みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/02/13

coincheck(コインチェック)2/13記者会見要約!業務改善や今後の補償は?

Large koin
目次

2/13、coincheck(コインチェック)記者会見

コインチェックの記者会見が始まりました!
本記事では記者会見の要点を随時追記していきます!

1月26日仮想通貨NEM(ネム)流出事件を受け、金融庁から業務改善命令を受けていた仮想通貨交換業者のコインチェックは、2月13日の午後、金融庁に業務改善計画を提出しました。
コインチェック側は同日13日の午後8時に記者会見は予定しています。

今回の会見では、流出したNEMの補償の詳しい内容や仮想通貨交換業者として、業務を再開するのかなどコインチェックの今後に注目が集まります。

<下に続く>

coincheck(コインチェック)、金融庁に改善計画提出

コインチェックはネム不正流出事件に対して、2月13日に業務改善命令に係る報告書を提出しています。
金融庁からは主に以下の4つの点を指摘されていました。

  • (1)本事案の事実関係及び原因の究明
  • (2)顧客への適切な対応
  • (3)システム管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化
  • (4)実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定

同日8時から予定されているコインチェック側の記者会見も上記4つが主な内容になると考えられます。

<下に続く>

coincheck(コインチェック)記者会見要点

要点まとめ

流出NEMの補償は目途がついている
停止中の取引は、安全確認ができ次第再開する
今後も事業も継続していく
仮想通貨交換業として金融庁の登録も目指す

会見の内容

大塚COOから会見が行われました。
まずコインチェックの今後の意向として、本日金融庁の業務改善命令を提出し、今後事業を続けていくとのことです!
ネムの保証については、目途は立っており、今後時期確定後、発表とのこと。
仮想通貨の送金や売買については、第3者との協力で、随時進めているとのことです。

また金融庁とのやり取りについては、現段階では答えられないとのことです。
報告に関する4項目についてや補償の目途など詳しい内容も現段階でも言えないとのことです。

コインチェックでは、本日において、401億円の出金があり、補償の手当については問題がないとのことです。
また、ネムの補償の詳しい内容も現段階では言えないとの事です。

本日時点では日本円でもっていた分での日本円での出金は可能となっていますが、仮想通貨での出金はできないとのことです。

コインチェックでは今後の事業継続を目指し、今後も匿名通貨の取扱いも続けていくとのことです。金融庁の登録も目指すとのことです。

ネム不正流出以来、この2週間で進展したことは、外部の専門者にセキュリティの確認、仮想通貨の日本円の出金とのことです。
コインチェックとしてはユーザーファーストの取り組みを進めているとのことです。

本日社長の和田CEOがいないのは、今回の記者会見内容の責任は大塚COOが持っているからとのことです。和田社長は本日、業務改善命令の報告書の提出におもむき、大塚COOの会見している現在は社内にいるようです。

現在のコインチェックの現預金についての質問に関しては、答えられないということです。また、開示する意向も今のところないとのことです。
繰り返しになりますが、業務改善命令に関することはお答えできないとのことです。
また、流出したネムが換金されているとのことに関しては、捜査との兼ね合いでお話できないとのことです。

破たんするのではないかという噂は間違いで、今後事業の継続、金融庁の登録を目指すとのことです。
また、騒動の原因や今後の方針が固まり次第、会見を行うとのことです。

<下に続く>

coincheck(コインチェック)記者会見までの流れ

今回のコインチェック側の記者会見は1月26日の仮想通貨ネム流出事件に端を発します。仮想通貨ネム流出事件についてはこちらを参照してください!

コインチェックのNEM(ネム)580億円が不正送金!coincheckが補償対応を発表  coincheck(コインチェック)のNEM580億円が不正送金! 580億円相当がハッキ...

コインチェックはネム流出後すぐに記者会見を一度行っていましたが、その際は記者からの質問などにはほとんど答えることができず、多くの疑問を残しました。

コインチェック、NEM事件の時系列

2018年1月26日 ハッキングによるネム流出
2018年1月29日 金融庁による業務改善命令
2018年2月2日 金融庁の立ち入り検査
2018年2月13日 日本円の出金再開と記者会見

<下に続く>

coincheck(コインチェック)記者会見のまとめ

今回のコインチェック大塚COOの記者会見では、コインチェックの意向としては、今後も仮想通貨取引所として、事業を継続し、金融庁の登録も目指すということが明らかになりました。

また、本日から日本円での出金も開始しており、今後の進展の見通しについてもある程度の時期は目途がついているとのことです。しかし、全体的には業務改善の具体的な内容や時期に関しての詳細は現段階では答えられないとのことでした。

Thumb pexels photo 730564
written by
株式会社モスティープレイスでは主に記事の企画から編集、公開までのすべてを担当。 また記事を執筆することもあり。 最近はフロントエンドのプログラミング言語や仮想通貨の取引に熱中。
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
関連記事
おすすめ記事