みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/02/10

Attention Networkの特徴や将来性!ICOに参加するには?

Large okane

Attention Networkとは?

Attention Networkは現在ICOの広告キャンペーンに力を入れていることもあってかTwitterでのフォロワーが5000人を超えており、かなり注目があつまっております。今回は、このAttention networkがICOに参加するだけの価値があるものかどうか特徴や将来性をホワイトペーパーなどで見ていきながら実際に確かめていきたいと思います。

<下に続く>

Attention Networkの特徴

Attention Networkは、イーサリアムベースのブロックチェーンを利用し広告をより良くしていくために作られたオークションシステムであることが特徴です。Attention Networkは、スマートコントラクトの信頼、アクセシビリティ、ポリシー管理の問題を解決することだけに止まらず、費用を抑え、サイト運営者のCPMを向上させることで、より高いROASを広告主が実現できるようにしているのです。

また、Attention Network従来のGoogleなどの広告費におけるコストを90%削減するのみならず、広告主、出版社、コミュニティメンバーのすべての関係者が互いの収入を最大限に活用することができるプラットフォームを形成しているという特徴も持ち合わせております。

<下に続く>

Attention Networkのホワイトペーパーとロードマップ

ホワイトペーパーによれば、Attention Networkが目標としているのはオンラインの広告市場の革新であり、具体的にはよく理解されているアルゴリズムと信頼できないネットワークを適用しているオンライン広告における効率性と信用性を改善するのみならず、小規模の広告主のアクセシビリティを向上させ、すべての当事者の広告収益の向上を目指しているそうです。

そうなれば、アフィリエイトで稼ごうとしている人たちにもこれから希望が湧いてくるでしょう。また、ロードマップを見てみますと、構想は2016年に発足し、2017年に調査、分析、テスト、開発を行ったことで同年の12月からICOの準備に取り組んだそうです。

そして、現在は2018年の第4四半期のプラットフォームの立ち上げに向けて2月にICOを開始し、第2四半期にはビジネスプランの改訂とベータ版のプラットフォームをリリース、第3四半期には本プラットフォームのテストと改訂、及び監査を済ませる方向で動いています。そして、2019年以降はマーケティングと雇用と第三者との統合を行うそうです。

<下に続く>

Attention Networkの将来性は?

Attention Networkは、現在伸びてきているオンライン広告業において新たな風をイーサリアムのブロックチェーン技術によって動かそうとしていることから、将来性はかなり高いと思われます。

特に、現在の広告業が抱えているコストの問題や手数料の問題など山積みになっているものを解決しようと動いているのですから、もしその仕組みが出来上がれば、これからオンライン広告でビジネスを始めようとしている人やネット事業をやろうとしている法人の会社側も積極的に取り入れるでしょう。

少なくともこのシステムをGoogleが取り入れれば、もっと画期的になり将来は明るくなる可能性は高いかもしれませんが、ロードマップ通りに進むかどうかはわからないため、仮想通貨市場の動きを見ながら確かめていく必要はあるでしょう。

<下に続く>

Attention NetworkのICOに参加するには?

さて、Attention Networkへどうやったら参加できるのか気になっていると思われますので、以下の文章に参加日程と参加条件を書いておきたいと思います。Attention NetworkへのICOの参加に興味がありましたら、是非参加してみると良いでしょう。
・参加日程 2月15日~4月15日
・参加条件
最低目標26000ETH、最高目標を39000ETHとしているので、まずイーサリアムコイン及びイーサリアムコインを補完するウォレットを持っていることが最低条件です。

詳細については、以下のリンクに記載されていますので、アクセスしてご確認ください。

<下に続く>

Attention Networkのまとめ

さて、ここまでAttention Networkの特徴や将来性、そしてICOへの参加方法について述べてきましたが、Attention Networkがやろうとしているプロジェクトはまさしくこれからインターネットで何かビジネスを始めようとする人やこれからインターネットの広告収入を会社で取り入れていきたいと思っている人にとってはすごく便利で画期的になると思います。

また、オンライン広告はまだまだ伸び盛りですので、ICOへ参加する価値は高いと思われます。特にイーサリアムコインとイーサリアムコインのウォレットを持っている人は2月15日になりましたら、是非参加されると良いかと思われます。

Thumb pexels photo 236047
written by

みんかね仮想通貨編集部です!
みんかね仮想通貨編集部では、仮想通貨に関する最新情報からブロックチェーンの仕組みなど幅広く、皆さまのためになる情報をいち早くお届けします!

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line