みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/02/11

LeadCoinの特徴や将来性!ICOに参加するには?

Large pexels photo 167259  1

LeadCoinとは?

LeadCoinは現在、ブロックチェーン技術でwebマーケティングの開発を行っており、トークンのクラウドセールスを3月1日に100分間限定で行うらしく注目はかなり高まっております。今回は、そのLeadCoinがICOで参加するだけの価値があるものかどうか特徴や将来性、ホワイトペーパーなどにより明らかにしていきたいと思います。

<下に続く>

LeadCoinの特徴 

LeadCoinの最大の特徴は、ブロックチェーンの技術を用いて分散型のwebマーケティングプラットフォームを形成しているということです。このシステムによって、リアルタイムでマーケティング上休眠しているリード(見込み顧客)の共有や販売を行うことが出来ます。

現在のマーケティングの問題でよく起こるのが、せっかく集めたリードが売り上げが全く起こらないために無駄に残留してしまうことですが、このプロジェクトが実現すれば、特定の業界で売り上げにつながらないリードでも共有や販売によって別の業界の売上のつながりWin-Winの関係を業界の垣根を超えて作ることが可能なのです。もちろん、プライバシーの問題もクリアしており、リードの共有や販売にはセキュリティが働いた上での取引が行われているので安心できるものとなっております。

<下に続く>

LeadCoinのホワイトペーパーとロードマップ

さて、ここでLeadCoinのホワイトペーパーとロードマップを見てみましょう。LeadCoinはホワイトペーパーによれば現在の問題として新しいリードを手に入れるのに使われている95%のお金が無駄になってしまっているということが挙げられています。実際、Webサイトの訪問者を有料の顧客に変換するプロセスは非効率で時間がかかるのみならず、PPCのキャンペーンの作成とテストに多くの時間がかかってしまうのです。

そのため、LeadCoinは2018年のQ4に向けて最初のリード共有ネットワークを構築すべく、2017年のQ4にICOの私募と製品の特徴づけを行いました。その後、2018年のQ1にはICOの公募とリードコインネットワークのバックエンドの開発、Q2にはLeadCoinのUI/UXとアプリの開発、Q3には最初のノードであるwebydo.comの立ち上げ、そしてQ4にはSDKとCRMを統合しSales Force、HubSpotとその他をすべて一つにしようと動いています。

<下に続く>

LeadCoinの将来性は?

さて、ここまでLeadCoinの特徴とホワイトペーパー、ロードマップなど情報を色々と見てきましたが、LeadCoinがやろうとしているプロジェクトはまさに企業が抱えている問題の一番重要な部分に取り組んでおり、特に見込み顧客の共有や販売によってより良いwebマーケティングを行うことができれば、本当は売れるけど売れないはずの商品やサービスもどんどん見込み客に提供されていき、LeadCoinのプラットフォームとしての機能もどんどん画期的になっていくのは言うまでもないかと思われます。

また、見込み顧客のデータの残留で無駄になっていた95%のお金も削減され、適切な予算配分がきちんとなされていけば、企業のお金の無駄な出費もどんどんなくなり、会社経営の存続に大きく貢献することも可能になっていくでしょう。

<下に続く>

LeadCoinのICOに参加するには?

さて、気になるLeadCoinへのICO参加に関する詳細ですが、以下の通りの参加日程と参加条件になっておりますので、興味が湧いたという人や是非ICOへ参加してみたいと言う人は以下の日程になりましたら、参加されてみてはいかがでしょうか。
 ・参加日程 3月1日(100分間限定。時間は決まり次第連絡)
 ・参加条件
 参加条件は特に記載されていませんが、ETHで回収されるため、イーサリアムの購入と送金するためのウォレットは必要になるかと思われます。少なくとも取引所から送金することは避けるようにしましょう。

ICOに関する情報は以下のリンクで都度確認しておくと良いでしょう。

<下に続く>

LeadCoinのICOのまとめ

さて、ここまでLeadCoin及びICOについて色々と書いてきましたが、LeadCoinは間違いなく世界初でリード(見込み顧客)のデータ分散型共有を成し遂げるプラットフォームになりえます。見込み顧客をきちんと獲得することは、どんな業界でも必ず超えたい課題であるはずなので、もしこのプロジェクトが米国などの国で導入され実現され成功すればグローバルに導入されるかもしれませんし、これから自分自身でビジネスを立ち上げられるのが当たり前な世の中になっていくのかもしれませんので、ICOへ参加する価値は大変あると思います。

Thumb pexels photo 236047
written by

みんかね仮想通貨編集部です!
みんかね仮想通貨編集部では、仮想通貨に関する最新情報からブロックチェーンの仕組みなど幅広く、皆さまのためになる情報をいち早くお届けします!

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line