みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/02/15

GMOコインの手数料は高い?手数料の種類と他の取引所と比較!

Large money 2696229 640

GMOコインの手数料は高い?

GMOコインは日本の大手の仮想通貨取引所のうちの一つです。これから仮想通貨取引を始めようという方はどの仮想通貨取引所で取引を始めようか悩んでいる方もいると思います。そのような方GMOコインについて分かりやすく解説していきたいと思います。

GMOコインの手数料、送金手数料、出金手数料、スプレッド、ビットコインのレバレッジ取引、他の取引所との比較についても紹介していきます。

null

<下に続く>

GMOコインの手数料の種類

まず初めにGMOコインの手数料の種類について解説していきます。

取引手数料

仮想通貨の取引を行う際の形式は2種類あります。それらは「販売所取引」と「取引所取引」と呼ばれており、GMOコインは「販売所取引」形式をとっています。

販売所取引とは「投資家と販売会社」間で取引を行い、取引所取引では「投資かと投資家」同士で取引を行います。つまりGMOコインを利用する方は、GMOコインから仮想通貨を購入したり、売却したりする取引を行うことになります。

基本的に販売所取引のほうが、取引所取引よりも取引手数料が高くなります。これは販売所取引を行う際は、取引所取引に比べて確実に仮想通貨を売り買いできるのと、スプレッド(売買時の価格差)を上乗せするため販売所取引のほうが少し割高になってしまうのです。(後程詳しく説明します)

反対に取引所取引では投資家同士の需要と供給のバランスで価格が決定し、投資家が望む購入額と売却額が合えば取引が成立します。このため取引所取引では指値での注文が可能なので、販売所取引よりも割安で購入できる場合もあります。

まとめると、販売所取引は少し割高になるが確実な取引が可能で、取引所取引はお得に売買できることもあるが売買価格によっては取引が成立しないこともあります。そしてGMOコインでは販売所取引のみの取引になります。

入出金手数料

GMOコインでは他の取引所と同様に入出金手数料がかかります。

取引をする場合は、まず取引所に自分のアカウントを作り、そのアカウントに日本円を入金してから取引を開始するか、すでに所有しているコインを取引所のアカウントに送金してから取引をする2種類があります。その日本円もしくはコインを入金する際に発生する手数料が入金手数料です。

そして取引で得た利益などを自身のアカウントから出金する際にも手数料がかかり、これを出金手数料といいます。

取引を行う際には、入出金手数料もきちんと考慮して取引所を選び、取引を始めることをお勧めします。GMOコインは入出金手数料が安く設定されており、低コストでの取引ができるようになっています。(こちらも後程詳しく説明します)

預入・送付手数料

次に仮想通貨取引では、預入・送付する際にも手数料が発生する事があります。これは先ほど入出金手数料でも述べた、すでに所有しているコインを取引所のアカウントに移動させる際の手数料です。

GMOコインは販売所取引のみなので、取引所取引ができる取引所で売買をするほうが、安くで入手できる場合があります。そのため、すでに入手している仮想通貨をGMOコインに移動させてから取引をするという投資家の方もいます。

そのような方には預入・送付の際の手数料も考慮することで、取引コストを安く抑えることできるようになります。

GMOコインの評判や手数料(スプレッド)は?口座開設や仮想通貨fxのレバレッジ!仮想通貨取引所GMOコイン 2018年2月1日に追記しました! 本記事では、大手上場企業である...

<下に続く>

GMOコインの取引手数料は?

ではまず初め取引手数料をみていきます。
GMOコインでは「現物取引」と「レバレッジ取引」を行うことができます。

まず現物取引を行う場合、取引手数料は基本的に無料になっています。しかしそれとは別に取引の際に発生する購入価格と売買価格の価格差(スプレッド)が上乗せされ、取引手数料の代わりとなります。

つまり取引手数料は無料となっていますが、実際にはスプレッドが取引手数料としての役割を果たしていることになります。そしてGMOコインの手数料が高いといわれる理由です

基本的にはスプレッド(購入価格と売買価格の価格差)は固定で300円となっていますが、相場が急変するとそれに合わせてスプレッドを何度も改訂しています。仮想通貨市場の価格が高騰した2017年12月にはスプレッドが約3万円になったこともあり、これは実質手数料が約3万円かかっておりとても高額になっていました。

null

現在このスプレッドは約2万円に設定されており、他の取引所よりも割高になっています。

null

この表にある取引所のスプレッドが約1000円以下で取引できるのに対し、GMOコインのスプレッドは約2万円かかるにで、その手数料の高さが分かると思います。

まとめると、他の取引所と比べてスプレッドが高く設定されており、利用するの際はスプレッドに気を付けるようにしましょう。

<下に続く>

GMOコインの入出金手数料は?

では次に入出金手数料をみていきます。

取引を始める際には、まずアカウントに日本円を入金する必要があります。その入金の際にかかる手数料が入金手数料です。

日本円での入金は、楽天銀行、住信SBIネット銀行、ペイジーでの即時入金の場合、手数料は無料です。銀行からの振込入金の場合は、振込手数料は利用者負担になります。

即時入金の場合は最低入金額は1回1000円以上、反対に最高入金額は楽天銀行、住信SBIネット銀行は1回1000万円、ペイジーの場合は一回999,999円に設定されています。

入金反映時間は即時入金の場合、入金後即時入金が反映されますが、振込入金の場合は各金融機関の受付時間によって変化します。即時入金を反映させたい方は即時入金を利用することをお勧めします。

null

次に日本円の出金についてみていきます。

現在日本円の出金の際にかかる出金手数料は無料となっています。取引所によっては出金手数料が設定されている場合もあるので、GMOコインでは出金の際に価格コストを抑えることが可能です。

出金の受付は18:00 ~ 翌17:00までとなっており、最低出金額は1回1万円から、最高出金額は1回1000万円までとなっています。出金の際にかかる所要時間は営業日1~2日かかります。

null

まとめると、入出金手数料は基本無料になっており、入金の際に即時入金を利用すれば、入金を即時反映することができます。

<下に続く>

GMOコインの預入・送付手数料は?

次にすでに所有している仮想通貨を入金したり送付する際の手数料をみていきます。

GMOコインでは販売所のみでの販売という事と、スプレッドが高めに設定されているという事もあり、すでに所有しているコインを自身のアカウントに入れて取引を始めるという方も多いと思います。 

現在は仮想通貨の預入・送付手数料は基本的に無料になっています。このためほかの取引所からすでに所有している仮想通貨を移動する際も、安心して取引をすることができます。(※預け入れの際にマイナーに対して支払う手数料は利用者負担)

次に受付時間帯は預入・送付共に24時間365日受付しているので、仮想通貨を移動したい時はいつでも申請することができます。そしてブロックチェーン上での承認状況によりますが、最短30分で移動を反映することが可能です。

GMOコインの預入の最低金額は制限がありませんが、送付の場合は1回0. 02BTCになります。最高金額は預入は制限がありませんが、送付の場合は1回10BTCになっています。

つまりほかの取引所やウォレットからGMOコインに移動させる際は上下限制限なし且つ無料になりますが、GMOコインのウォレットから他の仮想通貨取引所や自身のウォレットに移動する際は0.02~10BTCの間でしか送付できないので注意しましょう。

<下に続く>

GMOコインで仮想通貨FXをする際のレバレッジ手数料は?

GMOコインで取引をする際は、現物取引だけではなく「レバレッジ取引」を行うことが可能です。GMOコインではこのレバレッジ取引のことを「仮想通貨FX」と呼んでいます。取扱通貨はBTC/JPYでの取引のみ取り扱っています。

GMO今野レバレッジ倍率は現在は最高5倍となっています。(2月12日現在)

基本的にはレバレッジ取引をする際にも、現物取引と同じように取引手数料がかかるのですが、GMOコインでは現物取引同様レバレッジ取引でも取引手数料は無料になっています。

レバレッジ取引をする際には基本的にどこの取引所でも「レバレッジ手数料」を払う必要があります。このレバレッジ手数料とは、レバレッジ取引をする際に毎日かかる手数料のことで、建玉の保管費用として請求されます。GMOコインではこのレバレッジ手数料が0.05%/日かかります。

手数料に関してまとめると、レバレッジ取引の取引手数料は無料、レバレッジ手数料は0.05%/日かかります。GMOコインでは前述したように他の取引所と比べてスプレッドが高く設定されているため、レバレッジ取引の際は損失を減らすためにより慎重に取引をする必要があります。

次にレバレッジ取引をする際には取引開始時に必要証拠金を支払う必要があるのですが、建玉金額の20%に相当する日本円を支払う必要があります。ロスカットはこの必要証拠金がの内75%を下回った場合強制決算されることになります。

GMOコインでのレバレッジ取引のやり方!アルトコインでも仮想通貨FXが可能!GMOコインの仮想通貨FXでのレバレッジ取引のやり方! 話題の仮想通貨でレバレッジ取引をするこ...

<下に続く>

GMOコインの手数料を他の取引所と比較

最後にGMOコインの手数料とほかの取引所とを比較してみます。比較する取引所はZaif、ビットフライヤー、ビットポイント、コインチェック、BitTradeの大手の仮想通貨取引所5つです。

Zaif(ザイフ)と比較

Zaifは「アルトコインの種類が豊富」な点が特徴の仮想通貨取引所です。
取り扱い仮想通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、モナコイン、ネム、各種トークン8種、COMSA2種類となっています。

Zaifでは現在取引手数料-キャンペーンを行っており、指値注文で-0.05%、成行注文で-0.01%の手数料がかかるのではなく、受け取ることができます。取引をするたびに手数料分を受け取ることができる取引所はZaifだけです。

次に入出金関する手数料を見てみましょう。

入金手数料は日本円のコンビニ入金の場合486円から594円かかり、ペイジー入金でも同じように486円から594円の入金手数料がかかります。

次に出金手数料ですが、日本円での出金の場合350円から756円ほどの手数料がかかります。BTCでの出金の際には0.0001BTCが出金手数料としてかかります。

まとめると、Zaifでは様々なアルトコインを使った取引が可能、取引手数料は支払うのではなく受け取ることができる、入金手数料は486円から594円、出金手数料は日本円の場合350円から756円、BTCの場合0.0001BTCがかかります。

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の評判や手数料は?口座開設や手数料、最新情報!仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)とは? Zaifは日本国内のメジャーな仮想通貨取引所の一つです...

bitFlyer(ビットフライヤー)と比較

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内最大手の仮想通貨取引所で「ボーナスキャンペーンが豊富」という特徴を持っています。

現在ビットフライヤーでは6種類のボーナスキャンペーン行っています。例えば取引合計金額がランキングで発表され、そのランキング上位に入ればBTCを受け取ることができたり、ログインするだけでBTCを受け取ることができるキャンペーンなどを実施しています。

ビットフライヤーで取り扱っている仮想通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、モナコイン、リスクなどを取り扱っています。

ビットフライヤーでは取引手数料が約0.01%から0.15%かかります。日本円での出金手数料は216円から756円かかり、ビットコインでの出金手数料は0.0008BTCかかります。先ほどのZaifと比べたら手数料が割高になっています。

仮想通貨取引を行う際はセキュリティが気になると思いますが、ビットフライヤーでは盗難補償ついています。コインチェックのNEM盗難事件では盗難されたNEMの保守についても大きな話題になりましたが、ビットフライヤーでは盗難補償を明言しているので安心して取引をすることができます。

ビットフライヤーについてまとめると、ボーナスキャンペーンが豊富、取引手数料は0.01%から0.15%かかる、日本円での出金手数料は216円から756円かかり、ビットコインでの出金手数料は0.0008BTCかかります。

bitflyer(ビットフライヤー)の最新情報と使い方!評判や手数料、入金方法!仮想通貨取引所bitflyer(ビットフライヤー) 2018年2月9日に追記しました! 仮想通...

BITPoint(ビットポイント)と比較

ビットポイントは、東証マザーズに上場しているRemixpointという会社が運営している仮想通貨取引所です。日本だけではなく香港や韓国にも取引所を設立しています。

現在BITPointで取り扱っている仮想通貨はビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップル、ライトコインの5種類となっています。

次にBITPointの手数料についてみていきます。BITPointでは現在、現物取引、レバレッジ取引、MT4取引の際にかかる売買手数料は無料になっています。

このMT4取引とは、MetaTraderという高機能のトレードシステムを使うことのできる取引の事です。普通の口座に比べて使える分析ツールが多く、プロの投資家が使っているチャートやツールを使うことが可能になります。

そして次にBITPointの入出金手数料ですが、日本円の入出金、仮想通貨の受金・送金にかかる費用がすべて(日本円入金の際の振込手数料は利用者負担になります)

まとめると、BITPointでは取引手数料、入出金すべてが基本無料に設定されています。このような多くの手数料が無料の仮想通貨取引所は多くはなく、手数料を抑えた取引をしたいという方にはBITPointでの取引をお勧めします

ビットポイント(BITPoint)の評判や登録方法は?MT4の使い方や手数料仮想通貨取引所ビットポイント(BITPoint)を紹介 仮想通貨取引所ビットポイント(BITP...

CoinCheck(コインチェック)と比較

CoinCheckは日本再大手の仮想通貨取引所でしたが、1月26日の不正アクセスによるNEM盗難事件で現在は業務停止になっています。

2月13日から日本円の出金を再開しましたが、今までの様な事業が今後も展開されていくかはまだはっきりとはわかりません。

コインチェックCOOの大塚雄介氏によると、破産の見込みについては否定的で、事業再開の為の業務改善計画を金融庁に提出すると発表しています。

NEM流出事件が発生してしまったものの、日本の仮想通貨市場の発展とより多くの投資家に仮想通貨投資を浸透させたCoinCheckの功績はとても大きいと評価されているので、今後の事業再開や改善に期待しましょう。

BitTrade(ビットトレード)と比較

BitTradeは2018年から徐々に知名度を上げてきている新しい仮想通貨取引所です。運営会社はビットトレード社で、FX取引事業大手のFXトレードファイナンシャルの関連会社です。

現在BitTradeではビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、モナコイン、ビットコインキャッシュの6種類を取り扱っています。

次にBitTradeの手数料についてみていきます。

BitTradeの売買手数料は通貨ペアによって変わり、メイカー(指値注文)とテイカー(成行注文)でも変わってきます。

例えば、イーサリアムと日本円での取引だと、メイカーで0.25%、テイカーで0.45%の売買手数料がかかります。ほかの通貨ペアの組み合わせごとに手数料も変わってくるので、取引の際には自分がどのペアで取引をするのか確認するようにしましょう。

次に入出金手数料ですが、日本円での入金は利用者負担で出金は648円がかかります。仮想通貨をBitTradeのアカウントに入金する際は、すべての取り扱い仮想通貨の入金手数料は無料になっています。

しかし出金手数料は通貨によって変わってきます。例えばBTCを出金する際は0.001BTCかかり、イーサリアムを出金する際は0.15XRPかかります。仮想通貨は価格のボラティリティ(変動性)が激しいので、仮想通貨の出金の際に思わぬ手数料がかかってしまうことがあります。

まとめると、BitTradeはまだ新しい仮想通貨取引所で現在取り扱っている仮想通貨は6種類あります。売買手数料は通貨ペアによって変わり、仮想通貨を出金する際の出金手数料も通貨によって変わります。仮想通貨の相場を確認してなるべく低コストでの取引や出金をするように注意しましょう。

仮想通貨取引所BitTrade(ビットトレード)の評判や使い方、手数料や入金方法!仮想通貨取引所BitTrade(ビットトレード)を紹介 BitTrade(ビットトレード)とは...

<下に続く>

GMOコインの手数料のまとめ

この記事ではGMOコインの手数料について詳しく解説してきました。GMOコインの手数料は高いといわれていますが、原因はほかの取引所よりも大きなスプレッド(売買価格の価格差)にあります。

GMOコインの入出金手数料や送金手数料は無料になっているため、すでに所有している仮想通貨を使った取引や、レバレッジをきかせた取引をしたいという方にお勧めできる取引所になっています。

GMOコインの他にも様々な取引所を紹介してきましたが、自分の取引スタイルと合った取引所で手数料をなるべく抑えて、賢い仮想通貨取引をするようにしましょう。

Thumb pexels photo 236047
written by

みんかね仮想通貨編集部です!
みんかね仮想通貨編集部では、仮想通貨に関する最新情報からブロックチェーンの仕組みなど幅広く、皆さまのためになる情報をいち早くお届けします!

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line