みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に
2018/02/22

仮想通貨取引所btcbox(BTCボックス)の評判や特徴・登録方法!

Large pexels photo 210607

btcbox(BTCボックス)とは?

btcbox(BTCボックス)と呼ばれる国内取引所はご存知でしょうか。
btcboxはかなり古くから運営されている国内仮想通貨取引所です。

今回はそのbtcboxを使うにおいて、みんなの評判、取引手数料やレバレッジ取引、登録時の本人確認などを紹介していきます。

<下に続く>

btcboxの基本情報

btcboxは平成26年3月6日から運営されている取引所で、安定した取引環境を提供しています。
SNSなどであまり話題にならないことも多いbtcboxですが、運営期間が長いにも関わらず、目立った事件はおこしていません。

しっかり仮想通貨交換業者として金融庁に認可されています。
金融庁認可までもらっているれっきとした国内取引所ではありますが、代表取締役がDavid Zhang氏という外国人であり、何から何まで国産というわけではありません。

現在有名な取引所であるBitflyerなどよりも昔から運営されているので古株に人気があり、一定の需要があり成り立っています。

<下に続く>

btcboxの特徴

null

btcboxはビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコインの4つの仮想通貨を取り扱っており、その全てをコールドウォレットで管理しています。

仮想通貨のウォレットに関して大きく分けてホットウォレットとコールドウォレットの二種類があるのですが、簡単に説明するとホットウォレットがネットワークに繋がっているウォレットです。
つまり、ネットワークを介してハッキングすることが理論上可能ということです。
それに対してコールドウォレットは、ネットワークから物理的に完全に切り離されているウォレットであり、ネットワークを通じたハッキングが不可能なものとなっています。

今年はこのホットウォレットとして一部顧客資産を管理していたコインチェックがハッキングにより時価数百億円に及ぶ損害を出し、世界中で話題になりました。
その事件がきっかけでコールドウォレットの重要性を再認識されるようになり、各取引所はコールドウォレットで顧客資産を守っているということを主張し始めています。

btcboxはこの事件が起きる以前からずっとコールドウォレットを使って顧客資産を管理しており、長年の運営経験から信頼されています。
取扱銘柄は国内外合わせてもかなり少ない方ですが、それでも使われ続けているというのはそういった背景があるからこそなのでしょう。

<下に続く>

btcboxのメリット・デメリット

メリット

btcboxを使うメリットは数多くあります。
その一つが現物取引手数料が無料であることです。ビットコインやイーサリアムなどbtcboxが取り扱っている仮想通貨を現物取引する場合はすべて手数料無料となっています。
レバレッジ運用をする場合には手数料が存在しますが、現物取引しかしない人にとってはメリットでしかないでしょう。

さらに通常仮想通貨の出金には取引所の使用の有無かかわらず送金手数料が必要なのですが、btcboxはその手数料を負担してくれるようになっています。
一時期送金手数料が2000円まで膨れ上がっていたビットコインですが(今は数百円に落ち着いています)、その全額をbtcbox側が負担してくれるので、利用者にとってはかなり負担が減ります。
仮に送金手数料を500円相当だとすると10回の送金で5000円かかりますから馬鹿にできません。

ちなみに日本円を出金する際も手数料を全額btcboxが負担してくれるようになっており、利益があれば稼いだ資金全額引き出すことも可能です。

デメリット

一番デメリットと感じやすいのはやはり取扱銘柄の圧倒的な少なさでしょう。
ビットコインを含めてメジャーな仮想通貨4種しか扱っていないので、ほとんどの通貨はよその取引所を利用することになります。
なので、マイナーな銘柄やリップルなどメジャーであってもbtcboxで取り扱っていない通貨については対応している取引所を利用するといいでしょう。

もうひとつの大きなデメリットは、日本円の入金が銀行振込でしか行えないことです。
ほかの取引所は、すぐに入金できるようにコンビニ入金やペイジー入金といったクイック入金がサポートされていません。
そのため、現金が用意できたからすぐに入金すう、ということもできませんし、土日(非営業日)に即日入金するといったこともできません。
頻繁に増資する人にとっては結構な痛手になりそうな欠点です。

<下に続く>

btcboxの手数料(入出金)

btcboxで入出金をする際の手数料ですが、なんと驚きのほぼ全部無料という良対応をしています。
ただし、銀行振込で入金する場合のみ利用する金融機関に対して支払う手数料が存在するのでそれだけ別扱いです。
その一件を除くと日本円の出金・ビットコインの出金の際にかかる手数料をすべてbtcboxが負担してくれます。
特にビットコインの出金は、ほかの取引所だと1回で1000円近くかかりますので無視できるような価格設定ではありません。
仮に1万円相当のビットコインを送金するとなると、手数料で10%以上引かれる計算になるので、この手数料を全額負担してくれるのはかなり大きなメリットでしょう。

ただし、あくまでビットコインのみ出金手数料が無料なだけであり、ほかの仮想通貨(イーサリアムやビットコインキャッシュ・ライトコイン)についてはほかの取引所と同じように出金手数料がかかるので勘違いしないようにしましょう。

<下に続く>

btcboxでのレバレッジ取引について

btcboxでは現物取引の他に信用取引と先物取引が用意されており、それぞれレバレッジ倍率最大3倍で取引することができます。
ほかの取引所と比較するとかなり健全なレバレッジ設定と言えるので、少ない資金で短期間で一括千金を狙うのは難しいですが、逆に考えるとローリスクであり、追証による借金が発生する可能性も低くなっています

なお、レバレッジ運用の場合は現物取引と違ってポジションを保有している間は1日あたり0.1%のポジション手数料が掛かるようになっています。
なので、ポジションを持ち続けるほど手数料でどんどん引かれていくのでその点だけ注意しましょう。

<下に続く>

btcboxの評判や口コミを確認

btcboxはビットコインが超有名になる以前から運営されているということもあり、仮想通貨投資歴が長い人、いわゆる古株と呼ばれる人達に好かれている取引所でもあります。

セキュリティ対策も万全であり、2段階認証。コールドウォレット対応・マルチシグネチャアドレス対応などをコインチェックのNEM流出事件よりも前から既に対応させています。

そしてビットコインの出金手数料が無料なので、海外取引所をメインに使う人はbtcboxでビットコインを買って送金するためだけに使っている方もいるようです。

ただし、btcboxならではの欠点もあり、それはほかの国内取引所と比較して板が薄いという問題です。
セキュリティは万全で古株に人気があるといっても国内取引所の中では現状マイナー取引所に位置していますのでどうしてもアクティブユーザー数の関係で板が薄くなる傾向があるようです。
数万円から数十万円程度の小口投資家であれば問題ないですが、数千万円単位など大口に分類される人は板が薄すぎて全然使えないということもあるようです。

<下に続く>

btcboxの登録方法!本人確認の手順

 

btcboxの登録はメールアドレスがあれば簡単に登録できますが、実際に取引するには本人確認が必要となっています。
アカウント作成後、自動的に本人確認手続きに進む(一度ページを閉じた方はメニューの"セキュリティ"から本人確認手続きページにアクセスできます)ので、携帯電話番号を入力してコードを受け取ります。
なおSMS対応でないとコードを受け取ることができませんが、その場合は[音声で認証コードを取得]をクリックすると機械音声による通話によって4桁の認証コードが送られるのでそれを利用してください。

null

その次に氏名・性別・生年月日といった基本的な個人情報を入力する画面に移動するのでそれぞれ入力してください。
その際項目の一つに[外国PEPsの確認]とありますが、これは大臣や外国の国家に関わる役職の方、最高裁判所裁判官などかなり特殊な人が該当するものですので、ほとんどの人は[いいえ]になります。
必要な項目の入力が終わったらページ一番下の[次へ]をクリックします。

すると本人確認書類提出ページへと移動するので、運転免許書やパスポート、マイナンバーカードなどを用いて本人確認書類の写真を撮影、アップロードしてください。

null

アップロードが完了し、問題がないと確認されたら本人確認のためのはがきが郵送されてきます。
そのはがきを受け取った時点で本人確認完了となり、日本園・仮想通貨の入出金および各種取引を自由に行うことができます。

<下に続く>

通貨取引所btcbox(BTCボックス)の評判や特徴・登録方法!のまとめ

いかがだったでしょうか。
btcboxは古くからある取引所なので安定こそしていますが、板が薄めなのが欠点です。
ただそれは大口から見た時の話なので数十万円程度の小口投資家であれば気にするものではありません。

みんかね仮想通貨編集部では現在LINE@の登録を開始しています!
今後、仮想通貨の耳よりな情報をどこよりも早く公開していくので楽しみに待っていてくださいね!

友だち追加

Thumb pexels photo 236047
written by

みんかね仮想通貨編集部です!
みんかね仮想通貨編集部では、仮想通貨に関する最新情報からブロックチェーンの仕組みなど幅広く、皆さまのためになる情報をいち早くお届けします!

関連記事
おすすめ記事
Logo
みんかねの
おすすめ記事がLINEに届く!
Add line