みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/02/14

bitbank trade(ビットバンクトレード)の評判と仮想通貨FX、レバレッジのやり方!

Large photo 1501504905252 473c47e087f8

bitbank trade(ビットバンクトレード)とは?

仮想通貨について投機熱が盛り上がっている一方で、最近では少しずつ規制の動きが強くなったりNYダウの株価が下落したことで仮想通貨市場の暴落が起こっております。

そんな中で、仮想通貨を使ったFXも少しずつ主流になってきておりますが、こんかいはそれを行っているbitbanktrade(ビットバンクトレード)がどんなものか見ていきたいと思います。

<下に続く>

bitbank tradeでは仮想通貨FXができる

bitbank tradeで行う仮想通貨FXは、レバレッジ20倍でのビットコインを行うことが出来ます。他の仮想通貨取引所でも仮想通貨FXを行うことが出来ますが、コインチェックでさえもレバレッジで得られる額は5倍、GMOコインだと最大25倍のレバレッジを得られます。

しかし、その場合短期でのトレードだけになってしまうため、利得は割と少ないです。半面、bitbank tradeで得られるレバレッジは短期でも長期でも行うことが出来る為、非常に便利です。

また、他の取引所だと仮想通貨FXをするよりも仮想通貨を長期保有する目的で購入する人が多いため、仮想通貨FXを行う人が少なく流動性が低いので売買が成立しない可能性が非常に高いです。
その反面、bitbank tradeは世界最大規模のOKcoin板を使っている為、流動性が高い状態を常にキープしている為、安心・安全の取引を通常のFXとは異なり土日も含めて行うことが可能なのです。

また、ロスカットを行う値もほかの取引所だと低くてzaifの30%が最大ですが、それに対してbitbank tradeは20%とかなり低いため、中長期的な取引にもかなり強く、他のFXのようにチャートに張り付きながら行う負担を減らすことが可能です。

<下に続く>

bitbank tradeとbitbank ccは何が違う?

ここまでbitbank tradeでの仮想通貨FXを見たところで、次はbitbank tradeのほかにbitbank ccという取引所も存在する為、この二社はそれぞれ何が違うのか見ていきたいと思います。

この2つの取引所はどちらも同じ会社が運営しており、どちらも2017年にスタートしました。

bitbank tradeがビットコインを使った仮想通貨FXでレバレッジでの収益を得ることに特化しているのに対し、bitbank ccは他の国内取引所と同じく仮想通貨の現物取引のみを行うことが出来、扱っている通貨はビットコインだけでなくライトコインやリップル、イーサリアムも取り扱っており、モナコインも近々準備する予定との事です。

bitbank(ビットバンク)の口座開設・入金方法や手数料・評判、特徴も!仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク) 仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)につ...

<下に続く>

bitbank tradeではスワップポイントが不要!

他の仮想通貨のFX及び法定通貨でのFXでは、スワップポイント(金利)が定期的にかかってきて、特に長期で保有している人にとっては、非常に辛い出費であることは言うまでもありません。しかしながら、bitbank tradeの仮想通貨FXではスワップポイント(金利)が無料ですので、これがbitbank tradeで長期保有での取引に向いているとも言われる所以になっております。

その理由は、bitbank tradeでの仮想通貨FXを行っている取引方法が先物の取引であるからです。先物の取引では、特定の商品等を特定の期日に特定の金額で買うことを行います。

ですので、決済が行われるタイミングは限月となります。なお、先物取引のFXについてはビットフライヤーやザイフもやっておりますが、この二社は手数料がかかってしまうため、bitbank tradeが断然おすすめだと言えますし、金額が増えれば増えるほどスワップポイントはどんどん増えてしまうため、出来れば余計なお金がかからないbitbank tradeの方が賢明でしょう。

<下に続く>

bitbank tradeで仮想通貨FX

ではここまで、bitbank tradeで仮想通貨FXを行えることを知ってもらった上で、仮想通貨FXや通常のFXでよく出てくるキーワードで、レバレッジと追証という言葉が必ず使われます。

しかしながら、どういうものか具体的にイメージしにくいと思うので、少し詳しく説明したいと思います。

レバレッジとは?

レバレッジとは、自分のお金を証拠金として取引所に入れることで、証拠金の数倍~数百倍もの金額で取引を行うことが出来ることで、いわば「てこ」の原理の役割を果たしています。

なお、このレバレッジがFXにおいて可能である理由は、FXの決済方法が差額決済であるからであり、少額での取引で多額の利益を得ることが可能ですが、その分損したときの額も同じくらい伸し掛かってくるので、額が大きくなればなるほど大変リスクは高くなります。

追証とは?

では、次に追証という言葉について説明したいと思います。追証とは、追加で担保の差入れが必要になった状況のことを指します。追証をしなければならない時は、価格が最低保証維持率を下回り強制ロスカットが起こりそうな状況です。

でなければ、買っておいた取引物が強制ロスカットで代用証券の売却や全健玉の反対売買が起こってしまいます。

<下に続く>

bitbank tradeのメリット・デメリット

ここまで、仮想通貨FXや通常のFXについて語ったところで、次にbitbank tradeで仮想通貨FXを行うメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。

メリット

まず、bitbank tradeで仮想通貨FXを行うメリットとしては、通常のFXや他の取引所での仮想通貨FXとは違い追加証拠金制度が無いことです。

従来のFXや他の取引所での仮想通貨FXであれば、損失をした後に追加証拠金を入れなければなりませんが、bitbank tradeではそれが必要が無いため、投資で入金した元本よりも上回る損失を出さなければかなりメリットがあるといえます。

また、コールドウォレットや分別管理によって、セキュリティ対策も世界最高レベルで行われており、安全に取引を行うことを保証しております。

デメリット

一方、bitbank tradeのデメリットはビットコインの先物取引をデイトレードで行う場合は、国内の仮想通貨取引所の御三家にも名を連ねるビットフライヤーとザイフに比べ手数料の安さで劣っています。

また、bitbank flyerは強制ロスカットが20%なのである程度までは耐えられますが、もし強制的にロスカットされた場合は、多額のお金を損してしまうため、ロスカットが起こりそうなアラートに注意したり、損しそうな時はすぐにロスカットを行うことが重要だと言えるでしょう。

<下に続く>

bitbank tradeの評判は?

続いて、きになるbitbank tradeの評判についてですが、Twitterを見る限り割と賛否両論が分かれております。

ポジティブな意見としては、bitbank tradeの多数のテクニカルツールを上手く使いこなせる人はかなりおいしい思いをしたということで評判が良く、またすぐにビットコインでFXの取引を行いたい人にとってはかなり評判が良いみたいです。

しかしながら、一方ネガティブな意見としては、デイトレードで行う場合の手数料が他の取引所よりも圧倒的に高く、スキャルピングで稼いでいる人は他の取引所で仮想通貨FXをやる人もいるみたいです。

また、ブログでの評判を見てみると、bitbank tradeは、レバレッジの倍率が20倍で、強制ロスカットが20%、追証がないという特徴で高評価を得ております。

しかしながら、一方で利便性で言うと他の取引所とは違いスマホのアプリが無いため、スマホでFXをやりたいという人にとってはかなり使いづらく評価はよろしくないようです。

総じて言うと、bibank tradeの評判に関しては、それぞれ使う人の目的によって賛否両論分かれており、レバレッジで稼ぎたい人や長期保有で稼ぎたい人に向いている感じがします。

<下に続く>

bitbank tradeの入金、送金手数料や取引手数料

では、次にきになるbitbank tradeの入金や送金の時にかかる手数料や取引手数料について見ていきたいと思います。

bitbank tradeでかかる手数料は4つほどあり、①新規や決済での取引手数料、②キャピタルゲイン手数料、③借入手数料、④BTC預入引出し手数料の4つがかかります。

まず、①についてですが、新規とは売買の約束が決まったタイミングでかかる手数料であり、決済とは実際に売買が成立したタイミングでかかる手数料ですが、新規で0.4%、決済でも0.1%ほどかかります。これに関しては、ザイフやビットフライヤーだとほぼ無料なので高いといえます。

次に②のキャピタルゲイン手数料についてですが、決済時利益が出た時のみ手数料がかかるものです。bitbank tradeでは0.2%ほどかかり、ビットフライヤーの無料に比べるとやはり高いと言えるでしょう。

次に、③の借入手数料ですが、これは借り入れた金額に対してかかる手数料で、bitbank tradeはこれが無料ですので、日をまたいでトレードを行うのに向いていると言えます。

最後に、④のBTC預入引出し手数料についてですが、BTCを入金する際は、手数料はかかりませんが、出金を行う際、0.0005BTCほど負担する必要があるため、BTCの価格が上がっているとかなり高くなってしまいます。

総じて見ると、全体的に手数料が高いと言えるでしょう。

<下に続く>

bitbank tradeのセキュリティ・安全性

次に、bitbank tradeのセキュリティ及び安全性について見ていきますが、やはり何と言っても売りはマルチシグ対応であることとコールドウォレットを持っていることでしょう。

特に、最近だとコインチェックの流出事件が有名ですが、コインチェックの弱点がマルチシグ対応とコールドウォレットを持ってい無いことによるセキュリティの侵入が簡単に出来てしまったことです。

bitbank tradeではそれを上手に防ぎ、どれだけお金を預けたとしてもハッキングで盗まれることがないので、かなり安全であると言えるでしょう。また、マルチシグ対応により持っている資産を分散管理することも可能です。

また、これについては絶対的な安心を持っていると断定できるわけではないですが、やはり金融庁から認可されていることも安全性がある証拠だと思います。

総じて見ても、bitbank tradeは数ある仮想通貨取引所の中ではセキュリティや安全性については、推奨できるものではないですが、保証できるものであるといえます。

<下に続く>

bitbank tradeの登録方法と使い方!

では、次にbitbank tradeの登録方法と使い方について順を追って説明していきます。

bitbank tradeの登録方法

①bitbank tradeのHPにアクセスして、以下の登録・ログインページを開きましょう。
null

②画面右側にある入力フォームにメールアドレスとパスワードを入力し、ロボットチェックの欄をクリックして、「無料会員登録」というタブをクリックしましょう。

③すると、登録したメールアドレスにメールが送られてくるので、記載されているメール認証URLをクリックしましょう。

④すると、以下の画面が出てくるので、全項目にチェックを入れて、利用開始というボタンを押しましょう。これで、bitbank tradeの登録は完了です。

null

bitbank tradeの使い方

①bitbank tradeのトップページよりログインして、以下の画面を開いたら、「BTC FXトレードをする」というボタンをクリックしましょう。

null

②すると下の画面のように、BTC FXに関して、限月と呼ばれる最終的に決済される日付が記載されている項目や、2番目の画面の注文画面、そして3番目の画面で表示されている取引板が出てきます。

なお、Bitbank tradeは非常に流動性が高い取引所であるため、価格がヌルヌルと動いて、非常に取引がしやすい仕様となっております。

また、ビットコインFXでトレードをする際は2番目の画面の注文画面から「指値」もしくは「BBO」を選び注文を行いましょう。

null

<下に続く>

bitbank tradeで仮想通貨FXを行う上で注意すべきことは?

bitbank tradeで仮想通貨FXを行うことは確かに他の取引所で仮想通貨FXを行うよりもメリットはたくさんあると思います。しかしながら、仮想通貨FXは実際のFX以上にボラティリティが激しいため、損をする可能性も非常に高く、特に強制ロスカットになった場合の損する額は法定通貨でロスカットする場合よりも多いです。ですので、bitbank tradeで仮想通貨FXを行う際はその辺りのリスクも考慮した上で出来るだけ小さい額から始めるようにしましょう。

null

null

Thumb pexels photo 236047
written by

みんかね仮想通貨編集部です!
みんかね仮想通貨編集部では、仮想通貨に関する最新情報からブロックチェーンの仕組みなど幅広く、皆さまのためになる情報をいち早くお届けします!

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line