みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/02/12

ICO Passの特徴や将来性!ICOに参加するには?

Large photo 1500015139098 84b51c349a60

ICO Passとは?

ICO Passは、KYCチェックの情報の収集、特定、及び交換を行う一揃いのツールを兼ね備えており、ここ最近仮想通貨においてKYCチェックは欠かせないサービスであることからもかなり注目が高いです。今回は、そのICO Passの特徴や将来性、ホワイトペーパーでICO PassがICOに参加する価値のあるものかどうか見ていきたいと思います。

<下に続く>

ICO Passの特徴

ICO Passの特徴は、イーサリアムのブロックチェーン上でトークンセールを行う主催者に対し、一揃いのKYCチェックのツールを提供しているのが特徴です。ICO Passのサービスでは、各寄稿者から名前(full name)、生年月日、e-mailアドレス、携帯番号、国籍及び居住国、住所、ID書類の写真と顔写真を集めております。

ICO Passはトークンセールの主催者に対しては、付属品と一緒に収集したKYC情報のアクセス及び管理を行う時間通りの支払いやwebアプリにおける送信アドレスを特定する為のスマートコントラクトを提供し、寄稿者に対しては、KYC情報の収集を容易にするアプリを発行しています。それにより、主催者は署名も前払いも必要なくなり、寄稿者は小額のトークンの譲渡によりアドレス所有権を証明して払い戻すことも可能になるのです。

<下に続く>

ICO Passのホワイトペーパーとロードマップ

ICO Passのホワイトペーパーによると、ICO Passの最終的な目標はICOの主催者が可能な限りKYCチェックを簡単に行えることができる状態を作ることです。その為に、ICO Passはスマートコントラクトレベルでの対象外の住所からの支払いの禁止、寄稿者の検証の単純化、さらには確認された資金のみのプロキシ契約の展開の構想を描いております。そして、ロードマップを見てみると、2017年の2月にICOと製品のサービスを行いました。

その後、2018年の3月にはより正確性のある新しいデータベースの追加、4月にはライブエージェントを追加した動画識別の開始、5月〜6月にかけては寄稿者と連絡をとる為に追加されたICO主催者のコミュニケーションツールの提供と投資家を自動的に判断する為のUS国家の収入サービスもしくは銀行との統合を行う予定です。そして、11月と12月にはPSD2の下EUでアプリを供給している銀行との統合を終え、アプリでの支払い機能を促進させる予定です。

<下に続く>

ICO Passの将来性は?

さて、ここまでICO Passについて色々と調べてみましたが、KYCチェックはこれからの仮想通貨市場においてはかなり重要な役割を果たすものであり、ICOを主催する側と貢献する側での問題の解消に大きく貢献するでしょう。正直ICO Passに関する情報はホワイトペーパーを見ることでしか把握できませんが、ICOを主催する側にとってはサービスの内容自体はかなり便利なものであり必要とされるものになり得ると思うので、将来性はかなり有望であるものだと言えるでしょう。

また、KYCの身分チェックがブロックチェーンにより今よりもっと早く行われてKYC情報のアクセスを容易に出来れば、これからICOを行う人も安心してICOを行うことができる為、ICOの主催者側と貢献する側でWin-Winの関係が生まれるでしょう。

<下に続く>

ICO PassのICOに参加するには?

さて、ここできになるICO PassへのICOへの参加方法ですが、以下の通り参加日程と参加条件を記しておきますので、今回の内容を読んでICO PassのICOに参加してみたいと少しでも思った方は是非ご検討ください。
・参加日程 2月28日~3月5日
・参加条件
イーサリアムの通貨を購入し、専用のウォレットに保管してそこからICOに参加する必要があります。なお、取引所からの参加は必ず控えておきましょう。

その他のICOトークンセールの最新情報については、以下のリンクよりアクセスできますので、そちらからご確認ください。なお、ICOに関するクレームは一切受け付けませんので、自己責任でご対応願います。

<下に続く>

ICO Passのまとめ

さて、ここまでICO Passについて色々と見ていきましたが、ICO Passが行おうとしているプロジェクトに関しては個人情報の取り扱いの重要性がかなり高まってきている今、おそらくこれからICOを行おうとしている主催者と貢献する側にとっては非常に需要があるものだと言えるでしょう。そういった意味で、ICO PassのICOに参加することで少しでもKYCチェックが簡単になれば将来はほぼ確実に明るくなるので、ICO PassへのICOは大変参加する意義が高いといえますし、むしろ余剰資金があれば余計に参加したいくらいです。

みんかね仮想通貨編集部では現在LINE@の登録を開始しています!
今後、仮想通貨の耳よりな情報をどこよりも早く公開していくので楽しみに待っていてくださいね!

友だち追加

Thumb pexels photo 236047
written by

みんかね仮想通貨編集部です!
みんかね仮想通貨編集部では、仮想通貨に関する最新情報からブロックチェーンの仕組みなど幅広く、皆さまのためになる情報をいち早くお届けします!

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line