みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/02/26

新幹線の割引方法14選&新幹線のチケット代を安くするテクニック

Large pexels photo 433301  1

帰省や旅行、仕事などの移動手段として利用する新幹線は遠距離を移動する分、電車やバスなどの交通機関に比べて運賃が高いことが多いです。

そこで今回は新幹線で適用することができる割引の種類や、お得に乗るための方法をご紹介します。

チケットの購入方法やプランを変えただけで、いつもよりお得に乗れることもあります。

新幹線の割引方法を知らないと損!

新幹線は遠距離の目的地に向かう際の交通手段として主に利用されています。

普通電車やバスと違い、あらかじめ席の種類や場所を決めるのが特徴です。

また比較的短時間で移動することができます。

自由券は当日に並んで空いている場所に座ります。混雑している場合は座れないのがデメリットです。

指定券はあらかじめ席を予約する為、必ず座ることができます。また予約をしておけば家族や友達と近くに座ることもできるので安心です。

新幹線のチケットは現在窓口だけでなく、ネットでも簡単に検索・購入することができます。

しかしいつでもどこでも予約できて便利になった分、たくさんのサイトがあるのでどの方法で予約するか迷ってしまいます。

またお得な方法やサイトを知っているかいないかでは、同じ行き先でも料金が異なる場合があります。

方法が分かれば、同じ価格でいつもよりお得なプランを見つけることも可能です。実際に割引方法を細かく見ていきましょう。

<下に続く>

新幹線のチケットを割引する方法

方法①早めの予約で割引

早めに予約することでお得な価格にする方法です。

それぞれ新幹線や会社によって、色々な種類の早め予約割引チケットが販売されています。

JR東日本新幹線片道乗車の場合

東京・北海道新幹線、山形新幹線、秋田新幹線、上越新幹線、北陸新幹線を利用する際に適用されます。

ただし片道乗車券なので、往復の切符を購入したい方は片道乗車券を行きと帰りで2枚購入することになります。

また「えきねっと」の会員(無料)になることが条件です。

1ヶ月前〜13日前のまでに予約するとお得に購入できます。

名古屋と大阪を往復する場合

東海道新幹線で自由券を利用する際に、1ヶ月前〜7日前までに予約するとお得に購入することができます。

山陰・四国地方から東京・横浜へ

のぞみ号普通車指定券」を利用し切符を使う日の21日前〜7日前までに予約するとお得に購入することが可能です。

ただし都内から出発する場合には適用されません。

目的地や条件、各サイトによって異なるサービス

具体的な場所を指定し、早めに購入した際の割引をご紹介しました。

この他にも行き先予約サービスの会員制度などによって色々な早め予約割引が存在します。

お得な切符は売り切れてしまうことが多いので、日時や目的地・人数が決まったらたらすぐに各新幹線の情報を調べてみましょう。

方法②新幹線の回数券

片道・往復の乗車券を利用するのではなく、新幹線の回数券で割引価格にする方法です。

回数券は利用する新幹線・席の種類(自由席・指定席)など色々な種類があります。

有効期限が決まっているので、その期間に何度も新幹線を利用する際や一緒に行く人と分けるのもおすすめです。

注意点は他のお得な乗車券に比べて割引率が引くめなことです。

有効期限内(3ヶ月がほとんど)に必ず利用する予定がある方は購入してみるのも良いでしょう。

方法③金券ショップ

金券ショップで安く購入する方法です。

金券ショップの店舗に直接行って目的地や日時に適した切符を探すことができます。またネットで検索して探すことも可能です。

状況によって在庫が異なることもあるので、
複数の金券ショップを比較することをおすすめします。

また金券ショップには先ほどご紹介した回数券と、株主優待券が販売されています。

自分が求めている条件(自由席・指定席など)や日時が当てはまっているか、有効期限は大丈夫かをきちんと確認することも必要です。

条件が合う切符を見つけることができたらお得に手に入れることができます。

方法④JRで販売されている割引切符

期間限定・数量限定で発売されているお得な切符や各新幹線の割引切符でお得に購入する方法です。

期間・数量限定で販売されている切符はネットやチラシで調べることができます。

東北新幹線、秋田新幹線、上越新幹線、北陸新幹線を利用する場合

「新幹線Wきっぷ」でお得に乗車する方法です。こちらは普通車自由席の切符です。

有効期限は1ヶ月間なので、こちらの2枚綴りの切符を片道で2回利用することも可能です。

九州新幹線を利用する場合

こちらも2枚綴りになっているので片道で2回分使うこともできますし、往復で1回でも可能です。2人で分けることもできます。

区間の設定があるので、自分の目的地に当てはまるかどうか調べることが重要です。

また自由席券なので、指定席の購入を考えている方は別で指定席券を買う必要があります。

方法⑤ポイントも貯まる割引切符

新幹線の切符を購入してポイントを貯める方法です。貯まったポイントは使うことも可能です。

各サイトで予約したり、カードで購入したりした際にポイントが貯まるサービスがあります。

新幹線を頻繁に利用する方や大勢で利用する際はポイントが貯まるサイトカードを利用すると大変お得です。

また貯まったポイントを使って乗車券を購入すると、割引価格よりも安く手に入れることができる場合もあります。

新幹線

方法⑥株主優待券

株主優待割引券を利用してお得に乗車する方法です。

自分が株主になり割引券を手に入れる方法と、金券ショップなどで販売されている株主券を購入する方法があります。

会社によって割引率や利用条件が異なるので、他の購入方法と価格を比較してから利用するのも良いでしょう。

ただし他の会社の区間を利用することはできないので注意が必要です。

例えばJR東日本を利用する際はJR東日本内の区間のみ利用可能です。

方法⑦旅行とパックで購入

それぞれの旅行会社が発売しているパックになった乗車券を利用する方法です。

電車やバスの乗車券宿泊費と新幹線の乗車券がセットになっているのです。

またパックによっては飲み物サービスや旅行先での特典が付いている場合もあります。

1番お得な行き方を探すには、日時や行き先などの詳細を決めた後に各旅行会社を比較する必要がありますが割引率は高いです。

初めから宿泊する予定があった場合は、宿泊先と新幹線の乗車券をパックで購入した方が断然お得になります。

方法⑧ぷらっとこだま

こちらはこだま号で利用できるお得な乗車券です。

旅行会社「JR東海ツアーズ」が販売していて、普通車の指定席だけでなくグリーン車に乗車する際もお得にすることが可能です。

ぷらっとこだまは飲み物の引換券が付いているのも特徴です。

時間をかけてでもお得に乗車したい方は「ぷらっとこだま」をおすすめします。

ぷらっとこだまは料金が安い?メリット・デメリットと予約方法ぷらっとこだまとは? 新幹線に乗る際、その価格の高さに悩まされている方も多いのではないでしょう...

方法⑨バリ特こだま

こちらは山陽新幹線で利用できるお得な乗車券です。

旅行会社「日本旅行」が販売しています。

ぷらっとこだまと同様に、こだまの片道乗車券飲み物引換券が付いているセットです。

ただし予約した新幹線にしか乗ることが出来ず、乗り遅れした場合など他の新幹線には乗れないので注意が必要です。

方法⑩団体割引

大勢で新幹線を利用する場合にお得な方法です。

8人以上で一緒に利用する場合に通常より安く乗車券を購入することが可能です。

学生団体

学生団体の割引率は年齢によって異なります。

小学生(こども運賃)以下の場合は3割引、中学生以上は5割引です。

また教職員や付き添う人にも3割引が適用されます。

こちらの割引を利用する際には色々な条件や申込書での手続きなどが必要になってきます。

普通団体

普通団体の割引率は時期によって異なります。基本的には1〜1.5割引です。

また30人以上などで普通割引を利用する場合は「1人分の運賃が無料」になるなど、よりお得に乗車することができます。

方法11:学生・シニア割引

こちらは自分の年齢を生かして通常よりも安く乗車する方法です。

学生割引

学生割引の割引率は他の方法と比べて高い場合が多いです。

学生割引を利用するには自分が通っている学校で手続きをする必要があります。

手続きを通して発行された学生であることを示す証明証をJRに提出することで学生割引が適用されるのです。

学校によって手続き方法は異なります。

シニア割引

「ジパング倶楽部」の会員になることでシニア割引が適用されます。

他にも「大人の休日倶楽部」や「おとなび」など各会社からシニア向けのお得な会員制度があります。

各会社によって割引率会員になれる年齢が異なるので、利用する新幹線によって使い分けましょう。

方法12.会員限定割引

シニア向けの会員制度だけでなく、他にも新幹線にお得に乗車できる色々な会員制度があります。

サイトに登録して会員になることで割引が適用されたり、指定のカードで支払うことで割引価格で購入することもできます。

無料登録で会員になれるサイトもたくさんあるので、年齢やプランなどから自分に合った会員制度を見つけましょう。

方法13.レンタカーとセットで予約

こちらは新幹線の乗車券とレンタカーを一緒に予約することでお得に乗車券を手に入れる方法です。

駅の近くにレンタカーのお店がある場合も多いので、より短時間で色々な場所に行くことが可能です。

注意点は期間や利用できる区間、移動する距離などの条件があることです。

またレンタカーの会社によっては別々に購入した方が安い場合もあります。

そしてこちらの割引方法を利用する際、他の割引方法とは併用できないことも多いです。

方法14.テーマパークとセットで予約

こちらはテーマパークのチケット新幹線の乗車券を一緒に予約する方法です。

またテーマパーク最寄り駅までの電車やバス乗車券もセットになっている場合があります。

混んでいる期間などは利用できない場合があるので注意が必要です。

日時はもちろんのこと、行き先や人数が決定したらどの割引方法が1番お得なのか調べてみましょう。

早めの予約で安くなったり、人気のものは売り切れになる場合が多いので、詳細が決まり次第すぐに探してみることをおすすめします。

計画

<下に続く>

最もお得な新幹線の割引は?

新幹線の乗車券を通常よりお得に購入する方法をご紹介しました。

年齢や条件などを上手に生かせば、割引価格で新幹線の乗車券を手に入れることが可能なのです。

その中で最もお得な新幹線の割引方法は「パックで購入」です。

なぜなら、新幹線の乗車券と共に宿泊先の確保までできるからです。

また行き先で利用できるサービスが付いていることもあり、移動以外もお得に楽しむことができます。

各会社によって特典内容条件は違うので、比較してみるとよりお得な割引方法を知ることができます。

そして移動時間やサービスなどのゆずれないポイントをあらかじめ決めておくと、スムーズに最適な割引方法を見つけることができるでしょう。

<下に続く>

新幹線代を節約する小テク

これまでにご紹介してきた新幹線の割引方法に合わせて実践すると、よりお得に乗車することができる節約テクニックです。

また節約テクニックを知っておくと、新幹線などの移動手段を含め他のことにも役に立ちます。

小テク①サイトや旅行冊子を頻繁に確認

まずは新幹線の会社や旅行会社の情報頻繁に確認することです。

なぜなら期間限定や人数制限がある乗車券が販売されることがあるからです。

またそれぞれの季節ならではの旅行とパックになった新幹線乗車券もあるので、頻繁に確認することが重要です。

小テク②金券ショップを頻繁に確認

そして先ほどもご紹介した金券ショップはその時によって販売している乗車券の種類価格が異なります。

また狙っていた金券が売り切れになってしまう場合もあります。

頻繁に確認すること、そして色々な金券ショップを比較することでよりお得な乗車券を手に入れることができるのです。

小テク③会員になっておく

会員になるとお得なサービスが受けられたり、通常より安く乗車券が購入できる場合があることを先ほどご紹介しました。

ですがその時によって利用できる会員サービス条件が違うので、まずは会員になっておくことをおすすめします。

またいくつかの会員になっておくと、行き先や利用する新幹線によってどの会員制度を使うか選ぶことができます。

小テク④ポイントを頻繁に確認

お得なサービスが受けられる会員制度に登録した後は、ポイント利用方法を確認しておくことが重要です。

いつの間にか多くのポイントが貯まっていたなんてこともあります。

またポイントが利用できる新幹線や商品は限られている場合があるので、使う際には注意が必要です。

小テク⑤できるだけまとめて予約

大勢で新幹線を利用する場合はまとめて予約するのが断然お得です。

せっかく大人数で旅行に行くのに、個々やいくつかのグループに分けて予約してしまうとお得な方法が利用できなくなります。

また家族で新幹線乗車券を購入する際にポイントを貯めている場合、誰かが代表して購入した方がポイントが貯まりやすくなります。

これらのちょっとしたテクニックで新幹線乗車券がお得になる場合があるので、是非参考にしてみてください。

<下に続く>

新幹線の割引方法14選&新幹線のチケット代を安くするテクニックのまとめ

旅

新幹線の乗車券を通常よりもお得に手に入れる方法とちょっとした節約テクニックをご紹介しました。

年齢や行き先・求めている要素によって様々ですが、新幹線の割引制度はたくさんの種類があるのでそれぞれに合ったお得な購入方法があります。

また新幹線の割引方法はお得に購入できる分、注意しなければならない条件がたくさんあります。

安心してお得にご利用頂くために、割引制度を利用する際は詳細をしっかりと確認することが必要です。

上手に使いこなせば今までよりもっと安く快適に新幹線を利用することができるはずです。

まずは新幹線を使う日時や人数、種類をきちんと決めた上で色々な割引方法と当てはめ比較してみてください。

あなたにぴったりな割引方法がきっと見つかるはずです。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line