みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2017/05/26

サラ金とは?意味やサラ金利用時の注意点と借りてしまった時の対処法

Large pexels photo 28774  1

何かとお金の必要に迫られることが多い昨今。充分な収入があるのに浪費がたたって家計が危うい方。突発的な事情で収入がなくなってしまった方。旦那さんに言えないうちに借金を背負ってしまった方。いろいろな境遇の方がおられることでしょう。

普通、と言えば、何が普通なのかは難しいです。ただ、一定数の方は、「お金を借りる」という道を選択されることが多いでしょう。友人から借りる場合もあれば、親から借金をすることもあるでしょう。

ただ、どうしても近親者からお金を借りるというのはハードルが高いことも否定できません。お金のことで困っているという状況は、どうしても人には言いにくいものです。

そのような流れの中、借金を検討するときは、どうしても消費者金融などの門をたたいてしまうのでしょう。

特に、今では無人の貸し出し機が設置されていることもあります。また、家にいながらインターネットで借金を申し込むこともできます。さまざまな方法で、簡単なやり方で、借金をすることができます。

借金はどこから借りるべき?

null

「借金=消費者金融。」このような図式を思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、お金の貸し借りについては、非常に危険な存在が社会に蔓延っています。お金を借りたいという人の苦境に忍び寄ることによってきます。

これらの人から不法にお金を巻き上げようとする人たちが多く存在しています。困っている人は、藁にもすがってしまいます。冷静な判断ができにくい。知識をもっていない。アドバイスを頼む人がいない。ここにつけいるのです。

悪質な業者のことは知っておきましょう。思いもよらぬところで、困ったことになりかねません。そこで、まずは、お金を貸す存在の知識をもっていなければなりません。

<下に続く>

お金を借りる際に知っておくべき貸金業法

お金を貸すことで利益をあげるためには、つまり、貸金業をするためには、法律を守らなければならない、ということです。この法律のことを「貸金業法」と言います。つまり、お金を借りることができる会社は、貸金業法をしっかりと守って営業をしています。この意味で安心できるでしょう。

法律を守らずに、お金を貸して、消費者を困らせる人たちがいます。これを「ヤミ金」と言います。

これに対して、「サラ金」「消費者金融」があります。どちらも法律を守ります。つまり、貸金業を営んでいる存在のことを言います。両者は大きくこのように分類されます。

それでは、サラ金と消費者金融は何が違うのでしょうか。

<下に続く>

サラ金と消費者金融の違い

基本的に、両者は全く同じものを言います。

呼び方の違いだけです。かつて、サラ金が流行り出した頃、これと比較する意味でヤミ金が登場しました。ヤミ金が社会問題となり、同時に、合法なはずのサラ金にも悪いイメージがついてしまいました。このイメージを嫌って、現在では消費者金融と呼ぶのが一般的になっていると考えることができます。

バブルを生きてきた人は、タイムリーに知っているでしょう。サラ金ブームと言っても過言ではありませんでした。派手な生活のために、お金を借りる。それでもしっかり稼いで返すことができました。

しかし、残念ながら今は不況です。生活の甘さだけが残って、財布は厳しい。このギャップのせいで、困窮する人が増えたという事情もあります。

<下に続く>

消費者金融、ヤミ金、街金との違い

null

この三つの違いを考えてみましょう。

違い①:貸金業法を守っているか否か

まずは、しっかりと貸金業法を守っているか、という点です。大きく二つに分けることができます。
上でもご説明したように、ヤミ金は法律を守らないものです。消費者金融・街金は、法律を守って貸金業を営むもの、のことです。合法か違法か、という区別をすることができます。

違い②:全国的に展開しているか否か

それでは、消費者金融と街金にはどのような違いがあるのでしょうか。
まず簡単に挙げることができるのが、それぞれの規模の違いです。

つまり、大規模に、全国的に展開しているようなものを「消費者金融」と言います。これに対して、比較的小規模な範囲が街金です。その名の通り、街に根付いた形で、街の人たちに、というイメージでしょう。おおよその規模に注目したものです。

相対的な違いとも言えるでしょう。キー局で広告をうっているようなところは消費者金融、個人でやっているようなところは街金、という程度の棲み分けで充分でしょう。

違い③:合法か違法か

大きな分岐点である「合法か違法か」という点をもう少し深く掘り下げてみましょう。例えば、消費者金融であれば、悪質な取り立てがされることはありません。

ドラマや映画などのイメージで、消費者金融=恐い、ドアに落書きがされるかもしれない、というような想像をされるかもしれません。しかし、このような行為は違法なものです。

そして、違法な取り立てをするのは「ヤミ金」であって、「消費者金融・街金」ではありません。

このように、これらの機関と関係をもつ中で、具体的に行われる手段が全く異なります。違法なヤミ金は、どのような手段でもとってくる危険性があります。

これに対して、消費者金融などについては、こういった意味での恐怖心をもつ必要はありません。

違い④:貸し付け金の規模

もちろん会社によってさまざまですが、基本的な傾向を示すことはできると思われます。大きな違いが見受けられるのは、貸し付け金の規模ではないでしょうか。つまり、大規模な消費者金融では、必然的に扱われるお金は大きくなります。これに対して、街の中で成長して営業をしていることから、比較的少額の貸し付けが中心となります。

利用者の気持ちになって考えればわかり易いと思われます。数万円の都合をつけたいときに、馴染みの街金と、大袈裟な消費者金融と、どちらを選択するでしょうか。これに対して、いくつものカードローンを一本化したいようなときには、果たして前者を選択するでしょうか。

このような形で、消費者との関係で在り方が異なるということができるでしょう。

さらに、「街を大切に」精神が見受けられる街金。必然的に、常連さんなどとの間に、貸し借り関係を超えた信頼関係などが構築されることもあるでしょう。

大手の消費者金融では、審査がやはり厳しい傾向にあります。これに対して、街金では比較的、審査は緩いという傾向を見出すこともできるかもしれません。

<下に続く>

サラ金利用時の注意点

null

さて、いくら合法であるとは言っても、借金をするにはいくつか注意しなければならないことがあります。以下で簡単にご紹介しておきましょう。

注意点①

まずは、借りているサラ金が、本当にサラ金であるのか、という点です。手口が悪質化していますので、わかりにくい形で闇金が横行しているという事実があります。

闇金であれば、悪質な取り立てや、暴利の金利を要求される危険性があります。このようないくつかのメルクマークがありますので、しっかりと確認しなければなりません。

注意点②

二つ目は、しっかりと返済をしなければならないということです。ここまで、サラ金は合法だ、ということを述べました。そこで、合法=大丈夫、というイメージをもたれるかもしれません。

しかし、あくまでも合法に「借金」をしているということを忘れてはいけません。返済日に返済をしなければ利息が付きますし、ひどいようだと裁判を起こされることもあります。しっかりとした返済計画をもって借金をしなければなりません。

注意点③

リスクの話をさらに深めると、借金が返済できないと、財産が差し押さえられるということになりかねません。さらには自己破産という場面も視野に入れざるをえない状況に追い込まれる可能性もあります。

借金で首がまわらないという状況は、社会的に非常に困った状態になります。それだけではなく、精神的な圧迫も尋常ではありません。

このような事態になる可能性までしっかりと意識した上で、借りるかどうかの判断をするようにしましょう。

<下に続く>

サラ金からお金を借りてしまったら

過払いについての理解が広がったこともあり、違法な利息を取られるということは基本的にはなくなったかと思います。それでも、返済が長期になると、余分に払ってしまっているという状況も考えられなくはありません。

自分がいったいどれだけの金額を借りたのか、どれだけをどのようなペースで返さなければならないのか、という点は、相手に任せっきりではいけません。自分自身で管理をするようにしましょう。

さらに、基本的に金融機関から借金をしているという状況は喜ばしいものではありません。できるのであれば、近親者などからお金を調達するなどして、できるだけはやく返済をして、金融機関との関係を絶つのがベターです。

このような対応が厳しいのであれば、すぐに法律家の助言を求めるべきでしょう。自己破産だけではありません。債務整理など、色々な道があります。そのような逃げ道があるのだ、ということも同時に知っておくべきでしょう。

<下に続く>

サラ金とは?意味やサラ金利用時の注意点と借りてしまった時の対処法のまとめ

借金を望んでしている、という方はいないでしょう。仕方なしに背負っているという方が多いのも分かっています。

ただ、やはりお金を借りてまでどうにか対処するという選択肢は、非効率的で、目先のことしか考えられていないのだ、ということも、厳しいかもしれませんが、理解しておきましょう。

お金を借りずに対応する。金融機関の世話にはできるだけならない。利息などのことを考えると、結果的に損をするだけだ。これらを自分に言い聞かせましょう。

それでも借りてしまった方は、一人で悩みを抱え込まないことです。誰かの手助けを借りれば、簡単に解決する問題もたくさんあります。特に、借金関係に関しては、プロの法律家という心強い存在がいるということを忘れないようにしましょう。

下記の記事で闇金相談を専門的に行っている弁護士や法律事務所を紹介していますので、悩みを抱えている方はすぐに相談する様にしましょう。
闇金被害相談や解決に強い弁護士・司法書士!取り立てや嫌がらせの問題対策までカバー

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line