめ

琉球大学に設置されている学部の特徴や学費、ランクの近い大学との比較などご紹介していきました。

琉球大学は入試難易度が低く、底辺大学など言われることがありますが、特に地元沖縄での評価は高く就職状況などを見ても沖縄で就職したい受験生に特に向いている大学です。

キャンパスは那覇市街地から少し離れていますが、落ち着いた環境で大学生活を送りたい人や自然の中で学びたい方には抜群の環境だといえます。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line