みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/02/19

仮想通貨プレセールとは?買い方や2018年注目銘柄を紹介

Large %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2018 02 17 21.20.00

仮想通貨のプレセールとは?

ここ最近、仮想通貨のプレセールを行おうとしているプラットフォームが増えており、その企業数は数え切れないくらいに存在しております。

今回は、その仮想通貨のプレセールについて、詳細な情報を色々と調べていきながら、買い方やおすすめの銘柄を見ていき、最終的にどのように仮想通貨のプレセールに臨めば良いのか見ていきたいと思います。

<下に続く>

仮想通貨のプレセールとは?公開前に買うメリット

仮想通貨は、通常ICO(新規仮想通貨公開)による資金調達を行う事で開発が進められているのですが、ICOではトークンやコインが販売されており、私たちはそれを購入するという形をとる事が出来ます。

プレセールとは、いわば開発が出来上がっていない段階で、システム上に仮想通貨を販売する手法であり、開発のための資金調達を目的としている場合もあります。

メリットとしては、公開される前に購入する事で公開された段階で購入するよりも後々化けた時に大きな利益を得られる可能性が高く、さらに上乗せでボーナスが支給されるというメリットが付いています。

しかしながら、仮想通貨はプレセールの段階だと市場規模がほとんど分からない状態でシステム自体が本当に出来上がっているのかも分からない状態なので、いわば資金の持ち逃げみたいな詐欺まがいの行為をされるリスクも大きいのです。

ですので、プレセールで仮想通貨を購入する場合は、最悪購入した分の通貨は全てゼロになっても良いという覚悟を持った上で投資する必要があります。

<下に続く>

プレセール中の仮想通貨の買い方は?

プレセール中の仮想通貨の買い方としては、できれば持っているイーサリアムコインのうち、失っても良い金額からの投資を行うのが賢明だと言えます。

もし、それでトークンを無事手に入れる事ができ、仮想通貨のプレセールを行う企業の価値が上がっていけば、得られる利益はそれなりに高いと言えます。

また、プレセール中の期間は他のセール期間よりもかなり短めになっている可能性が非常に高いため、常に情報のアンテナを張っておく必要があり、できるだけプレセールの情報に触れられる状況を作っておくと良いでしょう。

しかしながら、注意しておきたい事はプレセールに夢中になりすぎて、他に自分が購入している仮想通貨の資金管理も忘れずに行う事を心がけるようにしましょう。そうすれば、プレセールをリスクヘッジ目的で行う事も可能です。

<下に続く>

仮想通貨のプレセール情報を確認する方法は?

仮想通貨のプレセールの買い方について説明したところで、次はプレセールの情報を確認する方法について説明していきたいと思います。

仮想通貨のプレセールを一個一個確認できれば良いですが、実際仮想通貨をプレセールしようとしている企業はかなり多く、一つ一つ丁寧に調べていたら日が暮れてしまいます。

そんなわけで、プレセールの情報が手に入るICOの検索サイトの中でかなりおすすめのサイトを紹介したいと思います。

まず、一つ目は神社の鳥居のマークをした「COINJINJA」というサイトが日本語対応で非常に使いやすくおすすめです。

URL:https://www.coinjinja.com/

このサイトの便利なところは、公開前のICO案件をすぐに調べることができ、一つのサイトでプレセールやセールの情報も一気に調べることが出来ます。

また、それだけでなくホワイトペーパーも直接アクセスして調べることができるので、非常に便利です。

ホワイトペーパーを直接調べれば、ICOのロードマップやプロジェクトの内容なども直接調べることができるため、非常に使いやすくおすすめで、ICO案件についてこれだけよくまとまったサイトは他にありません。

<下に続く>

仮想通貨のプレセール2018年の注目銘柄を紹介!

次は、仮想通貨のプレセールを行う企業で今年注目の銘柄についていくつか紹介したいと思います。

注目銘柄①「Cypherium」の基本情報

Cypheriumは、仮想通貨を法定通貨のように使用したい人のためのプロジェクトを行っているICO案件です。

ここは、8年後に仮想通貨経済は10兆ドルを超えるだろうと見越した上で、現在使われるようになったApple PayやAndroidPayなどの仮想カードと銀行を結びつけようとしています。

これにより既存のPOSソフトウェアとハードウェアの統合が実現できれば、価値が上がるため、今年注目しておくと良い銘柄の一つであることが伺えます。

その上、様々な電子取引、小売、HoReCa、SMB及び他の多くの分野で支払いを許諾することができれば、仮想銀行が現実になるかもしれないので、これから需要が伸びそうなプロジェクトを行っていると言えるでしょう。

注目銘柄②「Rentberry」の基本情報

Rentberryがやろうとしているプロジェクトは、分散型の長期レンタルエコシステムを形成することで、ブロックチェーンの技術でレンタルプロセスのコストを抑え、レンタルをより便利で安全なものにしようとしております。

近年、多くの他の産業が入り乱れている中、長期的な不動産賃貸スペースが伝統的に欠けており、匹敵する革新が欠けているのが背景となっているため、Rentberryはそれをブロックチェーン技術を用いて解決しようとしているのです。

不動産関係のプロジェクトはこれから長期的に考えれば、需要はずっとあり続けるものであるので、これからのことを考えれば、非常に可能性の高く注目しておきたい銘柄の一つに挙げるのに良いでしょう。

注目銘柄➂「DineroOne」の基本情報

DineroOneがやっているプロジェクトは、コーヒーショップ、レストラン、お店などを対象とするところで、好きな場所で簡単に仮想通貨の支払いを行えるようなプロジェクトを行っています。

もしこのプロジェクトが現実になれば、コーヒーやクロワッサンをデジタル通貨で支払うことができ、現金を心配する時間を減らすことが出来ます。

このプロジェクトを見ると、朝忙しいビジネスマンが悩みとしている支払い問題を上手に解決してくれそうなプロジェクトである為、需要が高いものであると言えます。

例えば、世界中のスターバックスコーヒーで朝のコーヒーをデジタル通貨の支払いで現金の心配をせずに飲食を楽しむことができて、ビジネスの時間にうまく充てられれば循環は良くなっていくので、これから注目しておきたい銘柄であります。

注目銘柄④「TokenPay」の基本情報

現在、この「TokenPay」という銘柄が大注目を浴びており、何人もの億り人を輩出した仮想通貨ADKと似た部分にあることから非常に期待されております。

TokenPayはプライバシー保護に重きを置いた匿名性の通貨であり、個人法人問わずプライベートな送金をサポートすることを目的とする金融系プラットフォームです。

そのアルゴリズムは、PoS通貨なので、保有しているだけでエアドロップで報酬が増えて行くシステムであるというまさに仮想通貨を保有する人にとっては嬉しい機能も兼ね備えているんだとか。

しかも、調達金額は25億円以上とかなり多額のお金をICOで調達しており、今年非常に期待の持てるICO案件であると言えるでしょう。

注目銘柄⑤「Peatcoin」の基本情報

「Peatcoin」という仮想通貨は、成功し続けている事業を行っている企業に資金を提供することを目的としたICOプロジェクトです。

このプロジェクトにはすでに1600万ドル以上もの投資があり、インフラ整備を始めとして、道路建設、電力線建設、建物・建造物の建設、カナダ(プレミアデック)、フィンランド(スコーネ)の最新機器を購入した上で、企業をゼロから作っています。

このプロジェクトは、特にこれから発展途上国においては非常に重宝されるプロジェクトであり、特にこれから経済が発展していくと言われている東南アジアではこのプロジェクトは事情に需要があるものだと言える為、公開前の今これから2018年度中に注目銘柄になっていくICO案件の一つではないかと思われます。

<下に続く>

仮想通貨プレセールにどう臨めば良いのか

っというわけで、仮想通貨のプレセールについて色々と見ていきましたが、このプレセールについて全く内容が分からないという方は、この記事で紹介したまとめサイトを使ってICO案件をじっくりと眺めてみるだけでも良いでしょう。そして、プレセールを行うよりもまずは本セールの方で慣れていき、目利きがついたところでプレセールに挑んで買う、もしくは明らかに目利きのある人からプレセールの情報を得てやるのが今の所の良い対策ではないでしょうか。少なくとも多額のお金を一気に突っ込んで一気に損してしまったということがないように資金管理だけはきちんとしておきましょう。

Thumb pexels photo 236047
written by

みんかね仮想通貨編集部です!
みんかね仮想通貨編集部では、仮想通貨に関する最新情報からブロックチェーンの仕組みなど幅広く、皆さまのためになる情報をいち早くお届けします!

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line