みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/05/25

カードローンの借り換えとは?メリットや具体的な手続き方法を解説します!

Large credit card 1591492 640 1

カードローンの借り換えとは?

日々の生活の中では様々な局面でお金の必要性に悩む機会が生じるものです。そんな時に倹約をしてしのぐことができれば良いですが、どうしても必要な場合には然るべき手段を講じて的確にお金を捻出することも大切です。その上では銀行や消費者金融のカードローンは打って付けと言えるでしょう。

カードローンは契約時に新規カードを受け取ることで全国の提携ATMから簡単に融資金を受け取ることのできる優れもの。しかしサービスを活用する上では様々な点で支障が生じ、現行のサービスではなく他社への乗り換えを検討せざるをえないケースも生じるものです。

そのような時に賢く判断して、新たな金融会社のカードローンを使って過去のカードローンで生じた借金を全て完済してしまうやり方をカードローンの借り換えと言います。

<下に続く>

カードローンの借り換えがもたらすメリットとは?

クレジットカード
カードローンの借り換えがメリットをもたらす例はたくさんあります。

多くの人は慣れない状態で最初のカードローン契約を行い、後で慣れてきて初めて世の中には他にも様々な業者やサービスが数多く存在することに気がつくパターンがよくあります。

そこには業者ごとに多様なサービスの違いがあり、例えば金利に関しても調べてみると低い業者がたくさん見つかる場合もあるでしょう。

またはキャンペーンなどで最初の契約時は金利ゼロだったり、あるいは融資限度額に違いがあるケースもよく見られます。そのような時、もしも現状の借り入れサービスよりも条件の良いものが見つかればそちらに移行することでより良いサービスや金利の低さを享受することができるのです。

<下に続く>

カードローンの借り換えが必要な人とは?

多くの場合、カードローンの借り換えは金利の問題と直結します。自分でよかれと思って契約した金融業者やサービスよりもさらに金利の低い借り入れ先が見つかった場合、借り入れ期間が長ければ長いほど、あるいは借入額が大きければ大きいほど、その影響は積もり積もって大きなものとなりますので、少しでも条件の良い借り入れ先に鞍替えした方がお金の節約にもつながります。月々の利息は借入額が大きいといつの間にか返済額を上回るほどのネックになり得ます。そうした負担を排除して少しでもメリットを享受するためにもこのカードローンの借り入れは有効です。また、他にも月々の最低返済額が高めに設定されていて負担が大きかったり、サービスの品質が悪く思い通りのメリットが得られなかったり、さらに近場にATMが少なくてスピーディーな借り入れができないなどの問題を抱えた人にも、これらのカードローン借り換えは最適といえるでしょう。

<下に続く>

カードローンの借り換え先の効果的な選び方とは?

本来ならば最初のカードローン契約時に各社のサービス内容を吟味して業者を選定するのが求められるもの。しかし最初の契約時は全ての情報に当たることができずに焦ってしまったり、時間的な余裕がなかったり、見方が偏っていたりして正確な判断ができないこともよくあるもの。

そして、サービス利用している最中にまた新たな業者やサービスが誕生してそちらの方が金利が圧倒的に低かったというケースもよく見られます。いずれの場合にしてもまずは各社の金利をしっかりと見比べてどこが最も低いのか、その条件が自分でも審査通過できそうなものなのかを十分に吟味することが必要です。

あまりに金利が低すぎる場合にはそこに何らかの事情やその他の付随条件が伴うケースもありますので、しっかりと利用規約を確認することも必要です。これらには比較サイトやネットの口コミなどの情報がとても役立ちますので信頼できるサイトから有益な最新情報を入手することも欠かせません。

<下に続く>

カードローンの借り換えとは?メリットや具体的な手続き方法を解説のまとめ

このところ、カードローン業界でもおびただしいまでの業者が存在し、また中小のものを数えると未だにその件数は伸び続けています。

すると新興の業者などでは顧客獲得のために低い金利を謳ってキャンペーンを打つことも多く、これらの情報にアンテナを働かせて、効果的に活用してカードローンの借り換えを行うとこれまでの借り入れ条件が嘘のように低い利息と好条件のサービスが受けられることも少なくありません。

今の世の中ではその点も含めて情報を制することが全てを制するとまで言われるほどですので、せっかくのメリットを享受せずに見落としてしまうことのないように、少しでも好条件のものはないか目を光らせておくのは重要なことと言えるでしょう。

ただし借り換えを行う際にはここでも新たな審査が行われますので、あらかじめそれに審査通過できる確証があるものを探すことが大切です。自らの職業や勤務先、収入などはもちろんのこと、消費者金融のカードローンであれば総量規制の問題も大きくのしかかってきますので、年収の3分の1を超える融資を受けることはできません。

借り入れ総額がその基準に引っかかる場合には総量規制対象外の銀行のカードローンなどをチェックしてサービス活用してみるのも効果的と言えるでしょう。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line