みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

BILL ITUNES COMからの請求に身に覚えがなかったら不正請求かも?

Large pexels photo 179738  1

BILL ITUNES COMからの請求に身に覚えがなかったら?不正請求の可能性も?

Bill itunes com から請求が来たことがありますか?クレジットカードの引き落としの明細にこの名前を見かけたことがあるかもしれません。インターネットを使って買い物をした時や、アプリを購入した時、音楽や映像のコンテンツを買った時などが考えられます。

しかし、自分では見に覚えがない請求が来るとドキっとしますよね?最近、bill itunes com という名前で不正請求が来るというケースが多発しています。bill itunes comeとは実際にある会社なのか、どんなものなのか、詳しく見ていきます。

<下に続く>

BILL ITUNES COMとは

音楽

この名前で支払い請求がある時には、主にアップルのitunesを利用して音楽や映像、アプリなどの購入があったと考えられます。音楽などをダウンロードしたり有料アプリを購入した時、有料の動画などがあります。

この名称が使われるようになったんは2015年からです。今までと異なる名前で明細に表示されるようになったので、不正請求されているのかも?と疑うようになった人が多くなりましたが、自分が購入したコンテンツの代金が正しく引かれているなら問題ありません。

それ以前は、iTuns storeと書かれていて、ひとめ見ただけでitunesの利用分と分かったので疑問に思う人があまりいなかったのかもしれません。新しい表記は、最初はどこのものだか分からずにとまどった人も多かったはずです。英語で書かれていると、余計に怪しい会社なのでは?と思いますよね。

<下に続く>

BILL ITUNES COMから請求が来たら?

請求がきたら、まず自分の購入したものと合っているか確認しましょう。クレジットカードの明細に書かれているはずです。コンテンツの利用やアプリのダウンロードがあったのか思い出して下さい。購入したものと、金額や日付が合致していれば問題ありません。購入した分の代金が引かれるだけです。

何かを買ったりした覚えが無いという人は、家族などにも確認してみましょう。自分では何もしていないつもりでも、他の人があなたのアップルIDを使って買い物をしているかもしれません。子供などが間違えてクリックしてしまったという可能性もあります。

スマホの履歴などと照らし合わせてみると分かると思います。アップルストアで今までの履歴を確認できます。スマホやパソコンなどから、iTunesにアクセスすると履歴が出てきます。何件かに分かれて買ったものが1つにまとめられた金額で記載されているケースもあります。

また、昔のスマホや普段使っていないクレジットカードなどもチェックしてみましょう。同じIDを使っていると、その分の請求が来ることもあります。解約していない年会費や、雑誌などの購読料などがあるかもしれません。

普段から、クレジットカードを使って光熱費や生活費の支払いをしていると少しくらいの金額が増えていても気にしないという人もいます。千円以下の不正請求もあるので、できれば明細は毎回確認しましょう。少ない金額で不正に使われていたケースや、千円以下の金額でも10回以上の引き落としがあったり、なかには20万円を超えていた事もあるので明細は注意して見てみましょう。

<下に続く>

BILL ITUNES COMからの請求に身に覚えがない場合

電話

もし、考えられるものを全てチェックしてみても、支払った覚えのないものがあればアップルに確認してみましょう。サポートサービスの窓口があり、電話かメールで問い合わせることができます。メールでは、情報を整理して細かいところや、自分の一番聞きたいことが聞けます。しかし、返信に時間がかかることもあるので急いでいる場合は電話がいいかもしれません。

本人確認のために、iphoneの操作や、IDを登録した時に設定した秘密の質問などに答えます。確認ができたら、自分のクレジットカードの番号、身に覚えのない請求の日付、金額などを伝えると担当の人が調べてくれます。不正なアカウントが使われていたなどがあれば、すぐに使えないように凍結処理をしてくれます。不正の確認が取れれば、すぐに返金処理をしてもらえます。

<下に続く>

BILL ITUNES COMの請求に身に覚えのない場合の対処法

では、対処法をもう一度整理してみましょう。

対処法①:まず、確認をして照らし合わせる

請求がきた時にまずは購入履歴の確認をします。自分で過去に買ったものと請求の日付、金額が合っているか調べます。家族などにも聞いてみましょう。

対処法②:不正だと思ったらアップルに問い合わせる

確認して、違っていたらアップルの窓口に連絡します。電話かメールを選べますので都合に合わせて問い合わせましょう。請求に覚えがない、購入していないものの金額が引き落とされているなど状況を説明しましょう。

対処法③:本人確認

アップルでは本人確認をおこないます。iPhoneを使用していると、画面に表示されるコードを伝えるように指示されます。また、IDを登録した時の情報や、秘密の質問の答えなどを聞かれる場合もあります。ここで質問に答えられないと、本人として認められずに確認が出来なくなってしまうこともありますので、事前にアカウントの情報を調べておきましょう。必要であればメモしておけば、スムーズに答えられるので時間の節約にもなります。確認が取れれば、履歴なども調べてもらえます。

対処法④:アカウントの凍結、返金

アップルで確認が取れると、アカウントを使えないように処理をします。これ以上、さらに不正に使われることのないようにします。本人も、そのアカウントを使うことが出来なくなるので、注意しましょう。新しいアカウントを作成します。それと同時に、すぐに返金手続きをおこなってくれます。

対処法⑤:カード会社にも連絡

アップルだけでなく、請求があったカードの会社にも連絡をしましょう。カード会社に先に連絡しても良いです。カード会社でも、履歴と照らし合わせたか、同じIDを使っている家族などが購入したことはないか、カードを他の人に貸したりしていないかなどを確認します。

今までに、怪しいサイトにカード番号を入力していないかなども聞かれますので正直に答えましょう。カード会社に先に連絡した場合、カード会社からアップルに連絡を取ってチェックしてくれることもあるようです。会社によって対応は異なります。返金処理もカード会社でおこなうこともあります。

対処法⑥:クレジットカードの再発行

不正に利用されていたカードはすぐに凍結してもらいます。カード会社に事情を説明すればすぐに対応してくれるはずです。新しいカードをすぐに発行してくれるので、古いカードは処理しましょう。その際に、今まで引き落としになっていた生活費なども新しいカードに登録しなおします。

<下に続く>

BILL ITUNES COMが不正請求の場合は返金してもらえる!

スマホとお金

不正だった場合は、すぐに返金処理をしてもらえます。アップルで返金手続きをする場合と、カード会社でおこなう場合があります。カード会社によっても対応の方法がことなるので、しっかりと確認してどのような処理になるのかを知っておきましょう。

アップルの窓口では、本人の確認ができれば比較的スムーズに処理ができるようです。時間もかからずに、すばやく対応してくれます。実は、こうした不正処理は非常に多くの人が経験しています。問い合わせも毎日のようにあるので、係りの人も慣れているはずです。

もし、怪しいと思ったらそのままにせずに、すぐに確認をするようにしましょう。もし、不正ではなかったとしても確認すれば安心できます。少しの金額だからと放置しておくと、後から多額の請求がきてしまうことも考えられます。

<下に続く>

BILL ITUNES COMからの請求に身に覚えがなかったら不正請求かも?のまとめ

明細にいつもと違う名前を見るとドキっとしますよね。金額がいつもより多くなってればなおさらです。いつもクレジットカードの明細はチェックしていないという人も、確認するクセをつけておくと、不正な請求があればすぐに気付けるはずです。

怪しいと感じたら、躊躇することなく、すぐに問い合わせて確認してみましょう。対応はすばやくスムーズに処理できることが多いので、電話やメールなどで連絡をしてみてください。

Thumb minkane logo
written by

「お金のコトをもっと身近に」というミッションで、みんなのお金ドットコム(みんかね)を運営しています。
投資・節税・保険・ローン・クレカ・節約などのテーマの情報を各領域の専門家や編集部を通して記事配信していきます。

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line